× Q 翻訳訳語辞典
wandering   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
さかりのついた
   
a wandering cat: さかりのついた猫 トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 56
さすらい
   
That was when the wandering started: そのときからさすらいが始まった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 133

雲隠れ
   
never object to these wanderings: こうした雲隠れを一度もとがめたことがない ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 115
浮気
   
his wandering: 彼の浮気 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 65
流浪の
   
wandering people: 流浪の民 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 37
彷徨
   
have done more wandering than a minstrel: 吟遊詩人よりも多くの彷徨をおこなってきた トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb’s wandering loins: (人の)尻軽さ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
a wandering fancy wanders through the mind of sb, that ...: (人は)、〜と、そんなとりとめもないことを考えている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 133
one’s fingers ever wandering over and over those fine nerves: (人の)指は、しきりに例の敏感な神経のあたりを撫でまわしている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 308
harsh-tender wandering tunes: 甘さを含んだしわがれ声で歌うさすらいの調べ
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 25
wandering sth raise one’s suspicions: 〜というのもいかがわしい
His swagger embarrassed her at moments; his wandering broke her heart: 夫の尊大さは時として彼女を当惑させ、彼の浮気は彼女の心を打ち砕く
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 65
have a way of wandering into unlikely positions: しばしば思いがけもしない場所へまぎれこむ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 135
be wandering: 現在自分があてどもなくさまよっている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 144
be wandering through ...: 〜をうろついている
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 22
he's wandering: うわごとを口走っておる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 25
wandering from one ... to another: (場所)から(場所)へと経めぐりながら
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 39
wandering around the house: 家のなかを見てまわる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
still be wandering about ...: 〜あたりに愚図々々している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 155
ツイート