× Q 翻訳訳語辞典
bright   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あかるい
   
the sun is really very bright indeed: 日の光のあかるいことといったらない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 335
あざやかな
   
see a bright flash of yellow: あざやかな黄色の物体が眼の隅をかすめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 180
うららかな
   
one bright morning in spring: うららかな春の朝 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 47
きらきらと輝く
   
one’s eyes bright and anxious: きらきらと輝く眼に不安の色を浮かべて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
きらりと
   
there is a bright liquid shine in one’s eyes: 眼はきらりと濡れた光を宿している スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
しゃれた
   
a bright enough little place of entertainment: なかなかしゃれた、こじんまりした遊び場 スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 69
すぐれた
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 10
すばらしい
   
have a bright suggestion: すばらしいアイデアを出す ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 346
ずば抜けて優秀な頭脳を持つ
   
a bunch of bright people in different countries: ずば抜けて優秀な頭脳を持った、国籍の違う集団 セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 273
せいせいした
   
a bright dry, gleaming room: せいせいした、かわいた明るい部屋 ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 94
たしか
   
prospects of doing ... are brighter than ever: 〜する見込みはずっとたしかになった ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 327
つやつやしている
   
sb’s speech is lively and sb’s face bright: 言葉遣は活溌である。顔はつやつやしている。 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 158
てかてか
   
look so bright and sticky: やたらにてかてかべたべたした感じだ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 56
とがった
   
bright spike: とがった釘 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
なまなましい
   
as bright as yesterday and as vital: きのうのことのようになまなましい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 14
にこにこしながら
   
ask sb back, helpful and bright: 協力的ににこにこしながら答えてやる シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 40
はればれとした
   
a bright animated face: はればれとした元気な顔 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 392
ぴかぴか光って
   
look so bright and sticky: ぴかぴか光って、ねばねばした感じなのだ ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 60
ぽたぽた点じる
   
bright the scenery with one’s rich, red color: 重そうな赤い強い色をぽたぽた点じる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 39
まばゆい
   
the fireworks are bursting big and bright: まばゆい花火が盛大に打ち上げられている タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 196
prick bright beams of light off sth: 〜のまばゆいあかりに照らしだされて、〜の輪郭が浮かび上がる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
one’s eyes, in this bright light, are full of fog: (人の)目はまばゆい光りを浴びてかすんでいる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 72
dissolve in a bright glare: まばゆい光のなかにフェイドインしていく プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 350
bright colors: まばゆい色彩 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
Blood and hair and stringy gobbets of flesh flew up in the bright autumn sun: 血と髪の毛と細長い肉の切れはしが、秋のまばゆい太陽のもとでとびちった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 285
a dusky shimmer of bright hair and gilded outspread wings: まばゆい髪とのべた金色の翼のくすんだきらめき セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 54
まばゆさ
   
almost as bright as ...: そのまばゆさは、〜に負けないくらいだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 196
まぶしい
   
bright morning sunlight: まぶしい朝の陽光 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 37
まぶしく照りつける
   
the sun is bright: 太陽がまぶしく照りつける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 196
らんらんと
   
one’s eyes shine bright and slightly crazy: 目がらんらんとちょっぴり狂おしくかがやいている ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 289
bright with one’s eyes: 目がらんらんと燃えて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 159

ド派手な
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 140

眼にあざやか
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 387
気がきいている
   
brief, bright and brotherly: 簡潔で気がきいていて親切じゃないか セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 80
気の利いた
   
be not a terribly bright question: あまり気の利いた質問ではない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
輝く
   
be admired for sb’s bright future: 輝く未来をもつ男として一目おかれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
元気がいい
   
This time her tone was a little brighter: 今度の声はさっきよりもいくらか元気がよかった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
戸外のきびしい
   
bright summer sunlight: 戸外のきびしい夏の光り 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 56
光っている
   
be bright thick as caramel: 鈍く光っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
be bright with the glimmer of the late light: 夕方の光をうけて光っている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
光る
   
the headlights are on bright: ヘッドライトがこうこうと光る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 367
燦然たる
   
the bright dawn floods the room: 燦然たる朝の陽光がどっと部屋一面に溢れる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 136
燦然と
   
gold spheres blaze bright as glass: 黄金の球は玻璃のごとくに燦然と輝く ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 11
色あざやかな
   
mugs decorated with bright yacht-club flags: 色あざやかなヨットクラブの旗がデザインされたマグ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 399
be as bright as new paint: 塗りたての絵具のように色あざやか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 275
   
hair bright black: 真黒な髪 ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 220
水商売っぽい
   
be a tab bit bright: 水商売っぽい 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 123
澄みきった
   
one’s innocent, bright eyes: なにも知らぬ澄みきった瞳 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 148
澄んだ
   
bright blue eyes: 澄んだブルーの瞳 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 188
晴れやか
   
very bright: すごく晴れやか ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 9
晴れ晴れとした
   
the bright afternoon light: 晴れ晴れとした午後の外光 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 118
生気に満ちた
   
neat, bright doctor: あの颯爽として生気に満ちた先生 スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 17
切れそうな
   
a bright young army officer: 若手で切れそうな軍情報将校 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 38
鮮やかな色合いの
   
in a bright spring outfit: 鮮やかな色合いの春服を着て カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 211
鮮明な
   
can see one’s own pulse as bright points of light before one’s eyes: どきんどきんと音をたてる鼓動のひとつひとつが、鮮明な光の点と化して、眼の前にくっきりと映しだされるような気さえする スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
聡い
   
<例文なし> 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 50
頭のいい
   
bright idea by the civilians: 頭のいい文官の思いつき ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 261
頭の回転がすばやい
   
be terribly bright and loving: 頭の回転がすばやく、綺麗だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
頭の回転が早い
   
certainly no tougher than sb, and definitely not as bright: 〜のほうがずっと大人で、頭の回転も早い ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 53
頭をはたらかせる
   
don’t seem bright enough: そんな頭をはたらかせるようには見えない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
賑やか
   
sb’s bright tone: 賑やか過ぎる調子 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
派手な
   
bright yellow Yugo: 派手な黄色のユーゴ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 365
bright color: 派手な色 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 461
belong to the same bright crowd: 同じ派手な連中の仲間だ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 69
明るく輝く
   
full of bright October sunshine: 十月の太陽がさんさんと降りそそぎ、〜じゅうが明るく輝いている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
明るく実っている
   
with the corn bright in it, but not abundant: 穀物は明るく実っているが、穂は細々とやせている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 202
目はしがきく
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 203
優秀
   
bright guy: 優秀だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 236
優秀な
   
He's bright young lawyer with an excellent future: しかし、若くて優秀な弁護士だし、前途は洋々だった クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 29
利口な
   
play the role of bright child: 利口な子のふりを演じてみせる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 101
利発で
   
be a good-looking, exceptionally bright and charming boy: 顔立ちがよく、飛び抜けて利発でチャーミングな子供 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 299
麗かな
   
bright scene: 麗かな日影 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 217
a bright Sunday morning: 麗かな日曜日の朝 谷崎潤一郎著 チェインバーズ訳 『痴人の愛』(Naomi ) p. 21
炯々たる
   
bright golden eyes: 炯々たる金色の目 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 119
煌々と
   
be bathed in bright overhead lighting: 天井灯に煌々と照らされる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 183

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with bright eyes: 目のぱっちりした
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 172
burn brightest: かっと燃える
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 205
bright clear sky: 晴れ上がった空
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 11
bright young men: 若き俊英たち
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 356
bright sunshine: 豊かな日差し
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 435
bright red: 真っ赤
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 189
bright lights: ネオンの灯
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 42
bright light: 眼をあざむく強烈な光
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
bright interest: 興味津々の様子
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 65
bright gleaming berries: つやつやした木の実
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 70
bright blue sky: まっ青な空
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 300
bright and early: 朝いちばんに
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 333
blush bright red: 耳まで赤くなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 185
best and brightest: 優秀な人材
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 71
be bright and cheerful in the extreme: 陽気
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 29
be a bright and promising fellow: 利発者
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 22
another brighter genius: またしても誰か頭のよい男が
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 285
a fairly bright man: 切れ者
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 102
with the roaring bright flames behind one: ごうごうと燃え盛る炎を背にして
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 45
with no hesitation announce in bright pretty voice: じつにすっきりと明るくさわやかな口調で言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
try to sound bright and lively: できるだけ元気な声を出そうと努める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
the wide sky stretches blue and bright: 大空が青あおと晴れ渡っている
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 73
the street lamps burn cavernously bright: 街灯がほのぐらく燃えている
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 150
the outlook is not too bright for sb: (人にとっても)非常に具合の悪いことになるはずである
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 50
the brighter sb is: なまじ頭の良い(人)ほど
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 7
several of the brightest yellow leaves: 美しく紅葉した落葉数片
see a bright flash in the sky: 空に閃光を見る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
put sb under a bright light: (人を)締め上げる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 119
one’s lipstick has gotten brighter: (人は)紅がきつくなった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 81
not too bright maybe: 目から鼻に抜けるってわけにはいかない
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 118
never did the sun go down with a brighter glory on ..., than ...: それは〜のこと、やがて沈む日ざしが、こんなにも美しい夕映えの光を〜に投げかけていたことはなかった
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 7
making fountain-jets of bright jugglery: 黄金の噴水を作り出す
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 11
ludicrous obsession with the illusory bright side of things: 度外れした調子のよさ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 343
long sinister sculpted nails painted bright red: 真赤に塗った長い爪がなにやらおそろしげだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
little, bright darts are thrown into sb’s eyes: ぎらぎらと眼を射る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
keep a bright look out: 油断なく警戒している
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 108
have grown up a bright and lively girl: 陽気なたちに育っている
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 54
have a bright complexion: 頬などは艶々としている
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
go bright red with confusion: どぎまぎしてまっかになる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 54
exclaim in a bright voice: はじけるような明るい声で言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 11
bright tears are glistening in one’s eyes: (人の)目にきれいな涙がうかぶ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 123
bright enough to do: 〜する注意力は失わない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 191
be wiped out by the bright memory of ...: 〜を思い出すと、たちまち目の前がぱっと明るくなった
be vibrantly bright and pretty: ぴちぴちとして可愛らしい
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 262
be the bright particular star of the occasion: なんといってもいちばんの花形は〜だ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 292
be not even bright enough to ...: 〜さえできないボケナス
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 103
be never very bright: もともと頭のめぐりはいいほうではない
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 170
be bright and clear: からりと晴れわたる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 178
at last a bright thought strikes sb: しまいにはぱっとひらめくことがある
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 29
at last a bright thought strikes sb: ついにぱっと閃く
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 28
a single bright streak of red: 燃えるように赤い一本の線
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
a bright idea comes into sb’s head: (人)はぱっと閃く
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 101
about half-bright: 半ば盲目に近い
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 39
reveal bright bars and streaks of sky: あとには明るい青空が、縞目を作って現われる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 84
the sun rises bright placid, and beautiful: 明るい太陽が、静かに、目もさめるようにのぼる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 29
bright-colored bird: 極彩色の小鳥
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
bright-colored:色とりどりの
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 138
“Bright-eyed and Bushy-tailed First-Graders”: 「ピッカピカの一年生」
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
bright-hued:色あざやかな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
bright-lit scene in the parlor: 明るく華やかな洋間の光景
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 204
bright-looking:利発な顔立ち
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 103
catch the bright foreign glint: 人工物の輝きをチラリと捕える
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 293
bright and cheerful: 明るく華やかな
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 19
under the bright sky of the South and under the clouds of the North: 明るい南仏の空の下でも、暗い北仏の雪の下でも
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 162
bright clear sky be suddenly filled with menacing clouds: 晴れ上がった空が俄かにかき曇る
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 11
come up with bright ideas: すばらしいアイデアを思いつく
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 111
comfortable sofas in bright Palm Beach patterns: 坐りごこちのよい、色あざやかなパームビーチ調のソファ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
this confined bright space: 四方を壁で囲まれた明るい場所
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 137
a small, dazzlingly bright object: キラキラする小さなまばゆい物体
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 28
seem too bright to make out details: 眩しくて濁って見える
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 86
be dressed in a bright green wrapper: 緑のうわっぱりを着ている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 287
with bright eager eyes: 一心に目を輝かせ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 100
Martello's bright endpiece was wonderfully irrelevant:: マーテロのしめくくりは、あらずもがなの見本みたいなしろものだった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 409
bright in the summer evening: 夏の宵はまだ明るい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 260
bright rays of the evening sun: 西日
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 201
an exceptionally bright young man: まれに見る聡明な青年
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 54
extraordinarily bright red: 驚くばかりあざやかな赤い色
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 39
be extremely bright and savvy: 並みはずれて悪賢く抜け目がない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 103
with a bright sun and a few fleecy clouds in the heavens: 空には太陽が輝き、羊の毛をちぎったような雲が二つ三つうかんでいる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 223
have finally melted away in the bright sun: 晴天ですっかり消える
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 275
the initial bright flare of match: ぱっと燃えあがった火
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 429
a garishly bright day: 晴れがましい日
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
ツイート