× Q 翻訳訳語辞典
fierce   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
きつい
   
地面からの照り返しがきつく: The heat was fierce, coming up from the ground メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 222
すごい
   
make a fierce grimace at sb: (人に)すごいしかめ面をしてみせる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 347
すごい力で
   
give sb’s hand a fierce squeeze: (人の)手をすごい力でにぎりしめる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 151
すさまじい
   
fierce spiritual tug-of-war between ... and ...: 〜か、〜かというすさまじい精神闘争 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 104
どぎつい
   
fierce flame: どぎつい光芒 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 385

一途な
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 136
気が短い
   
fierce and quick-tempered: 気が短く、かんしゃくもち ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 131
強烈な
   
think one can still catch far back in one’s throat the fierce taste of ...: のどの奥に〜の強烈な味がまだ残っているように思われる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
fierce summer sun: 強烈な夏の日差 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 210
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 43
恨めしそうな
   
shoot a fierce look at sb: (人に)恨めしそうな視線を投げる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 323
刺すようにきびしい
   
in the winter the winds are fierce: 冬の風は刺すようなきびしさだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120
戦い
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
熱っぽい
   
say in one’s fierce shaking voice: 熱っぽい、わななく声で言う ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 172
派手は
   
get into fierce shouting matches about ..: 〜について派手な喧嘩を繰り返す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 152
並々ならぬ
   
the fierce and utter concentration: 並々ならぬ完璧な集中力 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 640
猛々しさ
   
sb’s expression is less fierce: 猛々しさはうすれている マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 142
猛烈に
   
provoke a fierce frown on sb’s face: 猛烈に眉をしかめる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 40
勇ましい
   
one’s fierce exterior: 勇ましいいでたち ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 146
熾烈な
   
fierce struggles: 熾烈な闘い トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 286
癇癪もち
   
fierce old-fashioned sb: 癇癪もちで旧弊な(人) アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 120

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

fierce battle cries: 湧き起こる鬨の声
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 89
a fierce expression: 恐い顔
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 235
the weather turned fierce: 天候は荒れ模様になり
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 292
the fierce figures are steadily wending east, west, north, and south: 例の怪漢たちは、東へ、西へ、南へ、北へ、一瞬の休みもなく進んでいる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 90
in a fierce belligerent way: 挑みかかるように
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 205
have fierce views on ...: 〜に対して猛烈に厳しい
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 182
be a fierce independence to sb: (人が)独立心旺盛だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 378
a fierce eye for arithmetic: 打算一途みたいな鋭い目つき
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 54
the size and fierce aspect of the intruder do not deter sb: 侵入者の巨大なからだや獰猛なつらがまえを見て、たじろぎはしない
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 204
fierce beast: 猛獣
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 172
some fierce power that spurns explanation, that defies every precept of morality: 道徳では抑えきれぬ、説明できぬ、すさまじい力
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 227
have a fierce poorly differentiated anger against sb: (人に対して)意味がわからない激しい怒りを感じている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 212
there is some fierce hidden power: すさまじい力がかくれている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 227
undergo a fierce interrogation by sb about sth: 〜について(人)から猛烈な質問攻めに遭う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 33
fierce looking barbarians: いかにも恐ろしげな野蛮人
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 47
fierce taste of rye: ウィスキーの強烈な味
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
a fierce through draught: 吹きこむ強い風
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 408
ツイート