× Q 翻訳訳語辞典
would   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ことがあった
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
〜しかねない
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
〜しないでいられるものか
   
would do it if it killed one: たとえ命をなくそうともそうしないでいられるものか ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 89
〜するさ
   
would work there for free: (人)なら無料でもはたらくさ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
〜するのが筋だ
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 28
〜せずにはいられない
   
to hear ..., one would think that ...: 〜を聞くと、〜と思わずにはいられない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 218
〜できる勘定だ
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
〜筈である
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 168
(〜した)もんだ
   
would actually bow to sb: おじぎさえしたもんだ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 297

いいと思う
   
would be at it far into the night: 夜なべ仕事になってもいいと思う ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 113
きまっている
   
it would be sth: 〜にきまっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 185
さぞ〜したことだろう
   
would have cheered: さぞ喝采したことだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
しかねない
   
would have a hard time staying in the sky: 墜落しかねない バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 43
しそうである
   
would do: 〜しそうである 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
たい
   
would like to do: (〜すること)を要請したい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 400
とうてい〜まい
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 275
どうしても
   
would never remember: どうしても思い出せない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
どうやら
   
I would say that ...: どうやら〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
はずである
   
would have done: 〜したはずである メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 96
まさか〜する
   
What he didn't know is that we would be at the deceased's house that early: まさかおれたちがあんなに早くあの家に駆けつけようとは、予想もしていなかったんだよ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 242

気がする
   
would be ・・・: 〜のような気がする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
思います
   
it would not have been possible to do: 〜は不可能だったと思います クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 286
辞さない
   
would wreck sth: 〜の壊滅も辞さない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
常だ
   
which both parties would later deny: 双方とも後になって噂を否定するのが常だ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 230
訊かれれば〜だ
   
would say ...: 訊かれれば〜と答えただろう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
当然だ
   
would want to do: 〜しようとするのは当然だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
必ず〜する
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 286
迷わず〜する
   
would back sb: 〜に迷わず一票を投じる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 105
予測
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wouldn’t want sb to do: いいのよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
wouldn’t leave: 頑としてうごこうとしない
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 263
wouldn’t do: 〜はずがない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 122
would usually do: たいてい〜するのが常だった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 5
would say ...: 〜と言うとこだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 104
would rather do: (人が)〜するって人だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 276
would not do: 〜してくれない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
would not do: 〜するまでのことはない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 201
would not do: 〜するものか
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 279
would not do: うんと言わない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 200
would not do: どうしても〜しようとしない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 237
would not budge: しらばくれる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 72
would not ...: 〜するつもりもない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
would not ...: どうしても〜しなかった
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 120
would do: 〜することがよくあった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 285
would do: 〜なら、〜したいところである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 267
would do: いつも〜する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 157
would do: しょっちゅう〜していた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 41
would be ...: きっと〜するさ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 101
would always say: いつも言う
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 11
sb would: やりそうなことだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 305
I would say that ...: 〜ですね
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 308
I really would: 実際そうしたいとこだけど
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 244
I’d like to ask one’s forgiveness: 許してね
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 251
you wouldn’t think that ..., would you?: 〜ということもあるまい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 383
you wouldn’t like to do, would you?: ねえ、〜しない?
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 151
you wouldn’t happen to have been in ...?: ひょっとして、〜に入ったことはないだろうな?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
you would find yourself doing ... if you did ...: いっとくが〜したら〜することになる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 288
wouldn’t want sb to leave sth: ずっと〜してていいのよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
wouldn’t want sb to do: 〜しなくていい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
wouldn’t want sb to do: (人に)そんなことをしてもらうわけにはいかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
wouldn’t walk away from the chance to do: 〜するチャンスをむざむざふいにするはずがない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 306
wouldn’t give any actual ground: 譲歩のきざしはまったくない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 223
would you like to ...: どうです、〜しませんか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 94
would you like me to do ... ?: 〜しましょうか?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 249
would you like ...: 〜したほうがいいのかな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
would you care to have a look?: お見せしましょう
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 419
would you care for some champagne?: きみもシャンペンをすこしどうだ?
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 221
would you call this ...?: これを〜と呼べるだろうか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 259
would sb consider that ...: どうだろう〜してくれないか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
would read this report with consistent pleasure: この所見書を折りにふれて読み返しては、喜びに浸る
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 152
would rather do than do: 〜するのは好いが〜はかえって厭だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 57
would rather die than do: 〜するくらいなら死んだほうがましだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 18
would not want to do: 〜するのは気がひける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 120
would not say one believe sb: (人を)信じる気はさらさらない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 159
would not play with sb: (人と)勝負するのはごめんだ
would not have such another walk for the three kingdoms: 全国残らずやるといっても二度とあんなにして歩くことはまっぴらじゃ
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 51
would not have done: (人)には〜しようがない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 164
would not do it: どうしてもうんといわない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 264
would not be ignored: 切り捨てて済むものではない
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 73
would nearly kill sb: (人を)危うく殺しかける
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 279
would like to do: 〜してみたい
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 50
would just as well do: (〜する)ほうがいいでしょう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 15
would insist that ...: 〜というのが口癖だった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 307
would hazard for sb, without a moment’s demur: 一瞬のためらいもなしに、喜んで賭けることも辞さない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
would have turned heads: 思わずふりかえってしまう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
would have much preferred to do ...: ほんとうは〜したかった
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 384
would end up ...: やがて〜になってしまう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 261
would do well to do: 〜するほうがいい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
would do for ...: 〜だけでも〜してふしぎはない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
would do better doing: いい結果が出る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
would be smart to forget about it if ...: よしたほうがいいです
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 32
would be in a hell of a mess if ...: ・・しても困る
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 61
would be far, far, worse: 較べものにならないほど、ひどい結果になる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
would be best of all: 〜だったら言うことありませんが
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 322
would ask you to do: 〜してほしいといいたいところだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
who wouldn’t do ...?: 〜しないやつがいると思うかい?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
who would think that ...?: まさか、〜とは誰も思っていなかった
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 309
who would have thought ...: それにしても〜とはなあ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 368
that would seem to be the case: そういうことも考えられる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 422
talk about should-haves and would-haves: たらればの話をする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
sometimes it would help: 時によっては、〜でけっこう励まされていた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 569
personally would encourage you to do: 私としては〜をお奨めしたいのだが
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 247
perhaps you would let me explain: 説明してもかまいませんか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 375
other times, one would do: 〜したりもした
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
one would think that there is no one in the room: 部屋が人気のないようだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 230
one would have to get the job done: 断じてやりとげなくてはならない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
nobody would ever do: 〜するのはまっぴらごめんというだろう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 37
nobody would believe ...: 〜とは、だれも信じないにきまっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 220
never thought one would grow up to do: まさかこんなことする羽目になるなんて考えもつかなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
it would appear that ...: 〜しているんじゃありませんか
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
in the past one would have done: 昔の(人)なら〜したかもしれない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 165
if they wouldn’t willingly fall in with us as recruits: もしそいつらが補充兵としてわが隊に加わることを拒否したときには
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 200
if sb had not been involved, one would surely have done: もし相手が(人)でなかったならばどんなに〜したかわからない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 237
I would say that ...: 〜というか
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 470
I would say sb could make ...: (人は)〜になれるよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
I would never say ...: 〜なんてだれもいってやしないわよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 269
I would like to do: 〜したい気持はやまやまだ
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 340
I would be most grateful if ...: 〜だと、すごくうれしいんだけど
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 178
I think I would do: なんというか〜っていう気がする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 291
I’d rather you view sth yourself: なにとぞ御自分の目でお確かめ頂きたく存じます
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
I’d prefer not to: やめといたほうがいいと思ってね
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 37
I’d like you to come down to the station: 署までご足労願いたいのですが
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 93
I‘d love to but I just don’t have time: そんな暇はないの
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 35
how sb would like to do: ああ〜してみたい
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 64
half thinking that one would do: 〜じゃないかと半ばおびえながら
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 201
ask sb if sb will do ...: もしいやでなかったら〜してもらえないだろうか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
any ... would do: 〜でいっこうにかまわない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 44
A would not be mistaken for B: AがBでないことは確かだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
... or I wouldn’t be answering the phone: でなきゃ電話に出るわけないでしょ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 210
would have been abject: 目もあてられぬことになっていただろう
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 150
say that one would not be able to do: 〜するといけないという
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
would still have been absurdly early: 指定の時間よりずっと早く着いただろう
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 147
would not have been accepted: 〜が危うく跳ね付けられようとした
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 67
what would that exercise accomplish?: 〜していったい何が得られるだろう?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
would be acknowledged in ...: 〜のなかで触れられることになっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 280
I would add that ...: だがそれなら〜といってもいいだろう
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 11
I would be the first to admit that ...: 〜ことを認めるにやぶさかではありません
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 421
it would not advance our cause to do: 〜するのはわれわれの目的にとってマイナスだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 84
would never give you bad advice: 決して悪いことは云わな言わない
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 8
would like advice: 相談にのってもらいたい
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 97
my advice would be that ...: わたしにいわせれば・・・
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 305
would not be a rapid affair: 少し時間がかかるかもしれない
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 13
would not be afraid to trust sb in anything: 何をやらせても任せておける
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 356
be afraid something like that would happen: こんなことになるんじゃないかと心配する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 153
And Kojuro would actually bow to him again: 小十郎はそう云いながら改めておじぎさえしたもんだ
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 297
the next time he would hide too good again: 前回同様、彼は隠れたが最後、絶対に見つからない
would never be seen again: これが今生の別れになる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 146
would have to begin again: これですべてが水の泡だ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 113
would have no show against sb: ( 人に)かかっちゃ、〜など、目もあてられやしないだろう
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 258
in another age one would have been ...: 世が世なら、さしずめ〜というところだろう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 102
age would seem as silly on sb as ...: (人の顔)の上に年輪を重ねてみるのは〜と同じくらいばかげている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 61
Batts and Parnell would quickly agree: すかざずバッツとパーネルがうなずく
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 51
At the end of the ritual I would usually agree to do what had been suggested: それでもこうした儀式の終盤にさしかかると、わたしは彼らのもちかけてきた話を承諾するのが常だった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
They agreed that Toby would come over within the hour: 一時間以内にトビーをよこすということで話がまとまった
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 125
be willing to agree to any arrangement which would enable one to do: どんな条件でも〜出来れば好い位に考える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 153
He breathed deeply of the early-evening air, hoping it would help: すこしはマシな気分になるかと考え、アランは夕暮れどきの外気を胸いっぱいに吸いこんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
if one did, one would be more alarmed: 〜するほうが不自然なぐらいだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
imagine how alarmed this would make sb: (人は)その時どんなに驚愕し恐怖するだろうと思う
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 172
I would stand there and watch all of this: わたしはその場にいて、一部始終を見ていました
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 187
if sb liked something, all would: 〜がいいと言えば、全員それに従う
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 261
would be no trouble at all: わけありません
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
that would be no trouble at all: お安いご用
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 143
one knew that it would be all right to kiss her: そう言われたときには、何も言わずに女の唇に触れればいいことを知っていた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 44
if one could just do, one would be all right: 〜すればそれでよかった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 141
if only one would allow oneself to think in such terms: そういう目で見れば
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 268
would have got the same result in almost any library: どこの図書館でも似たやうなものだつたらう
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 26
とにかく人を焦らすような女であった: Altogether she was what you would have called provoking
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 95
there would always be a welcome for those ...: 〜にはつねに歓迎が用意されている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 210
would always do: よく〜する
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 104
would always be true to sb: 心変わりはしない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 105
as one always would: 例によって
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 214
would ever amaze one: 〜はいつも(人に)新鮮な驚きを与える
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
among the echoes then, there would arise ...: しかもそんな時、決って反響の中に混って聞えてくるのは〜だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 50
would be among the first to do: 一刻も早く〜したい
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 31
this would amount to ...: いいかえれば、〜である
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 100
it would be amusing to see if ...: 〜かどうかやってみるのも一興だ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 248
would simply smile and say ...: 〜とにやにやしながら言うばかりである
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 76
and what would ... do: さあ、そうなったら、〜はどうするだろうか
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240
and then who would care?: そうなればこっちのものだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 29
sb’s souls would have been in anguish: 恨みはいつまでも尽きないことだろう
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 106
he feared it would be another humiliating defeat: 正直、また惨敗だろうと思っていた
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 190
one would like another room: 部屋を変えてもらいたい
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 190
would not stay another day: もう一日だっているものか
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 227
said that the answer to sb would be to have him solidly plunked in the ribs with a pitch: あばらめがけてしたたかにボールをぶつけてやるのが返礼になるといった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 310
one’s broken voice would scarcely answer to one’s call: 声はとぎれとぎれで、なかなか思うように出なかった
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 137
would be worms’ meat any day: もうじき死んで蛆の餌になる身だ
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 217
look as though one would burst into tears any minute: いまにも泣きだしてしまいそうな顔をする
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 18
know that to make any more noise would be death: それ以上余計なことを言っては命がないと悟る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 427
it would never go any further than that: それ以上のことはない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
do not think it would make any difference: そうなったところで状況にさほど差はない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 162
I would give anything to look like you: 私、あなたみたいになりたいわ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
a company whose name anyone would recognize: 世間の人がみな名前を知っている一流会社
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 168
would not tell a story for anything: こんりんざいつくり話なんかする人じゃない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 241
would give anything to see ...: 〜を一目でも見られたら、もう何もいらない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 97
one would wake up anyway: いやでも目は覚める
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 163
It would've come apart anyway,: でも、どう転んでもあれはコケてたな
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 16
I can see why it would appeal to you: いかにもきみの気に入りそうなものだ
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 118
the warrants would appear: 捜査令状がわいて出ることだろう
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 66
in time an opening would appear: いつかはかならず突破口が開ける
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 69
nobody you’d know would ever appear: 知っている人に会う恐れがまったくない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 34
sb would not be appeased: (人の)霊もうかばれない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 177
assure sb that sb’s application would get every consideration: (人の)〜志望に対する十二分の配慮を約束する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
would appreciate doing: 〜いただきたい
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 46
appreciate that sb would want to do ...: 〜したいという(人の)気持ちがよくわかる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 155
would so avoid the possibility of approaching sb: (人を)極力避けるようになる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 135
would be appropriate: 宿題の答になりそうな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 78
sb would have approved: (人にも)異論はないだろう
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 18
would not approve of sb’s presence: (人の)顔を見たらいい顔をしないだろう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 232
sb would approve if ...: 〜では(人に)申し開きが立たない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 14
would not argue with this: 無理強いはしない
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 274
I would argue that ...: 〜と私は考えている
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 8
would have torn sb out of the breast of an army: 敵は幾万あろうとも、もちろん奪いとってきたに違いない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
would just as soon settle for ...: 〜なら、まだ話はわかる
looking at sb as ..., you would have been hard-put to tell if sb ... or ...: 〜しようとする(人の)姿を眼にした人は、容易に見分けがつかなかったはずだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
feel as though one’s chest would burst: 胸が引裂ける思いだ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 283
do not bother oneself with sth, as sb have obviously expected sb would: (人の)期待とは裏腹に〜などものともしない
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 633
do as one said one would do: 言葉どおりにちゃんと〜する
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 305
as sb would tell you: (人の)例が語るように
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
it would please me better to be asked: ぜひにと頼まれるほうが、気分はいい
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 122
ask sb if sb would care for ...: (人に)〜を頼む
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 316demand
ツイート