× Q 翻訳訳語辞典
aside   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜はさておき
   
But, duty and honour aside my natural curiosity was aroused: だが、義務や名誉はさておき、自然な好奇心が高まってきた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
(何かを)抜きにして
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 81

あるにせよ
   
all excuse aside: どんな言訳があるにせよ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 260
かなぐりすてて
   
with a lilting brogue aside: 訛りを強調した軽快な口調をかなぐりすてて エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 219
どこかに
   
get put aside: 〜がどこかに吹き飛んでしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 484
わきへ
   
take sb aside: (人を)わきへ呼ぶ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
move aside: わきへどく デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 186

蔭へ
   
draw sb aside: (人を)蔭へ呼ぶ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 99

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

take sb aside: (人の)腕をひく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 95
step aside: 道をあける
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 219
step aside: 脇へ移動する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 224
stand aside: ひたすら傍観する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
sexual content aside: 身体の熟れ具合はともかく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
set aside: 確保する
put sth aside: (物が)特別扱いだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
put aside: 一時棚上げする
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 359
push sb aside: あっさり払いのける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
brush it aside: 軽くいなす
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 372
be shunted aside: 下に見られる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
be put aside: 消える
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 233
aside from ...: 〜だけではない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 296
as an aside: ことのついでに
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 297
wave the moral inconsequently aside: 教訓をそっちのけにする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 86
twitch the curtain aside: カーテンをすこしずらしてみる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 183
the habits of many years are not easily cast aside: 長年にわたる習慣はどうにもならない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 104
sweep aside a door: サッとドアを開ける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 42
step aside to let sb pass: ( 人に) 路を譲る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 221
step aside for sb: 道を空ける
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 85
stand aside for sth: 〜の前には場所を譲る
set all of that aside: これまでのことはさておく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 400
say, smiling and standing aside: (人に)寄り添い、笑みをふくんだ声でささやく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
say in an aside to oneself: ひとりごちるようにいう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
put the matter aside: この問題はひとまずおあずけということにする
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 117
put one’s hostility aside: 自分の敵意に目をつぶる
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 89
put aside the artificial for the human: おていさいはそっちのけだ
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 138
push ... blindly aside: 〜を手あたりしだいになぎ払う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
it is time to set one’s thoughts aside: いつまでも考えごとばかりもしていられない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
fling the bedclothes aside: 布団を跳ねのける
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 175
dash ahead of sb, almost pushing sb aside: (人を)突きとばすようにして先に飛び込む
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 123
brush aside sb’s admonition: (人の)注意を極めて軽く受ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
be hardly likely to cast sb aside: (人を)そのまま捨ててはおかない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 33
be able to cast all doubts aside: なんのはばかるところもない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 30
be able to set one’s hysteria aside: パニック状態を脇へ押しやる余裕をおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
be cast aside by one and all: 四方の勢力から見放される
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 162
step aside and allow sb to melt into sb’s arm: (人が人の)腕に倒れ込むのをよける
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 97
the right to put aside the artificial for the human: 体裁を捨てて人間的にふるまう権利
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 59
put the interruption aside with an unexpected, quiet authority: この割り込みを、思いがけない静かな威厳をもって制する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 63
cast aside better judgement: 賢明な判断というやつを捨てる
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 94
before we get booted or pushed aside by the FBI: FBIが乗りこんできてわたしたちを蹴り出したり押しのけたりしないうちに
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 182
be brushed aside by sb: 〜におしのけられる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 186
brush aside a detailed description of a sb: (人の)詳細な説明が書かれた報告書をわきに寄せ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 105
brush aside one’s doubts concerning ...: 〜の疑いを何処かへ葬むる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 30
brush sth aside: (物事を)あっさり片づける
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 77
brush the case aside: 事件をもみ消す
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 45
brush sth aside: 取りあげない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 36
brush sth aside: 動じない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
throw aside one’s career: 職を擲つ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 332
set sth carefully aside: 〜をそっと脇におく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
cast everything aside: すべてをかなぐり棄てる
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 301
cast aside shame and vanity: 恥も見栄もなく
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 135
cast aside one’s profession to do: 職を擲ってまで〜する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 343
cast aside one’s better judgement: 賢明な判断というやつを捨てる
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 94
cast ... aside: 〜を抛つ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 62
push aside the curtain: カーテンを引き開ける
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
dart aside: たちまち方向を転じる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 442
throw the book aside in disgust: 頭に来て本を投げ捨てる
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 58
say, in a kind of distracted aside: あまり気のないひとりごとのようにいう
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 42
the mist began to drift aside: すうっと霧がはれかかる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 122
can not easily be brushed aside: てこでもひかない
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 20
flicker aside: ゆらゆらと片側に開く
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 81
put aside one’s formality: 無礼講になる
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 55
stand aside and idly watch sb: (人に)手をこまねいている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
it is an indignity to be tossed aside: ゴミみたいに放られたんじゃ、浮かばれない
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 208
put aside one’s introspective mood: 日ごろの内省癖を忘れる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
proceed to lay aside one’s sewing: 裁縫道具を片づけ出す
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 86
leave aside sth: 〜を忘れる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 17
throw sth aside lightly: そっけなくほうりだす
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 82
If Brian's Ma tried to get in his way he would push her aside: 母親が前に立ちはだかれば、あっさり払いのけるだろう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
set that aside for the moment: それはとりあえずおく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 571
how much money ... set aside for weapons: 〜が兵器のためにどれだけの予算を確保したか
have a private room set aside: (〜には)個室が与えられる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 53
push aside: 押しのける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 182
put sth aside quickly: 〜をすばやく脇へ払いのける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
put aside travel for the sake of perfection: 完全なるものを求めるがゆえに移動することなど気にかけない
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 73
put aside time: 時間を割く
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 133
put aside sth: 〜を棚上げにする
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 135
put aside all shame and fastidiousness: 恥と不愉快を忍ぶ
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 214
put aside ...: 〜なんかはそっちのけで
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 49
put aside ...: 〜を忘れる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
put aside: 積み立てる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 147