× Q 翻訳訳語辞典
inner   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
奥の
   
Bernstein went back to the locked reception room through an inner doorway: バーンスタインは奥の通路を抜けて、鍵のかかった受付の部屋に行った ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 51
   
inner branches made convenient brown nests of pine needles: 枝の奥で松葉が格好の茶色い巣をこしらえていた ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 225
城壁にかこまれた
   
an inner city: 城壁にかこまれた都市 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 20
心の
   
inner ear: 心の耳 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 30
心身の
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 327
心中
   
think, with an inner smile of belated recognition: 遅ればせに気づいて、心中にんまりする ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 10
   
gauge for distinguishing between inner and outer: 内と外を区別する目安 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 38
内心の
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 383
内面
   
sb’s inner realm: (人の)内面世界 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
裏側
   
one’s inner forearms: 前腕部の裏側 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s inner being: 自分の内部
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 140
inner workings: 内情
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 32
inner tubes: スペア・タイヤ
inner conviction: 本音
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 480
sound out a man’s inner thoughts: 男が女から気を引いて見られる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 183
repeat sth with a silent inner voice: 胸のうちで〜を繰り返す
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 260
in some inner corner of one’s mind: 心の片隅に
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
have the inner strength to do ...: 〜する強さをもつ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
develop one’s own inner pictures of ...: 自分なりの〜のイメージをつくりあげる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 35
a coldly impartial scrutiny of one’s inner self: 冷たい眼で自分を内省する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 41
a dully lighted inner corridor: 薄暗い内側の廊下
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 67
have inner peace: 内なる平穏を見いだす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 472
inner germinal layer:内胚葉
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 140
inner integrity: 内的な自足
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 117
hear one’s inner voice laugh: 内心苦笑する
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 34
His knowledge of Helen's inner realm was nodding, at best: ヘレンの内面世界についてのスターンの知識は、最高に見ても皮相的なものにすぎなかったし、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
plunging toward the inner reaches of dreamland: 眠りの中枢に達する
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 134
scrutinize one’s own inner thoughts: 心のうちを覗く
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 63
speak without inner conviction: 口ほどには本音でない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 480
ツイート