× Q 翻訳訳語辞典
faintly   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うっすらと
   
the sky is faintly gray: 空はうっすらと白みかけている ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 83
smile faintly: うっすらと微笑する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 216
faintly shadowed look: うっすらと雲のかかっている顔 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
おぼろげに
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 394
かすかな
   
smile faintly: かすかな笑みをうかべる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 173
be faintly astonished ...: 〜にかすかなおどろきを覚える マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 247
かすかながら
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 335
かすかに
   
appear faintly rouged: かすかに赤みをとりもどす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 346
かすかに浮かべた
   
faintly smiling: かすかに浮かべた微笑 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
こまかく
   
quiver faintly: こまかく震える 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 172
すうっと
   
go faintly transparent: すうっと色を失っていく 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 157
そこはかとなく
   
with a fragile and faintly aesthetic air: 繊細優美な雰囲気をそこはかとなく漂わせている ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 15
ちょっと
   
with a faintly crooked smile: 口もとをちょっとゆがめて笑う癖があって プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
look faintly interrupted: ちょっと話の腰を折られたような表情を見せた サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 18
ちょっぴり
   
faintly melancholy looks: ちょっぴり憂鬱げな表情 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 343
どこか
   
an expression of faintly mocking mischievousness: どこか冷ややかな意地わるさのようなもの 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 122
どこやら
   
have the faintly oriental look about the eyes: 眼もとにどこやら東洋的な感じがある アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 246
ほとんど無意識に
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 323
ほの
   
something faintly white: ほの白いもの 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 45
ほんの少しだけ
   
smile faintly: ほんの少しだけ微笑む 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 104
ぼんやり
   
Before long, the window was faintly tinged with blue: やがてぼんやり窓に青味がさしてくる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 30

弱々しく
   
smile faintly: 弱々しくほほえむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
消え入りそうな声で
   
say faintly: 消え入りそうな声で言う カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 33
消え入るような
   
faintly begin: 消え入るような(人の)声が聞こえる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 125
多少
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 287
鈍く
   
faintly illuminate the leather covers: 革表紙を鈍く光らせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 33
   
look faintly yellow: 薄黄色に見える 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 236
微かに
   
hear faintly a radio playing: ラジオの音が微かに聞こえる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 161
聞こえるか聞こえないかのような音で
   
ring faintly: 聞こえるか聞こえないかのような音で鳴る プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 256

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

whimper faintly: 落胆したような声を出す
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 192
smile faintly: (人の)口元には微笑の影が見える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 65
smile faintly: 苦笑する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 75
say faintly: 気の遠くなるような感じで答える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 290
hum faintly: ぶうんという音をたてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
glow faintly white: 薄白む
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 94
faintly unreliable: 全面的には信用できない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 124
faintly repulsive: 親しみを抱きにくい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 445
faintly sb hear ...: かすかな音がする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
can faintly recall photos of sb: 写真を見せられたおぼつかない記憶がある
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 49
He lifted his head abruptly, then smiled faintly: ふと、彼は頭をあげて、それからかすかに笑った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 94
appear faintly alarmed: 面上には、かすかな懸念の色が浮かぶ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 137
come faintly through the voices of the bells: 鐘の声越しにかすかに聞こえてくる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 59
hear faintly but distinctly the noise of doing ...: 〜する音がかすかに聞えてくる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 7
Unbidden, old Socrates's phrase came into his mind and he smiled faintly: ふと、ソクラテス老の言葉が頭にうかび、彼はかすかに笑った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 421
smile faintly: かすかな笑みを浮かべる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 173
ツイート