× Q 翻訳訳語辞典
neck   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いちゃつく
   
neck so damn much: あんなにいちゃつく サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 165
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 125
うなじ
   
Raider licked her neck: 泣きじゃくるネッティのうなじを、レイダーはぺろぺろとなめた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164

   
hung sth around one’s neck: (物を)胸につるす 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 123
   
below the neck of one’s open button-down shirt: ボタンダウンのシャツの衿もとから トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 324
襟ぐり
   
a T-shirt scooped low at the neck: 襟ぐりの大きいTシャツ オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 138
襟元
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
   
especially the lines from sb’s neck to sb’s shoulders: 殊肩から左右の腕にかけての線 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
喉笛
   
break sb’s neck: (人の)喉笛を引き裂く デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 9
困る
   
be both our necks: 私も困るし、あんたも困る 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 90
   
want trouble round one’s neck: 厄介事に首をつっこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 225
throw one’s arms around sb’s neck: (人の)首にかじりつく レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 209
thick powerful neck: 精力的な猪首 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 79
thick necked: 猪首 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 79
small arms around one’s neck: 小さな手が首にまとわりつく フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 63
sinews in one’s neck: 首筋 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 231
sb’s neck is thick with fat: (人の)首が脂肪でむくむ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
risk one’s neck amid shot and shell: 弾雨に首をさらす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 154
reach one’s arms around sb’s neck: 両腕を(人の)首にからみつける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 86
put one’s arms around sb’s neck: (人の)首に抱きつく サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 250
put one’s arms around sb’s neck: 前腕部を(人の)首に巻きつけている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
put one’s arms around sb’s neck: 両腕を(人の)首にからみつかせる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
one’s quivering neck: 首がわなわなとふるえだす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
one’s hands locked about sb’s neck: 首のうしろで組み合わされている手 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
one’s hand rises to one’s neck: 手が首に添えられる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
lift sb up by the back of the neck: (人の)首の後ろを持ってつまみあげる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 213
hold the bottle by its neck as one drink: 瓶の首の部分を持って、じかに飲む カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 229
have one’s arms wrapped tight around sb’s neck: 両腕を(人の)首にぎゅっとまわす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
have no neck to speak of: 首と呼べるほどのものがない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 48
crane one’s neck to catch a glimpse of sb: (人を)ひと目見ようと首をのばす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 181
base of one’s neck: 首の根 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 76
an older man with a thick neck: 猪首の年配の男 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 119
a fowl lying limply with its neck wrung: 首をしめられてぐったりした鳥 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
首すじ
   
hold sb’s neck: 首すじを抑える 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 209
hanging loose on her delicate neck: なよやかな首すじにほつれている E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 15
首っ玉
   
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 23
首根っこ
   
will break sb’s neck: 〜の首根っこをへし折ってやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 412
I’ll wring your scrawny neck: その細い首根っこをへし折るぞ フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 511
男性である
   
with phallic symbols around one’s neck: 男性であることをネクタイで誇示する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 145

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

risk one’s neck: 一命にかかわることをやる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 161
base of the neck: 喉元
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 225
what a pain in the neck: めんどうだなあ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 92
wear the peace-sign around one’s neck: ピース・マークのネックレスをつけている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
up to one’s neck in the business: しっかり事にかかわる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 80
stick one’s neck out for sb: (人の)ためにあぶない橋を渡る
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 49
see the back of sb’s neck: (人から)解放される
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 200
sb’s neck of the woods: (人の)地元
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 203
one’s neck is acting up: 頭にひっかかることがある
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 527
it is neck or nothing for sb: 一か八かだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 227
I’m in up to my neck: おれは大乗り気だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 137
go out and risk one’s neck: あぶない橋を渡る
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 104
get arson charge off sb’s neck: 放火容疑を晴らす
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 231
get a stiff neck: 首が回らない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 47
crane one’s neck to look for ...: のびあがるようにして〜を捜す
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 316
by the back of sb’s neck: (人の)首筋の感じで
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 260
breathe down sb’s neck: (人を)ぴったりマークする
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 140
break one’s neck doing ...: わざわざ〜する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 65
break one’s neck doing: わざわざ骨を折って〜する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 166
be up to one’s neck in work: 目下大奮闘である
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 382
back of one’s slender wet neck: じっとり濡れた細いうなじ
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 147
arch one’s neck: 首をのけぞらせる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 245
throw one’s arms impulsively about sb’s neck: 思わず(人の)首に抱きつく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 339
sb’s hands automatically fly to sb’s neck: はっと両手を首にかける
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 471
the heat beat down on the neck: 日がじりじりと首に照りつける
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 222
crane one’s neck to get a better view of sb: 首を伸ばして(人の)姿を追う
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 66
with a broken neck: 首をへし折って
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 163
the white foam burst from the bottle’s narrow neck: 細い瓶の口から白い泡がほとばしる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 87
until sb be capable of holding sb’s neck gracefully: 衿あしをきれいにしようと心がけるようにならなければ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 198
carefully pat the back of one’s neck: 首のうしろの方を丹念にぬぐう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 64
crane one’s neck back further: 首をおもいきりのけぞらせてゆく
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 20
draw over one’s neck the arm that shake upon one’s shoulder: (人の)肩の上で震えている(人の)腕をひっかつぐ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 69
encircle sb’s neck: 首に巻きつけられる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 38
especially the lines from sb’s neck to sb’s shoulders: 殊に肩から左右の腕にかけての線
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
fat neck: 猪首
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 235
a mild horror prickles at the nape of one’s neck: 薄気味わるくて首筋のところがぞくぞくする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 43
The priest's neck was thin and his face as pale as an invalid's: 首筋も細く衰え、面色は病人のように蒼い
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 68
She stood up irritably, and threw herself at his neck: じれったそうに立ち上がってきて、いきなり島村の首に縋りついて取り乱しながら、
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 65
lick sb’s neck: (人の)首にくちびるを這わせる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 88
her lovely pale neck: 楚々として形の良い襟足
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 32
have been reduced in sb’s mind to a pain-in-the-neck: 完全に(人の)やっかいなお荷物のひとつにすぎなくなっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
nape of one’s neck: 襟首
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 217
I didn't break my neck looking for him, naturally, the bastard: 僕がわざわざあの野郎を骨を折って捜したりなんかしなかったのはいうまでもないやね
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 166
be neck-and-neck with ...: 〜にぴったりくっついている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
neck-rest:首あて
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 35
stick one’s neck into the noose: 自分で自分の首を絞める
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 380
the white collar is slightly open at the neck: 白い衿が、ややはだけている
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 23
pain-in-the-neck:困り者の
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 203
ツイート