× Q 翻訳訳語辞典
would   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜ことがあった
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
〜しかねない
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
〜しないでいられるものか
   
would do it if it killed one: たとえ命をなくそうともそうしないでいられるものか ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 89
〜するさ
   
would work there for free: (人)なら無料でもはたらくさ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
〜するのが筋だ
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 28
〜せずにはいられない
   
to hear ..., one would think that ...: 〜を聞くと、〜と思わずにはいられない メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 218
〜できる勘定だ
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
〜筈である
   
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 168
(〜した)もんだ
   
would actually bow to sb: おじぎさえしたもんだ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 297

いいと思う
   
would be at it far into the night: 夜なべ仕事になってもいいと思う ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 113
きまっている
   
it would be sth: 〜にきまっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 185
さぞ〜したことだろう
   
would have cheered: さぞ喝采したことだろう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
しかねない
   
would have a hard time staying in the sky: 墜落しかねない バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 43
しそうである
   
would do: 〜しそうである 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
たい
   
would like to do: (〜すること)を要請したい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 400
とうてい〜まい
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 275
どうしても
   
would never remember: どうしても思い出せない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 249
どうやら
   
I would say that ...: どうやら〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 222
はずである
   
would have done: 〜したはずである メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 96
まさか〜する
   
What he didn't know is that we would be at the deceased's house that early: まさかおれたちがあんなに早くあの家に駆けつけようとは、予想もしていなかったんだよ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 242

気がする
   
would be ・・・: 〜のような気がする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
思います
   
it would not have been possible to do: 〜は不可能だったと思います クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 286
辞さない
   
would wreck sth: 〜の壊滅も辞さない ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 34
常だ
   
which both parties would later deny: 双方とも後になって噂を否定するのが常だ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 230
訊かれれば〜だ
   
would say ...: 訊かれれば〜と答えただろう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 116
当然だ
   
would want to do: 〜しようとするのは当然だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 119
必ず〜する
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 286
迷わず〜する
   
would back sb: 〜に迷わず一票を投じる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 105
予測
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240
Tweet