× Q 翻訳訳語辞典
thought   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
のことを思う
   
thought of sth provides a surge of hope: 〜のことを思うと希望が頭をもたげてくる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 15
もの思い
   
sink in thought: もの思いに沈む マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 196
sink in private thought: 自分ひとりのもの思いにふける マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 142
return to one’s lonely, far-away thoughts: 遠いもの思いにもどる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 509
deep in thought: もの思いにふける タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 93

イメージ
   
it comes to sb not as a thought but as a taste in the mouth: イメージとしてではなく、舌の上に味覚として蘇ってくる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 169

意見
   
swap thoughts: 意見を交換しあう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 145
share a few more thoughts on sth: (物を)めぐって意見が交換される べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 260
意識
   
turn one’s thoughts off: 意識を切り離す 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 26
印象
   
it is hard not to entertain the thought that ...: 〜という印象は拭えない セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 189
関心
   
scarcely give another thought to ...: (人に)それ以上の関心はほとんど払わない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 281
企み
   
see mean thoughts going on behind those smiles: そのような微笑みの裏側にはたちの悪い企みが透けて見える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 367
   
with no thought of: 〜する気など毛頭ない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 7
be a fanny thought: おかしな気がする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 130
気を遣っているという事実
   
it’s the thought that counts: 評価しなければいけないのは、そこまで気を遣っているという事実だ ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 53
気持ち
   
the thought lingers: 気持ちがゆらぐ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
guess sb’s thought: その気持ちが読める ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 43
be weighed down by the depressing thought: 厭な気持ちに抑え付けられる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
気分
   
look in distinct danger of losing one’s happy thoughts: いまにも幸せな気分とさよならしそうな気配だ フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 10
have some glum thoughts about sb: (人を)殺してやりたい気分だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
気力
   
all thoughts of pursuit leave sb: もう追いかける気力もない 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 66
記憶
   
some lost thought of ...: 長い間忘れていた〜の記憶 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
恐れ
   
the thought of every indiscretion, every lapse: 不都合なことをうっかりしゃべってしまうのではないかという恐れ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 204
胸のざわめき
   
take care of that thought: 胸のざわめきはしだいにおさまる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 153
屈託
   
have spent XX year without giving ... much thought: 過去XX年の間いまだかって〜に屈託した覚がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 157
考え
   
with the next thought: 突然ある考えが頭にうかび トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 147
try to find comfort in the thought that ...: (人の)考えは行き詰まれば〜へ落ちて来る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 175
the thought of ... occurs to one: 〜という考えが(人の)頭をかすめる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
sit still, deep in thought: じっと考え込む 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 228
sb’s thought is without solid foundations: (人の)考えには何らの背景もない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 147
read one’s thought: (人の)考えを読む クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 17
put thoughts on paper: 考えを紙に書く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
one’s first thought: まず頭にうかんだ考え トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 293
offer sb a few thoughts about ...: (人に)〜に対する考えをいくつか披露する ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 119
in the event of second thoughts: 考えが変わった場合 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
in reprimand to sb’s ugly and selfish thought: (人の)身勝手な醜い考えを叱責する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 437
have second thoughts: 考えなおす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 450
have a thought: 考えがよぎる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 89
give some thought to ...: 〜についてはまったく考えないわけではない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 63
get one’s thoughts in order: 考えをまとめる フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 13
find this thought: この考えを得て スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
diddle around with that thought: それについてしばらく考えをめぐらせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 165
conjure up vaguely threatening thoughts: 呪文をとなえ、どこか不吉な考えを呼びだすようなひびきが感じられる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 330
be amused by the thought that ...: 〜と考えただけでも楽しい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
a sudden thought occurs to sb: だしぬけに、(人は)ある考えに思い当たる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 360
考えごと
   
Smiley seemed lost in thought: スマイリーは考えごとにふけっているようだった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
say from far inside one’s thoughts: 考えごとの奥深くからいう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
it is time to set one’s thoughts aside: いつまでも考えごとばかりもしていられない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
cool wind purge one’s mind of aimless thoughts: 行き場のない考えごとを涼しい風がさらってゆく 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 59
考えた
   
the thought of sth revolts one: 〜は考えただけでもいやだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 27
考えていたこと
   
be embarrassed by one’s own thoughts: 自分の考えていたことがきまり悪い ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 197
考える
   
the thought that ... never occur to sb: 〜までは考えたことがなかったようだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
simply never waste a thought on sb: (人の)ことは考えてもみない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 294
one’s thoughts inevitably turn sluggish: 考えるのも気だるい 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 66
give some long thought to ...: 〜について腰を据えて考える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 500
after a period of fruitless thought: 幾度も考えた末 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 52
考えると
   
the thought of sth briefly scuffed at one’s heart: 〜のことを考えると、一瞬、心がしめつけられた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 214
考え方
   
That was a thought too: それもひとつの考え方だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 140
思い
   
transmit those loving thoughts to sb: そんな情のこもった思いを(ひとに)伝える ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 16
stand awhile in thought: しばしいこいて思いにふける ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 28
stand awhile in thought: しばし佇みて思いに沈みぬ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 30
shiver with thoughts of ...: 〜に思いを馳せて胸のふるえあがる気分を味わう オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 18
sense something about the thought: (人の)思いをいくらか感じとる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 101
resolute thought: 確たる思い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
outraged thought: 屈辱的な思い クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 182
one’s head full of black thoughts: 暗然とした思いで 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 233
measure some private thought: プライベートな思いにふける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
give the matter a lot of thought: その問題にだいぶ思いいたす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
思いついたこと
   
rumble out every free-associated thought: 思いついたことを片端から吐き出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
思い出
   
call up thoughts of sth: (物の)思い出を呼び起こす カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 64
思う
   
when one do, one’s first thought is that ...: 〜してまず〜と思う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 256
the thought of ... upset sb: 〜したら堪らないと思う 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 262
rejoiced at the thought that ...: 〜と思ったとき、(人は)うっとりした 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 20
let one’s thoughts move to ...: ふと〜のことを思う カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 148
思うところ
   
please share with me your thoughts on memory: 記憶について思うところがあれば話して下さい 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 69
思われる
   
the thought of sth is unbearable: 〜が耐えがたいものに思われる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 46
思案
   
lose in thought: 思案にふける クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 54
giving serious thought to do ...: 〜してやろうかと本気で思案している フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 33
give the matter great thought: よくよく思案する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 51
思考
   
The iron voice of the loudspeaker broke in on his thoughts: 拡声器の非情な声が、彼の思考を中断した マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 254
Her thoughts broke off with an almost audible snap: ぽきりという音が聞こえたのは空耳だったのだろうか、ウィルマの思考はそこで音をたてんばかりにぷつりと中断した スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
思潮
   
thought of the era: 時代思潮 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 222
実感
   
the thought presses in upon sb that ...: 〜という実感が、(人の)胸にせまってくる 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 121
主義
   
But his thoughts I felt, were based firmly on a strong sense of reality: けれどもその思想家の纏め上げた主義の裏には、強い真実が織り込まれているらしかった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 41
   
what count is the thought and not the gift: 贈り物は心であって、中身の問題ではない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 142
sb’s thoughts seems to cloud too: (人の)心にもまた雲がかかってくるようだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 35
read sb’s thoughts: (人の)心をよく見抜く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
one could read sb’s thought: 〜は〜の心が読めた気がした トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 325
keep harassing sb’s thoughts: (人の)心を患わせてやまない 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 22
guess sb’s thought: (人の)心を読み取る ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 46
creep into one’s thoughts: 心に忍びこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 268
collect one’s thoughts: 心が集中する 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 25
心積もり
   
it is with the thought that ...: 〜という心積もりがある 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 40
心頭
   
no thought of hell: 地獄のことなど心頭かすめやらぬ クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 14
真心
   
sb get the thought: 真心はちゃんと(人に)通じる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 147
想い
   
thought strike sb: 想いにとらわれる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 50
想像する
   
the thought of sth: 〜を想像すると トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 172
想像
   
the thought of ... arouse sb’s compassion: 〜を想像して見るといかにも不憫だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
unlucky thoughts suggest themselves to sb: 不吉な想像が浮かぶ 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 105
想念
   
thoughts that are not one’s to command: 自分でコントロールできぬ想念 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
shake the thought off: そんな想念を振り払う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 464
shake the thought off: 想念をふりはらう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 10
set loose a train of horrible thoughts: 心のなかに堰を切ったように次から次へと怖しい想念を流しこむ ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 102
pleasant thought: いやな想念だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 274
passing thought: つかの間頭をよぎる想念 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 491
crash in upon sb’s thoughts: (人の)想念にだしぬけに割りこむ ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 47
But by the time he approached the river he had other thoughts and purposes: だが、川までくると、もうほかの想念と目的が頭を占めていた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 164
abandon bad thoughts: よこしまな想念をおく ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 6
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 66
   
sth have not really enter one’s thoughts: 〜という発想は、頭のなかにない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
remain the sole object of sb’s thoughts: (人の)頭は〜の事で一杯になっている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 230
promise in the silence of one’s thoughts: 頭の中で無言で言ってやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
associate the two in one’s thoughts: 一緒に(人の)頭にのぼる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
道理
   
be engaged in profound thought: むつかしい道理を考えている 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 170
   
red thoughts angry thoughts: むごたらしい思い、怒りに燃える念 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 172
物思い
   
mainly one be lonely with one’s thoughts: 一人で物思いに耽ってばかりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 418
lost in thought: 物思いに耽る 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 44
妄念
   
dismiss the thought: 妄念を追いはらう クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 280