× Q 翻訳訳語辞典
thoughts  
心のうち
   
pause, reaching for one’s thoughts: 自分の心のうちを探るように言葉を切る グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 33

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

thoughts: もの思い
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 218
abandon thoughts of ...: 〜の件は忘れる
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 92
abandon bad thoughts: よこしまな想念をおく
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
absorb the thoughts of ...: 〜する自分の姿を想像する
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 269
walk off, accompanied by one’s own thoughts: (自分の)思いを抱いて歩き去ってゆく
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 84
admit idealistic thoughts and dreams: 夢や理想主義に溺れる
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 29
cool wind purge one’s mind of aimless thoughts: 行き場のない考えごとを涼しい風がさらってゆく
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 59
allow oneself a few darting thoughts on ...: 二、三度ちらと考えてみるゆとりまでもできる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 214
be alone in one’s thoughts: 頭の中は自分の想いで一杯である
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 59
Apparently, she now shared some of the same thoughts Stern had had earlier: スターンが前に考えていたのとおなじことを考えているのだろう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
arrange one’s thoughts: 考えをまとめる
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 200
it is time to set one’s thoughts aside: いつまでも考えごとばかりもしていられない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
associate the two in one’s thoughts: 一緒に(人の)頭にのぼる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
assume he is collecting his thoughts for an answer: さだめし答えるために考えをまとめているのであろうと思う
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 109
have bad thoughts about sb: (人のことを)恨む
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 195
one’s head full of black thoughts: 暗然とした思いで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 233
have developed the habit of blocking out thoughts of sb: (人の)生活や会話の上に、想像をめぐらさない習慣をじぶんにつける
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 144
the sex-thoughts would replicate busily: 性的思考がせっせと自己複製を開始し
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 110
walk to and fro, with thoughts very busy: いろいろ思い悩みながら、なおも歩き続ける
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 109
be still casting about in one’s thoughts to do: と、心の中であれこれ考えている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 104
chaotic odds and ends of thoughts flash through sb’s mind: いろいろの考えがごたごたと(人の)頭に浮んでは消えている
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 183
sb’s thoughts seems to cloud too: (人の)心にもまた雲がかかってくるようだ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 35
collect one’s confused thoughts: 混乱した心を整理する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 277
collect sb’s thoughts: 勇気を奮い立たせる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 312
thoughts that are not one’s to command: 自分でコントロールできぬ想念
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
collect one’s confused thoughts by committing them to paper: 書くことで混乱した心を整理する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 277
confide one’s innermost thoughts: 腹の中を打ち明けて言ってしまう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 12
conjure up vaguely threatening thoughts: 呪文をとなえ、どこか不吉な考えを呼びだすようなひびきが感じられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
convey a multitude of wild and moving and funny thoughts: はげしくて感情ゆたかでいたずらっぽい光をたたえる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 138
crash in upon sb’s thoughts: (人の)想念にだしぬけに割りこむ
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 47
creep into one’s thoughts: 心に忍びこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
thoughts of that kind would never even have crossed sb’s mind: そんなことを夢にも考えはしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 115
look in distinct danger of losing one’s happy thoughts: いまにも幸せな気分とさよならしそうな気配だ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 10
deeply engrossed in other thoughts: 何かほかの考えにふけっておられる
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 133
design, in one’s ill thoughts: よからぬことを考える
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 210
sb’s thoughts are quite detached: (人の)考え方がよそよそしい感じになる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 397
have different thoughts in mind: そうは思っていない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
direct one’s ugliest thoughts to ...: 〜をいまいましく思う
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 47
sb’s thoughts drift in no particular direction: (人は)ぼんやりと考える
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 21
perhaps sb’s thoughts might be rather disconcerting: (人の)考えは人をまごつかせるような性質のものかもしれない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 220
let one’s thoughts drift over sth: 〜に思いを馳せる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 153
drift on thoughts of triumph: 勝利の思いに酔いしれている
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 28
each with secret thoughts: (人が)思い思いの考えを持って
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 31
be embarrassed by one’s own thoughts: 自分の考えていたことがきまり悪い
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 197
one’s own thoughts embarrassed one: 気恥ずかしさを覚える
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 46
follow one’s thoughts through to the end: 自分の考えをとことんまでつきつめてゆく
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 295
sth have not really enter one’s thoughts: 〜という発想は、頭のなかにない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
in the event of second thoughts: 考えが変わった場合
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
express one’s thoughts in public: 世の中に出て口を利く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
Failure is not in their thoughts: 彼らの頭に挫折という言葉はうかばない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34
return to one’s lonely, far-away thoughts: 遠いもの思いにもどる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 509
offer sb a few thoughts about ...: (人に)〜に対する考えをいくつか披露する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 119
sb’s mind is filled with idle thoughts: そんなことをむだに考える
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 193
there is something one cannot put one’s finger on in one’s own thoughts: (人の)考えごとにはどこかとりとめのないところがある
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 94
one’s thoughts flow across ...: 〜の向こうに想像をはせる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 7
focus one’s thoughts: 頭を整理する
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 158
one’s thoughts crowding formlessly: とりとめのない思いを走らせながら
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 238
get one’s thoughts together: 頭をはっきりさせようとする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 68
get one’s thoughts in order: 考えをまとめる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 13
give under the protective flag of good thoughts: 真心の名に隠れて贈って寄越す
have some glum thoughts about sb: (人を)殺してやりたい気分だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
keep harassing sb’s thoughts: (人の)心を患わせてやまない
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 22
often have harsh thoughts: ずいぶんいやな思いをする
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 40
have other thoughts and purposes: ほかの想念と目的が頭を占める
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 164
have some second thoughts: それを信用していいかどうか、考えないわけではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
have second thoughts about ...: 〜は考えなおす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 207
impart to sb one’s thoughts on ...: 〜に関する考えを披露する
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 48
incoherent thoughts: とりとめもない思考
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 215
one’s thoughts inevitably turn sluggish: 考えるのも気だるい
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 66
sound out a man’s inner thoughts: 男が女から気を引いて見られる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 183
innermost thoughts: 腹の中
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 12
reek of good intentions and good thoughts: 善意や実直さの匂いをぷんぷんさせる
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 29
intrude curiously into one’s private thoughts: (人の)内面へ探りを入れてくる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 323
cannot keep one’s thoughts from drifting toward sth: どうしても〜のほうへ考えが行く
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 149
sense where sb’s thoughts are leading: (人が)何を考えているかあらかた筋は読める
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 53
let one’s thoughts move to ...: ふと〜のことを思う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 148
mainly one be lonely with one’s thoughts: 一人で物思いに耽ってばかりだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
set loose a train of horrible thoughts: 心のなかに堰を切ったように次から次へと怖しい想念を流しこむ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 102
transmit those loving thoughts to sb: そんな情のこもった思いを(ひとに)伝える
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 16
many of the incidents and one’s own thoughts: 事件なり思想なり
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 145
ツイート