× Q 翻訳訳語辞典
its   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be taken aback by its brightness: とまどうくらいの明るさがみちている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 198
lift one’s voice above its weary level: くたびれた声より一段レベルをあげる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
reach one’s own absorptive limits: その吸収力の限界に達する
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 13
be united in its willingness to accept ...: 〜で一つにまとまって満足し我慢出来る
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 50
accepting the habits of weather: 天候の気まぐれに支配されている
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 17
the elbow bends of its own accord: おのずと肘がまがる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 139
cause sth to rise to ... of its own accord: 手を触れずに(物を)〜へもちあげる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
account for its selection: 〜ということからそこがえらばれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 483
be achieving super-profits from ...: 〜から莫大な利益を上げている
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 157
the act splits up: 一座が解散する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 115
be active and committed to the church and its beliefs: 教会の活動に熱心に参加し、教えに従う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 379
she admits it is: そうよと答える
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 218
adopt a spot as its safety zone: ひとつの小さな場所を安全圏と定める
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 527
we advise its early abandonment and revocation: われわれは、...、そのすみやかなる破棄と撤回を勧告する
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 18
can feel the pain beginning to assert itself again: 痛みがぶりかえしはじめている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
Its agents are our Jesuits, these swine, they ruin everything!: その手先が、われらの陰謀家ども、あの下種野郎どもなんだ、あいつらはなにもかもぶちこわすんだ!
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
spend one’s life in aimless anticipation of sb’s visits: (人を)待つともなく待っているような暮らしだ
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 50
walk with its feet up in the air: 足を空に向けて歩く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 110
push itself into the open air: もぞもぞ外に出る
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 64
keep one’s wits alert: 警戒心を研ぎ澄まさせる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 203
know life in all its aspects: 世の中のいろんな面に通じる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 238
be fringed in all its length with sth: 小径のへりには〜がどこまでも立ちならぶ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 154
have all fallen from ... into rusty bits and useless debris: 徐々にずりおちて、果ては屑同然になってしまう
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 111
be standing in its usual spot, all by itself: 以前と同じところになにか妙に所在なくぽつんと立っている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 41
gracefully allow the small fire to smolder away all on its own: 煙草のくゆるのにまかせたまま、いとも悠然とかまえている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 230
do not allow one’s baffled state to express itself in one’s sinister face: これにはちょっと閉口した様子。だが、さすがにそんな気配は、その陰険な顔つきに、微塵も出しては見せない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 329
some of its allies: 一部同志たち
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 289
mechanism seems to be moving along its cycle properly so far: メカニズムは一応正常に働いているように見える
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 105
the limits to economic growth have already been reached: 経済成長はすでに限界に達している
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 11
be already settled in its curious way: 妙に〜は、すでに落ち着くところに落ち着いている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 559
those outfits always have a broad spectrum: そういう団体には、いろんな種類の人間があつまるものだ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 245
Anne had always a weather eye open for kindred spirits: アンはつね日ごろ、自分と同じ型の人物をさがしだす手をゆるめなかった
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 12
always look forward to one’s visits on Wednesdays: (人が)水曜日ごとに来てくれるのが楽しみだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 137
young man full of ambition and high spirits: 少壮気鋭の徒
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 210
amid an unforgiving land and its people: 容赦のない土地や人々のあいだで
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 88
gather a tremendous amount of cosmic force into its service: 厖大な量の宇宙的エネルギーを集中的に用いる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
nor was it more retentive of its ancient state, within: 家の中も同じように荒れ果てて、昔の面影はさらにない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 48
His face was near to hers, very; its animation matched her own: 彼の顔は、彼女の顔のほんの間近にあり、その上気は彼女の上気に劣らなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
follow its stylish antics with passionate concern: 愛犬の優雅な身のこなしを熱心に注目する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 309
a dog barked in anticipation of its morning run: 朝の散歩をせがんで吠える犬の声
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 192
us-them antipathy found among disparate units: 兵科の異なる男たちの間に見られる通常の反感
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 542
wonder if one have registered any hits: 〜の砲弾は一発でもあったただろうか
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 253
appalling in its closeness: ぞっとするほど近くで
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 248
be always apparently in good spirits: いつも生気溌剌としている
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 14
Stern found the idea startling -- particularly its appeal: このアイデアにスターンは驚いた--とくにそれの持つ力に
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 190
an appeal of its own: ひとつの手
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
its strength and ardor: はげしく熱っぽい〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 263
special type of hostility arising from its frustration: その挫折の結果として起こる特殊な敵意
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 25
nearly pull one’s arms out its socket: 肩からはずれんばかりに腕をひっぱる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 450
take out a small pocket flashlight and sail its beam around the room: ポケットから小型の懐中電灯をとりだし、部屋をくまなく照らしてみる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363
wait impatiently for its arrival: 日ごとに〜を待ち受ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 126
hold the bottle by its neck as one drink: 瓶の首の部分を持って、じかに飲む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
observe sth in its slow ascent: (物が)ゆらゆらと上昇してゆくところが発見される
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 326
The ascetic sits cross-legged on a large and thick cushion: 修行僧が、大きな分厚い敷物の上に脚を組んで坐ります
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
one’s ashen color returns to its former robust hue: 青白かった顔も元の健康そうな血色を取り戻す
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 217
the habits of many years are not easily cast aside: 長年にわたる習慣はどうにもならない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 104
the notion of doing ... has its satisfying aspects: 〜する図を想像すると愉快でたまらない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 92
fate’s been working its ass off: 運命の女神のお導きってやつだ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 9
then sb’s weakness asserts itself: そのうちにまた疲れが出てくる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 311
assess the considerable risks and minimal benefits: わずかな可能性にかけて、大きなリスクを冒すつもりでいる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 26
send out its warm red glow athwart the chilly autumn night: 秋の夜寒にあたたかそうな赤い光を放つ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 340
attach itself with a concussive force to ...: どすんという感じで〜にぶちあたる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363
sb’s attendant spirits: (人の)守護霊
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 116
one of the attractions of the place is its scenic trails: このあたり一帯の看板のひとつは風光明媚の遊歩道である
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 160
one’s habits are simple to the verge of austerity: 日常の起居は峻厳なまでに簡素だ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 48
can not put away the automatic habits: 習慣をぬぎすてることができない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
a whole new world of woe awaits: 新しい嘆きの世界が眼前に待ちかまえている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 120
await the coming of its Savior: 救世主の到来を今か今かと待つ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 253
refuse to believe sth that awaits one: (物が)目前にひろがっているのに信じようとしない
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 40
award its refuse-hauling contract to ...: 廃棄物処理を〜に発注している
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
chuck the baby under one of its chins: 赤ん坊の幾重にもなったうちのひとつの顎の下を軽くくすぐる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
tip one’s chair onto its back legs: 椅子をうしろに傾ける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
a dog braves enough to bite only when its victim’s back is turned: 敵がうしろを見せたときにしか咬みつけない意気地なしの犬
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 161
have ... down on its back: 〜を仰向けにする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 53
force sth back upon itself: (物を)そり返らせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
this isn’t the time to indulge in any bad habits: 今はどんな悪癖にも手を出すときではない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
still, one is not bad spirits: 落胆しているわけではない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 470
balance its course on the winding cliff-path down to the beach: くねくねした崖ぎわの小道を左右にかじをとって浜へ下りていく
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・もの』(Wind's Twelve Quarters ) p. 249
I have this post by its collective balls: ぼくが握ってるのは、この基地の急所さ。集団的な男の急所
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 279
the barely visible streak of the ball itself: ほとんど眼にとまらないボールそのものの軌跡
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
reduce itself to this basis: 〜という基盤に凝縮される
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
the beat of the disco music submerging sb with its volume: 猛烈な音量でおおいかぶさってくるディスコ・ミュージック
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
beautiful in its briefness: 簡潔そのもの
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 61
be made useful by its beauty: 美術的な価値によって珍重する
become less and less subject to fits of ...: 〜の感情がだんだん薄らいで行く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 222
be rather more lax than befits a medical man: 医者には不適当なほどだらしのない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 134
You remember I said before that Ackley was a slob in his personal habits?: さっき、僕は、アクリーのことを、だらしのない野郎だって言ったのを覚えてるだろ?
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 45
presentation credits begin: 画面にクレジットが現われる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 17
feel one’s spirits begin to lift: しだいに気分がほぐれてくるのを感じる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 80
begin to emerge from its cocoon: 羽化する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 53
cheerful, uninhibited behavior of its people: 明るく自由に振る舞うアメリカ人
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
one’s mutt bellows hysterically in its high, unpleasant voice: 犬は、甲高い、耳ざわりな声で吠える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
beneath its purple pall: 紫色の棺衣の内側で
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 182awkwardly
Tweet