× Q 翻訳訳語辞典
expression   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いう
   
to use a popular expression: 俗にいうと 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
いうことばである
   
be rather a disapproving expression signifying that ...: 〜を多少非難していうことばである 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
しぐさ
   
keep studying oneself and one’s expression: 自分の様子やしぐさをひっきりなしに気にする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 94
てい
   
expression of annoyance: 当惑のてい ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 27

印象
   
somewhat lost expression: なにかを失くしちゃったみたいな印象 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
芽生え
   
expression of desire: 欲望の芽生え 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 47
眼つき
   
sb’s face takes on an incredulous expression: ふしぎそうな眼つきをする 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 13
   
with the typical, dying-to-know expression of a child: 子供の好奇心そのものの顔で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 185
with a very manly expression: 一人の男の顔で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 167
with a ferocious expression but surprisingly gentle eyes: 恐ろしい顔のわりには眼つきのやさしい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 27
with a bored expression: たいして面白くもなさそうな顔で 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
wear a mysterious expression somewhere between ... and ...: 半分〜して半分〜しているようななんともフクザツな顔をしている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22
unadulterated hope in sb’s expression: (人の)顔に晴れわたった希望が浮かぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 91
expression on one’s radiant face: (人の)晴れやかな顔 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 24
announce, suddenly serious in one’s expression and tone: いつになく生真面目な顔と口調で答える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 121
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
顔つき
   
wear the expression of ...: 〜という顔つきをする ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 96
wear a grave expression: 謹厳な顔つきをする 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 26
sb’s expression of something like rage: ひどく怒ったような顔つき アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 93
be in one’s fifties, with a pleasant expression: 五十代で人好きのする顔つき デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 455
assume a petulant expression: むっとした顔つきになる 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 89
顔色
   
there is no flicker of change in one’s expression: 顔色を動かしもしない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 80
sb’s odd expression: ただならぬ顔色 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 76
   
Baseball will be his expression of bodhicitta: 野球が、彼のボディチッタの器になるかもしれない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 217
気配
   
with an expression which may almost have been called eager: 何やら今や遅しと待ち構えていた気配がある セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 71
形容
   
expression babyish: 乳くさいという形容 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 19
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 247
言葉
   
utter an expression of disgust: 憎悪の言葉を残す E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 24
think the expressions: (人の)言葉を思い出す ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 252
an odd expression: 不思議な言葉 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 33
呼ばれる
   
resent the expression: そう呼ばれると腹をたてる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 61
   
unscientific popular expression: 非科学的な俗語 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 115
仕草
   
in an expression sb have come to recognize: この仕草はもうお馴染みだ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 28
   
a soft, compassionate expression appears on sb’s face: 深い憐れみの色が(人の)面をよぎる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 48
身体じゅうで表わす
   
one’s expression is ...: 〜を身体じゅうで表わす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
人相
   
a provokingly nonchalant expression: すましきって落ち着きはらった人相 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 140
反応
   
the expression feel strange and out of place: その反応は、場ちがいに映るほど奇妙だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
表われ
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
表象
   
an expression of the mind: 精神の表象 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
表情
   
without expression: 無表情に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 325
with this very stupid expression on one’s face: いかにも間の抜けた表情を浮かべて サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 65
with a similarly neutral expression: 同じように無表情に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
turned around with an expression of almost no surprise: ふりむいたが、とりわけその表情を動かしはしない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 235
there is a small and catlike expression of satisfaction on one’s face: (人の)顔には、こぢんまりした、そしておとなしい猫を思わせる満ち足りた表情が浮かんでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 204
there is a half-smile on sb’s face and an absent expression: うっすら笑みをたたえた、どこか茫洋とした表情 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 285
take on an oafish expression: 途方にくれた表情になる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 220
sb’s face assumes a very grave expression: 深刻な表情を顔に浮かべる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
sb’s expression is wizened by mistrust: (人の)表情に不信のかげりが見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 313
one stupid, wrong expression that shatters your life: 一瞬不用意な表情をしたために、人生が狂ってしまうのだ デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 242
one’s favorite expression: (人の)得意の表情 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 199
one’s expression slackened and mistrustful: 表情がゆるんで疑いぶかげだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
one’s expression indicate that ...: 表情には〜という色がある 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 195
maintain expressions of ...: 〜の表情を守りぬく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 137
look in sb’s eyes with a blank expression: 無表情に相手を見返している クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 482
level expression: 平静な表情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
it was interesting to watch the changes in sb’s expression: (人の)表情に微妙なものがあった 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 290
impish unfocused expression: 気まぐれな小鬼のような表情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
have the same expression: おなじ表情をうかべている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
give sb the wrinkle of some ... expression one had seen on TV: テレビで見た〜の表情よろしく鼻にしわを寄せてみせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
fiercely baleful expression: 激しい敵意に満ちた表情 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
facial expression: 顔の表情 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 201
expression of stunned joy on one’s face: いまにも気をうしないそうなよろこびの表情を満面にたたえ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
distinct expression of distaste: 傍目にも明らかな嫌悪の表情 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
detect the feckless expression: 弱々しい表情が見てとれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
an expression of mingled sth and sth: 〜と〜がいりまじった表情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
an expression of grim determination: 思いつめたような陰鬱な表情 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 267
an expression of chagrin at this blow to one’s pride: 矜りを傷つけられた者の我慢ならない表情 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 52
an expression of ... is stamped on one’s face: (人の)顔には〜な表情が浮かんでいる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 267
表情をあらわにする
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
表明
   
amid expressions of enthusiastic loyalty: 熱烈な忠誠心の表明と共に セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 72
不審
   
see one’s expression: (人の)不審を見透かす リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 43
   
one’s expression betray one’s emotion: 感情が面にあらわれる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 311
面もち
   
wear an expression of fulfillment and joy: 満悦した面もちで 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 329
面持ち
   
with tense expression: 緊張した面持ち 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 255
目つき
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 284