× Q 翻訳訳語辞典
memory   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
むかしのこと
   
prove sb’s memory: むかしのことを聞きだす クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 147

ノスタルジー
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 129

印象
   
fond memories of earlier visits linger in one’s subconscious: 以前来たときの好印象が潜在意識に残っている フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 23
回想
   
many memories of sb’s: いろいろな場合の回想 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 49
覚えている
   
have a vital and immediate memory of ...: 〜をなまなましく覚えている 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 7
覚える
   
have no memory for ...: 〜を覚えるのがだめだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 359
記憶
   
turn sb’s memory around: (人の)記憶を変えさせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
the memory seems very old and sepia-toned: その記憶は古びたセピア色の映像に化してしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
the memory of sb comes back to one: (人の)記憶を呼び起す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
the memory of ... come to sb: 〜の記憶が蘇る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
the memories: 記憶の世界 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 430
suppress conscious memory of ...: 〜の記憶を意識的に奥に押しやる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 278
stumble from memory through ...: 〜を、記憶をたぐりながらつかえつかえ言う レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 203
shake off bad memories: いやな記憶をふり払う ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 230
sb’s real memories and the written and filmed accounts what have happened in sb’s life: (人の)現実の記憶と、文章や映画に描かれた出来事 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 545
rob one of all one’s considerable skills and memories: (人の)身にそなわった技術も記憶も根こそぎ奪ってしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 222
recovered memory: 発掘記憶 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 278
mountainous memory: 厖大な記憶 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
memory serves: (人の)記憶がまちがってなけりゃ、〜だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
memory of ... has stayed with sb: 記憶は(人の)脳裏から消えない バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 4
memory lingered: 記憶は薄れていなかった ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 240
memories store at the back of one’s mind: (人の)心の奥深くしまいこまれた記憶の数々 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
make oneself recall ... from one’s earliest memories: 幼い日の記憶に残っている〜を思い浮かべる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
look into the memory of ...: 〜の記憶を辿る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 248
if one’s memory serve one right: 記憶が間違っていなければ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
how’s that for the old memory bank: その結果はどうだったか、記憶装置に訊いてみましょう プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 318
have forgotten all such memories long ago: そんな記憶もとうに失なってしまった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 440
have a remarkable memory: 大した記憶の持ち主だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
gene-encoded memory of ...: 〜の記憶が、遺伝子にきざみつけられている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 38
find oneself stimulated by the memory: その記憶に刺激されて興奮する自分を発見する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
by the time sb’s memory really takes hold: 記憶がもう少しはっきりしてくるころには ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 298
be too much like rock to fade from memory: 記憶が消化してしまうには固すぎるのだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 88
be overwhelmed with a simple, perfect memory: (人の)頭は、このうえなく明快で傷ひとつない記憶でいっぱい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
an irrelevant memory: まるで場違いな記憶 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 275
accommodate ... to the landscape of one’s own memory: 〜を自分の手持ちの記憶にはめ込む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 97
記憶の糸
   
let memory unfold in its own way: 記憶の糸がしぜんにほぐれてくるのを待つ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 208
記憶力
   
one’s memory serve one: 記憶力がはたらく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 219
have a pretty good memory: 記憶力がいい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 397
get a good memory: 記憶力は抜群 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 144
act a memory: 記憶力をよそおう ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 54
経験
   
with memory of ...: 〜の経験から ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 111
現実
   
dream and memory: 夢と現実 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 9
思い出
   
one’s memory to keep one warm: 慰めとなる思い出 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 208
have fond memories of ...: 〜の良い思い出を持っている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
give the memory of sth to oneself: 思い出を手繰り寄せる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 145
contrary to sb’s memories: (人の)思い出とは食い違っているのだが ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 27
a flood of good memories comes back to one: いい思い出がどっとよみがえった デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 212
思い出す
   
sb’s worst memory of any of the incidents during ...: 〜のころの出来事の中で、(人が)いちばん思い出したくのは ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 299
偲ぶ
   
bear memory to sb: (人を)偲ぶ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 512
追憶
   
carefree memories of ...: 〜の屈託ない追憶 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 177
   
have committed ... to memory: 〜が頭にたたきこまれる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

surface of one’s memory: 記憶の上
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 122
stir one’s memory: 思い当たる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 28
sanctify memory: 思い出の有難さがわかる
one’s memories of the past: 昔の話
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 210
memory eludes sb: 何も思い出さない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 52
memories of the past: 思い出
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 6
have good memories: なつかしい
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 122
bring back memories: なつかしい
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 166
what sb do creates an awful memory: (人の)やったことが(人と)(人の)あいだに傷を残す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 401
thrust from one’s mind the memory of ...: 〜の話が頭をかすめる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 67
there is a flash in one’s memory: ちらと記憶をかすめる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 83
the memory of ... still remains vividly in sb’s mind: 〜をまだはっきり(人は)憶えている
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 62
the memories of ... sweep over sb: 〜のことがぐっと胸に来る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 30
the lingering memory of the gladness in sb’s voice: 〜の声のはずんだ調子がのこっている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 380
the cleverest child to have appeared in ... in living memory: (場所)始まって以来の秀才
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
sth brings back memories: 思い出の(物)である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 46
seem like a distant memory: はるかにずっと昔の風景のように思われる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 219
recall in one’s faint memory: うろ覚えに覚えている
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 8
one’s memory is long: (人は)いまだに昔を忘れない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 200
one’s memories of sb: 記憶によみがえった(人の)姿
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
need not dwell so on memories of sth: 〜ことなどはそう心にとめていない
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 52
jog one’s memory of ...: 〜を思い出す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 239
in one’s childhood memories of ...: その頃子供の自分たちの眼から見たら
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 58
have vivid memories of sb: (人の)顔形は記憶のなかで驚くばかりに鮮明だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
have very long memories: そう簡単に忘れてくれる相手じゃない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 269
have sth in one’s memory for good: 〜をしっかり頭にしまいこむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 138
have got a terrible memory: てんで物覚えが悪い
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 388
have childhood memories of ...: 〜を子供心に覚えている
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 16
have a vivid memory of sb doing: くっきりと憶えている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 169
have a vivid memory of sb: (人の)姿はありありと眼に焼きついている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
have a very short memory: 物忘れが早い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 464
have a vague memory of sb talking about ...: 〜とか言う言葉を聞いたような気がする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
have a long memory for ...: 〜をけっして忘れない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
have a long memory: もの覚えがいい
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
fragments that memory have grudgingly unearthed: 苦心してかきあつめた断片
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 190
do memories ever really die: はたして忘却というものは、消えさってしまうことなのだろうか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 132
behind one’s eyelids arises the memory of ...: まぶたの裏に〜が一時に浮かびあがる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 26
be wiped out by the bright memory of ...: 〜を思い出すと、たちまち目の前がぱっと明るくなった
be now only a memory: ようやく忘れさられる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 115
be no longer sharply etched in the memory: はっきり思いだせない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 142
be a fading memory: 〜の記憶は遠のく
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 427
among the various memories that remained of ...: 記憶に残る〜についてのいくつかの景色のうち
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 56
awake the memory of sb’s own sensual abandon: (人の)放恣な肉の記憶をよびさます
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 116
another memory have broken through: 新たな記憶がまざまざと姿をあらわしていた
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 317
a kind of cairn to memory: 思い出のよすが
it is too clear and vivid in one’s memory: すべてがなまなましく、はっきりと記憶に残っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 270
the clinging memory of sth: (物の)忘れえぬ思い出
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 74
clotted with memory and sentiment: 思い出や情緒の垢がこびりついている
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 141
comforting memory of sth: 慰めとなる記憶
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
commit sth to memory: 〜を記憶にとらえる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 221
become confused in sb’s memory: 記憶の中でこんがらかってくる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 68
a tangled, confused memory: 渾然ともつれた記憶
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 179
until memory of sb’s origins degenerates into legend or myth: 遂には(人の)起源も伝説や神話に姿を変える
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 12
those infinitely sad, dark eyes of sb remain etched on one’s memory: なんとも暗鬱なその目つきだけは(人の)記憶に焼きついている
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 176
one’s everyday memory: 日常憶いだすことのできる記憶
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 133
unseen ideal whose memory haunts us artists like an exquisite dream: 見えざる理想の追憶があたかも精美な夢のように去来し続ける
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 171
extricate one’s memory: 記憶を掘り出す
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 170
have been filed into a massive memory bank: 巨大な記憶バンクに記録されてしまう
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 127
fix in one’s memory: 心に刻む
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 327
one’s memory suddenly flashes back to ...: (人の)記憶に突然〜が浮かぶ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 96
fond memory: なつかしい
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 110
for one’s memory: (人の)記憶力をもってすれば
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 120
memory games: 記憶ごっこ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 139
this is about as good as most people’s memory is: 普通の人間の記憶というのは、だいたいこの程度だ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 386
have a memory: 記憶力をそなえる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 54
the memory of ... is impressed on sb’s mind: 〜の記憶が今もまざまざと(人の)瞼のうちに捺されている
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 41
The border between dream and memory had grown indistinct in Honda's mind: 本多の記憶のうちで、夢と現実の堺はあいまいになり、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 9
memory of inestimable: きわめて重大な記憶
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 255
in loving memory: なつかしき思い出のために
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 253
man’s memory: 個人的な記憶
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 223
a conversation I had with sb1 that set the whole memory of sb2 in motion again: 〜とその話をしたおかげで、〜についての思い出がすっかりよみがえってきた
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 9
mull a distasteful memory: 胸の奥でなんらかの不快な記憶を反芻する
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 99
muscle memory:筋肉の記憶
辞遊人辞書
muscle memory:無意識の動作
辞遊人辞書
He never spoke of it, but the memory stayed with him: 彼はついぞ口にこそしなかったが、その記憶は脳裏を去らなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 75
How my memory has got noticeably worse recently: この頃、めっきり記憶力が悪くなったって
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 14
a painful memory: 心の痛む思い出
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 303