× Q 翻訳訳語辞典
thought   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
のことを思う
   
thought of sth provides a surge of hope: 〜のことを思うと希望が頭をもたげてくる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 15
もの思い
   
sink in thought: もの思いに沈む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 196
sink in private thought: 自分ひとりのもの思いにふける マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 142
return to one’s lonely, far-away thoughts: 遠いもの思いにもどる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 509
deep in thought: もの思いにふける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 93

イメージ
   
it comes to sb not as a thought but as a taste in the mouth: イメージとしてではなく、舌の上に味覚として蘇ってくる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 169

意見
   
swap thoughts: 意見を交換しあう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 145
share a few more thoughts on sth: (物を)めぐって意見が交換される べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 260
意識
   
turn one’s thoughts off: 意識を切り離す 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
印象
   
it is hard not to entertain the thought that ...: 〜という印象は拭えない セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 189
関心
   
scarcely give another thought to ...: (人に)それ以上の関心はほとんど払わない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
企み
   
see mean thoughts going on behind those smiles: そのような微笑みの裏側にはたちの悪い企みが透けて見える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 367
   
with no thought of: 〜する気など毛頭ない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 7
be a fanny thought: おかしな気がする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
気を遣っているという事実
   
it’s the thought that counts: 評価しなければいけないのは、そこまで気を遣っているという事実だ ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 53
気持ち
   
the thought lingers: 気持ちがゆらぐ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
guess sb’s thought: その気持ちが読める ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 43
be weighed down by the depressing thought: 厭な気持ちに抑え付けられる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
気分
   
look in distinct danger of losing one’s happy thoughts: いまにも幸せな気分とさよならしそうな気配だ フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 10
have some glum thoughts about sb: (人を)殺してやりたい気分だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
気力
   
all thoughts of pursuit leave sb: もう追いかける気力もない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 66
記憶
   
some lost thought of ...: 長い間忘れていた〜の記憶 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
恐れ
   
the thought of every indiscretion, every lapse: 不都合なことをうっかりしゃべってしまうのではないかという恐れ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
胸のざわめき
   
take care of that thought: 胸のざわめきはしだいにおさまる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
屈託
   
have spent XX year without giving ... much thought: 過去XX年の間いまだかって〜に屈託した覚がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 157
考え
   
with the next thought: 突然ある考えが頭にうかび トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 147
try to find comfort in the thought that ...: (人の)考えは行き詰まれば〜へ落ちて来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 175
the thought of ... occurs to one: 〜という考えが(人の)頭をかすめる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
sit still, deep in thought: じっと考え込む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 228
sb’s thought is without solid foundations: (人の)考えには何らの背景もない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 147
read one’s thought: (人の)考えを読む クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
put thoughts on paper: 考えを紙に書く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
one’s first thought: まず頭にうかんだ考え トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 293
offer sb a few thoughts about ...: (人に)〜に対する考えをいくつか披露する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 119
in the event of second thoughts: 考えが変わった場合 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
in reprimand to sb’s ugly and selfish thought: (人の)身勝手な醜い考えを叱責する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
have second thoughts: 考えなおす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 450
have a thought: 考えがよぎる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 89
give some thought to ...: 〜についてはまったく考えないわけではない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 63
get one’s thoughts in order: 考えをまとめる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 13
find this thought: この考えを得て スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
diddle around with that thought: それについてしばらく考えをめぐらせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
conjure up vaguely threatening thoughts: 呪文をとなえ、どこか不吉な考えを呼びだすようなひびきが感じられる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
be amused by the thought that ...: 〜と考えただけでも楽しい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
a sudden thought occurs to sb: だしぬけに、(人は)ある考えに思い当たる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
考えごと
   
Smiley seemed lost in thought: スマイリーは考えごとにふけっているようだった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
say from far inside one’s thoughts: 考えごとの奥深くからいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
it is time to set one’s thoughts aside: いつまでも考えごとばかりもしていられない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
cool wind purge one’s mind of aimless thoughts: 行き場のない考えごとを涼しい風がさらってゆく 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 59
考えた
   
the thought of sth revolts one: 〜は考えただけでもいやだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 27
考えていたこと
   
be embarrassed by one’s own thoughts: 自分の考えていたことがきまり悪い ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 197
考える
   
the thought that ... never occur to sb: 〜までは考えたことがなかったようだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
simply never waste a thought on sb: (人の)ことは考えてもみない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 294
one’s thoughts inevitably turn sluggish: 考えるのも気だるい 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 66
give some long thought to ...: 〜について腰を据えて考える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 500
after a period of fruitless thought: 幾度も考えた末 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 52
考えると
   
the thought of sth briefly scuffed at one’s heart: 〜のことを考えると、一瞬、心がしめつけられた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
考え方
   
That was a thought too: それもひとつの考え方だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 140
思い
   
transmit those loving thoughts to sb: そんな情のこもった思いを(ひとに)伝える ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 16
stand awhile in thought: しばしいこいて思いにふける ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 28
stand awhile in thought: しばし佇みて思いに沈みぬ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 30
shiver with thoughts of ...: 〜に思いを馳せて胸のふるえあがる気分を味わう オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 18
sense something about the thought: (人の)思いをいくらか感じとる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 101
resolute thought: 確たる思い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
outraged thought: 屈辱的な思い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 182
one’s head full of black thoughts: 暗然とした思いで 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 233
measure some private thought: プライベートな思いにふける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
give the matter a lot of thought: その問題にだいぶ思いいたす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
思いついたこと
   
rumble out every free-associated thought: 思いついたことを片端から吐き出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
思い出
   
call up thoughts of sth: (物の)思い出を呼び起こす カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 64
思う
   
when one do, one’s first thought is that ...: 〜してまず〜と思う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 256
the thought of ... upset sb: 〜したら堪らないと思う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 262
rejoiced at the thought that ...: 〜と思ったとき、(人は)うっとりした 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 20
let one’s thoughts move to ...: ふと〜のことを思う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 148
思うところ
   
please share with me your thoughts on memory: 記憶について思うところがあれば話して下さい 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 69
思われる
   
the thought of sth is unbearable: 〜が耐えがたいものに思われる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 46
思案
   
lose in thought: 思案にふける クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 54
giving serious thought to do ...: 〜してやろうかと本気で思案している フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 33
give the matter great thought: よくよく思案する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 51
思考
   
The iron voice of the loudspeaker broke in on his thoughts: 拡声器の非情な声が、彼の思考を中断した マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 254
Her thoughts broke off with an almost audible snap: ぽきりという音が聞こえたのは空耳だったのだろうか、ウィルマの思考はそこで音をたてんばかりにぷつりと中断した スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
思潮
   
thought of the era: 時代思潮 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 222
実感
   
the thought presses in upon sb that ...: 〜という実感が、(人の)胸にせまってくる 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 121
主義
   
But his thoughts I felt, were based firmly on a strong sense of reality: けれどもその思想家の纏め上げた主義の裏には、強い真実が織り込まれているらしかった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 41
   
what count is the thought and not the gift: 贈り物は心であって、中身の問題ではない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 142
sb’s thoughts seems to cloud too: (人の)心にもまた雲がかかってくるようだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 35
read sb’s thoughts: (人の)心をよく見抜く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
one could read sb’s thought: 〜は〜の心が読めた気がした トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 325
keep harassing sb’s thoughts: (人の)心を患わせてやまない 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 22
guess sb’s thought: (人の)心を読み取る ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 46
creep into one’s thoughts: 心に忍びこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
collect one’s thoughts: 心が集中する 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 25
心積もり
   
it is with the thought that ...: 〜という心積もりがある 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 40
心頭
   
no thought of hell: 地獄のことなど心頭かすめやらぬ クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 14
真心
   
sb get the thought: 真心はちゃんと(人に)通じる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 147
想い
   
thought strike sb: 想いにとらわれる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 50
想像する
   
the thought of sth: 〜を想像すると トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 172
想像
   
the thought of ... arouse sb’s compassion: 〜を想像して見るといかにも不憫だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
unlucky thoughts suggest themselves to sb: 不吉な想像が浮かぶ 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 105
想念
   
thoughts that are not one’s to command: 自分でコントロールできぬ想念 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
shake the thought off: そんな想念を振り払う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 464
shake the thought off: 想念をふりはらう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 10
set loose a train of horrible thoughts: 心のなかに堰を切ったように次から次へと怖しい想念を流しこむ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 102
pleasant thought: いやな想念だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 274
passing thought: つかの間頭をよぎる想念 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 491
crash in upon sb’s thoughts: (人の)想念にだしぬけに割りこむ ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 47
But by the time he approached the river he had other thoughts and purposes: だが、川までくると、もうほかの想念と目的が頭を占めていた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 164
abandon bad thoughts: よこしまな想念をおく ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 66
   
sth have not really enter one’s thoughts: 〜という発想は、頭のなかにない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
remain the sole object of sb’s thoughts: (人の)頭は〜の事で一杯になっている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 230
promise in the silence of one’s thoughts: 頭の中で無言で言ってやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
associate the two in one’s thoughts: 一緒に(人の)頭にのぼる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
道理
   
be engaged in profound thought: むつかしい道理を考えている 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 170
   
red thoughts angry thoughts: むごたらしい思い、怒りに燃える念 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 172
物思い
   
mainly one be lonely with one’s thoughts: 一人で物思いに耽ってばかりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
lost in thought: 物思いに耽る 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 44
妄念
   
dismiss the thought: 妄念を追いはらう クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 280

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without so much as a thought: 反射的に
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
without much thought: べつに気にもとめずに
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 457
without a second thought: 躊躇なく
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 201
thoughts: もの思い
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 218
think good thought: 本当に真心がある
the twisted thought: もの狂わしさ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 26
submerge in thought: 考えこむ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 54
sense sb’s thoughts: (人の)気配を察する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 143
private thoughts: (人の)内面
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 323
oops, wrong thought: だめだめ、いまそんなことを考えては
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 318
one’s thoughts: 心の中
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 178
on second thought: よく考えてみると
on second thought: 考えてみると
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 416
not a thought: 知らん顔さ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 278
lost in thought: もの思いにふけるように
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 21
innermost thoughts: 腹の中
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 12
have second thoughts: 気が変わる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 286
have second thought: 後悔している
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
have second thought: 思いなおす
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 20
good thought: 真心
give some thought: 熟考
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 276
from sb’s thoughts: (人の)耳目の届く限りのところから
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 282
focus one’s thoughts: 頭を整理する
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 158
collect sb’s thoughts: 勇気を奮い立たせる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 312
at the thought: 内心
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 283
an idle thought: いや、ふっと思っただけだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
after much thought: 思うところあり
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 126
after careful thought: 熟慮したあげく
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 187
a wonderful thought: 名案
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
a stirring thought: 胸がどきどきするのではないだろうか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 33
would not even give sb a second thought: (人には)目もくれないだろう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 69
without any thought for ...: 〜にも一顧だに与えずに
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 353
without a second thought: 露ほども疑わずに
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 109
without a moment’s further thought: 一も二もなく
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 115
without a conscious thought: なにも思わず
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
with never a thought that ...: 〜ことなんか、けろりと忘れて
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 260
with hardly a moment’s conscious thought: 一切の警戒心を抱かずに
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 45
wince from the very thought of death: 人並はずれて死をおそれている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 135
turn one’s thoughts to ...: 〜に心を移す
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 36
tremble with rage at the very thought of ...: 〜を考えるとすこし身の内側がふるえてくるほど腹立たしい気持になる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
thoughts of that kind would never even have crossed sb’s mind: そんなことを夢にも考えはしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 115
there is no putting off the thought: はぐらかすすべはない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 244
the very thought of ...: 〜かと思うと
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 49
the thought that ... is too much for sb: 〜と考えると(人は)たまらない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 82
the thought that ... give sb acute discomfort: 〜だから(人が)ひやひやする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
the thought struck one that ...: 〜と思った
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 9
the thought scares the hell out of sb: 〜を知って、肝を冷やす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 432
the thought of the call nags at sb: あの電話の声が耳について離れない
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 7
the thought of sb doing gives sb considerable anxiety: (人が)〜するのも甚だしい不安だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 113
the thought of ... is full of attractions: 〜はひじょうに心ひかれることだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 164
the thought have been with sb through ...: 〜のあいだもそうではないかという気がしてならない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 109
the thought flashes through sb’s mind that ...: 〜かと、とつぜん思い閃めく
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 106
the thought come to sb: (人は)〜と考える
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 81
the mere thought of it: 思ってさえも
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 130
that is very comforting thought: そう思うと気が楽になる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 258
that’s a very nice thought: そう思ってくださるのは有り難い
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 92
sound out a man’s inner thoughts: 男が女から気を引いて見られる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 183
sit quietly, deep in some melancholy thought: ただ沈んでいる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
share some of the same thoughts: おなじことを考えている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
sb’s thoughts drift in no particular direction: (人は)ぼんやりと考える
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 21
sb’s thoughts are with ...: 〜のことが頭にある
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
sb’s thoughts are elsewhere: 心はよそに飛んでいる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 33
sb’s actions are not motivated by thought of gain: あれは欲得ずくでやったことじゃない
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 191
remain lost in thought and oblivious to things about sb: ぼんやり考えにふけっている
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 68
reek of good intentions and good thoughts: 善意や実直さの匂いをぷんぷんさせる
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 29
read every thought in one’s head: 内心の動きを全部読みとる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
quite take off sb’s thoughts from ...: 〜のことなんか、きれいさっぱりどこかへふっとんでしまう
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 53
pursue this horrible trend of thought: そういうつまらん話を続ける
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 224
pick up on sb’s private thoughts: (人の)胸中を見透かす
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 234
one encouraging thought was that ...: 〜も安心の原因だった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 51
one’s thoughts turn to ...: 〜が頭を占領する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 58
one’s thoughts return to the present: 自分にかえる
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 70
one’s thoughts flow across ...: 〜の向こうに想像をはせる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 7
one’s first thought is that ...: とっさに、〜と思う
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
one’s first thought is that ...: とっさに〜と思う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 155
one’s conscious train of thought begins to break up: 意識はぷつんと途切れてしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
on the spot without giving any thought to the matter at all: 即座に考えるそぶりも見せず
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
often have a thought: 折りにふれて胸に噛みしめる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 20
not a thought of sth is going through one’s mind: 〜のことはこれっぽっちも頭にない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 41
no thought of doing: 〜するつもりはない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 109
no doubt the thought of doing is hard for sb: 〜することは、(人に)はなにがあろうと受容しがたい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 366
mumble out one’s own thoughts: 自分勝手につぶやく
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 162
lost in a cloud of thought: もの思いにとらわれている
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 275
let one’s thoughts wander: 心をよそに遊ばせる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 278
lead to a thought or two: あることを連想させる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
it was just a thought: 言ってみただけさ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 246
I think it’s the thought of ...: 〜かと思うとな
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 250
I suppress the thought that ...: 考えたくはないが、ひょっとすると〜
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 443
I can’t face the thought of it: 考えるだけでも恐ろしい
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 187
have thought that was obvious: どうもこうもない
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 80
have the self-centered thoughts: 虫のよいことまで考える
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 63
have some second thoughts: それを信用していいかどうか、考えないわけではない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
have second thoughts about doing ...: 〜することに疑いをもつ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 75
have second thoughts about ...: 〜は考えなおす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 207
have second thoughts about ...: 〜を後悔する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 253
have not any other thought but that ...: 〜という以外のことは心にない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 25
have no thoughts of ...: 〜とは無縁だ
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 12
have different thoughts in mind: そうは思っていない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
have developed the habit of blocking out thoughts of sb: (人の)生活や会話の上に、想像をめぐらさない習慣をじぶんにつける
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 144
have bad thoughts about sb: (人のことを)恨む
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 195
have an abrupt thought of sb: ふいに(人の)ことが、頭にうかぶ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 285
have a nagging thought: どうも気になってならない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 165
have a final thought one want to share: 打ち明けるように言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
hate the thought of ...: 〜のことを考えるとぞっとする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 139
go on, following one’s train of thought and virtually talking to oneself: 連想のおもむくまま、独り言のように呟く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 133
give sth a second thought: 何とも思わない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 71
give little thought to the person doing ...: 〜しているのが誰なのか気にかけようともしない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 172
get one’s thoughts together: 頭をはっきりさせようとする
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 68
from the look on sb’s face, one knows the thought of ... is causing consternation: 〜の表情の中にも〜する場面が浮かんでくる当惑がういている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 96
fought against the thought that ...: 〜と思いたかった
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 497
finish the thought for sb: (人の)あとを引き継ぐ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 542
express one’s thoughts in public: 世の中に出て口を利く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
dread the thought of doing: 〜するのを鬱陶しいと思う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 136
don’t relish the thought of having to do: 〜する面倒がある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 164
direct one’s ugliest thoughts to ...: 〜をいまいましく思う
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 47
design, in one’s ill thoughts: よからぬことを考える
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 210
comfort oneself with the thought that ...: 〜と考えて心を慰める
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 187
caught by the thought: ふとなにか想い出す
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 49
can not bear the thought of doing: 〜するのは堪えきれない不幸だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 253
can not bear the thought of ...: 考えるだけでぞっとする
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 140
be struck by an awful thought: 嫌な予感がする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 43
be still casting about in one’s thoughts to do: と、心の中であれこれ考えている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 104
be sb’s last thought: 〜が最後に(人の)考えたことだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 435
be lost in thought: 感慨にふける
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 293
be lost in thought: 狐につままれたような気分で
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 143
be lost in thought: 物思いに沈む
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 521
be disturbed by the thought of ...: 〜を考えて落ち着かない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
be an unbearable thought: いかにも残念でたまらない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 23
be a terrifying thought: たまらない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 138
be a new thought: 虚を衝かれる
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 128
at last a bright thought strikes sb: しまいにはぱっとひらめくことがある
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 29
at last a bright thought strikes sb: ついにぱっと閃く
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 28
as if in thought: 考えこんでいるかのように
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 95
another terrifying thought hit sb: べつの不安がよぎる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 56
agree without a second thought: 一も二もなく賛成する
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 173
after thirty minutes of being lost in thought: ぼんやりとしたそんな時間が三十分ほどすぎた頃だったろうか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 238
a nasty thought strikes sb: ふといやなことを思いだす
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 42
a clear thought comes to sb: (人は)直観的に思う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
A-hah, I thought: 「あっ」と私は思った
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 38
be entirely absorbed in one’s own thought: 思索に心をうばわれている
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 22
offered an additional thought: さらに自分の考えを述べた
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
Everyone else agreed, but Eguchi thought differently: 居合わせた一同もそんなとこだろうと言いあったが、江口はそうではないと思った
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
I thought we’d agreed on Polly: こないだ、ふたりで決めたはずですけど……ポリーと呼んでくださるって
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 323
alarmed by the thought that ...: 〜という事実に愕然となって
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 304
haven’t thought it all the way through: そこまでの読みはなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 512
all very upright, I’d always thought: 堅物だとばかり思つていた
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 135
almost thought one meant it: それは自分の本心ではないかと信じそうになった
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 26
always check the thought reproachfully, remembering ...: そう思うたびに〜を考えては自責の念に駆られる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 342
There's always one more door you have to put your foot in, he thought: いつまでたってももうひとつ、足を踏み入れなきゃならぬ入口があるんだなと思う
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 184
have always thought that ...: かねがね(〜のことを)考えていた
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 105
I'd always thought dark glasses were a must for the blind: 私はずっと黒眼鏡は盲人になくてはならないものと考えていた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 388
have always thought that ...: 最初から〜だと思っている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 53
always thought ...: 前々から〜だと思っていた
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 211
have always thought that: 前からそう思っていた
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 415
have always thought sb too civilized a nation: 〜という国もつくづくお上品すぎる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 157
A liar and a gentleman, Nicholls thought gratefully: 嘘つきだが紳士だな、とニコルスは気持ちよく思った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 492
As for DiMaggio himself, she thought him kind and almost unbearably shy: ディマジオについては、優しいけれど、こちらがいたたまれなくなるほど内気な人だ、と感じた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 95
the last thing anyone thought is that ...: 〜などとは、だれも思いもつかなかった
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 237
haven’t thought about anything else since ...: あのことがずっと気になっている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 289
But they know anyway, he thought stupidly,: しかし、どうせもうわかってるさ、といまごろばかみたいに気がついた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 44
as sb have thought that ...: それは〜の読みどおりだったから
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
as I thought: やはり
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 19
at the thought sb’s attention becomes riveted upon the butterfly: そう思うとひどく蝶に気をとられる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 121
An awesome thought took form in Isao's mind: 彼に恐れ多い空想が生れた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 279
the thought is more than one can bear: 居たたまれぬ気持ちになる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 72
one’s heart beats faster at the thought that ...: 〜に心がときめく
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 48
because I thought I might ask you to come by my house: うちへ寄っていただこうと思って
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 42
I'd thought of this before, but had always dismissed the possibility: 私はかつてこの問題を考えて、伝染の可能性を否定した
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 270
a task I had thought all but behind me: もう終わったものと信じていた任務
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 121
at the thought of sb’s expertise being better than one’s own: (人のほうが)プロの技術で一枚上だったかと思うと
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 42
be even a hundred times better than one have thought them: むしろ聞きしに百倍まさる忠誠いちずの人間だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 133
have a much better time than one thought possible: 予想していたよりずっと楽しい時間を過ごす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 367
the thought died at birth: その考えは、うかぶと同時に消えた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 79
sink in bitter thought: 辛いもの思いに沈む
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 196
the thought of sb briefly scuffed at one’s heart: (人)のことを考えると、一瞬、心がしめつけられた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
But two or three drinks took care of that thought: とはいうものの、二杯三杯とグラスをかさねていくうち、胸のざわめきはしだいにおさまっていった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
Such as a medicine bottle full of tablets, he thought calming a little: たとえば錠剤のびん--すこし興奮のしずまった頭で彼は考えた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 132
have never really thought capture would happen to him: よもや自分が捕虜になる日がこようとは考えもしなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
didn’t catch as many fish as one thought one would: 釣果は思ったほどはあがらなかった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 193
catch a whiff of sb’s thought: (人の)胸中を察する
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 174
he thought it did lend a certain touch of class to Main Street: これでメイン通りがいくらか上品な感じになるだろうとは思った
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 71
derive a certain comfort from the thought of ...: 〜のことを考えるときのみ、心が和む
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 225
certainly sb takes no pains to hide sb’s thought: どう見ても、(人は)自分の心のうちを隠そうなどとはしない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 271
challenge sb on a point sb have not thought of: (人の)虚をつく
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 12
Death, that was the chance and the likelihood he'd thought about: 死なら、運として、可能性として、考えてもいた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 406
I thought him--I may as well say so--rather a charlatan: さあ、なんていうのかしら、--ああいう人、山師というんじゃないかと思うのだけど……
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 57
a faint check comes in sb’s thought process: (人の)思考過程にかすかな行きづまりが生じる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 66
chilling thought: 慄然とする考え
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 29
have clarity of thought: きちんとした判断ができる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 46
clear thought: 明晰な思考
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 99
Bassus clearly thought a lot of himself: バッススはよほど大物のつもりらしい
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 226
Clearly, he thought this was not a story for Sally Kramer: これはどう考えてもサリー・クレーマー向きの話じゃないなと彼は思った
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 234
Close, too damn' close, he thought: あぶなかった、本当にあぶなかった、と自分にいいきかせた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 295
I did have a special clue although not in the sense my wife thought: 妻の言うような意味ではないにしても、べつな心当りはあるわけだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 91
the twisted thought has not come to sb of doing: 〜しようなどというもの狂わしさはわきおこらない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 26
I thought you would come to it: そんなことになるだろうと思っていたよ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 145
it is a comforting thought ...: 〜と思うと嬉しい
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 93
without comment or thought: 口に出されることも思考にのぼることもなしに
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 131
ツイート