× Q 翻訳訳語辞典
raise   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あおる
   
raise sb’s expectation: (人の)期待をあおる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 44
あげる
   
raise two fingers: 手をあげて誓いのポーズをとる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
raise one’s head: 顔をあげる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 231
raise a short, gurgling cry: 短い濁った叫びをあげる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 58
raise a little cry: 小さな叫びをあげる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 32
かかげる
   
raise one’s bottom: お尻を宙にかかげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
かざす
   
raise sth: 〜をかざす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
そびやかす
   
raise one’s shoulders: 肩をそびやかす アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 425
たきつける
   
raise ...: 〜をたきつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
つくる
   
raise a get-away stake: とんずらするカネをつくる ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 259
つのらせる
   
the military tendency to raise one’s temper automatically: 感情をつのらせる軍人の習性 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 5
つりあげる
   
raise one’s eyebrows knowingly: わけ知り顔で眉をつりあげてみせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 353
raise one’s eyebrows: 眉をつりあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
eyebrows raise: 眉をつりあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
のばす
   
raise one’s minute frame to its largest extent: 大きからぬ身体をせい一杯のばす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 41
raise one’s head sharply: しゃっきりと首すじをのばす 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 383
はねあげる
   
raise a cloud of dust: 土ぼこりをはねあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
はりあげる
   
raise one’s voice to be heard above sth: 〜に負けじと声をはりあげる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 422
ひきあげる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
ふりかざす
   
raise sth up above ...: 〜の真上でふりかざす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 252
まわす
   
raise one’s arms to sb: (人に)腕を回す トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
もちあげてみせる
   
raise one’s hands steadily until they are level with one’s chest: 掌をジリジリと胸の高さまでもちあげてみせる 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 54
もちあげる
   
raise one’s hand to do ... and pause: 〜しようとしてもちあげた手をとめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
もちだす
   
raise issues: 問題をもちだす フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 464
raise another subject: ほかの話題をもちだす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
わきあがる
   
raise fundamental questions about sth: 〜という素朴な疑問の声がわきあがる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 395

育てる
   
raise sb with one’s own: 我が子同様に育てる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 217
raise sb singlehanded: 男手一つで〜を育てる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
raise sb on her own: 女手ひとつで育てる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
be raised with servants: 雇人たちの手で育てられる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 51
be a bitter man to be raised by: そんな親に育てられる子供はたまったもんじゃない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
a healthier place to raise a family: 子供を健康に育てられる土地 オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 234
運ぶ
   
raise ... to the lips: 〜を口もとに運ぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
開ける
   
raise the lid: 蓋を開ける カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 84
起こす
   
raise hell all over ...: (場所)で派手に騒ぎを起こす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 288
raise constant and momentous hell: ひっきりなしに大きな問題を引き起こす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
起てる
   
it’s a poor ringer that can’t raise his own bell: 自分の鐘も起てられないようじゃ、鐘方はおしまいだよ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 47
強くする
   
raise one’s voice: 声を強くする 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 22
教育する
   
I raised him very strictly in accordance with my beliefs: ぴしぴしと思い通りに教育してまいりましたし、 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 329
荒らげる
   
raise one’s voices: 声を荒らげる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 455
高い
   
be so raised sb float: どのくらい高いかというと、宙に浮かんで見えるほど高い フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 153
高くする
   
raise ...: 〜高くする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
高くなる
   
be raising one’s voice in spite of oneself: 終りのほうは思わず声が高くなる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 210
高める
   
raise one’s voice: 声を高める 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 5
作る
   
raise wheat: 小麦を作る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 341
子育て
   
sb who has raised a human from scratch: 子育ての経験のある人 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
飼う
   
raise a few cattle: 何頭か牛を飼う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 341
He's raising tropical fish with his brother: 高山くんはお兄ちゃんと熱帯魚を飼っているんだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 42
飼育する
   
Suddenly, she recalled the bell crickets she had been raising in a jar: ふと、そして、古丹波の壺に飼育している鈴虫が思い出された 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 8
持ち出す
   
raise sth: 〜を持ち出す トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 313
振り上げる
   
raise one’s baton: タクトを振り上げる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 287
raise one’s arm above one’s fantastic head: 不気味な頭の上に両腕を振り上げる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 108
組織する
   
raise forces: 軍隊を組織する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 46
大きくする
   
raise sb without a scratch or a burn: 傷ひとつ、火傷ひとつなく大きくする 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 134
raise one’s voice: 声を大きくする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
提起する
   
raise the question about ...: 〜について問題を提起する ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 23
連絡をとる
   
raise sb: 連絡をとる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 245

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

struggle to raise one’s salaries: 賃金闘争
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
something you can raise money on: 質草
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 66
raising its head: むくむくと頭をもたげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
raise the subject: それは(人の)方でお願いに上る
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 68
raise the gun: 銃を構える
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 260
raise some hell: ひと騒ぎやらかす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
raise oneself: 身を起す
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 154
raise one’s voice: どなる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
raise one’s voice: 声をあらげて言う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 275
raise one’s voice: 大声を張りあげる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 246
raise one’s hands: 両手をかざしてみせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 57
raise one’s chin: 顎をしゃくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 270
raise hell: かんかんに怒る
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 152
raise hell: 逆上する
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 8
raise hell: 修羅場を招きよせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
raise hell: 必死に抵抗する
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 81
raise eyebrows: ぎょっとして眼をむく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
raise against ...: 〜に異を唱える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 360
raise a wind: なにかいいだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 86
raise a fuss: めくじら立てる
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 142
one’s eyes are raised to heaven: 天を仰ぐ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
no raised eyebrows: no raised eyebrows
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 252
be raised: 問題になる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 222
won’t raise sb’s hackles: (人の)ご機嫌をそこねない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 114
where were you raised: お里が知れるぞ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 190
wandering sth raise one’s suspicions: 〜というのもいかがわしい
voices raised in argument: いい合う声
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 245
the heel of his left foot raised slightly from the ground: 左の踵はやや浮かせていた
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 235
suspicion raise its ugly head: 疑いが首をもたげてくる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
sb has been raised with a dislike for ...: 生来〜嫌いの(人)であるが
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 13
raising one’s eyes to sb’s: 上目づかいに(人の)目を見入りながら
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 48
raise up on one’s elbows: 肘を立てて、身を起こす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 353
raise the curiosity of sb: (人に)あやしまれる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 64
raise the cup to one’s lip: 盃を(人の)唇の先へ持って行く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
raise the cry of fire: 火事だとさけぶ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 35
raise sth to ...: (物を)もちあげて〜に運ぶ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 350
raise sth respectfully to one’s forehead: 押しいただく
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 297
raise sth by hand: 〜を丹精こめて育てる
raise sb to a sitting position: (人の)上体を抱き起こす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 395
raise sb one too many: 少々やりすぎてしまう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 109
raise oneself up to a sitting position: 上半身を起こして坐った姿勢になる
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 155
raise one’s voice excitedly: 言いつのる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 213
raise one’s voice almost to a scream: 声をたかめ、さいごはほとんど絶叫せんばかりだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 121
raise one’s mind for the instant from the routine of life: しばらく日常の生活をわすれる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 126
raise one’s hand and slap sb hard across the face: 「ばしーん。」と音をたてて平手で打つ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 83
raise one’s eyes to sb’s face: (人の)顔を見上げる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 39
raise one’s eyes heavenward: 天を仰いでみせる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 174
raise one’s eyes from one’s lonely labour, viewed the prospect: 働きの手を休めて、あたりの景色に目をやる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
raise one’s eyes and stare hard at sb: 上目づかいに(人を)にらむ
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 93
raise a public hue and cry: 表ざたにして騒ぐ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 77
raise a lot of hell: えらい騒ぎになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 210
raise a hand to one’s head: 手を頭へやる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
raise a hand to ...: 手を〜に運ぶ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 74
not raising one’s head: うつむいたまま
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
nervously raise a point with sb: おそるおそる(人に)質問する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 54
help to raise sb: (人を)手塩にかけて育てる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 95
have been raised in lavish surroundings, in a “bed of roses” as they say: いわゆる蝶よ花よとそだてられの子だった
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 51
have been raised by one’s mother: 母親の手ひとつで大きくなった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 127
don’t bother to raise ...: (〜になるのに)黙っている
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 406
cream-coloured frieze and ceiling of raised plasterwork: クリーム色に彩られ、浮彫のある漆喰の欄間と天井
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 70
bellow to raise the alarm: 大声で非常事態を知らせる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 328
begin languidly to raise oneself from one’s chair: のっそり立ちあがりかける
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 237
be raising sb wrong: やりかたが間違っていた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 33
be raising Cain in ...: 〜で派手にやっている
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 228
be endeavouring to raise a fund to buy sb sth: (人に)(物を)贈る資金の募集で目下大わらわだ
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 18
be born and raised in ...: (場所の)出身だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 96
... raise an eyebrow on sb: 〜を不審に思う
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 428
abruptly raise a trap in sb’s hands: 合図もなしに手にした籠を高く差し上げる
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 119
absentmindedly raise one’s hand in a regal gesture: 思いだしたように片手をそっと優雅にあげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 92
raise an artificial flurry: あわただしさをよそおう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 170
raise a commotion: 暴れる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 89
raise one’s eyebrows in despair: 匙を投げたというように眉をあげる
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 45
raise one’s eyes and smile: 上目遣いに微笑む
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 102
raise an eyebrow: 反対する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 312
do not raise and eyebrow: まるっきり動じない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 361
be too gentle ever to raise the issue: 控え目な男だからそんなことはおくびにも出さない
ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 50
Kojuro would accept with a grin and raise them respectfully to his forehead: 小十郎はそれを押しいただくようにしてにかにかしながら受け取った
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 297
one hand upon the door, one half-raised in one’s eagerness: 片手をドアにかけたまま、もう一方の手は待ちかねたひとのように少しあげて
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 179
raise one’s head: 目をあげる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 84
raise one’s head: 頭をもたげる
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 33
"You must have something you can raise money on," he insisted: 「質草ぐらいあるだろう」スペードは食いさがった
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 66
ツイート