× Q 翻訳訳語辞典
fish   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あさる
   
fish out one’s wallet: 財布の底をあさる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 137
さがす
   
fish in one’s pocket for ...: ポケットに手を入れて〜をさがす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 377
fish for sth: (〜を)さがす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 56
さぐる
   
fish around in sth: (何かを)さぐる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 94
fish around in sth: (物の中を)さぐる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 120

引っぱり出す
   
fish sth out from ...: 〜から(物を)引っぱり出す 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 183
獲物
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 172
竿を出す
   
have fished without getting a nibble: 竿を出していつまでたってもちっとも魚信がない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 218
汲みあげる
   
the water one fish out: 汲みあげた水 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
   
fish diet: 魚を中心とした食事 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 54
be mad on fish: 無類の魚マニアだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 100
a fish in a tree: 木にのぼった魚 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
魚くさい
   
a faint fish smell hangs around sb: 魚くさい臭いがうっすらと(人を)つつむ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 153
魚の命
   
go out of one’s way to protect fish: 魚の命を守ってやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 497
手をやる
   
fish around in one’s shirt pocket for sth: シャツのポケットの〜に手をやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 154
拾いだす
   
be fished out of the trash: ゴミの山から拾いだされる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
探りを入れる
   
go fishing over ...: 〜に探りを入れる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 109
調べる
   
fish in ...: 〜の内部を調べる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 115
fish ... out of one’s records: 記録をひっくり返して〜を調べる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 42
釣り上げる
   
be fishing for something: なにかを釣り上げようとしている バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 50
釣れる
   
fish steadily: 立てつづけに釣れる 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 26
釣糸を垂らす
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
抜く
   
fish a cigarette from sth: 〜から煙草を一本抜く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 208

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

fish sth out: (物を)とりだす
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 140
fish sth out: (物を)引っぱり出す
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 77
fish sth out: (物を)拾う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 153
fish sth out: (物を)釣り上げる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 154
fish for something: 物色する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 107
dried fish: かつおぶし
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 31
a whole fish: 尾頭つきの魚
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 34
a different kettle of fish: 別の問題
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
there is the smell of fish everywhere: どこもかしこも生臭い
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
the fish bite better on days like this: こういう日の方が釣れる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 216
that’s another kettle of fish: それはいいんだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 234
make a fine home for local game fish: この水域の大型魚の絶好の魚礁になる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
have one’s own fish to fry: ほかにもっとたいせつな仕事をかかえている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
fish through the desk drawer for sth: (物を)捜して、デスクの引き出しをかきまわす
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 314
fish sth from ...: 〜をかきまわして(物を)見つける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 217
didn’t catch as many fish as one thought one would: 釣果は思ったほどはあがらなかった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 193
be going to have other fish to fry: ほかにもっと大切な用事ができているはずだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
an entirely different kettle of fish: 役者がまるでちがっている
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 88
a whole mess of other fish: 町じゅうがひっくりかえるほど大切な用事
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
an angler describing a prize fish: 釣った大物の自慢話をする太公望
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 83
fish in one’s pocket for another matchstick: ポケットに手を入れてまたマッチ棒をさがす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 377
look more like a fish than anything else: どう見たってお魚だ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 81
look more like a fish than anything else: どこから見ても魚みたい
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
can see schools of fish darting back and forth: 沢山の魚が群をなして素早く左右に動き回っているのが見える
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 105
fish aren’t born gutted and sliced: はじめから切身の魚はいないよ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
Because you had your own fish to fry: だってあのときはおまえ、ほかにもっとたいせつな仕事をかかえてたんだものな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
call sb a lousy fish-eater: (人を)薄汚いイカモノ食いと罵る
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 289
advancing through the rain as comfortably as fish through the sea: 海に泳いでいる魚のように、雨の中を心地よさそうに進んでいく
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 10
describe a prize fish: 釣った大物の自慢話をする
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 83
I fancy fish and chips: フィッシュ・アンド・チップスがいいな
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 132
have one’s fill of fish: 毎日魚だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 100
finally take on the really big fish: これからいよいよ大物に挑む
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 121
never find in the fish markets: 普通市場に上らない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 208
kill fish not just for food but for the fun of it: 食べるためでなく、ただ獲物をとる面白さだけで沢山の魚を殺す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 21
get its whack of fish: 魚の分け前にあずかる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 22
grate dried fish: かつおぶしをかく
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 31
be a great service to the science of fish distribution and classification: トビウオの分布分類学に相当の貢献をなす
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 32
half-digested fish: 外側が溶けかかった魚
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
a shameless hoodlum of the fish world: ふてぶてしい海のギャング
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 92
land the big fish: 大きな獲物を釣りあげる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 172
The youth manages the watercycle adroitly, playing tag with his pet fish: 少年、たくみに水中自転車をあやつって、自分の魚と、鬼ごっこをはじめる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 244
in a manner of an angler describing a prize fish: 釣った大物の自慢話をする太公望さながら
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 83
one’s pet fish: 自分の魚
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 244
a prize fish: 釣った大物
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 83
He's raising tropical fish with his brother: 高山くんはお兄ちゃんと熱帯魚を飼っているんだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 42
a superb fish restaurant: 魚料理のうまい店
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 102
a fish with large scales and striped black and white markings: 図体が大きくて、黒い線と白い斑点が眼につく魚
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
have scrabbled after fish heads: 魚の頭を追いかけ回して暮らしてきた
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 39
a tropical-fish tank: 熱帯魚の水槽
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 153
Tweet