× Q 翻訳訳語辞典
sour   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うまくない
   
that’s a sour racket: うまくない雲行きだ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 282
ふきげんな
   
wear sour look: ふきげんな顔をする ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 390
むっつりと
   
sit in ..., shiftless and sour: むっつりと〜にすわりこむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89

厭な
   
pull a sour face: 厭な顔をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 156
甘酸っぱくする
   
the thought sours the close air and sb is sickened: するとせまい場所の空気が、俄かに甘酸っぱく、耐えがたくなる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
気まずい
   
part on a sour note: 気まずい別れかたをする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 196
険しい
   
a sour scowl: 険しい表情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
渋い
   
be of course as sour as ever: 例によって渋い顔をする ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 199
憎々しげな
   
sb’s sour gaze: 憎々しげな視線 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 263
不満げな
   
recapitulate one’s grievance to oneself in a sour monotone: 恨みつらみのかずかずを不満げな一本調子でひとりあげつらう セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 28
不愉快な
   
a renewal of his usual sour theme: 例によって不愉快な問題を蒸しかえそうとしている マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 451
腐る
   
go all sour and stink: 腐って臭くなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 133

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

look very sour: 苦りきる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 276
incredibly sour odor: ひどく酸っぱい
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 165
feel sour: むしゃくしゃする
安部公房著 カーペンター訳 『密会』(Secret Rendezvous ) p. 81
be kind of sour: 最低だ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 202
a sour look: 渋面
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 54
whenever she is mad it will show on her sour face: 不機嫌なときの彼女はすごく露骨な仏頂面をする
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 75
sth sour sb on ...: 〜のせいで(人は)〜にすっかり愛想がつきている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 33
start on a sour note: 幸先がよくない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 43
sb’s stomach is sour: (人は)気分がわるいんだ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 18
make sour face at sb: (人に)眉をひそめる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 174
make an awfully sour face: 苦虫をかみつぶしたような、(人の)表情
新井素子著 マッカンドレス訳 『ブラック・キャット』(Black Cat ) p. 89
make a sour face: 顔をしかめる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 185
if you don’t wear a sour face: 不景気な顔さえしなければ
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 140
if sth will make one’s love go sour then it isn’t meant to last anyway: 〜で2人がだめになるならなればいい
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 78
for a second one’s face sours: 一瞬バツの悪そうな顔をする
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 78
be pretty sour on life: 人生というものに何の希望も持てない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 399
a very sour expression: 苦り切った顔
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 45
a bit of sour grass: 雑草の一画
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 132
some grim, sour-face matron: ぶすっとした無愛想な中年女性
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 19
sour envy is nearer the mark: せいぜい、ひねくれた羨望といったところだろう
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 208
relation with sb begin to sour: (人との)仲がしっくりいかなくなる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 82
a sour-faced taxi driver: 仏頂面のタクシー運転手
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 170
ツイート