× Q 翻訳訳語辞典
XX   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

it is XX o’clock before one is able to do: XX時頃になって漸く〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 117
about $XX-YY: XXドルからYYドルといったところ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 14
be about XX years old: 歳はXX前後だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
it is only XX days after ... that ...: 〜してXX日と経たないうちに〜する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
no man before one and no man after one until sb, XX years later, did: その前にもあとにもXX年後に(人が)登場するまで〜した人間はいなかった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 48
after XX years I think I can wait for a few more minutes: XX年間も待ったんですから、あと数分ぐらい待てないわけはありません
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 168
it is at the age of XX that ...: XXといえば、〜する頃です
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
live up to all these agreements for XX months: それらのルールを遵守してXXか月を送る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
fire all XX bullets back through the door: ドアの内側からありったけのXX発を撃ち返す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 40
spent XX years getting sth all set up: ここまで持ってくるのにXX年かけた
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 308
all XX men fall silent: しばらく沈黙が落ちる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 394
all XX: XX人とも
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 269
it takes another XX hours: さらにXX時間たつ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 265
in XX years or more as a novelist: XX年以上にわたる作家生活のなかで
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 10
attract about XX people for ...: 〜にXXくらいの人々が集まる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
bang along at XX miles an hour: 小刻みに揺れながら時速XXマイルで走る
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 555
have been in one’s new place for XX weeks: そこに移ってXX週間たっている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 210
after XX years of being married to sb: XX年一緒に夫婦として生活を共にしたあとで
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 297
In the back seat of XX was sb, his “bear,”: XXの後部座席には、彼の“熊公”(後席手の俗称)、(人が)乗っている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
count off XX crisp bills: ぱりぱりの紙幣XX枚を数える
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 322
drink XX bottles a day: 一日にXX本空ける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 220
by the age of XX: XXになれば
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 204
capture XX percent of the market: XXパーセントを占める
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 54
Unfortunately XXX was the center of the brewing industry: いかんせんXXXは醸造業の本場であった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 90
have been a colleague for XX years: (人と)XX年間一緒の職場で働いてきた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 299
come XX miles to do: 〜するためにわざわざXXマイルも旅してここまでやってくる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 71
cannot cover a sum as small as $XX: わずかXXドルのはした金も手当できない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 16
work for XX years as the pop music critic: XX年間にわたってポップ・ミュージックの批評を受け持つ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 547
in the period of a single week one come home past one’s parents’ curfew on XX occasions: 一週間のうちXX回も門限を破る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
one day one is in the pen for XX years and the next day one is free: XX年間ずっと鉄格子の中に監禁されてきて、ある日突然自由の身として世間に放り出される
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 453
one day in early November 19XX: 19XX年の十一月の初め
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 465
one day in early 19XX: 19XX年の初めに
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
watched this footage back in the daze and fury of 19XX: 同じ場面を19XX年に、混乱し、怒りを感じながら見た
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 553
deserve XX days: XX日も食らいこむ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 36
on XX different occasions: XX回にわたって
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 293
XXX’s face was a study in dismay.: XXXの顔は、当惑と狼狽を絵に描いたような表情を浮かべていた。
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
be XX and still full of doubts: XX歳になってもまだ迷っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 94
XXX was still doubtful: XXXはまだふしん気だ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 146
drain after being on one’s feet for XX hours: XX時間立ちっぱなしで仕事をして、汗でぐっしょりになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
drive for XX hours at speed: とばしてXX時間かかる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 468
during the spring through autumn of 19XX: 19XX年の春から秋にかけて
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
XX are enough to live on for a while in the early 1960s: 一九六〇年代には、XXだけあれば、当座は不足なく暮らしていける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 365
at the end of 19XX: 19XX年の暮れに
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 333
a fellow native of XX City: XXシティの同郷人
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 9
have been friends for over XX years: (人とは)もうXX年以上のつき合いである
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 7
have that fucked-up XX years of one’s life: XX年間地獄のような苦しみをなめる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 399
it’s fully XX years since ...: 〜してからまるXX年たつ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 377
gimme XX minutes: XX分だけ待ってて
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 157
have spent XX year without giving ... much thought: 過去XX年の間いまだかって〜に屈託した覚がない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 157
no more than XX minutes went by, before ...: 〜分もたたねえうちに〜
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 51
have now gone on for XX months: 〜がXXカ月に及ぶ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 128
go XX out: 〜ほど沖へでる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
get up and is gone for XX minutes: 席を離れ、XX分ほど戻ってこない
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 83
Could he have guessed the word “XXX”?: XXXなどというパスワードがあてずっぽうで思いうかぶものだろうか?
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 161
I always had a guide named XX: ずっと案内役をつとめてくれていたXXさん
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 60
get one’s hand on XX: XXの金を作る
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 142
have XX helpings of ...: (物を)XX杯かえてもらう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 86
have XX witnesses to sth: 〜の証人XX人を確保する
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 478
have only XX weeks in which to do: XX週間のうちに〜しなくてはならない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 142
it’s been XX years since I heard from sb: (人)なら、もうXX年近く音信不通です
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 499
have not heard that name in XX years: その名前を聞いたのはXX年ぶりだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 510
never higher than XX feet: 高度はXXフィートを瞬時も超えない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 9
XXX’s steadily improving state of mind confirmed his opinion: 精神状態がこのところ着実に回復しているのを見ても、その見立てがまちがっているとは思えない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 83
While XXX waited for his heel to improve: 脚の回復を待っていたXXXには
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 210
in under XX minutes: XX分とたたないうちに
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 153
in about XX minutes: XX分ほどしたら
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 118
a block about XX inches square: 一個が縦横約XXインチ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 8
XX was incomparably the most efficient--indeed the only efficient--radar ship in the world: XXこそは世界でもっとも優秀な、いな、優秀とよぶなら唯一のレーダー装備艦だと信じていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 235
XX had indeed been an insider of the cabinet: XXこそは、内閣の内部にあって、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 169
Indeed, XXX was often asked in YYY: じっさい、〈エイブス・フィッシュ・アンド・ストリーム〉にいると、ヌードルスはよくたずねられたものだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 360
Indeed, XXX reported afterward that ...: じつの話、XXXがのちに語ったところによると...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
XX permitted himself the greatest liberties with both -- indeed, with all: どちらの場合にも——早い話が、出てくる女性すべてに対して——XXはいかんなく好色ぶりを発揮した
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 58
Indeed, the best part of working at XXX was ...: 打ち明けた話、...のなかで仕事ができるのがXXXのいいところだ。
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 23
And indeed XXX was a bit odd: XXXは兎も角、少し変わっていた
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 16
sb’s influential XXXX book A: (人が)XXXX年に発表して話題を呼んだ著書A
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 66
be XX years sb’s junior: (人より)XX歳年下だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54
have known sb for XX years: XX年来の顔見知りである(人)
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 390
trip have lasted only XX days but ...: XX日間の旅なのに
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 189pay
ツイート