× Q 翻訳訳語辞典
human   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
なみの
   
a human sponge when it comes to absorbing lines: 台詞を吸収することにかけてはスポンジなみの デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 84

   
your average baseline human being: ふつうの者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
   
human discourse: 人と話をする サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 12
cut off almost all human contact: 極端に人づきあいを嫌がるようになる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
人の子
   
They are human: 彼らも人の子、 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 403
remain human: 人の子だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 438
Even Tucker was human: タッカーも人の子である クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 501
人間
   
smooth the path of human exchanges: 人間交流を円滑にする 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 29
negative yardstick in measuring the intimacy of human relationship: 人間関係の尺度を測る読み 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 36
human story: 人間模様 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 12
human nature: 人間性 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
friction in human relations: 人間関係の摩擦 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 164
don’t look truly human: 人間に見えない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 167
a complex human interaction: 人間と人間との複雑な絡み合い ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 12
人間じみている
   
be more human: ずっと人間じみている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 120
人間としての
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 133
人間の
   
rattle around in the average human mind: どの人間の心にもうずまく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
human nature: 人間の本性 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
human eye: 人間の肉眼 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 431
have the power of human speech: 人間の言葉をしゃべっている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 159
be superior to human foibles: 人間の弱味にたいし超然とする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
acquire a human face: 人間の顔貌をおびる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
人間の持つ
   
that most primitive of human emotions: 人間の持つもっとも原初的な感情 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 218
人間めいた
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 80
人間めいている
   
be oddly human: 奇体に人間めいている ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 38
人間的
   
gesture of human warmth: 人間的温かみのある仕草 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 413
人間味のこもった
   
very human and feminine: なかなか人間味と女らしさのこもった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 29
人的
   
human infrastructure: 人的インフラストラクチャー サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 136
application of human financial, living and non-living resources: 人的、財政的、生物的、非生物的資源の利用 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
人道的
   
human gesture: 人道的くわだて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
人類
   
a sense of the wondrous unity of the human race: 人類はみな同じだとつくづく思う(こと) フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 237
人類の
   
improve the quality of human life: 人類の生活の質を向上させる ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
人類を取り巻く
   
   
there is a living breathing human named ...: 〜という名の男が実在している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 119
男女
   
fine-looking human: ルックスのいい男女 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
地球人
   
play on flawed humans: 欠点だらけの地球人をもてあそぶ バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 115
話のわかる
   
human Americans: 話のわかるアメリカ人 ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 352

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

something more human: 人間の心にかかわること
Human Rights Commission: 人権委員会
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
human beings, young and old, men and women alike: 老若男女
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 73
human beings: 生身の人間
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 208
a human shadow: 人影
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 13
was a different kind of human being: (人が)こんなじゃなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
warn all human sympathy to keep its distance: 人情などはいっさい受けつけない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 10
the sound that emerges was no intelligible human speech: 何を云っているのか意味を持つ言葉になりかねていた
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 36
the human question mark: 歩くクエスチョン・マーク
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 307
the human kindness and charity of sb touch sb’s heart: (人の)やさしさに動かされる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 38
sheer blessing of another human being’s embrace: 天啓ともいうべき異性の抱擁のありがたさ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
sb who has raised a human from scratch: 子育ての経験のある人
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
give sb the impression of profound intellectual torments beyond ordinary human comprehension: ずいぶんと深刻げで不可知な悩みのごときものが感じられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 436
exquisitely more complex than anything like it humans knew how to build: とうてい人工的に作り出すことは不可能と思われる摩訶不思議な姿だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 86
develop one’s human side: 教養を深める
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 216
could be turning into a human hand grenade: いつなんどき歩く手榴弾に化けてもおかしくない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
civilization which human beings have now begun to replace: 地球文明にその座を奪われつつある文明
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 14
all are made worse by the pressure of human numbers: 人口増加はそのすべての原因を悪化させる
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
actual human lives: 人間の生々しい日常
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 301
explore the amorphous tangle of human adultery: ひとの不倫という、もつれてとらえにくい問題にふみこむ
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 56
human affairs: 人事万般
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 35
human agency: 人類の叡智
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 35
be not a job for simple human agencies: 人知の及ぶところではない
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 181
murder applies specifically to human beings: 人殺しはあくまで人間に用いられる言葉です
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 66
an appropriate comment on the fickleness of human constancy: 人間の持続性の頼りなさにたいする、またとない批判
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 84
put aside the artificial for the human: おていさいはそっちのけだ
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 138
the right to put aside the artificial for the human: 体裁を捨てて人間的にふるまう権利
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 59
a writer interested in every aspect of human experience: 人間のことなら何でも興味をもつ小説家
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 161
disfigure every human creature in attendance upon sb: すべて(人に)伺候する人たちの相貌を醜くしている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 192
animal attraction to another human being: この人間どうしの誘引力
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 32
pass on the beat of human life: 人間という生の営みを伝えていく
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 53
there is ever a flaw in the best laid of human plans: 人間のたてた計画は、どんなに綿密でもぬかりはあるものだ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 157
bring out the meanness of human nature: 人間の意地汚なさを剥き出しにする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 101
She has caught a human being: 何と、人間が網にかかったのだ
cling to the human: 人間にすがりつく
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 291
turn the human interest columns: 社会面をめくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 396
any of the components of a human being: 人間が持っているどんな世界
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 11
where human beings are concerned: われわれ人間に限っては
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 67
normally so concerned with the human form as a whole: 姿態を重視した希臘神話のなかで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 141
concomitantly fall under the illusion that sb oneself is a veritable storehouse of wisdom concerning the human condition: なによりも人間について自分が相当の知恵をわきまえているように錯覚する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 80
human condition: 人間性
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 354
Japanese conduct human relations on the basis of the dual structure of tatemae and honne: 日本人は建前と本音の二本立てで人間関係を営む
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 60
be universal to human courtship: 人類のつがい相手選びに普遍的である
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 24
melodies of human courtship are echoed in ...: 人間の求愛のメロディーは〜によく似ている
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 30
human being are created with both a body and soul: 人間は肉体と霊魂とより成っている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 355
be dealing with an intelligent human being: 聡明な人間を相手にしている
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 72
can see deeply into the manifold wickedness of human heart: 人間の心の複雑さを見ぬく力がある
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 206
shape human destiny: 人間の運命を決定する
human relations developed in ...: 〜において培われる人間関係
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 41
a difficult human being: 扱いにくい人間だ
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 70
be far more diplomatic than a human can ever think of becoming: 人間など足元におよばないほど外交手腕にたけた生き物なのだ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 127
... is disarming, sincere, and, more important, very human: 〜が率直で、人をなごませ、そしてなによりも、しごく人間的だ
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 35
human depravity and sexual diversity: 人間の堕落と性的逸脱
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 101
human dwelling: 人家
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 100
human-emitted electromagnetic sensation: 人間の発する電磁波
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
every form of human misconduct: 人間のありとあらゆる形の悪徳
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 117
human existence: 人生
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 16
sb’s human fixture and her satellites: (人の)借家に人間の造作としてついていた家政婦とその仲間たち
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 45
the gaze triggers a primitive part of the human brain: 強い視線は、たちまち人間の脳のごく原始的な部分を刺激する
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 14
govern the human heart: 人間の心を動かす
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 116
a groan from the depth of a human heart: 心の底の呻き
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 159
a human Creature not six Inches high: 身の丈六インチとはない人間
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 17
in human history and prehistory: 有史以来、いや有史以来はるか太古の昔から
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 20Caucasian
Human beings are ceaselessly ingenious when it comes to self-gratification: 古今東西、自分の欲望の満足にかけちゃあ、人間はえらく頭がいいからな
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 100
Tweet