× Q 翻訳訳語辞典
regret   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あしからず
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 175
したくない
   
regret ...: 〜はしたくない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 437
なごり惜しい
   
feel a queer regret over ...: 妙になごり惜しい気持がする ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 363
なつかしさ
   
loathing mingled with regret: おぞましさとなつかしさが一緒にきて 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 216
ろくなことにならない
   
not to rush home, you only regret it: あわてて帰るとろくなことにならないぞ、と ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 158

悔い
   
Keller had absolutely no regrets: ケラーには何の悔いもなかった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 466
悔やまれる
   
bitterly regret not having doing: 〜しておかなかったことが悔やまれる 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 20
悔恨
   
sb’s head seems to throb with despair and regret: (人の)頭は悔恨に揺られてぐらぐらする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 229
気がさす
   
regret sb’s death: 〜の死に気がさす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
気にする
   
would regret one’s neglecting to do: 〜しそびれていることを気にしつづけることになる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 258
後悔
   
no regrets policies: 後悔しない政策 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
恨めしい
   
will be filled with a feeling of emptiness and regret: はかない様な恨めしい様な心持になる 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 56
残念
   
say in a tone filled with regret that ...: 〜といって残念そうな顔をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 127
my greatest regret is ...: かえすがえすも残念なのは ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 175
残念そうな口ぶり
   
'I think I'd have to have at least forty-five,' he said with some regret: 「そうですね、やはり四十五ドルぐらいはいただかないと」残念そうな口ぶりで彼はいった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
呪う
   
regret one’s decision to forsake ...: 〜を犠牲にしてしまった自分の浅見を呪う アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 202
心苦しい
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 203
心残り
   
He bid his adieus to Harvey with relief and to Angeline with regret: ハーヴェイから 逃げだせることにほっとしながら、そしてアンジェリーヌには心残りをおぼえながら、 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 227
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 93
心配
   
do not vanish as sth do to our regret: (物とちがって)消えてしまう心配がない O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 194
申しわけなく思う
   
in a way, one regret one’s earlier decision not to do, given sb’s helfulness: (人に)そのような寛大な態度を見せられたこともあって、〜を断ったことを申しわけなく思う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 590
惜しい
   
a feeling of profound regret: ああ惜しいという 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 34
惜しいと思う
   
regret doing ...: 〜することが惜しいと思う 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 104
惜しまれる
   
the regrets of people: 人々に惜しまれながら ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 246
嘆く
   
to sb’s constant regret: (人が)いつも嘆いているのは トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
痛恨
   
in a voice heavy with regret: 痛恨のこもった声で ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 478
痛恨事
   
one’s chief regret seems to be that ...: 〜が痛恨事だといわんばかりの(人) トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
未練
   
have no regrets on ...: 〜に何の未練もない 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 244
無念の思い
   
regret that sb would die a failure: 志なかばで斃れる無念の思い コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 47
愕然とする
   
regret what one have done: 自分のやったことに愕然とする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 326

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without regret: 惜しげもなく
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 334
with regret: 後ろ髪を引かれる思いで
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 6
one regret ...: 〜が残念なのは〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 15
I have no regrets: 満足だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
with regret in his voice: いかにも気の毒そうに
to one’s regret however, ...: 遺憾ながら
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 22
the main thing is to avoid useless regrets: こうなっては諦めが肝腎だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 47
stop this before one say things one will regret: 取り返しのつかないことを言ってしまう前にやめる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 459
regret the words before one finish saying them: 言い終らないうちにほぞを噛む
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 283
I regret to say that ...: 残念なことに〜
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 395
I regret to say ...: 失礼ながら〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 194
as a polite expression of sb’s regret over the way our friendship declines: 久濶を叙すると言った程度の、儀礼的な意味をこめる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
admire with regret that ...: 残念ながら〜である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 36
regret one’s bragging: 大きな口をきいたことを後悔する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 88
be conscious of an odd feeling of regret: なにか奇妙な後悔のようなものを覚える
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 325
I deeply regret to say: 何とも遺憾なことに
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 122
feel a queer regret over sb’s inches: (人の)背がのびたことに妙になごり惜しい気持がする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 363
incoherent sounds of lamentation and regret: 悲しみと後悔の入り乱れた声
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 37
be left with nothing but a keen sense of regret: ただ痛切に悔恨の念が残る
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 35
live to regret: 一生後悔する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 200
live to regret: 後悔するはめになる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 267
I regret this, but it is necessary: こんなことはしたくないけど、でもしかたがない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 437
with a pang of regret: かなりの悔いをおぼえながら
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 73
proclaim sb’s regret: 失望の色をありありと見せる
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 81
sb’s eyes proclaim one’s regret: (人の目に)失望の色が浮かぶ
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 199
regret one’s tinny, reflex reply: あんまり打てばひびくという応答をしてしまったことを悔やむ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 33
But I regret your--ah--inability to see our point of view: 私が残念なのは、われわれの見解にたいする諸君の--あー、理解力の欠如だ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 15
in a tone of simple regret: いかにも遺憾の口調で
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
survive, at any rate, in no conscious form of obligation or regret: すくなくとも義務感とか後悔といった意識的な形においてはもはや存在しない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
ツイート