× Q 翻訳訳語辞典
next   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜に隣接した
   
next to ...: りんせつした サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 101
〜わきの
   
next to the hall: 玄関わきの 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12

あくる
   
the next morning: あくる朝 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 64
あとは
   
Next he had to learn not to dress too flashy: あとはあまり派手な格好をせぬことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 354
いまから
   
in the next ten seconds: いまから十秒以内に デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
お次
   
guess what comes next: お次はどうなる? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
かたわらの
   
next to ...: 〜のかたわらの 三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 37
このつぎ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
この先
   
the next five years: この先5年間 サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 136
the next few months: この先数か月 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 102
これから先
   
will spend the next XX years of one’s life doing: これから先XX年のあいだ、〜するつもりだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 18
そのあと
   
next come sth: そのあとが〜だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
そのあとから
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 252
その後
   
spend the next twenty years doing ...: その後二十年かけて〜する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
その後の
   
how the next four years would unfold: その後の四年間の動向 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 48
そば
   
next to sth: 〜のそばに 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
そばの
   
sit down next to sth: 〜のそばの椅子にかける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 232
それから
   
for the next two hours: それから2時間 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
<例文なし> 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 293
それからの
   
for the next few years: それからの数年にわたって ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 170
それで
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 182
ついで
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
つぎ
   
have to wait what seems to be forever for the next: つぎがくるまで延々待つ破目になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 508
つぎなる
   
sb’s next stop: (人の)つぎなるねらい目 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 385
つぎに
   
try to figure out the next thing: つぎに何をしようかと知恵をしぼる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
つぎの
   
the next ...: つぎの瞬間、〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 398
the next thing: つぎの瞬間 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 201
move sb up to the next level: つぎのクラスに上げる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
つぎの瞬間
   
the next: つぎの瞬間 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 105
つづいて
   
next one’s appreciation to sb: つづいてお礼申し上げたいのは、(人)です プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 236
つづく
   
next few pitches: つづく二、三球 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
むこう
   
for the next few hours: むこう何時間かは クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
わき
   
next to one’s bed: ベッドわきの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
わきに
   
put one’s head down next to sb: (人の)わきに突っ伏す フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 129

一瞬
   
angles alter from one instant to the next: 角度が一瞬々々に変わる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 91
   
next to ...: 〜の横には ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
   
there is danger in what comes next: この次が危険なところだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 544
the next step will be to do ...: 次はいよいよ〜ということになるだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 227
graduate to the next stage of things: 一つの段階を終えて次に移る フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 198
be next: 次は(人の)番だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
次の
   
the next move: 次の手 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95
次回
   
on one’s next visit: 次回おいでの節は ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 295
周辺に
   
next to ...: (場所の)周辺に ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 82
   
the next guy: (人の)前にすわっている人 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 216
be ambling down the next street: 前方を悠然と歩いている オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 15
続く
   
for each of the next four nights: 続く四夜 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
同様
   
be as impersonal as the next: 手つかずの新品同様 べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 264
二の舞
   
the next Pearl Harbor: 真珠湾の二の舞 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 149
並べる
   
work at desks placed next to each other: 机を並べる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 186
   
the next day, April 1, at noon: 明四月一日正午 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 212
明日の
   
the next sunset: 明日の夕方 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 138
翌年の
   
next season: 翌年のその季節 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 19
   
be in a prominent place next to ...: 〜の隣に晴れがましく並ぶ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 41
隣で
   
sit next to sb doing: (人の)隣で〜する カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
隣に
   
a sanglier hanging next to ...: 隣に吊られたイノシシ メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 278
隣の
   
隣接する
   
the next yard: 隣接する庭 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
   
next to ...: 〜の脇で メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 225
have a table next to ...: 〜の脇が指定席だ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 94

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

what next: 何を言いだすかしれない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 176
the next time ...: 後日
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 288
the next room: むこうのお部屋
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 67
the next plane: いちばん早い飛行機
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 261
the next morning: あくる日の朝
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 183
the next moment: と思うと
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 302
the next day: あくる日
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 150
the man next door: お隣り
next year: 年が明けたら
next to the wall: 壁際に
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 293
next to nothing: 無にひとしい
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 225
next to ...: 〜のそばへ持っていけば
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 76
next to ...: 〜の横手
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 104
next to ...: 肩をならべる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 241
next to: あまり
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 9
next to: 一歩まちがえれば
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 84
next step: あと一歩で
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 209
next day: 明くる日
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 178
July next: 七月になったら
as well as the next person: 人並みの
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 261
with the next thought: 突然ある考えが頭にうかび
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 147
will not return until February of the next year: 帰ってくるのは年が明けて二月、ということになる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 204
when one next opened one’s eyes: 眼がさめると
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 210
what’ll those three rascals be up to next: あの三人はいろいろよくやってくれるからねえ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 16
wait to see what will happen next: 事の成行きを待つ
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 55
this house is the next thing to being condemned: こいつは、幽霊屋敷もいいとこだ
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 86
then the next time: かと思うとつぎは
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 187
the very next instant: そのすぐあとで
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 111
the season next year: 来シーズン
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 396
the patient in the next bed: 相部屋の病人
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 85
the next time one would do everything possible to do: 今度こそは〜するつもりだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
the next thing was,...: たちまちにして
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 194
the next thing one remembers: 気がつくと
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 125
the next thing one know ...: 気がついてみたら〜
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 70
the next thing one know: 気がついてみると
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 124
the next thing one knew ...: 気がついたら〜
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 23
the next thing one knew ...: 気がついたら〜だった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 105
the next one hear, ...: やがて〜という噂を耳にする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 385
the next best thing to ...: 〜につぐもの
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 74
the girl next door: 親しみのもてる娘
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 425
take up residence in the empty field next to ...: 近所の原っぱに巣くっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 9
stand next to one’s suitcases: スーツケースを足下に置く
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 111
sit down next to sb’s legs: (人の)足下に座る
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 331
right next to each other: きちんとそろえて
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 247
park next to ...: 〜とならんでとめてある
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 350
over the next few days: このあと何日か
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 342
outline one’s next steps: 仕事のあらましの段取りをつける
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 67
one minute ..., and the next ...: 〜するかと思うと、こんどは〜
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 206
one day one is in the pen for XX years and the next day one is free: XX年間ずっと鉄格子の中に監禁されてきて、ある日突然自由の身として世間に放り出される
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 453
next to the Macintosh: マッキントッシュの前に
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 284
next to each of sb’s commands: (人の)コマンドごとに
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 37
next thing you know: そして、あっと気がつくと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
it must be worn next to the skin for maximum effect: 肌に密着させるほど効果があがる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
it is next to impossible to do ...: 〜する術はほとんどない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 466
it’s the next best thing to do: 〜するよりはマシだ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 319
in the next room: 襖の向こうで
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 229
in the next couple days: 今日明日中
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 293
I wonder what sb will do next: さあ、あちらがどう出るか見ものだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 58
have next to no toys to play with: ろくにあそぶおもちゃもない
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 31
get next to sb: (人に)近づく
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 278
for the next year: あとあとまで
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 215
for the next couple weeks: むこう二週間
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 49
for the next couple of weeks: それから二週間ばかり
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 211
for next to nothing: あまり稼ぎのよくない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
figure out what to do next: 身のふり方を考える
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 261
everybody had been as short of food as the next man: お互にひどい食生活であった
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 63
each one dottier than the next: おつむの弱いのばっかり
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 136
better be no next time: 二度と〜せんようにしろ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 212
be the next moment obscured by sth: ある時は海藻の間に見え隠れする
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 221
be right next to ...: 〜のすぐそばにある
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 231
be right next door to one: 眼と鼻の先にいる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 247
be next to impossible: ほとんど不可能に近い
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 18
be next to impossible: 夢のまた夢だ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 11
be each plainer than the next: いずれ劣らぬ不器量
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 225
... one day ... the next: きょうは〜あしたは〜
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 276
... and the very next moment: 〜したと思うといきなり
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 70
next reasonably acceptable person who comes along: 次に出会うほどほどの相手
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 44
affluence one day, the gutter the next: 昨日まで贅沢三昧だったのが今日は一文無し
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 245
the next time he would hide too good again: 前回同様、彼は隠れたが最後、絶対に見つからない
have next to attend: 次に謹聴しなければならない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 133
Besides, she's going to Pontocho next spring: それに、ちいちゃんは来年の春から、先斗町へいかはんのどす
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 209
the blank side of the next brick house: 隣りの煉瓦造りの建物ののっぺらぼうな壁
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 231
whiz from one bulletin board to the next: 電子掲示板をつぎつぎとのぞいてみる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 60
in the next breath: そう思う端から
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 294
lose sleep and do not work briskly the next day: 睡眠不足になって翌日の仕事にさしつかえる
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 189
But it makes me wonder what we're going to find next: それにしても、今度はなにがとび出すことかと思う
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 290
the next chapter in this story: 次の一幕
the next science class: この次の理科の時間
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 56
They're going to run a clinic using ultrasound therapy next year: 超音波治療の診察室が来年できる予定なの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 80
clutch greedily toward the next: 次の瞬間に待ちきれずに手を出す
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 100
He collapsed into an easy chair, not quite sure what to expect next: 彼はつぎになにが起こるかもわからないままに、安楽椅子に倒れこんだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 178
come next: 次に控えている
next came the recounting of sexual abuse: そのあとが性的虐待で
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 212
at sb’s next comments: (人が)つぎになにかいうと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
nothing compare to what come next: これの次が圧巻
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 418
She made out like she was concentrating on her next move in the game and all: チェッカーの、次に打つべき手やなんかを、一心に考えてるようなふりをしてんだよ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 124
can stay on a couple of days next week: 来週の初めも二日くらいできる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 328
the next crisis comes: 次ぎのいがみ合いがはじまる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 188
when the next crisis comes: こんどまたいざというとき
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 222
pass the data on to the next: データを次に送る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 276
from one day to the next not expecting too much: 今日も一日、明日も一日と確実に日々を送り、けっして多くを望まない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
I'm ten years older, with smaller digs next door: 彼女より十歳も年長であるわたしのオフィスは、ここの隣りの小さな部屋だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
sit around and dread the next kindred disaster: 次は家族の誰が面倒に引き込まれるのかといちいち心配する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 539
the next introduces farce in grim disguise: 次の瞬間には、とんだ悲喜劇が私を待ちかまえている
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 113
flop down next to sb: どたっと(人の)横に腰をおろす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 147
Parnell got through the inning easily, and the next two innings as well: パーネルはその回と続く二イニングを楽々と抑えてしまった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 17
one’s elderly next-door neighbor: 隣の親父
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 138
Except at the table right next to me: ただ、僕のすぐ隣のテーブルだけが例外で、
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 110
for the next few months: 何ヵ月かのあいだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 17
for the next few days: 今日から当分の間
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 39
what we’re going to find next: 今度はなにがとび出すか
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 290
'Your stop is next' the conductor said firmly: 「つぎですよ」と、車掌がきめつけるようにいった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 101
first thing next morning: 翌朝一番
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
the next day is the first day all over again: 次の日になるとまた同じことをくりかえす
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 23
be recounted from one generation to the next: 親から子へと語り継がれていく
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 5
wait patiently for sb to go on the next thing: (人の)話を辛抱強く聞こうとする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 331
rise to go to the next room: 次の間へ立つ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 63
ツイート