× Q 翻訳訳語辞典
cry   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あきれる
   
cry in one’s incurably Hungarian English: ハンガリー訛りのどうしても抜けない英語であきれる ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 7
いう
   
cry passionately: 心から感謝をこめていう ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 195
うなり声
   
moan and revel in eerie cries: うっとりしながら不気味なうなり声をあげつづける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 92
うめく
   
"Ooohh!" Myra cried, shaking like a bowl of jelly on a plate: 「うおおおっ」皿にのせられたジェリーのかたまりのように身体をぷるぷるふるわせながら、マイラがうめいた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
おいおいと泣きじゃくる
   
Deputy Andy cried when he saw dead people: アンディは死体を目にするたび、おいおいと泣きじゃくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
こえをあげる
   
cry in a shrill, passionate voice: きんきんいきりたった声をあげる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 32
さえぎる
   
cry laughing: 笑ってさえぎる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 297
どやしつける
   
<例文なし> ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 157
ひいひい泣きだす
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
ひいひい泣く
   
be screaming and crying: ひいひい泣きながら悲鳴をあげる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 254

泣きじゃくる
   
find sb shivering and crying in bed with all sb’s clothes on: (人が)服を着たまま、ベッドの中でぶるぶる震えながら泣きじゃくっている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 166
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 209
泣きそうな声で答える
   
Nettie had cried: ネッティは泣きそうな声で答えた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
泣く
   
will cry every day for the rest of one’s life: これから死ぬまで、一日の休みもなく泣き続けるだろう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 513
some tears have to be cried until they are, they simply rave and burn inside: 泣いて泣いて泣きあかさないかぎりけっしてとまらぬ涙がこの世にある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
sit and cry into the night: へたりこんで夜になるまで泣き続ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 156
one never cried, not even in one’s dreams: 夢の中でさえ泣いたことがなかった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 9
notice that sb’s eyes are red from crying: (人は)泣いたあとの目をしている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 113
lie there crying covering one’s head: そこで頭を手で覆って倒れたまま泣く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 153
immediately go off on a crying: わっと泣きだす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 168
have the hiccups and has been crying: しゃくりをあげながらおいおいと泣いている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 287
have cried oneself out: 泣くだけ泣いてしまう ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 148
get away from the sound of sb’s crying: (人の)泣き声を耳にするのが嫌だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 78
do not know whether to laugh or cry: 笑ったものやら、泣いたものやら、思案に暮れる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 237
cry long and hard: 長いあいだ激しく泣く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 347
cry silently: 声をのんで泣く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 70
cry over ...: 〜を思って(人が)泣く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
cry oneself to sleep: おいおい泣きながら寝る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 301
cry oneself to sleep: 泣きながら寝る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 205
cry one’s heart out: わあわあ泣く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 113
cry into sth: 〜のかげで泣く ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 223
cry into one’s hands: 両手で顔を覆って泣く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
cry hard: 大泣きに泣く フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 129
cry from debasement and loneliness: わが身の堕落と孤独に泣く グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 208
cry from all the walking and from hunger: 歩き疲れと空腹からしくしく泣きだす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 161
cry for days over sb’s death: 〜の死を知って何日も泣き暮らす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 184
cry every foot of the way back home: 家に帰りつくまでずっと泣き続ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
cry all through ...: 〜の間じゅう泣き通す サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 216
cry all the time: めそめそ泣き暮らす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 169
break down and cry: 泣いてつっぷす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 348
begin to cry: おいおい泣き始める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 64
begin to cry: わあっと泣きだす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 287
began to cry: 泣いていた 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
be shaking, one is crying so hard: 身を震わせ、激しく泣く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 456
be happy and cry: 喜びのあまり泣きだす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 399
叫び
   
raise a short, gurgling cry: 短い濁った叫びをあげる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 58
raise a little cry: 小さな叫びをあげる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 32
make the harsh cry: 耳ざわりな叫びを発する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 26
叫びだす
   
cry from this pleasure: あまりの快楽に叫びだす マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 49
but sb cried out now: が、このときばかりは叫びだしていた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
叫ぶ
   
cry softly: 控え目に叫ぶ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
cry in a triumphant tone: 意気揚々と叫ぶ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 100
cry in a tone of delight, on seeing sb: (人を)見るやいなや、〜は喜々として叫ぶ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 135
叫んでいる
   
cry out ...: 声高に叫んでいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
呼び声
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 170
思わず声を大きくする
   
'For God's sake, it's nothing personal, man!' Guillam cried: 「おいおい、なにも他意あってのことじゃないんだぞ」ギラムは思わず声を大きくした ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 136
   
sb’s cry heighten: いよいよ高まる声 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 92
声があがる
   
Yes! the falsely cheerful voice in his mind cried: 「そうさ!」アランの心の奥でうつろに明るい声があがる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
声をあげる
   
too sick to even cry: あまりの苦しさに声をあげることもできない ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 210
not a woman who cries out easily or often: めったなことで声をあげるような女ではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
cry in a sudden transport of delight: 急にうっとりした喜びの声をあげる ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 105
声をうわずらせる
   
cry incredulously: 仰天して声をうわずらせる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 161
声をかけてくる
   
Hello! it cried merrily from its stronghold inside his head: 「よう!」頭の奥に築かれた砦のなかから、そいつは陽気に声をかけてくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
声をつよめる
   
<例文なし> スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 82
声をはりあげる
   
'But, George!' Lacon cried: レイコンが声をはりあげた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 95
声を荒げる
   
<例文なし> ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 157
声を大にする
   
'It's a dam shame!' cries Rick, while the baroness composes herself: 「まったくひどいものだ」リックが声を大にし、男爵夫人は気を取り直す ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 175
声を張りあげる
   
"Shall be deemed-uh illegal!" he cried: 「非合法とぉ判断されるぅ」ローズは声を張りあげた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
"I'd never do that!" Nettie cried: 「わたし、そんなこと絶対にしません」ネッティは声を張りあげた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 108
絶叫する
   
"Whoremaster!" Norris cried: 「こなくそおおおおおっ!」ノリスは絶叫した スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 356
騒ぐ
   
raise a public hue and cry: 表ざたにして騒ぐ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
大きな叫び声をあげる
   
cry out in pain: 痛みをこらえきれず大きな叫び声をあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
大きな声
   
cry out aloud ...: 〜と大きな声を掛ける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 16
大声
   
cry to sb for mercy: 大声で(人の)名前を呼び、慈悲を求める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 13
嘆息する
   
cry in tones of anger and real distress: 怒りと失望のいりまじった口調で嘆息する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
怒鳴る
   
in fury and grief cry out ...: 歯を食いしばって〜と怒鳴りつける 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 271
答える
   
"But I am being sober," I cried, confidently: 「覚めた結果としてそう思うんです」と答えた時の私には充分の自信があった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
悲鳴
   
with cries and groan rising all about sb: 悲鳴と喚き声に分厚く取巻かれ 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 35
utter a hoarse cry: 息のつまったような悲鳴をあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
panicked and tragically unmanly cries: 動転した、痛ましいほどめめしい悲鳴 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
let out a cry: ひめいをあげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 47
cries and moans of the injured: 傷ついた者のうめきと悲鳴 コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 47
悲鳴をあげる
   
"Holits!" Betty cries: 「ホリッツ!」とベティーが悲鳴をあげる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 364
野次る
   
as though someone has just cried “Boo!” at sb: 誰かにたったいま「ブー!」と野次られたような ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 53
   
cry from happiness: 嬉し涙をこぼす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
涙にくれる
   
cry for sb: (人を)思って涙にくれている フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 11
涙をこぼす
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 210
涙を出す
   
never cry: 涙は出さない 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 50
涙を落とす
   
begin to cry: ぽろぽろと涙を落とす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 267
涙を流す
   
laugh so hard one is crying: 笑って笑って涙を流す フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 202
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
慟哭
   
begin to cry as sb have never cried before: かつて知らぬ慟哭に身をゆだねる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 236
Tweet