× Q 翻訳訳語辞典
best   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜の鼻をあかす
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 31

いちばん
   
the best available at that time: その時はとりあえずそれがいちばんだ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 71
いちばんいい
   
The best alternative: 気分転換にはいちばんいい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64
いちばんふさわしい
   
things might best be called ...: 〜というのがいちばんふさわしい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
うってつけの
   
the best man in ...: 〜にうってつけの人物 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 60
およそ善き
   
the best of times: およそ善き時代 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 9
お誂えむき
   
sth provide the best cover of all: 〜は隠れみのとしてはお誂えむきだ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 190
けっこうな
   
best of friends: けっこうなお仲間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 141
こしたことはない
   
think it best to be on one’s guard: 用心するにこしたことはない--こう(人は)考える ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 176
ことに
   
like best: ことに感心する 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 24
このうえなくうまく
   
everything for the best: すべてこのうえなくうまくいく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
この上ない
   
one’s best potential source of information: 有望この上ない情報源 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 230
この上なしの
   
commit hundreds of the like mistakes in the best humour possible: このような失敗は数えきれないほどだのに、この上なしの上機嫌だ ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 75
しごく順調な
   
at the best of times: しごく順調なときでも アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 11
せめて
   
the best thing that could be said for her was that ...: せめて〜しただけでもよかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 585
できるかぎり
   
shall do one’s best to meet sb’s needs: できるかぎり期待にそうつもりだ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 150
できるだけ
   
try one’s best: できるだけ努力する ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 237
とっておきの
   
wear one’s best shy smile: とっておきのはにかみ笑みをうかべる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 191
とってておきの
   
sb’s best “schoolma’am” air: とっておきの学校の先生ぶり ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 86
とびりきの
   
do one’s best acts: とびきりの道化を演じる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 93
なににもかえがたい
   
the best feelings: なににもかえがたいのは〜という感じ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 453
ひいき目
   
at best: ひいき目に見ても トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 63
ほかない
   
be best done by ...: 〜するには〜ほかない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 36
まし
   
be the best sb has: 〜よりましな〜がない ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 48
またといない
   
be the best of men: こんないい人はまたといない スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 89
またとない
   
the best opportunity for a grab: またとない誘拐のチャンス フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 216
めぼしい
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 149
やり手
   
be out of the best in the business: 有名なやり手だ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120

ベスト
   
one’s absolute best yet: 文句なしにこれまでのベスト ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 195
keep one’s silence when it is best: 沈黙を保つのがベストのときには口をつぐむ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 325
give it your best: まあ、ベストをつくしてくれ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
do one’s best to look heavyset and immobile: てこでも動かぬ大男に見せようとベストをつくす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
be not up to one’s best: ベストをつくせない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
be best served: 〜にとってベストである デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 323

一世一代の
   
one’s best piece ever: (人の)一世一代の傑作記事 バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 149
一張羅の
   
sb’s best silk blouse: (人の)一張羅のブラウス デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 11
一番いいもの
   
assemble the best: 一番いいものを形にする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 150
一番の
   
keeping calm is the best medicine: 腹を立てないのが一番の薬 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 15
一番効果的な
   
determine the best time to do: 〜するのに一番効果的な時間を考える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 117
一番高い服
   
sb’s best ... dress: (人が)持っている一番高い服、〜のスーツ デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 120
一番手
   
best outside bet: ダークホースの一番手 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 143
一流
   
be one of the best: 一流の〜だ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 344
一流の
   
the best hitters: 一流のバッター ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 244
   
best not describe it: それはいわぬが花ということにしょう カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 104
極力
   
assuage sb’s injuries as best one can: 受けた傷の痛みを極力やわらげてやる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 532
見事に
   
bloom best: いちばん見事に花を開く サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 122
言うことない
   
would be best of all: 〜だったら言うことありませんが カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 322
限界
   
to the best of one’s ability: 能力の限界まで デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 434
最高
   
at best: 最高に見ても トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
最高の
   
I’m going to offer you the best deal of your life: 生涯最高の超特価でご奉仕しますよ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 170
have not been one’s best ...: 最高の〜にはほど遠い タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
最上の
   
polish to the nth degree one’s best shoes: 最上の靴をピカピカに磨きあげる ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 272
最善
   
use what sb be to shape the best: 今の自分を叩き台にして、何とか(人)なりに最善を求める フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 258
最善の
   
remain the best practice in ...: 〜においても依然として最善の行為である ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
最善の事態
   
hope for the best: 最善の事態を望む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 333
最大の努力
   
do one’s best: 最大の努力をする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 97
最大限の利益
   
make the best of sth: 〜から最大限の利益を引き出す ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 7
最良
   
the best day of his life: 人生最良の一日 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 91
at its best: 最良時 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 184
最良の
   
the best way: 最良の方法 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
give the best years of one’s life: 人生最良の歳月を貢ぐ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 48
be best listener: 最良の聞き手をつとめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
至極いい
   
be in one’s best condition: 体の調子もいいようだ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 179
実に
   
be the best cure for headache: 頭痛をいやすには実に妙薬だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 164
若くはない
   
be best to do ...: 〜するに若くはない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 186
周到な
   
the best plans of sb were beaten by ...: (人の)周到な計画が〜のために一敗地にまみれた ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 48
上出来
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 99
精いっぱいのこと
   
the best one can do in the circumstances: 現状でやれる精いっぱいのこと マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 352
精一杯
   
do one’s best: 精一杯やる ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 139
be doing one’s best: 自分なりに精一杯やっている オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 29
精一杯の
   
make the best of a bad situation: 不利な状況に精一杯の対処をする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
精一杯のこと
   
the best one can do: それが〜にできる精一杯のことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
精鋭
   
select the best from ...: 〜から精鋭を選りすぐる マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 265
絶好の
   
the best chance: 絶好のチャンス タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
be a fool to destroy the best chance one have ever had at a second start: 人生をやりなおす絶好の機会を、愚かにも棒に振る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 456
選り抜き中の選り抜き
   
The best I've ever had,: 選り抜き中の選り抜きを揃えたよ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 62
衷心より
   
expressly command best wishes sb: 〜に衷心より敬意を表す マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 380
超一流の
   
the best against the best: 超一流同士がぶつかり合う ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 96
都合のいい
   
the best excuse: 都合のいい口実 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64
得意の
   
Results this season show it's definitely her best distance: 今シーズンの成績を見れば、一マイル半は彼女のいちばん得意の距離だということがはっきりしています ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 248
put together a routine of one’s best sounds: 得意の音をいくつも組み合わせて聞かせる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 401
満点
   
in the best of taste: 趣味も満点 レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 103
無二の
   
sb’s best friend: 無二の友 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 79
   
the best lawyers: 名弁護士 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
名手
   
the best shot ever: 射撃の名手 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 194
唯一の
   
the best time: 唯一のチャンス フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 40
優秀な
   
The best I ever met,: あれは優秀な男だった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 57
the best drawings: 優秀な図画 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 83
有数の
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 95
頼みの
   
last best hope: 最後の頼みの綱 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 256

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with best wishes: 心をこめて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
very best: トップレベルの
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 353
unlikely at best: 逆立ちしたってそれは無理だ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 42
tries one’s best: (人)なりにベストを尽くしていた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 98
the best players: 主軸選手
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 174
the best of times: 楽しい時
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 14
the best and the brightest: 最高傑作
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 65
Sunday best: 一張羅
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 30
single best sth: 〜としては第一人者
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 152
sb know best: (人は)いちばんえらい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
sb’s best efforts: (人の)懸命の努力
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 247
play one’s best cards: 切り札
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 109
one’s best men: (人の)優秀な配下
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 212
one’s best friend: 親友
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
look one’s best: 一分の隙もない姿
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 102
like sb best: (人の)方が好き
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 77
know sb best: (人のことを)世界じゅうのだれよりも熟知している
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
doing the best sb can: 懸命に
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 39
do one’s best: いっしょうけんめい〜する
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 238
do one’s best: きちんとやる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 95
do one’s best: なんとかやってみる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 232
do one’s best: 能う限り
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 64
best things: 生きがい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 275
best students: 勉強のできる奴
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
best schools: 名門校
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 192
best of all: なかでも最高傑作は
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 27
best of all: なによりも
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 429
best of all: 何よりも有難く思っているのは
best friend: 一番の親友
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 253
best friend: 親友
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
best fighter: けんかの強い奴
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
best and brightest: 優秀な人材
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 71
best address: 一等地
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 159
be at one’s best: 絶好調
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 393
be at one’s best: 絶好調だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
be at best: 最高のピッチングをする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
at the best of times: だいたい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 209
at one’s best: さすがは
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 45
at one’s best: 油がのりきったころの
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 256
at it’s best: とりわけ素晴しい
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 147
at best: いくらがんばってみたところで
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 134
at best: いちばん運のよい場合でも
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 134
at best: しょせん
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 80
at best: とにもかくにも
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 21
as best one can: なるべく
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 206
best:<イディオム等>
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 27
all the best: 元気でな
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 418
all the best: 達者でな
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 447
your best bet is sth: (物が)いちばん無難だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 177
with the best refinements of ...: 〜を磨きに磨きぬく
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
will do one’s best to do: できるだけ〜する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 247
when one is a teenager, it is important to look one’s best: いちおうティーンエイジャーだから、あまりみっともない外見にはなりたくない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 292
what does sb do but do one’s best to ...: (人は)〜するじゃありませんか?
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
we can hope for the best: 高望みすればきりがない
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 6
we’ll do our very best: しっかりやろう
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 123
tuna makes the best sashimi: 刺身は鮪が一番なんだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 234
trying to view the situation in the best possible light: できるだけ明るい口調で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 33
try one’s best to do ...: 〜しようと必死
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 79
try as best one can to ...: 〜しようと勘案する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 72
try as best one can ...: 〜をできるかぎりやりくりする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 72
treat oneself to the best: 最高級の物をはずむ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 151
to the best of one’s estimation: (人)の計算だと
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 120
to the best of my knowledge: 誓っていうが
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 7
to all appearances in the best of health: 外見丈夫そうな
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 22
this is not the best time in the world to talk about ...: 〜を今持ち出すのは適当とは言えない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 327
think the best of sb: (人を)信じる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 268
think it best to do: なるべく〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
think best with a pencil in one’s hand: ものを考える時は鉛筆を手に持っていたほうがいい
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 7
think best to do in private: 内々にしておくのがいちばんいいと思う
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 314
there is ever a flaw in the best laid of human plans: 人間のたてた計画は、どんなに綿密でもぬかりはあるものだ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 157
the precious best posterior force application: これまでの最大値
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 253
the nest best thing to ...: 〜につぐもの
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 74
the contrast is best seen when ...: 〜すると対照の妙がきわだつ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 137
the best you could do would be to do: せいぜいやっても、〜する程度のことかな
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 113
the best thing is ...: 〜に越したことはない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
the best tail in the business: 尾行をさせたら右に出るものはいない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 171
the best sth in the world: 世界に冠たる〜
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 159
the best source of information: 依り所となるもの
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 85
the best plans of sb were beaten by ...: (人の)深謀も〜のまえに破れ去った
the best part is that ...: いちばんケッサクなのは〜だ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 14
the best of one’s attention goes to sb: (人の)注意は主に〜に向けられている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 142
the best I ever heard: それまで聞いたこともないほど
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 192
the best damned sth in the world: 世界一すばらしい〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
the best break one had in years: ここ何年もの間になかったほど運がよかったのは
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
that is the best part of hearing sb talk about ...: (人が)してくれる〜の話は最高だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 106
that can best be described as ...: としかいえない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 8
talk to sb in one’s best way: 丁重そのものの口調で語りかける
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 118
sth is the best of all: 〜にまさる宝なし
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
sth is about the best thing in the world: 〜ほどありがたいものはこの世にまたとない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
sincerity is probably the best one can hope for: とにかく誠実さを前面に押し出すしかない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 66
settling for second best: 次善の策として
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
send the very best: 最良の贈り物をする
sb got the best of me: (人には)やられた
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 67
sb’s plan is at best unsophisticated: (人の)計画は少々荒っぽいものだ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 195
save the best for last: いちばんのごちそうを最後にとっておく
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 27
protect the best interests of ...: 〜の利益を護る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
promise one’s best attention: 全力を傾けると約束する
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 146
play the best kind of sax: 抜群のサックスを吹く
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 91
one of the league’s very best pitchers: リーグでも屈指の好投手
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 152
one of the best men in the country: 全米で一、二を争う権威
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 490
one of the best: ああいう人はなかなかいない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 199
one have been the best thing that ever happened to sb: (人に)会えて、ほんとによかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 380
one’s own suspicion has gotten the best of one: (人の)いだいていた猜疑心が抑制する心を上まわる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
now’s the best time to do: こんなチャンスはめったにありません
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 54
not the best thing with blood pressure: 血圧にはあまりよくない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 57
not in the best of health: 健康をいくぶん損なっていたとはいえ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 77
not even at the best of times: どんなに機嫌のよいときでさえ〜しない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
make the best of your way: できるだけ急いで行け
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 20
make the best of it: そこはうまくごまかす
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 333
make the best of a bad situation: 逃げずに自分の不幸と付き合う
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 79
make the best husband: 女房はしあわせだ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 191
like to hope for the best: くよくよするのは俺の柄じゃない
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 130
it would be best to do: 〜に越したことはない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
it was best so: これでよかった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 186
it looks like that’s the best I can do for you: これくらいの〜しか僕にはできないみたいです
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 404
it is the best thing one have ever done: あれは(人の)会心の作だ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 167
it’s the next best thing to do: 〜するよりはマシだ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 319
it’s a crime not to make the best use of whatever ability one has: 人は自分の持っている才能を出来るだけ働かせなくては嘘だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
is that the best you can do?: そんなことしかできないのか
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 245
in the best interest of both children: 双方の子供の今後のことを考えて
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
in one’s best executive voice: せいぜいエグゼクティヴらしい声で
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 129
ignore sb as best one can: (人を)できるだけ見て見ぬふりする
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
have only sb’s best interests: (人の)ためを思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 369
have never been best buddies ...: 〜はどう考えてもいい友人じゃない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 120
have got the best interests of ... at heart: 心底〜のためを思っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 309
have done one’s best at all times to see that ...: 〜ように常々心がけてきた
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 65
have done one’s best according to one’s lights: (人は)(人)なりによくやった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 458
have done one’s best: 己を尽くす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
give of one’s best: 全力を発揮する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 156
get the best of one: 急に爆発する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 327
even feel it is for the best: かえってよかったと思う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 134
doing one’s best to do: 〜せんものと腐心している
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 199
do the best sb can: 目一杯頑張る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 87
do one’s best to suppress any emotion: できるだけ感情を抑える
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 47
do one’s best to outgeek sb: (人を)顔色なからしめる勢いで騒ぎまくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 314
do one’s best to mollify sb: (人を)なだめる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 60
do one’s best to make sure ...: 〜できるように、段取りをつける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 405
do one’s best to get the hair into order: せいいっぱい体裁よく髪をととのえてやる
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
do one’s best to explain that ...: 〜だと躍起になって説明する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 188
do one’s best to ensure that ...: 〜ということを努力する
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 51
do one’s best to do: 〜するべく全力を尽くす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 33
do one’s best to do: あらんかぎりの手を使って、〜しようとする
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 78
do one’s best to do: しゃかりきになって〜する
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 42
do one’s best to do: なんとか〜しようとする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 405
do one’s best to do: 努めて〜することにする
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 83
do one’s best to convince sb: 言葉をつくす
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 84
do one’s best to carry one’s child through a world that ...: 子供をかかえたまま、〜の世界を、なんとかくぐり抜ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 356
do one’s absolute best to ignore sth: (物事は)つとめて考えないようにする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 135
despite sb’s best efforts: ずいぶん手を尽くしてみたのだが
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 428
decide that the best thing for one to do is to do: 〜する方針をとる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 197
best sth in the world: 何といってもこの〜が一番だ
best of all is doing ...: 〜をするとまんざらでもない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
best news at the moment: 目下のもっけの幸い
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 302
best food sb have seen in days: 何日もありついていないごちそう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 54
best AA in the world: 天下一品だよ、このAAばかりは
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 123
be trying one’s best to do: 〜しようとやっきになっている
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 81
be trying one’s best to do: 懸命に〜しようとしている
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
be the best way to kick a cold: 風邪なんか吹っ飛んでしまう
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 105
be the best in ...: 〜にいちばん向いている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 356
be the best for sth: (物事に)打ってつけだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 122
be one’s best single customer: まさに上顧客だ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 41
be one’s best chance: これ以上のチャンスはない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 261
be not the best place to find serious relationship material: まともにつきあえる娘が、〜にはめったにいない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 57
be not in the very best of moods: (人が)いかにもふきげんだ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 43
be not in the best interest of ...: 〜にとって百害あって一利なきもの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 318
be not best pleased: あまりいい気がしない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 99
be doing one’s best to be bad: なんとかいっぱしのワルになろうと頑張る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 410
be doing one’s best: それなりに頑張ってはいる
オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 29
be decked out in one’s Sunday best: 着飾ってやってくる
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 10
be best left alone to enjoy one’s own self-importance: そうしてのさばらしておくより仕方がない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 181
be best in ...: 〜が一番得意
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 248
be best by ...: 〜にしてやられる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 51
be at one’s adventurous best: 冒険家の本領を発揮する
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 226
be at best still in progress: まだ完全というにはほど遠い
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 252
be at best occasional: たまに〜すればいいほうだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
be at best biased: えこひいきもはなはだしい
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 226
be ... at its best: 〜の最良なるものを具現している
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 66
at the hour that sb thinks best: ころあいを見はからって
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 243
at the best of times: いちばん機嫌のいいときだって
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 91
as the best way out of the difficulty: じゃあそんならとばかり
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 66
as the best way out of the difficulty: 急場をしのぐ最善策として
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 72
as best one can: せいいっぱい
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 13
anyone foolish enough to hope for the best: 人事を尽くして天命を待とうとする愚か者
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 60
and hope for the best: 〜して精いっぱいのこととする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 120
always hope for the best: まだ望みはある
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 198
ain’t you just the best old fella?: おまえは世界一かわいい犬だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 279
A is best represented by B: AすなわちBである
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89
... be the best place to find a new love affair: 〜と言えば恋人探しと相場が決まっている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 503
the best advice: 至高の教示
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 166
discuss how best to settle the affair: 後始末のことなど相談する
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 57
and best of all, ...: おまけに〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 368
best alternative: 気分転換にはいちばんいい
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 64
the best and most discreet alternative: 最良かつもっとも慎重な方策
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
But in a big game before a big crowd, he was always at his best: 実際レイノルズは、大試合で大観衆の前に出ると、決まって最高のピッチングをした
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
be at best ambivalent: どうともとれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 182
apply best to ...: 〜に最もよくあてはまる
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 18
the best appointment: 最良の人事
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 378
as best as one can: せいぜい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 451
best aspect of sth: 〜のいちばんいいところ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 407
bust one’s ass to try and do as best one can: なんとかできるだけ〜しようと、心血を注ぐ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
don’t have the best attorneys in town: 申し分のない弁護士を雇っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 496
it is best to be prepared for the worst: 最悪の場合を覚悟するのが一番だ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 64
the best pitcher in baseball: 球界最高のピッチャー
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 190
on one’s best behaviour for ...: 〜をしおらしく迎える
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 230
one of the oldest and best-known luxury shops in ...: 〜でも名高い老舗
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
best-looking:いちばんルックスがいい
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 236
be hardly the world’s best-trained dog: ちゃんとした躾をしなかった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
The scorer was at best biased: スコアラーはえこひいきもはなはだしかった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 226
bloom best most sublimely: いちばん見事にいちばん崇高な花を開く
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 122
do one’s best to bolt to earth: 地下に逃げるのに懸命だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 17
the best break one had in years: ここ何年もの間になかったほど運のよかったのは
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 243
representative of the best of the breed: その道の超一流
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 3
bring out the best sth: ぐんぐんのばす
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 275
anyone’s best buddy: 慕われる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 17
had best be candid now: ここは包みかくさず話すのがいちばんだろう
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 176
be the best candidate in five years: 過去五年間で最高に有望な線
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 118
my best chance: いちばんいい
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 295
figure one’s best chance will be ...: いちばん当たりが大きいのは、〜だと思う
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 386
it will be characterized best by the one word ‘boundless’: 洋々の二字が(人の)前途に棚引いている
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 143
the clothes are from the Sunday-best armoire: 彼らの装いは、一張羅の晴れ着姿である
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 256
no burn scars on his face, at best a conduit for second-hand dope: 顔に火傷の痕はなかった。せいぜい多少はクスリをやった経験があるというところだろう。
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 277
do one’s best to wear congenial expression: 和んだ表情をつくろうとつとめる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 181
an example will best convey the idea of sth: 具体的な例を挙げた方が、(物事は)一番わかりいいだろう
best possible course: 一番いい方法
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 430
the best course is to do: 〜するべきである
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 341
ツイート