× Q 翻訳訳語辞典
share   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜にもある
   
sb shared the inclination to first blame oneself: (人)にも、まず自分を責める傾向があったからだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265

あずかる
   
a secret not ours to share: われわれのあずかり知らぬ秘密 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 23
おこぼれにあずかる
   
share in sth: 〜のおこぼれにあずかる サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 175
おなじ
   
share an office with sb: おなじ部屋ではたらく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 206
お互いの好きずきに応じて融通し合う
   
share sth: 〜をお互いの好きずきに応じて融通し合う 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 53
そっくり
   
share one’s figure: 体形がそっくりだ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 43
ともにする
   
stop short of professing to share sb’s concerns: (人と)見解をともにするとまでは言わない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 495
わかる
   
share sb’s joke: (人の)冗談がわかる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 66
わけまえ
   
come in for a share: わけまえにあずかれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 7
わりあてられた
   
never shirk one’s share of work: わりあてられた仕事はけっしてほったらかしにしない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 360

一緒
   
share one’s apartment with sb: (人と)一緒にいる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 196
割当てられた
   
can not get through this world without our share of trouble: 世の中をわたって行くにはそれぞれ割当てられた苦労をしなくちゃならない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 78
   
they’ll be selling shares: 株の売りが殺到する ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 204
plunk down one’s dough to buy AA’s common shares: AAの株に投資する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
共通する
   
the major processes that all business share: あらゆる産業に共通する主要なプロセス ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 8
共通の情報として把握する
   
share among ...: 〜が共通の情報として把握する ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 92
共同で借りる
   
share an apartment: アパートを共同で借りる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
教える
   
it is too good to share with anyone: もったいなくて人には教えられない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 198
見合わせる
   
share looks, a smile, with sb: (人と)顔を見合わせてニヤリと笑う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
語る
   
But he hadn't been able to share even a fragment of his mad dream: ……が、こんなきちがいじみた考えの片鱗をも、彼は房子に語ることができなかった 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 40
交わす
   
share the sort of rosy smile: バラ色のほほえみを、(人と)交わす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 311
賛同する
   
privately share this view: その考え方にひそかに賛同する アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 107
持っている
   
share the common dream: あの共通の夢をもっている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
持つ
   
share bossy’s name: 牛と同じ名前を持つ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 57
自分もつとめを果たす
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 99
取り分
   
our share of ...: 〜に対する各自の取り分 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
手つだう?やっぱり
   
Share?: 手つだう? やっぱり スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
譲り
   
share with one’s mother a tendency toward the excessive: 感情が往々にして度を越すのは母親譲りだ ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 113
接している
   
share a border with us: わが国とは国境を接している クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 529
相乗り
   
share a taxi into ...: タクシー相乗りで〜へ行く ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 275
相通じる
   
share quite a bit: 相通じるところ少なくない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
打ち明ける
   
share sth with sb: 〜を(人に)打ち明ける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 264
share sth with sb: (〜を人に)打ち明ける トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 136
ought to share this fact with one’s friend: 親友に打ち明けなくてはいけない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 394
貸し借りなし
   
now comes the time of sharing: 今からは貸し借りなしだ スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 253
調子を合わせる
   
agree as if sharing sb’s doubts: (人の)疑念に調子を合わせるようにいう ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 163
通じ合う
   
share ... stories: 〜といった話題で通じ合うところが少なくない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 121
通ずるものがある
   
the kind that only one nay have shared: その容赦のなさは、どこか(人に)通ずるものがある アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 204
伝える
   
share one’s decision with sb: 決定を(人にも)伝える ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 34
伝わってくる
   
share sb’s reverence: (人の)感嘆が伝わってくる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 67
同調する
   
share sb’s optimism: (人の)楽観に同調する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 426
負担
   
dispersal of the State’s share of funding: 基金積立における州の負担の配分状況 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 224
   
pay one’s share: 自分の分は払う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 349
分かちあう
   
He had come by a great thing and could not show or share it: 最高にすばらしいものを手に入れたのに、それを人に見せたり、その秘密を人と分かちあうことができないのだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
have interests but very little sharing of them: たがいに関心をもちあってはいたが、分かちあえる部分は皆無にひとしい プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 59
分かち合う
   
share the stress: 緊張を分かち合う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 479
分け合う
   
share a bottle of whiskey: ウィスキーのボトルを分け合う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 108
分け前
   
weasel oneself a bigger share: もっと分け前をとろうとする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
have hoped in vain to share in the reward: その報酬の分け前にあずかろうとして果たさない スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 280
貰うもの
   
receive one’s proper share: 貰うものはちゃんと貰っておく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 73
利益配分率の高
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 206
話す
   
please share with me your thoughts on memory: 記憶について思うところがあれば話して下さい 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 69

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

widely shared opinion: かなり共通した見かた
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 42
we really shared: おたがいさまだった
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 284
share with sb: (人と)共に生きる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 10
share this belief: (人も)おそらくそう思う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 491
share sth: (物に)与する
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 215
share sb’s enthusiasm: (人の)言葉に相槌を打つ
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 45
share one’s worry: 心労をわかちあう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 140
share one’s lunch: 目の前で昼飯を食べる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 257
share intimacies: いろいろなことを打ち明ける
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 100
share a ride: いっしょの車で出かける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 254
be shared: 恩恵に浴する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 84
a shared pleasure: 共通の喜び
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 173
will be shared by no one: ほかに誰一人永久に知る者はいない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 276
these two who now share that world with her, and are the same kind of person: 母と共通した種族であるふたりの女
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 203
thanks for sharing that piece of logic with me: わたしもそう思いたいところですがね
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 246
share the same sense of ...: 一様に〜感を味わう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
share the lonely intimacy of a room upstairs: 2階でしんみり暮らす
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 53
share the fun of ... with sb: 〜を一緒に面白がる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
share the fate of sb: (人と)同じ運命をたどる
ホーキング著 林一訳 『ホーキング、宇宙を語る』(A Brief History of Time ) p. 167
share sth with sb: ((物を)(人に)紹介する
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 100
share some of these thoughts and feelings with sb: こうした考え方や気持ちを(人に)話してみる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 37
share some of the same thoughts: おなじことを考えている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
share sb’s views on ...: 〜については、(人と)おなじくらいうるさい
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 295
share occasional joke together: ときに冗談をかわす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
share information about ... with ...: 〜にかんする情報は〜につげる気はない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 142
share enough of sb’s travail to share it: (人の)苦労をつぶさに見ているからその苦労を忘れることができない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 237
share a special palship: ウマが会う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 87
share a moment of perfect understanding: (ふたりは)申し分なくたがいを理解しあう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
share a home with sb: (人と)同じ屋根の下に暮す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 125
share a fondness for fine cigars: 二人とも上等の葉巻に目がない
share a few more thoughts on sth: (物を)めぐって意見が交換される
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 260
sb’s share of conversation: 会話の(人の)科白
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 104
receive an extra share of sb’s attention: (人)から特別に目をかけられている
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 55
realize that this man shares one’s views of the case: この男も自分と同じことを考えていると察する
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 74
people whose company is shared for some purpose other than money: 金銭抜きで楽しむ人々
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 372
one’s share in ...: 〜に一枚くわわる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 199
office shared by ...: (人が)共同で使用するオフィス
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
many secrets cannot be shared: 秘密が守られない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
look to share a beer with you: 一緒にビールでもと思う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
like sharing breakfast with sb: (人と)朝食をともにするのが楽しみだ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 163
let me share my thinking with you: わしの考えもいわせてもらおう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 215
laugh vigorously to share in the joke: げらげら笑ってジョークに付き合う
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 61
it would make more sense just to share with sb ...: 〜を(人)にも知っておいてもらったほうがいい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 83
invite sb to share sth: (人)にも(物を)すすめる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
ill at ease at sharing a table with a strange girl: 知らない女客の前に相客となるのは、なんとなく具合が悪い
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 190
have taken one’s share in these crimes: そのかずかずの犯罪に加わる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 280
have one’s share of life: 生きたいだけ生きる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 372
have had one’s share of close calls: 人並みに、危うく死にかけたこともある
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 23
have a final thought one want to share: 打ち明けるように言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
had one’s share of squabbles: 世間なみの小競り合いはあった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
get more than one’s share of dirty looks: まわりから不機嫌な視線をいやというほど浴びる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 65
force sb to share one’s own destiny: (人を)自分の運命の犠牲にする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
experience one’s fair share of hardships: どんどん苦労をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 217
evidently share sb’s view: (人の)見かたに異存はないはずだ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 233
enter one’s shared profession: 天職を選ぶ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 96
don’t share sb’s reservation about sb’s ability: (人の)才能をおさえつけている(人の)やり方は承服できない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 115
don’t share sb’s fixations: 〜と同じような特別の好みを持ち合わせていない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 10
don’t share ... with sb: (人の)耳には〜を入れない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
do sb’s share of the work: (人の)分も自分が引き受ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 292
do not want to share sb with anybody: (人を)独りじめにしたい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 251
dismal functions which allow us our meager share of daily satisfaction: 日々のわずかな満足を得る機能
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
be happy to share this extensive knowledge with sb: その知識の一端を披露せずにはいられない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 60
be aware that one fully shares sb’s confusion: (人の)持っている疑念というものがどんなものか、わかるような気がする
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 83
all humans sharing an equal stake in its future: 全人類は一蓮托生だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 170
a grown-up who share the same interest and know so much more: 同好の先輩
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 151
A and B share a special bond: AとBの仲のよさ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 146
all these volunteers share one peculiarity: そうしたボランティアたちはおしなべて一つの特殊性を共有している
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 275
down one’s share of the bar’s famous but deadly mojitos: この店の名物の強烈このうえないモヒートをガブ飲みする
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 49
... mean a smaller market share for Boeing and the demise of McDonnell Douglas: ボーイングのシェアが減り、マクダネル・ダグラス社のシェアがゼロに近づく
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 55
share intimate disheartening confessions in hushed tones: 気の滅入る告白をひっそりわかち合う
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 163
share a drink: いっぱいやる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 286
happy to share one’s enthusiasm: その喜びを他人と分かち合う心の寛大さも備えている
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 25
share their exclusive sorrow: それぞれの悲しみを分かち合う
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 112
shall have one’s share of my hand: 拳骨の分前を戴かしてやるよ
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 82
claim the lion’s share: いちばん普及している
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 181
lose market share: 市場を持っていかれてしまう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 114
share the same pain: 同病相憐れむ
谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 206
ツイート