× Q 翻訳訳語辞典
voices   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with a wild swell of voices added to them: わき上がる異様な喊声までまじえて
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 134
voices in animated discussion: 熱中した話し声
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 25
anonymous voices: 主体性のないいわゆる多数の声
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 138
in voices full of anxiety and dismay: 不安に高まった声で一緒に呼ぶ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 39
voices raised in argument: いい合う声
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 245
different voices gain ascendance: ひときわ高くいろいろな声が聞こえる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
slop down the passage, away from the door with the voices: 女たちの声のするドアを背にだらしなく歩いて行く
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 111
a chorus of voices break in: いっせいに声が上がる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 128
truly the wailing voices of the dead were calling me: 鬼哭啾々とはこのことだ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 173
carried away by the sound of our own voices: 自分たちの合唱にききいりながら
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 7
a clamor of voices reach sb: 騒がしい人声が聞える
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 133
come faintly through the voices of the bells: 鐘の声越しにかすかに聞こえてくる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 59
sound of children’s voices comes shrill and loud to one’s ears: 子供たちの声がきんきん聞こえてくる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 52
sound of voices holding muffled conversations: くぐもった会話の声
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 328
the murmur of voices from a faraway crowd: 遠くの人々のもそもそとしたざわめき
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 210
crude military voices: 野太い軍歌
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 316
different voices: いろいろな声
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 153
hear sb’s voices in discussion: 小声でなにかをいいかわしているのを聞く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
be one of few early voices to speak out against ...: 早いうちから〜に反対する声をあげた少数派のひとりだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 396
have one of these very loud, embarrassing voices: こっちがどぎまぎするようなでっかい声を出す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 192
voices from ... emerge: 〜の声が流れてくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 334
one’s enthusiastic high-pitched voices: 甲高い声
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 176
have voices for everybody: 相手により使い分ける声の持ち主だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
voices are faint against the sound of the sea: どよめきは潮騒に消されて切れぎれに聞える
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 100
with the frenzied voices: けたたましい声を発しながら
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 298
the voices of ghosts: 化物か何かの声
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 273
have these Holy Joe voices: 例の牧師口調になる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 156
talk in hushed voices: ひそひそ話す
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 131
an intermittent rumble of voices: とぎれとぎれの話し声
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 106
talk boat talk in loud and knowing voices: わけ知りの大声で専門用語をならべたてながら「ボート・トーク」をつづける
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 197
parents’ voices no longer register: 親の呼ぶ声などまるで耳に入らなくなってしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
lots of voices: 大勢の声
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 297
From time to time, he could hear a murmur of voices: ときおり、ぼそぼそと話し合う声が耳にはいる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 491
raise one’s voices: 声を荒らげる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 455
have one of these very raspy voices: すごくかすれた声をしている
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 191
the autumn winds are releasing all the gone voices: 秋の風が亡くなった人たちの声を響かせている
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 34
say certain unwise voices with relish: と知らずにうれしがる声もある
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 377
those very tired, snobby voices: 例のくたびれたみたいな、いやにきどった言いかた
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
As I entered, voices in animated discussion suddenly fell silent: 入っていくと、それまでの熱中した話し声が、ぴたりとやむ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 25
in this very quiet voices: いとも静かな声で
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 202
those very phony, Ivy League voices: あのアイヴィ・リーグの連中のインチキきわまる声
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
in voices that sound ...: その口調が〜な物言いである
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 8
the sound of men’s voices and the whining of the sled dogs: 人間の声と橇イヌが鼻を鳴らす音
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 51
Tweet