× Q 翻訳訳語辞典
play   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜をして遊ぶ
   
playing pass in the back yard: 裏庭でパスごっこをして遊んでいた スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
〜を弄する
   
play tricks: 術を弄する 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 111

いじる
   
play no instrument: 楽器もいじらない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 11
いっている
   
play a very large role: 大きく物をいっている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 87
うかぶ
   
a thin smile play around sb’s lips: うすい笑いが唇にうかぶ 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 105
うたう
   
play a sentimental tune: 感傷的な歌をうたう フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 67
かなでる
   
the wind plays a long trombone note: 風が長く尾をひくトロンボーンの音色をかなでる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
きめこむ
   
play hooky: サボリをきめこむ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 117
ごっこをする
   
play Murder: 殺人ごっこをする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 74
する
   
play sandlot ball: 草野球をする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 396
たたかわす
   
be going to play ... with sb: (人と)〜をたたかわすつもりらしい ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 131
たわむれる
   
play with dogs: 犬とたわむれる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 115
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 318
つかう
   
play the classic card: 古典的な手を使う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
つかむ
   
play to one’s audience: 聴衆をつかむ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 401
とぼける
   
stop playin: とぼけるな トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
になう
   
play a distinctly negative role in courtship: 求愛行動のなかではっきりと否定的な役割をになっている フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 17
ふざける
   
in a spirit of play: ふざけて O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 145
ぶる
   
play the adults and do sth: 妙に大人ぶって(事を)する 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 20
ぶんちゃか流れる
   
amplified music seems to play throughout the game: ゲームの間じゅうアンプを通した音楽がぶんちゃか流れている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
もてあそぶ
   
play with sb: (人を)もてあそぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
やる
   
play straight: きまじめにやる ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 161
play chicken or the Dozens: どっちが先に手を引くか、挑戦ゲームをやる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
play chicken: キモだめしをやる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 245
know that one have to play this one very carefully and very smart: こいつはよくよく慎重に、よくよくうまくやらなくてはならない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 178
if one played the cards right: うまくやれば クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 10
Can I play too?: おれにもやらせてくれないか クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 542
よぎる
   
play in one’s mind: 頭をよぎる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 128

プレーする
   
team sb don’t want to play on: ともにプレーしたくないチーム トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
プレイする
   
play into the twilight of a career: 選手としてたそがれるまでプレイする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 211
decide one do not want to play: プレイしないと決める プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 44

一番手合わせする
   
want to play: 一番手合わせしろという ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 179
演じてみせる
   
play the role of bright child: 利口な子のふりを演じてみせる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 101
演じる
   
the activity in which one had so recently played a part: きのうまで一役演じていた仕事 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 6
play one’s brave-wife role to the hilt: 健気な妻の役を生き生きと演じる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 20
play Ms. Chief Prosecutor: 審問官の役を演じる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
calmly play the cold-war tourist: 悠然と冷戦観光客の役を演じる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 516
演奏する
   
play stomp-hell rockabilly: 圧倒的な迫力でロカビリーを演奏する フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 182
play beautifully: 美しい音色で演奏する プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
音楽が流れてくる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 185
加減
   
play of light: 光線の加減 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 169
学芸会
   
cast for the Winter Play: 冬の学芸会で劇に出る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 124
楽しむ
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
気どり
   
play detective: 刑事気どり デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 103
気どる
   
play a soldier: 軍人を気どる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 184
起用される
   
play goalie: ゴールキーパーに起用される ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 174
娯しみ
   
work and play: 仕事と娯しみ 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 132
巧みに操る
   
play sb: (だれか)を巧みに操る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 47
仕掛ける
   
play a little trick: ちょっとしたいたずらを仕掛ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
play a funny trick on sb: (人に)いたずらを仕掛ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
chose the wrong person with whom to play mind-games: 心理ゲームを仕掛ける相手をまちがえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
a promise to play a harmless little prank: たわいないいたずらを仕掛ける約束に合意する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
試合に出る
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 300
試合をする
   
play badly: お粗末な試合をする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 40
芝居
   
walk through the play: 芝居をうやむやに流す ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 211
守る
   
play very near second base: セカンド寄りに守る ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 64
守備態勢を敷く
   
play deep: 深い守備態勢を敷く ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 238
手合わせをす
   
play poker: ポーカーの手合わせをする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 103
受け持つ
   
従う
   
play sb’s way: (人の)やり方に従う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
勝負
   
play one on one: 一対一の勝負 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 299
勝負する
   
would not play with sb: (人と)勝負するのはごめんだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 246
play a cutthroat game of Old Maid: 命懸けでババ抜きの勝負をする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 243
勝負事
   
be too young to play: まだちびさんで勝負事はむりです ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 42
吹く
   
can play the French horn with a certain amount of proficiency: フレンチホルンをかなり吹ける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 107
占める
   
play a peculiar role in the area: 町内に独自の地位を占めている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 307
奏でる
   
play a tune upon sth: 曲を奏でる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 40
play a tune on the row of pearl buttons on ...: 〜の上に一列に並んでいる真珠のボタンをメロディを奏でるように押す ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 178
相手にする
   
play sb very soft: (人を)相手にするからには、ことはきわめて慎重を要する エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 64
打つ
   
play left: 左へ打つ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 259
弾く
   
sb’s talented fingers play carol after carol: (人が)見事な指さばきでキャロルを次から次へと弾いていく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333
play ... loudly: 〜を高らかに弾く プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 358
聴く
   
play Johnny Cash records: ジョニー・キャッシュのレコードを聴く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 433
通り抜ける
   
a small smile played on sb’s features: (人の)顔をさざなみのような笑いが通り抜けた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 305
発揮
   
bring sb’s talent into play: (人の)才能を発揮させる ポオ著 中野好夫訳 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』(Murders in the Rue Morgue and other Stories ) p. 77
浮気をする
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 436
扮する
   
play ...: 〜に扮する 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 20
夢中だ
   
play Nintendo: ニンテンドーのテレビゲームに夢中だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 207
鳴らす
   
play some jazz: 少々ジャズを鳴らす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
鳴る
   
radio plays: ラジオが鳴る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 323
play defiantly: (音楽などが)きこえよがしに鳴る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 260
面白
   
in a spirit of play: 面白半分に O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 97
役をやる
   
play ...: 〜の役をやる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 84
遊び
   
play pass: パス遊び スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
遊ぶ
   
would not play with sb anymore: もうお前となんて遊んでやらない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 88
play with oneself: ひとりで遊ぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
利用する
   
play: 利用する トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 160
流される
   
footage plays: 〜場面は流される トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 151
流す
   
play popsongs: ポップソングを流す 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 28
play a recording of a splash on the public address system: あらかじめ録音してあったぼちゃんという水音をスピーカーから流す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
a radio plays country-Western music: ラジオがカントリー・ミュージックを流す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 121
弄す
   
play boardroom politics: 取締役会において駆引を弄している ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 82
泛かぶ
   
a smile is playing at the corners of one’s mouth: (人の)口もとには微笑が泛かんだ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 139
a smile is playing at the corners of one’s mouth: (人の)口元には微笑が泛かぶ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

skillful play: かけひき
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
sb’s eyes play tricks on sb: 眼の狂い
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 146
read the play: 台本の読合せをする
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 104
play your position: 自分の立場をわきまえろ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 302
play with sth: (物を)いじる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 106
play with sb: (人を)あやす
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 56
play to win: やるからには勝て
play to sb: (人に)気に入られる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 224
play the professional: プロフェッショナル然と
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 282
play the part: 一役買う
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 54
play the market: 株をいじくる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 98
play the game: かけひきができる
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 65
play the game: ゲームをつづけろ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 93
play the game: 従う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 311
play the fop: 見た目おしゃれだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 221
play the fool: とぼける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 39
play tape back: テープを再生する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 41
play so important a role: 一役買う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 433
play sb false: (人)を裏切る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
play sb down: (人を)過小扱いする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
play sb along: (人に)調子を合わせる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 298
play referee: 仲裁に入る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 338
play real politics: 真剣に政治と取り組む
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 41
play possum: 狸寝入り
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 381
play outdoors: 野外コンサートをやる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 51
play oneself: 仲間内でやる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 185
play one’s part: (人が)よくやっている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 47
play on sb: (いたずらを)仕掛ける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 357
play on sb: (人を)ペテンにかける
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 198
play old games: ずいぶんお古い手をつかう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 226
play money: タネ銭
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
play infield back: 内野に深い守備態勢を取らせる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 421
play ignorant: 知らぬふりをする
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 263
play house: おままごとする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
play games: 駆け引きをする
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 38
play games: 謎々遊び
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 271
play for time: のらりくらりと言い抜けようとする
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 192
play fair: ずるをしない
play down sth: 〜についてはあまりしゃべらない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 242
play double: 嘘ばかりいってごまかしていやがる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 250
play devil’s advocate: 天邪鬼ぶる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 77
play cloak-and-dagger: 秘密工作に血道をあげる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 133
play center field: センターを守る
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 96
play both ends: 二股かける
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 109
play ball: ボール遊びをする
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 500
play away: 遊び呆ける
安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 160
play around ...: (場所)で活躍する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 115
play along with sb: 同調する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
play along: 口裏をあわせる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 132
play against sb: 〜と対戦する
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 10
play a trick: ひっかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
play ... game: 〜のルールに従って行動する
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 502
lacquered playing floor: ラッカー塗りのコートの床
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 282
don’t play games: とぼけるな
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 316
come into play: 遵守されている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 167
brilliant fielding plays: 見事な守り
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 383
be playing with words: 屁理屈だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 228
be playing hunches: カンで動くしかないんだよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
be playing catch-up: まだよくのみこめない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
be child’s play: 幼稚だ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 9
a grandstand play: 一世一代の大芝居
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 81
you have been playing games with us: いいかげんなことばかり言うんじゃない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 414
will play the male part: 男性の役を買って出る
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 208
will not be playing game: ゲームというものは成立しなくなってしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 370
what is played through feint: 誤魔化しの術
want to play it safe: 事なきを望む
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 215
visualize Morning Glory played just in that key: その演技の基調を「勝利の朝」に生かす
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 190
try to play one’s part properly and never fail to give some kind of opinion: その度ごとにとにかく一人前の口をきく
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 182
to play it safe: 大事をとって
サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 19
there are no end of friends to play with: 遊び相手にも事欠きはしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 141
the insufflator come once more into play: またもや粉吹きが活用される
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 151
the carrying chore of the play: こまごました芝居
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 146
strive and play in ways: あの手この手でがんばって生きる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 253
show unmistakable signs of playing out: はっきりと疲労の色を見せる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 34
shouldn’t play games with sb: (人を)相手にはったりをかませたって駄目だ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 62
quite a scene one play: とんだひと幕
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 326
prepare the horn to play: ホルンの調整
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 350
playing a slow-motion, apathetic game with mud and water: のろのろと無表情に泥をこねくっている
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 69
play with the dog: あの犬にちょっかいを出す
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 268
play war games on ...: 〜の作戦会議をやる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
play up to people: いつでも人の意を迎え、人の気に入られるように振舞う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 210
play truant from ...: 〜をずる休みする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 460
play tribute to ...: 〜をたたえる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 29
play these games before: こういう回想ごっこは身に覚えがある
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 208
play the very deuce with sb: 身の破滅だ
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 29
play the same game on sb: (人に)おなじ手を使う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 278
play the innocent role: 無邪気ぶる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 101
play the game with almost as much vigor and malice as sb: (人に)負けぬほど悪意と殺意のかたまりになってる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
play the first two games even: 最初の二ゲームは引き分けだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 160
play straight by sb: (人には)万事律義にやれ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 227
play sth real close: (事を)ぎりぎりまで延ばす
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 379
play sth over again: 〜を反芻する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 389
play sth down, putting more weight on ...: 〜の方はほどほどにして〜に重きを置く
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 39
play some small part in sending sb to Earth to get sb: (人を)おむかえに(人を)地球におもむかせたのは、それがいくらか影響している
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 91
play Sneaky Pete on sb’s instruction: (人の)指示によって裏でこそこそ策動する
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 155
play smashmouth with ...: (人に)ゴマを擂りまくる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 148
play sb one’s way: (人の)扱いはまかせてもらう
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 404
play sb along all the same: ここは相手に合わせることにする
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 110
play sb’s games ahead of sb: (人の)先手先手を打つ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 22
play rough and tumble ...: 〜にこっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 182
play right into sb’s hands: (人の)手にまんまと乗せられる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 63
play over the river: 川面をなでる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
play out off ...: (〜から)のびる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 50
play out in ...: 〜に表れてくる
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 10
play on the golf team: ゴルフ部に入っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 103
play on flawed humans: 欠点だらけの地球人をもてあそぶ
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 115
play most delicately and insidiously upon the sensibilities of the women: 巧妙にご婦人方の官能をくすぐる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 67
play little part in sb’s repertoire: レパトリーに〜はない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 223
play it close to the vest: 石橋を叩いて渡る
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 62
play it close to the chest: 秘密主義だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 345
play it by ear: でたとこ勝負でいこう
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 308
play into the hands of sb: (人の)思う壷にはまる
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 253
play into sb’s hands: (人の)思うつぼだ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 412
play into sb’s hands: (人の)思う壺に嵌まる
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 106
play hell with ...: 〜して〜に良いわけがない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 466
play God on ...: (場所)で勝手なことをする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 67
play games with us: なめたまねをする
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 103
play games with sb: (人)相手にかけひきをする
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 119
play game with ...: 〜に手を出す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 153
play fair isn’t always a part of sb: (人は)かならずしもものごとをフェアに運ぶ人間でない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 252
play deeper in the hole between short and third: 三遊間を狭める
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 64
play cards for money: 金を賭けるカード・ゲーム
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
play by the book: ルールどおりやる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 293
play burglars or something: 空巣ごっこか何かする
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 152
play briefly with ...: 〜に短期間参加する
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
play ball with sb: (人と)手を組む
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 17
play around with sb: 楽しそうに破目をはずす
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 47
play an elaborate practical joke on sb: 巧妙にしくんだいたずらで(人を)からかう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 264
play along with sb by laughing real loud: おべんちゃらでバカ笑いする
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 14
play a straight game: まっとうな仕事をする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 238
play a straight bat: まっとうにやる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
play a shell game: 神出鬼没を演出する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 52
play a role in the accelerating degradation of ...: 〜の悪化を加速させている
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 4
play a role in sth: 〜に関与する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 11
play a long hand: 気長な作戦にでる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 276
play a little trick: なにか手を使う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 119
play a funny trick on sb: (人に)わるさをはたらく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
play a few hands of ...: 〜の小手調べをする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 190
play a disproportionate role in the fortunes of sb: (人の)命運を不当に左右する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 172
play ... with five cardsharks: 五人の賭博師どもを向こうにまわして勝負をする
play ‘Beat the Clock’: 時計と競争する
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 225
pitcher’s responsibilities on fielding plays: ピッチャーの守備範囲
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 225
one be mad, or playing part: (人は)気が狂ったのだ、さもなければ、これは(人の)お芝居だ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 225
one’s husband’s playing one up: 夫が冷淡だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 261
one’s eyes are playing tricks on one: 眼くらましにでもあっている
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 83
no need to play sneaky-poo: なにもこそこそしなくたっていい
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 121
must not play into the hands of sb: (人の)思う壺にはまっちゃいけない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 32
must have played a role: 一役買っているに違いない
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 121
may play a deep game: おそろしいことをたくらんでいるらしい
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 79
make a spectacular play: ファインプレーを見せる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 256
make a play for sb: (人に)ちょっかいをだす
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 268
like to play just for sb: 聴衆は(人)だけでいい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 164
lifting off one’s hat to give one’s spikes free play: 帽子を軽くヒョイと脱いで、例の忍返し頭を風になびかせる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 296
let sb call the plays: (人の)指示に従う
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 446
let one’s line play out right away: 手ぎわよく竿をくりだす
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 118
know how to play this hand: ぬかりはない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 127
know how to play the surfaces: 見かけをどのようにうまくあしらえばいいか、ちゃんと心得ている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 70
Just play it as it comes: 臨機応変だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 337
it is not a very difficult part to play: そんなことは朝飯前だ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 141
if one play one’s cards right: 上手く立ち回れば
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 83
hunt in play for the sheer joyousness of it: ふざけ半分、面白くて狩りをやる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 101
how sb play the game: 勝負の中身
he will play ball: きっと協力してくれる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 81
have spent most of the day playing with ...: ほとんど一日じゅう〜にかかりっきりになっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 265
have sb in play: (人を)動かす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 129
have already learned to play the hypocrite: 偽善者を気取っている
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 60
go over to ... to play: 〜へ遊びにいく
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 170
go out and play: 浮かれ出る
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 207
go ahead and play ... straight with sb: 〜を逆にうまく利用してやろうと思う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 230
giving one’s fertile fancy free play: 奔逸する連想のおもむくまま
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
get much more play than sb: (人)よりも華やかだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 378
get a good play: 人気がある
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 129
force sb to play out some ... drama: 妙な〜ドラマに無理やり巻き込む
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 210
find someplace to play: ポジションをみつける
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
fear that one’s mind is playing tricks on one: 狂気の心配
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 18
enjoy watching the little drama play itself out: このちょっとした茶番がどういう結末を迎えるか楽しむ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 130
dressed to play baseball: 野球のユニフォーム姿で
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 206
don’t play the innocent: とぼけてるゥ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 17
do, playing AA at one’s own game: お株を奪って逆に〜する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 55
do not play sb’s game: (人の)思うようには行動しない
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 54
can play the piano: ピアノがうまい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 236
blow a play in the field and cost sb a game: 自分のエラーで試合を落とす
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 187
be unwilling to play for either side: どちらの側にも属したくない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 189
be really looking forward to some serious playing: いよいよ本格的に遊びまくろう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 37
be playing ... the usual tough first half: 試合の前半で、いつもどおり苦戦している
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
be played under ... rules: 〜のルールで動いている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 54
be played for keeps: 本気でたたかわされる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 407
be not scheduled to play: 試合が組まれていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 277
almost never allow to play outside: 滅多に外へ出してもらえない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 49
all eager to play: やる気満々のところを見せる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
a tender half-smile plays at the corners of sb’s mouth: かすかなこわばった笑みがその口辺をよぎる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 409
a smile playing on one’s lips: その口もとに微かな笑いが浮かんでいる
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 103
a shit play turns into clover: 瓢箪から駒
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 188
a dangerous man to play games of that sort with: そんな芝居を打つのには悪い相手
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 190
... be the game to play: ゲームはこれで行くことにする
play the harp with effortless abandon: 自由自在に竪琴をひく
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 123
be accustomed to play here always as one please: いつもここで遊ぶ癖がついている
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 57
come to play for the afternoon, and for tea: 放課後とかお茶の時間とかに遊びにくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
equal amount of play money: 〜と同額のタネ銭
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
do not have another card to play: それ以外に手はない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 231
play one’s role of appeaser: 調子を合わせるのは(人の)役割である
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 26
this play upon words is appreciated: この言葉遊びが理解される
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 137
play Aunt Sally at the fair: 当て馬だ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 44
play the best kind of sax: 抜群のサックスを吹く
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 91
play one’s best cards: 切り札
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 109
play by the book: セオリー通り
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 425
play “brilliant”: 「機知」に富んだ演技をする
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 26
play one’s hand brilliantly: 腕は見事だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 61
I'd bring that option into play: 選択権を導入したいと思いますね
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 308
play silly buggers: 厭味合戦をする
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 127
you could play: お前はまともなプレーができた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 478
Not exactly fair, but I didn't have another card to play: フェアな展開ではないが、それ以外に手はなかった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 231
play cat and mouse with ...: 〜と鬼ごっこをする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 210
play chess: 碁をうつ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 11
play the wrong compositions at practices: 練習にはあまりふさわしくない曲を吹く
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 347
play a good counterpoint to the coward innuendo sb is inspired: (人が)臆病者と揶揄されることへの絶好の反撃材料となる
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 137
play something halfway decent: 半分くずれた演奏
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 137
be denied the outlet, through play of one’s energies: 遊びによる精力のはけ口をふさがれる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 127
play any role in determing sb’s fate: (人の)運命を決する役割を果たす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
play devil’s advocate: 逆らって、挑発してみる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 157cast
ツイート