× Q 翻訳訳語辞典
cloud   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
the sun shutters in and out of the clouds: 太陽は雲間に見え隠れしている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 319
the sun comes out from behind the tattering clouds: きれぎれになった雲のあいだから、太陽が顔を出す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
the spires are reaching up to the clouds: 尖塔が雲にむかってそびえる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 400
the clouds which are building up: もくもくと立ち上がりつつある雲 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 69
the clouds gathered: 雲が出てきた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 220
the clouds are banked up against the hills: 丘の上に雲がたなびく カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 241
screen of clouds: 雲のカーテン トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 318
clouds hang over the water: 海上には雲がぽっかりと浮かぶ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 66
bustling clouds: せわしなく移り変わる雲 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
an expanding band of clouds: 帯状に広がっている雲 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 225
a horizontal bank of cloud: 横に棚引く雲 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 18
a column of cloud: 入道雲 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 18
雲がかかる
   
sb’s thoughts seems to cloud too: (人の)心にもまた雲がかかってくるようだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 35
雲霞
   
as if a cloud of great blue-flies were swarming about sb: まるで(人の)身辺から雲霞のごとくあおばえどもがわき立ったかのように ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
雲間
   
escape from the clouds: 雲間からのぞく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
雲量
   
with ten-tenth cloud: 雲量10の空で マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 325
影がさす
   
one’s face cloud in mystification: その顔に不可解な影がさす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 306
影が見える
   
cloud with vexation: いらだちの影が見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
黒雲
   
cloud of caring for nothing: 黒雲のような無興味、そして無感動 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
錯乱させる
   
power to cloud men’s minds: 人を錯乱させる術を心得ている スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 227
   
under the bright sky of the South and under the clouds of the North: 明るい南仏の空の下でも、暗い北仏の雪の下でも ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
大群
   
move towards sb like a cloud of locusts: イナゴの大群よろしくどっと押し寄せてくる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 257
白い
   
puff clouds of frosted breath into ...: 〜に凍った白い息を吹きつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the clouds lighten: 少し希望がもてるようになってきた
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 184
the clouds: 雲海
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 353
patches of cloud: 断雲
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 169
it cloud over: 陽がかげる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 196
clouds of water: 水煙
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 339
between the flocks of cloud: 雲間
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 43
be clouded by: 〜にさえぎられてはっきりしない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 73
white clouds of powder rise: もくもくと粉が舞いあがる
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 230
the sun breaks free of the clouds: 雲間から陽が射しこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
stir dense clouds of dust: 埃が濛々とまき上る
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 5
raise a cloud of dust: 土ぼこりをはねあげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
puff out a cloud of blue smoke: 青いけむりをふうと吐く
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 17
lost in the clouds: ぼうっとしている
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
lost in a cloud of thought: もの思いにとらわれている
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 275
little puffs of cotton-wool cloud: 綿のような小さなちぎれ雲
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 483
clouds of acrid smoke: 刺戟性の噴煙
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 63
bright, clear sky be suddenly filled with menacing clouds: 晴れ上がった空が俄かにかき曇る
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 11
be in such a cloud of dust, that at first sb could not make out which is which: もうもうと埃がたちこめてるんで、どっちがどっちか、すぐには見わけがつかない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 131
a cloud of dust: 砂ぼこりをまきあげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
a bank of clouds luminous in the late afternoon sunlight: 真向から西日を受けたまばゆい積雲
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 86
and the hail-cloud rolling away: 雹を降らせた雨雲はようやく通り過ぎる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 84
The horses approached, raising a cloud of dust: 土ぼこりをはねあげ、馬群はゴールに接近した
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
a brightly shining globular cloud: まぶしく光る丸い雲
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 167
rolling cloud-banks: むくむくと盛り上がる入道雲
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 34
you’re living in cloud-cuckoo-land: きみもよくよくめでたい
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 227
cloud-wrack:ちぎれ雲
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 352
the cloud continues: 雲海がなかなかとぎれない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 80
a dense black cloud of smoke shoot up from sth: とつじょ(物から)もうもうたる黒煙が立ちのぼる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 130
dingy cloud: どんよりした雲
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 11
a cloud that simply won’t go away: いつまでも晴れない雲
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
good cloud cover for ...: この雲ですからね。〜にはお誂え向きです
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 38
like a heavy cloud: 暗雲のように
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 135
stir up an impenetrable cloud: 一寸先も見えぬ埃がもうもうと立ちあがる
フィッツジェラルド著 野崎孝訳 『グレート・ギャツビー』(The Great Gatsby ) p. 34
cloud-fragments blow across the intolerable face: ちぎれ雲が、まばゆい面をよぎる
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 86
the lowering cloud: たれさがってくる雲
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 394
with her veil pestering her like a cloud of gnats: ブヨの群れのように顔にまつわりつくヴェールと格闘しながら
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 46
a relatively small cloud: ほんの小さな雲
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 10
stumble about in a cloud-high cemetery: 雲のかかるほど高い山の墓地をくまなく歩きまわる
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 59
be without a trace of cloud: ひとひらの雲さえ認められない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 224
Tweet