× Q 翻訳訳語辞典
good   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
rate sth as ‘Good’, ‘Fair’ and ‘Poor’: ○△×のいずれかの点をつける 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 60

いい
   
there happens to be a very good windbreak: あすこには実にいい風除けがあるんだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
that is the only good news: いいのはそれだけだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 22
like a good guy: いい子だから サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 236
it feels good to ...: 〜するのは気分的にいいことだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
have good taste that ...: 〜とはいい料簡だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 124
good news: いいことだぞ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 219
good contacts: いいつて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 308
feel good: 気持ちがいい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
do sb good to do: (人が)〜するといい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
be too good a gig: いい商売だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
be not all that good a surgeon: いい外科医ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
be good for sb: 〜が体にいい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 319
be being a good sport: いい生徒に徹してる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 115
be a right good shot: 銃の腕がめっぽういい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 437
ain’t you a good fella?: いい子だ、いい子だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 278
a pretty good name: なかなかいい名前 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 272
a better way: もっといい手 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
いいこと
   
something good comes from everything: 何か一つぐらいはいいことがあるものだ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 199
do sb little good: (人に)いいことをほとんどしてやっていない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
いい意味の
   
not good brassy: いい意味の派手じゃなくて サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 109
いい子にしてる
   
you be good: いい子にしてなさい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 95
いい線をいっていると思っていた
   
hate to see a good hypothesis die: いい線をいっていると思っていた推理が簡単に崩されるのは面白くない デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 160
いける
   
Better than good we said: いけるどころではない。絶品だ、と私たちは彼の料理を誉めた メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 84
うってつけ
   
be a good place to work: 勉強にうってつけだ フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 79
うでがいい
   
be a good workman: うでがいい ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 99
うまい
   
had turned out surprisingly good: つくってみるとけっこううまかった 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 12
good things to eat: うまい食べ物 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 164
fuckin’ good: めちゃうまい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 223
be good: うまいです タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 222
be about as good as ...: 〜に負けないくらいうまい サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 114
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 22
うまいこと
   
good for you: これはうまいことを言う カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 51
うまく
   
may not as good as you: ああうまくはやれなくても クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 57
all well and good: すべてはうまくいっていた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
うまそうな
   
full of tables loaded with good food: うまそうな食物をどっさりのせたテーブルがずらりと並んでいる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 70
うれしい
   
it’s awfully good to see you: いやあ、お目にかかれてとてもうれしい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
good to know those nice thing sb said were true: (人の)褒め言葉が世辞でなかったとわかってうれしい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
おいしい
   
if you had any idea what is good: 多少ともおいしいものを食べることに関心をお持ちの方なら フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 82
おかげだ
   
it is good of sb to make his connection with AA: AAに渡りがついたのは(人の)おかげだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
おめでたい
   
good doctor labors on in idiotic innocence: おめでたい医者は、つんぼ桟敷に置かれてあくせく働いている ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 56
おもしろい
   
never seem to have a good time: 何のおもしろいこともなさそうな顔をしている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 195
good strange facts: おもしろおかしい事実 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
a good lie: おもしろい嘘 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 150
かなり
   
give sb a good broad hint: かなりはっきり言ってあげる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 272
かなりの
   
there is a good chance that ...: かなりの確率で〜になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 196
きちんと
   
kiss sb a good one right on the lips: (人の)唇にきちんとキスをする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 240
きつい
   
need a good clitther on the gob: 口にきつい一発がいる フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 279
けっこう
   
be good: けっこうです タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 159
ごきげんだ
   
it’s always good to hear from ...: 〜からの電話って、いつもごきげんだね プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 318
さすが
   
Good: さすが デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 160
さんざん
   
get a good lecture: さんざんお説教される デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 174
しかるべき
   
some good reason: しかるべき理由 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 355
good reason: しかるべき理由 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 291
be brought to a good site: しかるべき場所に運びこまれる マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 125
しっかり
   
tie a pretty good knot: けっこうしっかり結んである タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
しっかりしている
   
Irish, but bloody good: アイルランド人だけど、仕事はしっかりしている メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 101
しっくりと
   
their mouths are a good match: 二つの唇はしっくりと互いになじむ べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 227
しみじみ
   
have a good talk with sb: (人と)しみじみ話す 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 98
じっくり
   
get a good look at ...: 〜をじっくり見ることができる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 46
すぎる
   
be a good enough catch: 充分すぎる収穫だ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 175
すぐれた
   
good tradesman: すぐれた商人 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 327
a good politician: すぐれた政治家 クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 292
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
すごい
   
there is liable to be good pickings: 案外すごい堀出しものがあるものだ O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 196
good ballplayer: すごいプレイヤー プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 323
すてき
   
be almost as good as ...: 〜と同じくらいすてきだ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 301
すばらしい
   
not as good as ...: 〜ほどにすばらしいものではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
no world has been as good as ...: 〜ほどすばらしい世界は存在したためしがない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
be unusually good: ことのほかすばらしい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 129
すばらしく
   
look awfully good to sb: (人)にはとてもすばらしく見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
せいぜい
   
take a good long look while you’re at the mirror: 自分がどんな恰好をしているかせいぜい見ればいい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 275
せっかくの
   
feel one’s good mood about to evaporate: せっかくの気分が吹き飛ぶのを感じる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 345
そう
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 379
そうか
   
Good: そうか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
それなりにきちんとした
   
give good gift: 中身だってそれなりにきちんとしたものを贈ってくる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 143
それは結構
   
Good: それは結構 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 109
たいしたこと
   
it is not particularly good for me at all: べつにたいしたことじゃない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 420
たしかな
   
good shooting: 砲術はたしかだ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 209
たっぷり
   
gulp in a good eyeful: たっぷり拝ませてもらう デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 294
be good and sorry: たっぷり後悔させてやる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 377
a good five minutes: たっぷり五分ほど ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 207
a good fifteen miles away: 〜まで十五マイルたっぷり マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 127
たのむぞ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 272
ためになる
   
I am sure it would do me lots of good to do ...: 〜したらどのくらいためになるか知れない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 218
ちゃんとした
   
in good light: ちゃんとした照明のもとで ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 72
ちょうどいい
   
be good padding: ちょうどいいクッションになる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 154
つっこんだ
   
a good question: つっこんだ質問 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 172
ていねい
   
be good of sb: どうもごていねいに デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 124
てごわい
   
that’s good question: 手強い質問だな カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 401
できる
   
good man: できるやつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 385
とっくりと
   
read sth good and long: (物を)とっくりと眺めてみる 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 67
get a good look at sb: (人を)とっくりと観察する O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 144
どえらいこと
   
might have done a power of good together: いっしょだったら、どえらいことが、うんとできただろうにな スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 236
どんどん
   
punch sb good: どんどん殴る 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 173
なじみ
   
good customers: なじみ客 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 96
のんびり
   
have a good holiday: のんびり休暇をたのしむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
ぴったり
   
sth would be a good word for: (物)という言葉のほうが、〜を指すのには、ぴったりくる べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 104
ぴったりの
   
a good name for sb: (人に)ぴったりの名前 レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 205
ほとんど
   
remain as good as unobserved oneself: 自分はほとんど人に見られないという位置にいる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 466
ましだ
   
it is better for sb to let off steam at sb’s expense, to vent on sb, than to do: 胸の中に長い間つっかえているものを(人に)向かってぶちまけて気がすむのなら、〜するよりは、まだそのほうがいい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 459
まず
   
afford sb two or three good Mouthfuls: 〜でまず二口か三口というところ スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 29
まずまず納得のいく
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
まっとうな
   
come out with a good name: まっとうな身で社会に戻る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
come out of jail with a start on a good career and a new life: 刑務所を出てまっとうな職を手にして、人生をもう一回やりなおす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 445
be a kind and good man: (人は)親切でまっとうな男だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
a good guy: まっとうな人間 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
まともな
   
the good people: まともな人々 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 178
sb’s good hand: まともな方の手 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 176
a good sober man: 酒を飲まないまともな男 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 62
みっちり
   
good communication: みっちり話をすること リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 97
   
a good fifty yards: 五十メートルも離れたところ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
a good fifty children: 子供らが五十人も 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 12
もってこい
   
make for good cover and concealment: 身を隠すにはもってこいだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 463
もってこいの
   
pick a good time of year for ...: 〜にはもってこいの時期を選ぶ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 320
good place to go: もってこいの場所 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 26
a good place to do: 〜するにはもってこいの場所 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 125
やっと
   
make good one’s escape: やっとごまかす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 286
やりがい
   
a good assignment: やりがいのある仕事 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 13
やり手
   
the skirt is good: あのネエちゃんはやり手ですよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
よい
   
they are good men to steer clear of: やつらは三舎を避けて通るほうがよい連中だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
they are good men to steer clear of: 連中とは関わりをもたないほうがよい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
the less time one has, the better: 与えられた時間はなるたけ短い方がよい 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 87
so was the good word of mouth sent around by those who ...: それくらいよい評判をいいふらしていたのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 184
so far, so good: ここまではまだよかった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
how good sb feel: ほんとうによい気分だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
have always possessed unusually good hearing: もともと(人は)人一倍耳がよい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 464
do a good job of doing: 〜にあたっては、実に手際がよい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 592
be good outside but bad inside: 外面はよいが内面はわるい 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
ようく
   
take a good look at ...: 〜をようく見ろ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 241
ようし
   
Good, then stop playing 'Beat the Clock.': ようし。じゃ、時計と競争するのはやめろ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 225
よかった
   
the good news was that ...: よかったのは〜ことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
Good!: よかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
よかれと思うこと
   
do sb good: (人の)ためによかれと思うことをする ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 109
よき
   
the good seed had been most abundantly sown: もっともよき種のまかれた 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 9
a good therapist: よき療法士たらんとする者 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
a good father: よき父親 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
よく
   
need to get a good look at sb: 〜をよく見ておく必要がある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 465
it also makes for good visibility: ために視程もよくなる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
よくする
   
have been good to sb: ずっと(人に)よくしてくれている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
よくできた
   
a good strong one: よくできた頑丈な品 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 143
a good man: よくできた人 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 48
よく合う
   
sth with ... are good: (物は)〜によく合う デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 44
よく出来た
   
have the reputation of being a good son: よく出来た長男で通っている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
よし
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
よろしい
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 49
れっきとした
   
one more good reason: またひとつ、れっきとした理由がふえる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 380
わきまえる
   
have the good manners not to do: 礼節をわきまえる〜は〜しなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
わるくない
   
she looked good: わるくない女だった クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 12

ハンサムな
   
the good looks: ハンサムな容貌 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
プラスだった
   
only good thing to come from that: ただ一つプラスだったこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 509
プラスになる
   
take what one consider a good business step: 仕事の上でプラスになると思われる道ばかりをえらぶ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 265
be good for sb’s work: 仕事にプラスになる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 167
プラスの
   
the good effects from ... outweigh the bad side effects: 〜によってもたらされるプラスの効果は〜の弊害を差し引いてもあまりある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428

愛くるしい
   
good face: 愛くるしい顔 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 127
安全
   
for the night, to make certain of a good place: 一夜の安全を求めて リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 41
医者
   
a good specialist: 相当の医者 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 107
一人前の
   
a good doctor ought to ...: 〜でなければ一人前の医者にはなれない 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 58
一流
   
good left-handed pitcher: 一流左腕投手 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 156
一流の
   
good player: 一流選手 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 37
But suppose I'm a good ballplayer: でも、もしかしてぼくが一流の選手になれたとしたら、 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 111
永久
   
for good: 永久に トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 284
何よりだ
   
good to see you back: 無事で何よりだった リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 311
価値
   
be as good as ...: 〜と同じ価値を持つ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 25
快い
   
The dawn air felt good against their heated bodies: 熱した体に払暁の大気は快かった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
格好の
   
though this is not a very good opportunity for doing: 〜する格好の機会ではないにしろ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
格別の
   
a really good reason to do: 〜する格別の理由 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 50
獲物
   
deliver the goods: 獲物をはこぶ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
確か
   
one’s work is good: 仕事が確かである メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 40
確かな
   
good information: 確かな情報 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 42
a good source: 確かな筋 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 221
楽だ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
楽な気持ち
   
feel good: 楽な気持ちになる カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 44
感心した
   
be not a good color for invisibility: 目に立たぬためには感心した色ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 419
頑丈な
   
Don't ever go walking without a good pair of boots: 山を歩く時は頑丈なブーツじゃなきゃ駄目だ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 103
喜ばれること
   
do good: 喜ばれることをする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 123
嬉しい
   
feel really good about ...: 〜が何より嬉しい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
嬉しさ
   
fell so good: これほどの嬉しさを味わう フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 135
気の合う
   
good company: 気の合うパートナー ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 264
気持ちがよい
   
feel so good: ものすごく気持ちがよい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
気持ちよさそうな
   
after another good laugh: もう一度気持ちよさそうに笑ってから オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 78
気持のよい
   
good beaches: 気持のよいビーチ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
   
good changed to evil: 吉は凶に転じた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 13
強い
   
be surprisingly good at ...: 不思議に強い 川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 76
近しい
   
one’s good friend: (人の)近しい友人 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 148
恵まれた
   
good looks: 恵まれた容貌 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 20
be lacking in the refinement proper to a child of good family: 恵まれた家庭に育ったという繊細さがない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 313
敬虔な
   
good Catholic: 敬虔なカトリック信者 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 405
決まってる
   
good ass: お尻が決まってる 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 10
賢明な
   
good sense: 賢明なセンス デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 59
元気
   
look good man: 元気そうじゃないか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 289
言うことをきく
   
be very good: とてもよく言うことをきく オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 138
古きよき
   
the good times one have had with one’s old man: 父とともに過ごした古きよき時代 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
be an Englishman of good yeoman stock: 古きよき自由農民の末裔だ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 19
誤らない
   
everything so far is just a matter of good planning and good timing: そこまでは周到な計画を立てて、タイミングさえ誤らなければなんとかなる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 96
効果的
   
very good: 実に効果的 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 382
好い
   
miss a good opportunity to do: 〜するこの上もない好い機会を知らない振をして遣り過ごす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 215
好ましい
   
be a good idea: 〜を好ましいと考える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 264
好感の持てる
   
a thoroughly good sport in every way: どこから見ても好感の持てる人だ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 154
巧み
   
be good at sth: 〜が非常に巧みだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 101
巧妙
   
be really very good: じつに巧妙だ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 186
幸せ
   
the good of the many and the rights of the few: 多数者の幸せと少数者の権利 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
幸先のよい
   
a good start: 幸先のよい立ち上がり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
高級な
   
good things: 高級な下着 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 301
good education: 高級な教育 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 64
最高の
   
fuck good: 最高のセックスをする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 92
使える
   
good hand: 使える兵 リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 289
But if Soviet rubles are not good in Moscow, what good are they?: だが、ルーブル紙幣が自国の首都モスクワで使えないとは、どういうことだろう サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 154
使えるほうの
   
one’s good hand: 使えるほうの手 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 93
思い遣り深い
   
旨い
   
come by good jobs: 旨い口がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
耳よりな
   
it is a good a deal as anyone has offered sb in some years: 〜にとって、これほど耳よりな話は何年ぶりかのことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 398
手慣れたもの
   
be good at sth: 〜には手慣れたものだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 305
手頃な
   
prospect for a good corpse at the end of ...: 行きつく先には手頃な死体が待っている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 34
a good place: 手頃なところ キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 103
充ち足りた
   
these are good days: 充ち足りた日々を送る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 473
充実している
   
be so much better than ...: 〜よりはるかに充実している レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 41
充分
   
make good sense to sb: (人に)充分納得がいく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 192
充分な
   
real good reason: 充分な理由 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 110
従順な
   
a good patient: 従順な患者 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 55
出来のいい
   
a good student in one’s way: 出来のいい生徒だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 236
順調な
   
good economic performance: 順調な経済成長 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 294
助けになる
   
doing is a small, good thing: 〜することはささやかなことだが、助けになる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 166
上々の
   
lose some of one’s good spirits: 上々の機嫌を損じる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 101
a good opening: 上々のすべり出しだ エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 289
上質の
   
smoke some very good ...: すごく上質の〜をキメる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
上手い
   
上等
   
sound good to me: 上等 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 195
上等の
   
a bottle of good claret: 上等のクラレットを一びん ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 35
丈夫な
   
while one is in good health: (人が)丈夫なうちに 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 98
情報源
   
AA’s contacts are almost as good as BB’s: AAはBBに劣らぬ情報源を持っている ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 28
心持の好い
   
a good idea: 心持の好い思い付 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 15
心正しい
   
a woman, both good and pure: 心正しく純潔な乙女 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 113
心地よい
   
good shade: 心地よい陰 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 28
心優しい
   
the good Dr. Kellogg: 心優しきケロッグ博士 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 146
申し分ない
   
one’s birth, one’s indolence, the good English of one’s despatches: (人の)家柄や怠け癖、(人が)作成する報告書の申し分ない言葉遣い ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 52
親切に
   
you’re too good to me: こんなに親切にしてくれなくてもいいのに スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
進む
   
sb’s appetite is better than usual: (人の)食欲が不断より進む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 119
澄んだ
   
have something good inside one that sb lacks: たったひとつ、(人の)かなわない澄んだところがある 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 216
整然たる
   
be amazed to hear a woman make such a good sense: 女のこんな理路整然たる話しぶりに驚く 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
正しい
   
be not a good idea: 〜が正しい考え方ではない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 404
正装
   
in one’s good brown suit: 正装である茶色の背広を着ている デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 34
正当な
   
good reason: 正当な理由 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 328
惜しい
   
good man: 惜しい男だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 70
be too good to let go: やりすごすにはあまりにも惜しい フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 114
絶好の
   
play a good counterpoint to the coward innuendo sb is inspired: (人が)臆病者と揶揄されることへの絶好の反撃材料になる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 137
be a good way of doing: 〜は〜する絶好の方法 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 209
   
do more good than harm: 害を与えず善をなす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 136
achieve good: 善をなす イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 329
善である
   
be engaged in an enterprise that is fundamentally good: 本質的には善である仕事にたずさわっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
善玉
   
good cop: 善玉刑事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
善人
   
be more or less good: 善人だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 74
善良
   
you can’t wish them to be good: 善良になれと思っても、善良にはならない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 444
a good citizen: 善良なる市民 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 407
善良な
   
the good-at-heart-but-chronically-disorganized: 善良な心根を持ちながら、どうもうだつが上がらない人間 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 111
善良なる
   
a good Swiss: 善良なるスイス人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 431
素晴らしい
   
taste pretty good: 〜は素晴らしいものだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 453
素直な
   
a good simple person at heart: 素直な人 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 70
a good honest person: 素直な人 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 70
相当の
   
good jobs: 相当の口 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
憎めない
   
   
we have a really good chance: 成算大 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 140
大したもの
   
be just too damned good at doing, and for that reason all the harder to do: (人の)〜は大したもので、それだけに〜は容易ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 526
大事な
   
throw away a good thing: 大事なものを放り捨てる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
大丈夫
   
gold is always good: 金はいつでも大丈夫 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 63
仲良く
   
sb and sb are good to each other: (人と)(人は)至極仲良くやっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333
忠実な
   
a good imitation of ...: 〜の忠実な模倣 オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 78
調子のよい
   
on a good day: 調子のよい日に プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
長けている
   
be very good at killing: 殺しのテクニックに長けている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 69
痛快
   
do one’s heart good: 痛快に思わずにはいられない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 254
通用する
   
be good in ...: (場所で)通用する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 153
的を射ている
   
Bitchy, but good: 辛辣だが的を射ている デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 106
適切な
   
good advise: 適切な助言 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
a good north light: 北側からの適切な光 セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 18
都合のよいことだ
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 105
当意即妙の
   
it sounds like a good answer: 当意即妙の答ができたような気がする ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 153
堂々とした
   
a good facade: 見てくれは堂々とした アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 34
堂に入ってる
   
be a pretty good line-handler: ロープの扱いはなかなか堂にいってる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
得な
   
not a good deal at all: 決して得な取り決めではない キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 181
得意で
   
be good with machines: 機械の扱いは得意だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
熱心な
   
good Baptist: 熱心なバプティスト スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
納得のいく
   
very good explanation for ...: 納得のいく理論づけ サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 343
派手に
   
smack one’s head a pretty good: ずいぶん派手にやってくれる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
抜群
   
get a good memory: 記憶力は抜群 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 144
微笑ましい
   
be all very good: まことに微笑ましい光景だ オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 17
富む
   
in good times and in bad: 富める時も貧しき時も フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 55
負傷していない
   
one good arm: 負傷していない方の手 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 244
物知り
   
be pretty good: 相当な物知り ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 123
聞き分けのいい
   
be a good enough son not to want to see ...: 聞き分けのいい息子として、〜を見るに忍びない ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 198
便利だ
   
be a good place for ready-made clothes: 出来合いで服装をととのえるのに便利だ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 5
万々歳
   
It would be good if the CID could solve this case: わがCIDが事件を解決できれば、万々歳だ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 333
芳しい
   
be not good: 芳しくない 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 18
豊作の
   
a good year: 豊作の年 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 58
味方
   
good men: 味方 ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 5
明るい
   
be good at sth: (物に)明るい アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 232
模範的
   
good citizen: 模範的市民 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 284
役立つ
   
be good for morale: 士気の昂揚に役立つ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 122
愉快な
   
good fun: 愉快なお遊び ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 454
a good joke: 愉快な冗談 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 280
優しく
   
sb and sb promise to be better to one another: (人と)(人が)これからはもっとおたがいに優しくしようと誓いあう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
優れた
   
He was a better man than any of us: 彼は我々のうちの誰よりも優れた人間だった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 248
優秀
   
The people who work there are good and like me they go where they're needed: そこで働く人間はみな優秀で、わたしと同じように、求められればどこへでも飛んでいくのだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 29
be good at this: こういうことにかけては優秀なんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 136
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
優秀だ
   
be real good at this stuff: こういうことにかけては優秀だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 59
be good: ゆうしゅうだよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 59
優秀な
   
a very good chef: 非常に優秀な料理人 メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 244
a good junior: 優秀な若手 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 415
a damn good sense of humor: 実に優秀なユーモアのセンス サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 39
有望な
   
good investment: 有望な投資 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 50
有力な
   
have good connections: 有力なコネクションがある アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 116
裕福な
   
product of good home: 裕福な家庭に育つ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 449
予定どおり
   
So far, so good: ここまでは予定どおりだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 190
要領よく
   
muck sth out pretty good: かなり要領よく整理できる ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 116
利点
   
that is also good: もうひとつ利点がある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 355
立派
   
good man: 立派だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 413
立派な
   
a good reason for doing: 〜の立派な口実 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 64
a good hard bed: 柔らかすぎない立派なベッド ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 94
a better house: もっと立派な家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 320
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 262
立派な態度
   
be good enough for one to be proud of sb: (人を)誇りに思えるくらい立派な態度だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
立派に
   
take good care of sb: 立派に(人の)世話をする ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 76
do a good job: 立派に任務をこなす ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 100
   
as many good physicians are: えてして良医に多い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
良い
   
incorruptibility is not the sole attribute of good government: 清廉潔白でありさえすれば良い政治ができるというものでもない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 348
good investment: 良い投資先 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
do sb some good: 〜が良い気分転換になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 418
良策
   
good politics: 政治的良策 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 216
良心的な
   
good folks have to search long and hard to find ...: 良心的な店員たちは、律儀に長時間かけて、〜を探してくれる ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 213
老練な
   
a good lawyer: 老練な弁護士 クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 339
腕きき
   
And she's good: それに彼女は腕ききだ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 25
all are good swordsmen: 腕ききぞろいの剣士たちだ 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 196
a good street cop: 腕きき刑事 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
腕のいい
   
be a good street man: 腕のいい香具師である O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 117
a good and caring legal mind: 腕のいい、親身になってくれる法律家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
腕のたつ
   
be a good draftsman: なかなか腕のたつ絵師 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 183
腕の立つ
   
somebody really good: とびきり腕の立つやつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 16
ツイート