× 翻訳訳語辞典
as   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜(した)ところで
   
as one begin to step off the ass="linkInReibun" href='./?word=ladder'>ladder: タラップを降りかけたところで クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 24
〜うちに
   
as I ass="linkInReibun" href='./?word=watch'>watch, ...: 見ているうちに 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 58
〜ころになって
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 95
〜ざま
   
as he pass: 通りすぎざま 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 229
〜し、〜する
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 334
〜しかたに似ている
   
do as a man might ass="linkInReibun" href='./?word=do'>do: 〜する人の〜しかたに似ている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 255
〜したちょうどそのとき
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 421
〜したところ
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 15
〜した瞬間
   
as one’s heart seized ass="linkInReibun" href='./?word=up'>up: 心臓がとまりそうになった瞬間 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
〜して
   
〜している前で
   
as one ass="linkInReibun" href='./?word=watch'>watch ...: 〜の見ている前で メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 111
〜するあいだ
   
as one’s phone is ass="linkInReibun" href='./?word=ringing'>ringing: ベルが鳴っているあいだ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 204
〜するうち
   
As we walked, Kent's stride got a bit shorter, and he fell ass="linkInReibun" href='./?word=behind'>behind: 歩くうち、ケントの歩幅がだんだん狭くなって、わたしとの差が開いた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 26
〜するうちに
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 472
〜するたびに
   
as the wind gusts and ass="linkInReibun" href='./?word=dies'>dies: 風が吹きつけてはとだえるたびに マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 376
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 244
〜するなかを
   
... as ...: 〜するなかを、〜する マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 203
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 48
〜するなり
   
as sb ass="linkInReibun" href='./?word=do'>do: (人が)〜するなり 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 11
〜するにつれ
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 7
〜するほど
   
as you move east: 東へ行くほど ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 260
〜する間に
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 130
〜する直前
   
as sb close the bedroom ass="linkInReibun" href='./?word=door'>door: ベッドルームのドアを閉める直前 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 54
〜だが
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 128
〜という理由で
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 123
〜ところだった
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 180
〜とともに
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 49
〜と同時に
   
say coldly as ...: 冷たく言ってやると同時に クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 280
as one ass="linkInReibun" href='./?word=finished'>finished: 言いおえると同時に 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 251
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
〜ながら
   
as ass="linkInReibun" href='./?word=usual'>usual: いつものことながら トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
〜ながらの
   
the world as it ass="linkInReibun" href='./?word=is'>is: 昔ながらの世界 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 323
〜にさも似たりだ
   
〜に似た
   
operate in much the same addictive way as hard ass="linkInReibun" href='./?word=drugs'>drugs: 麻薬に似た作用をする 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 221
〜に劣らず
   
sound as casually friendly as sb’s: (人に)劣らずさりげなく、にこやかに聞こえる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 186
〜の
   
had a request to make to you as ...: じつは、〜のあんたにひとつ頼みがあって トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
〜のころ
   
as a ass="linkInReibun" href='./?word=boy'>boy: 子供のころ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
〜のなか
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 30
〜のように
   
be as impressionable as ass="linkInReibun" href='./?word=stone'>stone: 石のように鈍感なタイプだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 265
〜の頃
   
as a ass="linkInReibun" href='./?word=boy'>boy: 子供の頃 オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 35
〜を勤めながら
   
as the waiter ass="linkInReibun" href='./?word='>...,: ウェイターを勤めながら メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
〜然として
   
look as one should ass="linkInReibun" href='./?word=look'>look: 見るからに〜然としている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 343
〜通り
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 134
〜流に
   
as the coppers put ass="linkInReibun" href='./?word=it'>it: 警官流にいえば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
〜流に〜すれば
   
as one say on the ass="linkInReibun" href='./?word=Force'>Force: 警察流にいえば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 181
(〜した)せいで
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 193

うちに
   
as the years passed: 数年たつうちに 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
as one ass="linkInReibun" href='./?word=listens'>listens: きくうちに 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 130
as one ass="linkInReibun" href='./?word=do'>do: 〜するうちに 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 14
えてして
   
as many good physicians ass="linkInReibun" href='./?word=are'>are: えてして良医に多い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 40
おいて
   
the fact that ... is no indication as to why ... at ass="linkInReibun" href='./?word=all'>all: 〜という事は〜を解釈する点において何の役にも立たない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 127
おなじだ
   
as is sb and everyone ass="linkInReibun" href='./?word=else'>else: それは(人)ほか、だれしもがおなじだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 458
おなじように
   
be as ass="linkInReibun" href='./?word=indirect'>indirect: おなじように歯切れが悪い ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 386
かけ
   
as sb ass="linkInReibun" href='./?word=leave'>leave: 帰りがけ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 101
かぶって
   
as she ass="linkInReibun" href='./?word=spoke'>spoke: この話にかぶって デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 46
からね
   
as ...: 〜だからね ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 121
   
as they all ass="linkInReibun" href='./?word=are'>are: だれもがそうだが ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 389
as forbidding as it looks from the ass="linkInReibun" href='./?word=surface'>surface: 下からではとても立ち入れるところに見えないが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 394
   
as ass="linkInReibun" href='./?word=though'>though: 〜げに 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 32
こう
   
just as things should ass="linkInReibun" href='./?word=be'>be: こうありたいという、見本のような クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 549
こと
   
do as you‘re told or I’ll ass="linkInReibun" href='./?word=do'>do ...: 言うこときかなきあ〜するぞ 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 13
ころ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 72
さえ
   
as a figure to fill a doorway ass="linkInReibun" href='./?word=that'>that ...: というのは、(人さえ)、戸口に頑張っていれば〜だからだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
さながら
   
stand as silently as a ass="linkInReibun" href='./?word=toy'>toy: おもちゃさながら、ぼんやりとそこに立ちつくす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
as soap opera ass="linkInReibun" href='./?word=fans'>fans: 連続テレビドラマのファンさながら トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 67
ざまに
   
as one come abreast ass="linkInReibun" href='./?word=of'>of sb: すれ違いざまに セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 51
しな
   
as one ass="linkInReibun" href='./?word=part'>part: 別れしな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 390
そのあいだに
   
She sat and we all chatted for a few minutes as I brought Cynthia up to ass="linkInReibun" href='./?word=date'>date: 席についたシンシアをまじえて三人でしばらくしゃべり、そのあいだにわたしは彼女に現在までの状況を説明した デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 150
そのあと
   
She stabs it into the bed as she goes to ass="linkInReibun" href='./?word=bathroom'>bathroom: サラ、注射針をベッドに突き刺し、そのあと浴室へ向かう タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 201
その拍子に
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 195
そばから
   
as one ass="linkInReibun" href='./?word=hold'>hold sth: (物を)持っているそばから カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 94
そんなところへ
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 56
たびに
   
have fat buttocks that wag as sb ass="linkInReibun" href='./?word=walk'>walk: 歩くたびにブリンブリンとゆれるたいこ腹 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 67
だと言う
   
a few shake their fingers at sb as an ass="linkInReibun" href='./?word=aristocrat'>aristocrat: ときどき思い出したように、指をさして、亡命貴族だと言う者があるだけだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 127
つれて
   
as the generation passed: 時代がくだるにつれて フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 79
   
as often happened to everyone’s embarrassment: こういうことはよくあって、たがいにばつの悪い思いをするものだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 312
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 49
でもあるかのように
   
welcome the cliche as an ass="linkInReibun" href='./?word=inspiration'>inspiration: この常套句を新鮮な閃きででもあるかのように歓迎する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 175
といった名で
   
be known in the East as ..., and ..., ass="linkInReibun" href='./?word=and'>and ...: 東洋では〜とか〜とか〜といった名で知られている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 204
ときに
   
as one ass="linkInReibun" href='./?word=undresses'>undresses: 脱衣のときに 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 11
として
   
as someone who ass="linkInReibun" href='./?word=do'>do ...: 〜する身として トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
としての立場から言えば
   
as sb’s ass="linkInReibun" href='./?word=lawyer'>lawyer: (人の)弁護士としての立場からいえば トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
とたん
   
as sb say ass="linkInReibun" href='./?word=this'>this: そういったとたん タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 44
とまあ、見てのとおり
   
as a piece of rot this was: とまあ、見てのとおりのとおりの他ワイのない文章である べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 154
と言って
   
offer as pupils ass="linkInReibun" href='./?word=to'>to sb: 弟子だと言って(人に)紹介する ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 53
どおり
   
as sb have ass="linkInReibun" href='./?word=planned'>planned: 予定どおり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
どおりだったから
   
as sb have thought ass="linkInReibun" href='./?word=that'>that ...: それは〜の読みどおりだったから クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
ながら
   
as one affects ass="linkInReibun" href='./?word=childishness'>childishness: 子供らしさを装いながら 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 87
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 12
なんて
   
such thing as a ass="linkInReibun" href='./?word=hero'>hero: 英雄なんて、そんなもの 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
にも
   
there are other responsibilities as ass="linkInReibun" href='./?word=well'>well: ほかにもすることはある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
のに
   
as ...: 〜なのに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
のように
   
as one always ass="linkInReibun" href='./?word=does'>does: 何時ものように 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
はずみに
   
as one ass="linkInReibun" href='./?word=speak'>speak: 喋るはずみに セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 196
ひけをとらぬ
   
be as smart as sb: その賢明なること〜にひけをとらぬ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 233
ひどく
   
look as frumpy as ass="linkInReibun" href='./?word=ever'>ever: ひどくやつれて見える クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 127
まさしく〜ごとく
   
as sb ass="linkInReibun" href='./?word=prophesied'>prophesied: まさしく(人が)預言したごとく ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 193
まさに
   
as with all swords, that one cut in two ass="linkInReibun" href='./?word=directions'>directions: まさに諸刃の剣である クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 220
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 158
また
   
especially as it is currently reported ass="linkInReibun" href='./?word=that'>that ...: その上にまた〜との評判だ E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 33
まま
   
as one stands ass="linkInReibun" href='./?word=there'>there: そこに立ったまま トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
ように
   
as adj as you ass="linkInReibun" href='./?word=suppose'>suppose: きみの想像するように〜 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
らしい
   
men sitting as ass="linkInReibun" href='./?word=president'>president: 裁判長らしい席にいた男 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 158

  何分にも
   
as the clergyman’s stipend is only twenty pounds per ass="linkInReibun" href='./?word=annum'>annum: 何分にも牧師の給料が一年にわずか二十ポンドで E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 33
具合に
   
as smoothly as an arm slips into the sleeve of a coat unworn for half a ass="linkInReibun" href='./?word=year'>year: 四ヶ月前に、部屋の釘に掛けて出た上着の袖へ、そのまま楽々と再び手をとおすような具合に 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 96
従えば
   
as one remark once ass="linkInReibun" href='./?word=oneself'>oneself: (人)自身の言葉に従えば ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 61
瞬間
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
折しも
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 62
前で
   
as sb ass="linkInReibun" href='./?word=watch'>watch: (人の)見守る前で クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
態度で
   
as a freshman physics ass="linkInReibun" href='./?word=problem'>problem: 物理学の課題に向かうフレッシュマンの態度で ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 75
代わりとして
   
as sth: 〜代わりとして ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 335
直後に
   
As the clock struck two, there came a knocking on the ass="linkInReibun" href='./?word=door'>door: 時計が十二時の鐘を打ち終えた直後に、ドアにノックの音がした 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 146
通り
   
as the word ass="linkInReibun" href='./?word=suggests'>suggests: 文字通り 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
途中
   
as one pass ass="linkInReibun" href='./?word=out'>out: 外へ出る途中 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 196
同じ
   
as we ass="linkInReibun" href='./?word=are'>are: 我々と同じ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 567
如く
   
as one professed to ass="linkInReibun" href='./?word=be'>be: 〜と自称する如く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
拍子に
   
curse as one sweep sth on to the ass="linkInReibun" href='./?word=floor'>floor: 毒づいた拍子に、(物を)払い落とす デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 160
as one say the ass="linkInReibun" href='./?word=word'>word: (人が)そう言った拍子に ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 194
標榜する
   
as an open lab, A could ass="linkInReibun" href='./?word=be'>be ...: 開かれた研究所を標榜するAは〜 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
負けず劣らず
   
talk is as unoriginal as rest ass="linkInReibun" href='./?word=of'>of sb: (人)そのものに負けず劣らず紋切り型の台詞 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 140
並み
   
be as good as ass="linkInReibun" href='./?word=ours'>ours: わがほう並み クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 518
並みの
   
worry as mothers do ass="linkInReibun" href='./?word=about'>about ...: 〜については、世の母親並みの心配をする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
変わらない
   
The Middle East was a volcano, just as it is ass="linkInReibun" href='./?word=now'>now: 中東が火山であることはいまと変わらなかった ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 17
例にもれず
   
as ...: 〜の例にもれず ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 11
Tweet