× Q 翻訳訳語辞典
everybody   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜は例外なく
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 129

あらゆる人たち
   
make everybody crap in one’s boots: ほかのあらゆる人たちを怖がらせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 295
だれ
   
have everybody’s number: だれのやり口でもわかる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 162
だれかれに
   
everybody owns sb: だれかれに手なづけられている ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 107
だれにも
   
everybody gets a creeping chill from something: だれにもおぞけをふるうものがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 397
だれもかれも
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 100
だれもかれもが
   
He was a normal-looking kid (but in Korea everybody is normal looking): いかにもその辺にいそうな少年だった(韓国では、だれもかれもがその辺にいそうな人に見えるのだけれど) オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 138
どいつもこいつも
   
Everybody was all dressed up, because it was Sunday, and that made it worse: 日曜日だというんで、どいつもこいつもめかしこんでるもんだから、なおいけない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 180
みんな
   
everybody will know: みんなにバレちゃうわ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 310
be on everybody’s mind: みんな何かといえば〜 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 201
めいめい
   
everybody suggest a name: めいめい一つずつ名前を出す ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 150

   
have come to doubt everybody: 人を疑りつけている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 83
人にはそれぞれ
   
everybody has some secret goals in life: 人にはそれぞれひそかな人生の目標がある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 83
全員
   
whale the shit out of everybody all the time: のべつまくなく一家全員を叩きのめす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 261
Jay Horwitz had given everybody a fact sheet about Sidd: シドに関するデータは、ジェイ・ホーウィッツから全員に配られていた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 223
everybody involved feels bad about the whole deal: 居合わせた全員が後味の悪い思いをする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
相手
   
have voices for everybody: 相手により使い分ける声の持ち主だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
誰しも
   
everybody believes that ...: 〜という気持ちを誰しも持っている 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 36
By that time, everybody was taking care what they said in front of others: もうそのころには、誰しも人前へ出たときには言葉に気をつけるようになっておりました 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 67
誰も彼もが
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 286
誰彼となく
   
yell at everybody around one: まわりにいる人々に誰彼となく毒づく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 435
猫も杓子も
   
that’s everybody’s game these days: 当節猫も杓子もそれですよ イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 266
万人
   
traffic laws are for everybody: 交通法規とは万人に適用されるものである スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 310
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 355

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

on everybody’s behalf: 総代で
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 194
not tell everybody: 人知れず
invite simply everybody: 人をだれかれなく招待する
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 135
everybody is posturing: 事態は一変する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
everybody in baseball: 野球関係者
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 39
to save hell for everybody: 面倒を起こさないために
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 292
the phrases everybody used during the war: 戦争中に通用していた定まり文句
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 275
tell sb right out before everybody: 衆人環視のなかで素っぱぬく
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 218
pass out cigars to everybody in sight: 人々に葉巻を配る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 135
out of everybody’s hair: だれにもめんどうをかけることなく
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 186
make oneself especially nice to everybody in the district: 町内づきあいに気をつかう
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 16
let everybody struggle to do ...: 〜したい者はすべからく先をあらそって格闘すべし
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
go and find everybody who ...: 〜人を探して片っ端から会ってみる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 386
get to ... ahead of everybody else: 〜で他社を制しなければならず
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
everybody sees that ...: 〜というのは誰の目にも明らかだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 215
everybody has seen dozens: どこにでもあるやつだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 342
everybody had been as short of food as the next man: お互にひどい食生活であった
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 63
everybody assume sb need only do: 〜して当り前とされる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 371
do ... to support everybody in ...: (場所)で〜の職に就いて生計を立てる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 96
be becoming as crazy as everybody else in this damn family: このとんでもない家族の中で、(人)まで頭のたがが外れかけている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 387
after all, what was the hurry and why wake everybody up?: いまさらいそぐ必要もなし、安眠妨害でしかない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 166
analyze everybody: 一人一人を吟味する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 156
everybody automatically seemed to think things would get much worse: だれもが短絡的に、これはもっと大事になると思ったみたい
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 196
everybody conjecture that sb perished last night: ゆうべ行き倒れになってしまったものと誰もが思う
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 45
a cut above everybody else: だれよりも一段上にいる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 182
let everybody do what they like with sth: (物は)各自の自由にまかせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
everybody else as well: その場のだれしも
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
everybody else ..., me ...: 人が〜するときに、私だけは〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 105
exhort everybody right and left: 誰にでも手あたりしだいに説教する
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 41
the eyes of everybody shift toward one: 全員の視線がいっせいにこっちに向けられる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
fuck-everybody-I’m-the-best routine: みんな糞くらえ、おれだけが最高だ、というやりくち
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 72
hate everybody who comes in looking as if ...: 〜の様子をした(人が)入って来るたんびに憎悪を燃やす
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 290
get to hate everybody in the world: 世の中の人間がみんないやになる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 220
everybody’s always pushing and moving: 全員がいつも動きまわっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 283
He hated everybody's guts, damn near: ストラドレーターに限らず、誰でも腹のすわった男のことはきらってた、みたいだな、奴さん
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 34
sb’s good looks are really quite remarkable; everybody notices them: (人の)顔つきの奇麗なことときたら、だれだって目を瞠(みは)るほどだから
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 99
And once this was a police matter, everybody would be posturing: そして、いったん警察が介入したら最後、事態は一変する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 118
with a perversity of a crowd, everybody ...: 群衆の意地悪さを発揮して、だれもが・・・
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 31
everybody is saying I’m sure to be ...: 〜になるというもっぱらの評判だ
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 61
He maintained stoutly to everybody who asked that he hated this,: いやだろ、そんな授業? こんなふうにたずねる人に会っても、ブライアンは平然とした態度を崩さないようにしていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 24
it’s not everybody’s cup of tea: そんなことは、皆さん方には用のないことだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 71
ツイート