× Q 翻訳訳語辞典
around   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜に沿って
   
around the walls: 壁に沿って メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 225
〜のなかを
   
hop around room: 部屋のなかをぴょこぴょこと跳ねまわる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 205
〜のほとり
   
around the Dryad’s Bubble: 妖精の泉のほとり ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 234
〜のまわりにすわって
   
we all pass sth around ... and look at it: みんなで〜のまわりにすわって回し読みする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 266
〜の前で
   
be taboo around sb: (人の)前で禁句だ 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
〜近くを
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 81
(人の)肩に
   
throw one’s arm around sb: 肩に手をまわす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236

あたり
   
enliven the atmosphere around ...: 〜あたりを色花やかにする 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
あたりを
   
look around: あたりを見まわす 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 8
あちこち
   
hear sb banging around: (人が)あちこち開け閉めする音が聞こえる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
うしろを
   
look around again: 後はうしろを見ない 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 60
かこむ
   
sit around card tables: カードテーブルをかこむ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 32
かこんで
   
sit around ...: 〜をかこんですわりこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 446
くるりと
   
whip around: くるりと振り向く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 116
turn around: くるりと振り返る タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 23
ぐるりと
   
work one’s head around completely: 頭をぐるりとまわす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
ごろ
   
always around midnight: 毎晩十二時ごろ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
すぐそばにいる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 215
そこらじゅうを
   
run around: そこらじゅうを駆けまわる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 183
その辺
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
その辺を
   
scrabble around: その辺をかきまわす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 166
be free to wander around: しばらくその辺をうろうろする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 69
というところ
   
Say six weeks ago, around: 六週間前ってところかな ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 175
ところへ
   
look in around the door of sb’s room: (人の)所へ顔を出す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
とりまく
   
the outlands around Milwaukie: ミルウォーキーをとりまく荒野 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 320
   
put one’s arm around sb’s shoulders: (人の)肩に手をかける 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 45
まとわりつく
   
small arms around one’s neck: 小さな手が首にまとわりつく フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 63
まわって
   
you might want to ask around: 一応聞いてまわってくれ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 437
まわり
   
not be able to find one’s way around the kitchen with a map and a guide-dog: 台所まわりのことに眼がとどかないものだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
be around babies a lot: (人の)まわりは赤ん坊だらけだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 49
まわりに
   
there is always some fellow around: いつもまわりに男がいる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 110
prefer to do it when nobody is around: まわりにだれもいないときだけだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
nervously look around: ぴりぴりした様子でまわりに眼を走らせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 69
まわりは
   
everything around sb is white: (人の)まわりは白一色 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
まわる
   
hasten around doing ...: 〜に走りまわる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 12
go all the way around to ...: ぐるっとまわって〜に出る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
ask around: 探しまわる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 46
むらがる
   
moths around a candle: ろうそくにむらがる蛾 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 25

迂回する
   
a way around our accounting system: 計算システムを迂回する方法 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 19
回る
   
go around forcing food and drink on sb: 飲むものや食うものを(人に)強いて回る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
drive around behind the bakery: パン屋の裏手に回る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 160
界隈で
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 138
近く
   
around noon: 昼近く ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 14
見たところ
   
no cameras around: 見たところカメラマンはいないようだ エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 140
四方の
   
glance around at ...: 四方の〜を見上げる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 228
身辺
   
throw a protective shield around witness: 目撃者の身辺をしっかり警護する ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 27
前後
   
a woman of around forty: 40前後の女 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 112
部屋のなかで
   
wander around: 部屋のなかでうろちょろする タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 181
辺りに
   
when no one is around: 辺りに人かげの見えぬとき 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 37
両側に
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 25

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with sb around: (人が)いるかぎり
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
whip around: ぴくりとして振り向く
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 120
way around ...: 〜を避けて通る道
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 223
want sb around: (人の)同席を望む
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 98
walk around: その辺をぐるぐる歩きまわる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
turn around: うしろを向く
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 193
stay around ...: (場所で)ごろごろしている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 99
stand around: 遠巻きにする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 348
speak around mouth: 口をあまりあけずにいう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 119
sit around: 腰を据える
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
screw sb around: 捜査妨害をする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
screw around: ウロチョロ邪魔しまわる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
sb is around: (人が)そばにいる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 63
poke around: 嗅ぎまわる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
people around you: まわり
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 220
people around sb: (人の)取り巻き連中
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 32
pass around rumour: うわさが流れる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 286
order sb around: (人に)つべこべ言う
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 109
only fool around: 遊びの域を脱していない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 249
nobody around anywhere: どこにも人影がない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
mess around ...: (場所)にたむろする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 347
look around broodingly: もの思わしげにあたりを見やる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
look around: にらみまわす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
look around: 首をよじる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 126
look around: 振り返る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 257
kidding around: ごまかし
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
just kidding around: ただのおふざけ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
hear around town: 町の噂を聞く
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 245
have been around: いままでずっと様子を見てきた
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 80
have been around: こう見えても伊達に年を取ってはいない
hang around ...: (場所)をうろうろする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
hang around ...: (場所を)ほっつき歩く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 183
get around ...: 〜を回避する
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 93
get around: 回避する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
gather around sb: (人を)とりかこむ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
don’t smart around: へらず口はやめろ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
Don’t fuck around: ざけんじゃねえよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 180
come around: 〜がまわってくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
check around: あちこち聞いてまわる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 14
boss people around: 他人に指図する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 109
be not around: 姿を消す
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 126
be not around: 留守だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 311
be handed around: 順繰りに手渡される
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 57
be around Christmas: クリスマスが近い
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 327
be around: 行き合わせる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 82
be around: 仕事につく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
around three o’clock: あれは三時ごろだったろうか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
around then: このあたりから
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 194
around the world: 古今東西変わらぬ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 210
around the state: 州内各地にちらばる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
around the same time: その頃
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
around the networks: ネットワークからネットワークへ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 138
around the corner: 近くの
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 163
around the city: 市中の
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 44
around sb: (人に)接触する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
around here: ここは
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
around ...: 〜ぐらいじゃなかったかな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
all around: すっかり
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 103
work one’s fingers around ...: 〜に指を添わせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 194
with a trace of sullenness around the mouth: 口元だけがわずかに不快げにゆがむ
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 74
will not even be around: こんなとこにいやしない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 258
when there aren’t any other customers around: 客の空いたあい間に
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
wear the peace-sign around one’s neck: ピース・マークのネックレスをつけている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 254
way around the law: 法の網目をくぐり抜ける方法
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 38
waste one’s strength rolling around: エネルギーをむなしく費やす
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 102
walk around to the rear of the house: 家の裏手へまわる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
walk around here in a daze: その辺をぼうっと歩きまわる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 72
turn the question around: 逆に考えてみる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 553
turn one’s feet around: きびすを返す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
turn all the way around to the left: Uターンするような感じでぐるっと左へ曲がる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 382
turn all the way around: くるっと後ろを振り向く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 129
trot around the bases: とことことダイヤモンドを一周する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 177
there is no way around it: どう言ってみたところで事実は避けて通れない
there is no one around: 人目がない
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 46
there is all this stuff around: どこもかしこも埃だらけだ
there are trees all around sth: 〜のまわりにぐるっと木が植えてある
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 27
there are too many sth around: (物)なんていうのは世間によくある
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 145
there are plenty of that type around: よくあるやつだよな
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 53
there are doors all around the hall: 広間のまわりにはずらりとドアがついています
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 17
there are doctors and nurses around: 看護婦も先生も待機している
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 148
there are around a hundred thousand words: 大ざっぱに考えて、ざっと一○万語が収録されている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 163
the wheels go around: しゃかりきに〜する
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 138
the ordinary vacant lots around the city: なんでもない市内の空地
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 36
the crowd around sb: (人の)周囲
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 11
the arms around sb: 身体にまわされた腕
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 134
take out a small pocket flashlight and sail its beam around the room: ポケットから小型の懐中電灯をとりだし、部屋をくまなく照らしてみる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 363
take a look around to see ...: 〜かを見きわめる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 156
stumble around the furniture: 家具のあいだをうろうろする
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 49
somewhere in or around the store: 店舗の内外
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 184
somewhere around the area of one’s heart: 胸のどこか横っちょのあたり
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 25
so one can be around for ...: 〜に間に合うように
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
slip one’s arm around sb: 腕を(人の)脇腹にまわす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 258
sharp claws scampering around ...: 尖った足でくすぐったく動き回る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 25
settle back with sb’s arm around one: ふたたび(人の)腕に身をあずける
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 242
see them every day all around sb: 〜の周囲にもたくさんいる
see if anyone’s around: あたりに人気がないのを確かめる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 49
run around bumping into each other: 押しあいへしあい走りまわる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
roll one’s hand into a fist around ...: 〜をつかんだ手をゆっくりとかためる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
reach one’s arms around sb’s neck: 両腕を(人の)首にからみつける
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 86
put up around town: 町じゅうに貼ってあるく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
put one’s arms around sb’s neck: 前腕部を(人の)首に巻きつけている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
put one’s arms around sb’s neck: 両腕を(人の)首にからみつかせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
put one’s arm around sb: (人の)肩に腕をまわす
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 225
put one’s arm around sb: 片手で(人を)抱きよせる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 20
play around with sb: 楽しそうに破目をはずす
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 47
people around one’s age: 〜ぐらいの年格好の人間
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 109
one’s hair hanging all around one’s face: ざんばらにふりみだした髪が、顔をおおいつくすように垂れ下がっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
no one is around: あたりに人影はない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 267
no one is around: 人影はない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 100
never got around to it: ついにやらなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
move a few lima beans around on one’s plate: 自分の皿の中の何粒かのいんげんをフォークでいじる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 45
lots of people around ...: 〜の多くの人は
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
look at everything around one with obvious shiftiness: きょときょと周囲を見回す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 169
look around at the faces of the boys: 子供を見まわす
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 104
keep for around-town errands: 近所へお使いに出かけるときの足にしている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 207
it’s so empty around here: 家は索漠としたものだ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 8
ignore the people around one: 群がってくる男たちを黙殺する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 246
I guess I better start asking around about sb: そろそろ(人)本人のことを聞かせてもらおうかな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
hoist oneself around and sit up: 身体をもちあげて向き直る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 144
helpless shrugs all around: 全員が、困惑したように肩をすくめた
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 224
haven’t seen sb around: このところ姿を見かけない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 276
have sth around the house: (物)が家のどっかにある
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 325
have not been able to get around to doing it once: ただの一度もそんなことをしたことがない
have never been around sb: (人)とこれまで一度も接したことがない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 273
have been around sb: さんざんつき合った
have become a burden all around: うち中の厄介もの、といったところがある
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 99
hang around sb too much: 気持ち悪いほど(人に)べたべたする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 248
halfway around the world: 地球の裏側から
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
go in ... and take a look around: (場所)に行って、中を見せてもらう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 573
go completely around the bend: 完全にむこう側に行ってしまう
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 103
go around saying and doing wise things: 平凡な市井の暮らしに埋没して、賢明な言動を示す
go around each section of that room: この部屋の端から端まで往復する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 121
go all the way around by the road: わざわざ街道のほうから回り道をする
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 144
get around to telling sb about ...: 〜の話に移る
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 287
get around to do: 〜の運びとなる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 81
get around to dig ... up: 〜を掘り返してみる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 188
get around that difficult terrain: あれだけ険しい大地を自在に動きまわる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 123
get around fairly quickly: かなり急速に広まりつつある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 249
gather around the bed: (人を)枕元に集める
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 134
fuck around with sb: (人に)ごちゃごちゃ口を出す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
fool around with a tractor: トラクターを乗りまわす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
feel suddenly silence around one: しんと静まる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 232
feel around in the box: 箱の内側を手で探る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
everything around sb seem to rush into a different space: 空間ごとゆがんだようだ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11
doing laps around the piano: ピアノの周りをぐるぐる歩き回る
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 177
do not want this get around: だれにも知られたくない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 137
do not want sb around: (人が)そばにいるのが気に入らない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 189
do not stick around long enough: あまり長くいない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 39
do not see any ... around: 〜の姿はどこにもない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 239
diddle around with that thought: それについてしばらく考えをめぐらせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
dandelions have been around for about ... years: タンポポは〜年前から地球上に咲いている
come the whole way around ...: 〜のまわりをぐるりと一回りしてくる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 151
come around askin ...: 〜のことをききまわる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 39
clean up around one: そのへんのものを片付ける
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 165
cheerfully watch sb stumble around in great big circles: (人が)蹴つまずいてキリキリ舞いするのを楽しそうに見物する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 148
can find things around the house: 家のなかのどこに何があるか、正確に知っている
be simply ... around: なんとなく……そこらをぶらぶらしている
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 241
be parked around back: (車は)裏手にとめてある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
be not going to stick around: 長くはいない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 397
be known around the office: 所内に知れわたっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 162
be just going to lie around and be sinful: ずっと寝っころがってバチあたりな一日を過ごす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 195
be easy to be around: そばにいても気のおけない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
be blown around by the wind: 〜が風に送られて飛ぶ
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 84
be around to hear sth: 立ち聞きする
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 228
be around thirty years old: 年は三十を出たか出ないかというところだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
be around the house: 家のなかでごろごろする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
be around the corner: すぐそこにいる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
be a wee bit fat around the thighs: 少し足が太い
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 63
around twelve-thirty in the morning: 夜中の十二時半
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 222
around the age of forty: 四十歳を迎えたあたりから
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 146
around forty or so: 見たところ四十前後
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 37
all AA and BB around: AAやらBBやらがうようよいる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 31
affect the world around: 世界の人々に影響を与える
a very convenient fellow to have around: けっこう便利な存在
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
a story goes around once that ...: 〜という話もある
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 185
a small, unassuming man of around sixty: 風采の上らない六十がらみの小男
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 114
a faint fish smell hangs around sb: 魚くさい臭いがうっすらと(人を)つつむ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153
jerk sb around ’cuz ...: ばかにする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 491
set out wires around one’s abode: 住まいのまわりにロープや鉄条網をめぐらす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
look around abruptly at sb: いきなり振り返って(人の)方へ顔を向ける
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 164
noticed unusual activity around the city desk: 市報部のデスクのいつになくあわただしい動きに注目した
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 13
ever come around here again: 懲りずにここに現れたりする
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 93
look aimlessly around ...: 〜のあたりを所在なげに見まわす
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 37
walk around with one’s head in the air: 得意そうに動きまわる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 52
the shot explodes into the air around sb: 銃声が(人を)包む
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 481
all gather around sb: みんなして(人を)囲む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
The .31-caliber fire is flying all around sb: 31口径の弾は四方八方から殺到してくる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 52
ride around in all kinds of weather: 雨が降っても風が吹いてもあっちこっち飛び回る
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 496
look around at all ...: そこらじゅうに貼りめぐらされた〜をにらみまわす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
all of them swimming around: みんな揃って
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 235
all around the clock: 四六時中
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 274
all around one one have sb’s notoriety to contend with: (人の)悪名を相手に苦闘しなくてはならない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 521
walk around in circles through innumerable little alleys: 露地を抜けたり、横町を曲がったりぐるぐる歩き回る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
turned around with an expression of almost no surprise: ふりむいたが、とりわけその表情を動かしはしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 235
amble around: まとわりつく
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 301
I folded my arms, and took another look around me: 僕は腕を組んだままもう一度ぐるりと庭を見渡した
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 111
look around for another Admiral, Captain and Commander as well: 司令も艦長も副長も、あたらしい顔ぶれをさがす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 36
stomp around on ... another minute: 〜の上で足踏みしながら、あと一分ばかり待つ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
take another look around: あらためて周囲を見回す
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 98
can not resist another look around: もう一度あたりをうかがわずにいられない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
outsmart anybody around one without making the slightest show of ...: まわりに〜と気どられることなく、みんなをうまく出し抜く
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
wander around the apartment: 部屋を歩き回る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 168
appear embattled with nearly everyone around sb: 見境なく喧嘩を売っているみたいだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
apprehensively glance around for sb: (人が)きていないか気がかりで見まわす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 235
look around approvingly: よさそうだと思って見まわす
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 326
the area around one’s ear: 耳のまわり
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 223
start quartering the area around sth: 〜の周囲をさがしにかかる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 186
argue around: ああだこうだいう
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 165
wrap one’s arms tightly around sb’s bicep: (人の)腕を両手でぎゅっとつかむ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 31
wrap one’s arms around ...: 〜に両腕をからませる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 30
put one’s arms around sb: (人に)腕をまわす
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 344
put one’s arm around sb’s waist: (人の)腰に腕をまわす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
put one’s arm around sb’s shoulders: (人の)肩に腕をまわす
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 67
have one’s arms wrapped tight around sb’s neck: 両腕を(人の)首にぎゅっとまわす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
fling one’s arms around sb: (人に)腕を巻きつける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 368
throw one’s arms around sb’s neck: (人の)首にかじりつく
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 209
throw one’s arms around sb: (人に)抱きつく
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 124
squat down with one’s arms around one’s knees: 膝をだく
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 50
sb and sb wrap their arms around each other: (人と)(人が)ひしと抱きあう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
put one’s arms around sb’s neck: (人の)首に抱きつく
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 250
one’s arms clasp around one’s knees: 膝小僧をかかえる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 425
fling one’s arm around sb: (人の)首にしがみつく
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 114
barely suppress the urge to put one’s arm around ...: 〜に抱きつきそうな衝動をあやうくおさえる
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 79
around-the-clock:休みなしで
辞遊人辞書
around-the-clock:24時間ぶっ通しの
辞遊人辞書
around-town stuff: ああでもないこうでもないと町の噂がとびかう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 76
sit around in one’s winter ash heap: 冬の寒さに縮こまる
ask around in the neighborhood: 近所を当たってみる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 99
get down on all fours and begin crawling around in a zealous attempt to isolate sb’s prey: 四ツン這いになって甲板を這いまわり、なんとかそいつを捕えんものとヤッキになる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 52
roll around with sb for auld lang syne: 焼けぼっくいに火がつく
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 259
rattle around in the average human mind: どの人間の心にもうずまく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
you have to spend quite awhile around sb: 時間をかけなきゃ(人は)わからない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
carry sth around on one’s back: (物を)背中にかついで歩きまわる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 320
carry sth around on one’s back: 背中に〜をかついでいる
go around back: 裏口へまわる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 130
finish throwing the ball around the horn: 五・四・三・とボールをまわし終える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
there is gay banter around the table: 食卓に明るい冗談口調がとびかう
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 277
ツイート