× Q 翻訳訳語辞典
pleasure   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜しては〜する
   
take pleasure in doing: 〜してはおもしろがる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 341

いい気持ち
   
it is a pleasure to do: 〜するのはいい気持ちだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
いとしさ
   
the pleasure of sth: 〜のいとしさ 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 122
うれしい
   
in pleasure: うれしげに ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 82
うれしさ
   
make no secret of one’s pleasure: うれしさを隠さない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 160
おもしろい
   
be not any pleasure doing: 〜してもちっともおもしろくない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 130
すてきな気分
   
a pleasure that made one feel as if one had taken a pill: 覚醒剤でもやったようなすてきな気分 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
たのしみ
   
one’s little pleasure: ささやかなたのしみ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 47
よろこび
   
a little smile of pleasure touches one’s face: (人の)顔にはよろこびのあかりがぽっとともる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
よろこぶ
   
sth give sb no discernible pleasure: 格別よろこぶ様子はない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 10
よろしく
   
go about one’s pleasures: よろしくやる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 338

意に添う
   
serve at the pleasure of sb: (人の)意に添うように努める ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 97
逸楽
   
misshapen pleasure: 畸形の逸楽 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 32
<例文なし> 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 36
快楽
   
long pleasure of the night: 夜すがらの快楽 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
快感
   
take a degree of pleasure in doing: 〜するのに、多少の快感を感じる アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 259
a distinct pleasure: 本能的な快感 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
楽しい気分
   
nor is ... the only pleasure of ...: 楽しい気分でいるのは〜のためだけではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
楽しみ
   
there is almost pleasure in ...: 〜のなかには一種の楽しみさえあった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
take the ... pleasure: 〜する楽しみを十二分に味わう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 121
take pleasure in ...: 楽しみには〜をする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 151
steep in peasant pleasure: 粗野な楽しみにふけり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
close one’s eyes for extra pleasure: 楽しみをじっくり味わいたくて目を閉じる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 39
a only source of pleasure: 唯一の楽しみ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 17
楽しむ
   
take one’s pleasure with a wild gimlet eye: ギムレット色の目で楽しむようにみつめている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 258
歓楽
   
houses of pleasure: 歓楽街 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 294
歓喜
   
shout with pleasure: 歓喜の叫びをあげる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
喜び
   
have the pleasure: 喜びを味わう デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 114
喜ぶ
   
unexpected pleasure at ...: 〜を予期以上に喜ぶ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
to sb’s great surprise and pleasure ...: (人が)驚きかつ喜んだことには、〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393
beam with pleasure: 面を輝かして喜ぶ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 116
喜んで
   
deliver pleasure from even the most trivial occupations: どんな下らない仕事でも、ただもう喜んでやる ポオ著 中野好夫訳 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』(Murders in the Rue Morgue and other Stories ) p. 77
嬉しく思う
   
realize with surprise and pleasure that ...: 〜を知って、驚きもしかつ嬉しく思う 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 14
気持ちよく
   
feel a sense of pleasure: 気持ちよく感ずる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 65
幸福
   
small pleasures: ささやかな幸福 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53
祝福
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 381
心のときめき
   
for sb there is a certain pleasure in the anticipation of what sb is going to see: これから起ると思うと、なんとなく心のときめきをおぼえる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 44
心ゆくまで味わう
   
pleasure one’s freedom: 自由を心ゆくまで味わう ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 144
大歓迎
   
it’s a pleasure of ...: 〜は大歓迎 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 372
得意然として
   
with a mixture of pleasure and pain: 得意然として、かつ、もどかしげに フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 77
保養
   
<例文なし> カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 130
面白い
   
take little enough pleasure in this world as it is: 世の中のどっちを向いても面白くない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 47
愉しみ
   
gain much pleasure from ...: 〜に無上の愉しみを得る レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 14
遊び
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 458
遊覧
   
pilot the pleasure boats: 遊覧ボートを操る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 34

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with great pleasure: 美味そうに
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 168
what pure pleasure: これはようこそ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 221
smile with pleasure: 愛想笑いをする
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 100
pleasure quarters: 盛り場
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 129
my pleasure: いいとも
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 240
my pleasure: なんのなんの
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 87
my pleasure: 結構だとも
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 132
gasping with pleasure: 嬉しそうに息を切らしながら
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 230
beam with pleasure: にっこりする
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 138
a pleasure: どういたしまして
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 151
without any noticeable pleasure: どう見ても晴ればれとしない表情で
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 208
take pride and pleasure in doing: 〜に一種の誇りを見出す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
take pleasure in recounting sb ...: 〜という話を(人に)詳しく語り聞かせて悦に入る
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 54
take pleasure in ...: 〜を享楽する
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
take one’s pleasure with sb: (人を)犯す
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 245
serve at the pleasure of sb: (人の)不興をかわぬよう努める
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 108
pay a royal price to those who dance for one’s pleasure: 舞姫にはいくらでも禮を出す
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 80
listening in rapt pleasure to ...: 〜に恍惚と耳を傾ける
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 199
laugh with all the pleasure of triumph: いかにも楽しそうに、得意げな笑い声をあげる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 179
it will be my pleasure: 遠慮なしに
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 56
it give one great pleasure to do: 〜して、ぞくぞくするような快感が背筋を走る
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 59
immediate prospects and pleasures: 眼の前のこと
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 78
I’ll take sb with pleasure: (人)なら大歓迎よ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 87
have wrapped themselves together for the purposes of plesure: ぴったりからみあってお楽しみの最中だ
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 303
have not yet had the pleasure of sufficient conversation: まだ(人と)突っこんだお話をしていない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 193
get so much pleasure from keeping other people up to the mark: とかく咎め立てするのが好きだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 12
find pleasure in that agreeable weight that ...: 〜の快い重みを味わうことができる
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 21
feelings of pleasure and protection: 守られている感じと心地よさ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 282
display a distinct pleasure: 喜色満面のようすだ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 83
combine the assignment with the pleasure of a spa: 温泉にのんびりつかりながらできるような仕事を振る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
be a special pleasure for sb in doing: (人)が〜して格別気をよくする
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 13
be a pleasure to observe: なかなかのみものだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 398
be a pleasure to do: 〜するのも悪くない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 64
be a pleasure to do: 〜は望むところだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 210
at the height of one’s pleasure: 絶頂に達した瞬間
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 201
assure sb that the pleasure is entirely one’s: 願ってもないことだと請け合う
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 35
all the other simple pleasure: その他諸々の余興
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 611
a simple enough pleasure: 大した贅沢ではない
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 66
a pleasure as always: そんじゃあまた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 288
a world that had been refashioned anew in a darkness for our pleasure: 一夜の暗黒のうちに世界が人間の気に入るようにすっかり面目をあらたにする
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
pleasure in one’s new acquisition: なにかをせっかく手に入れたよろこび
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
a graceless affront to such genuine pleasure: 純一無雑な祝福にたいして、心ない言葉
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 381
tell sb the pleasure is all mine: こっちこそ楽しかった、と応じる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 174
sb’s pleasure somewhat is allayed by sth: 〜が、せっかくのよろこびに水をさす
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 341
an artificial atmosphere of pleasure: 架空の楽しさ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
beam with pleasure: うれしそうに顔をほころばせる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 19
sense thatremains comfortably beside the pleasure ...: 〜という気持ちと〜する快感とが同居している
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 56
carefree pleasure: 気ままなたのしみ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 117
be indolent, pleasure-seeking and careless: 怠惰であり、遊びずきでなげやりだ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 190
be conscious of a warm feeling of pleasure: ほのぼのとした悦びが湧いてくるのを感じる
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 192
enjoy the considerable pleasure: 無上の喜びにひたる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 162
would read this report with consistent pleasure: この所見書を折りにふれて読み返しては、喜びに浸る
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 152
cry from this pleasure: あまりの快楽に叫びだす
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 49
deny oneself the pleasure of ...: 〜の悦びを放棄する
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 218
strong, direct pleasure: 強くなまなましい快楽
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 103
give oneself up to direct, undiluted pleasure unassociated with anything visual: 視覚を通してでない生の快楽に身を委せる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 248
Diversity, pleasure amazement, fulfillment: いろんなことがあって、楽しくて、おどろきにあふれていて、夢がかなう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 46
have a doubtful pleasure of ...: あまりうれしくないが・・・
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 429
observe with pleasure the ready ease of one’s responses: 自分が思うように動けることにほっとする
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・グッド・トリップ』(Wind's Twelve Quarters ) p. 182
the cheeks stained with embarrassed pleasure: 頬に、どぎまぎした喜びの色がさしている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 228
find a strange pleasure in saying thing to sb that ...: 〜をしゃべる、それがある言いようのない悦びなのだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 24
be flushed with excitement and pleasure: 顔は興奮と悦びで赤くほてる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 114
as with startled eyes and lips parted in frightened pleasure: 驚きに眼を見はり、どきどきするような楽しさから、脣をかすかに開けたまま
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 58
be unable to take any great pleasure in ...: それほど〜を享楽することはできない
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
greatest pleasure: 何よりのたのしみ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 438
one’s inordinate passion for pleasure: (人の)快楽に対する並はずれた情熱
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 52
a sign of intense pleasure: 異常な喜びの余りのしぐさ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 76
never let one’s work interfere with one’s pleasure: いつも仕事より遊びが優先だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 458
one’s retreat is invaded by the restless pleasure-seekers: 騒々しい行楽客たちが(人の)隠れ家に押しかけてくる
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 194
have a languid pleasure: けだるい快さがある
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 147
view her in terms of the pleasure her body is likely to confer: 彼女の躯が与えてくれる快楽の量を計る
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 76
have become the mainstay of sb’s pleasure in life: (人の)生きるたのみの柱になっている
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 106
provides its own peculiar pleasure: 一種独特のよろこびをもたらす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
ツイート