× Q 翻訳訳語辞典
verge   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
瀬戸際
   
remain on the verge of sth: 〜の瀬戸際にとどまっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 205
直前
   
on the verge of sleep: 寝る直前に トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 363
路肩
   
go side-winding into the verge: ふらふら蛇行して路肩に突っ込む ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 14

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

verge on sth: ほとんど〜と見分けがつかない
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 68
verge on iciness: 氷の冷たさを思わせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
verge on complaint: 不満が出る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 146
verge on actual ugliness: 醜悪ぎりぎりの線までいっている
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 90
the hands of the clock verging upon the hour closing the Bank: 柱時計の針は、閉店間ぎわの時刻をさしていた
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 100
sound on the verge of rage: いまにも怒りだしそうな声だ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
seem on the verge of tears: 泣きそうな顔をする
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 29
one’s watery eyes that always seem on the verge of tears: まばたきをすると涙のこぼれそうなうるんだ目
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53
one’s habits are simple to the verge of austerity: 日常の起居は峻厳なまでに簡素だ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 48
on the verge of ~ing: 〜しそうになる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 15
on the verge of tears: いまにも涙ぐみそうになっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
on the verge of tears: 突然こみあげる涙
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 248
on the verge of tears: 涙をこぼしそうになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
on the verge of sth: 〜の一歩手前
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 205
on the verge of sleep: 半睡のうちに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 32
on the verge of doing: あと少しで〜する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 37
on the verge of death: 瀕死状態の
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 226
on the verge of big trouble: 大きなトラブルに巻き込まれるかどうかの瀬戸際
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 99
on the verge of a temper tantrum: いまにもかんしゃく玉を破裂させそうな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
keen to the verge of fierceness: 獰猛なまでにするどい
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 107
feel on the verge of tears: 眼頭が熱くなる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 59
feel all the bitterness of ... and be reduced to the verge of tears: 〜に、ほとんど泣きたいほどの恨みを抱く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 17
be on the verge of tears: いまにも涙が堰を切ってあふれだしそうだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
be on the verge of serious tears: 必死に涙をこらえる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 137
be on the verge of saying too much: このままではしゃべりすぎることになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 112
be on the verge of doing ...: さあもう〜しようと心を決める
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 158
be on the verge of being revealed: ふっと姿をあらわす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 136
be on the verge of a totally hot love: 心を灼く恋の前ぶれを確信する
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 143
be on the verge of ...: 〜の瞬間に正にいる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 273
be on the verge of ...: いまにも〜しそうになる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
be on the verge of: もうすぐそこまで
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 128
be on the verge of despair: なんとも心細い限りだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 78
He was appalled to find himself suddenly on the verge of tears: いまにも涙をこぼしそうになっている自分に気づいて、アランは愕然とした
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
ツイート