× Q 翻訳訳語辞典
had   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

had better do: 〜した方がよかろう
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 104
I had better go: 僕はそろそろ行くよ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 202
had better do ...: 〜したまえ
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 314
: they hadn’t even bothered to send Charlie on reconnaissance: といって、チャーリーを索敵にさしむけることさえしていない。
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
have had A’s: 成績はオールA
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
a university acquaintance who had also graduated: 私と一緒に卒業したなにがし
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 94
a world that had been refashioned anew in a darkness for our pleasure: 一夜の暗黒のうちに世界が人間の気に入るようにすっかり面目をあらたにする
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
Luckily enough, the pain in my toes had abated by the time I got to Onoura: よくしたもので、大野浦へ着いたときには足の痛みが薄れていた
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 225
And yet I had an abnormally strong fear of death: そのくせ、死の恐怖は人一倍つよかった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 24
All I had to do was to regard all the past few months as absurd;: それは今までの何ケ月かをみんな出鱈目だと考えればよいのである
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 175
the good seed had been most abundantly sown: もっともよき種のまかれた
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 9
a portion of the upper wall had been cut out to accommodate an ancient pine in the garden: 庭の巨松を庇って、路上へ曲った幹なりに塀がくり抜かれている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 307
what we had accomplished: 自分たちのしでかしたこと
His heart pounded as if he had accomplished something difficult: 難事を仕遂げたあとのように動悸がしていた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 313
Much had been accomplished, but the work was still just barely begun: 収穫は多かったものの、仕事はまだほんのとば口にさしかかったばかりなのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 96
satisfied with what one had accomplished: われながらうまくできたと満足感にひたりながら
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 108
accounts of what had happened: 目撃談
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 187
He had acquired a pair of dress shoes somewhere: 礼装用の靴もどこからか調達したらしい
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 395
the activity in which one had so recently played a part: きのうまで一役演じていた仕事
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 6
two members of a shady organization unrelated to the actual functioning of ...: なにかうさん臭い、〜という機構からはみでた二人組
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 182
Actually, his father had been a man of some refinement: 父は、どちらかといえば枯淡の人であった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
if I had actually seen: まるでまざまざと見たように
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 158
had never actually counted until that morning: 今朝はじめてその月日を数えた
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 28
An addict, Lena had an ingrained view: For sin you pay sometime: かつて中毒者だったリナには、罪の報いという考えがしっかりしみついているようだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
had better adhere to: ぜひとも守らなければならない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 285
sb had adiosed sth: (物は)もう消えていた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
a list of artists whose work sb had admired: (人が)高く評価している画家のリスト
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 368
She admitted immediately that she had come to France as a spay,: 自分がフランスへスパイとしてきたことをすぐに告白し、
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 30
although their affair had been brief: 〜との恋の季節があっけないほど短かったわりに
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 52
settle sb’s affairs for one as one had asked: 言葉通りに取り計らってくれる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 163
everything sb had ever wanted but could not afford: 前々から買いたいと思っていたのに手に入れられなかったもののすべて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 220
I asked client, after he had given a gaudy review of his war record: トゥーツ大佐が自分の戦歴を得々と語り終えるのを待って、わたしはたずねた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 139
after one had been married for a while: 結婚して、しばらくしてから
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 105
the sheets again had the feel of another century: 本文の用紙にも古錆びた風格があった
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 477
That morning again Omi had come to school unusually early: その朝もめずらしく早く近江は学校へ出て来ていた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 56
they’d always had something against sb: (人には)もともとみんな反感を持っていた
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 182
slow shadows against the fog: 霧に映ったのろい影法師
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 421
the first drink one have had in ages: 久しぶりの酒
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 302
The FBI had assigned 150 agents to the search: FBIは捜査に百五十人の捜査官を投入した
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 41
had passed long ago: いまどき流行らない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 7
The factions had their vested interests and didn't agree: それぞれの派に既得権があって、意見の一致がなかった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 80
At the end of the ritual I would usually agree to do what had been suggested: それでもこうした儀式の終盤にさしかかると、わたしは彼らのもちかけてきた話を承諾するのが常だった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 48
was aware of the liaison and apparently had agreed to it: 万事を知っている
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 222
They had all taken place in the early hours of the evening: 盗難はいずれも宵の口であった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
I had forgotten all about Mawson's in my joy: 私は、うれしまぎれに、モースンのことはすっかり忘れていました
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 86
All firing had ceased: 砲火はすっかりとだえている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 253
you’ve had all this waiting for nothing: こんなにお待たせしたのに、無駄足だったようです
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 13
haven’t had a call all night: 今夜は連絡も呼出しもまったく入っていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
even though sb had allegedly done ...: (人が)みずから買って出たという話だが
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 114
think about the shady, almost criminal look in sb’s eyes: なんだかしみじみと犯罪者ふうに暗かった(人の)眼を思い浮かべる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
the convulsion seemed to end almost as soon as it had begun: 凄まじい地震は、瞬時にして過ぎ去ったように思われた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 234
it’s almost as if it had never happened: なんだか、大山鳴動って感じだな
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 239
one’s wife living alone after one had gone: (人)だけがいなくなった後の妻
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
have already had one’s swim: 水から上がって来る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
Also, I had no notion of what Sensei meant by "guilt.": いずれにしても先生のいう罪悪という意味は朦朧としていてよく解からなかった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 37
Also, I wanted to tell you the story of my past as you had once asked me to: それから貴方の希望通り私の過去を貴方のために物語りたかったのです
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 144
Also, he had lost all his appetite for crime: それに加えて、彼は犯罪に対する興味を失くしていた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 431
Teejay at the CIA had also read my proposal, but was equally noncommittal: CIAのT・Jも同じく私の計画に目を通してはいたが、進んで意見を述べようとはしなかった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 97
There was one alternative he hadn't considered: 考えていたなかった方法がひとつあった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 514
Fear of breakages rather than altruism had prompted Jacqueline to protest: 思いやりというより破損を怖れてジャックリーンはそう言わずにはいられなかった
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 60
But she always had a lot of love for them: でも母さんはいつだってその二人に惜しみなく愛を注いでいた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
It was always the young ones who had no heart: いつの時代も若いやつらは同情心というものを持ちあわせない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 81
Alone they communicated as they always had few words: 兄弟はいつもどおり言葉少ない会話で意思を伝えあった
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 52
There is always someone waiting in the shadows of the dugout: ダグアウトの暗がりには、かならず誰かが待っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
Norris had always suspected his Uncle Phil: ノリスはかねがね、フィル叔父さんが怪しいのではないかと思っていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
have always had exactly the same appreciation of good food: ずっと以前から嗜好品がまったくおんなじだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 234
Anne had always a weather eye open for kindred spirits: アンはつね日ごろ、自分と同じ型の人物をさがしだす手をゆるめなかった
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 12
In his father's presence, Isao had always been reticent and deferential: ふだん勲は父の前で、寡黙で恭倹な息子であった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 186
James had always hated the pretentious white uniform with the white hat: ジェームズは以前からこの奇を衒った白い制服制帽が気にくわなかった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 290
K had always been fond of the phrase, "concentration of mind.": Kは昔しから精進という言葉が好きでした
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 239
always had been: 昔からずっとそうだった
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 20
It was amazing, for my wife had had no children: 女房には子供がなかったんで、珍しかったんですな
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 72
be reduced to the ambiguity of a shadow: 自分自身が影みたいに曖昧になる感じが強く襲う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 50
glow among the shadows: 闇にぬらぬらと光る
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 31
He had tried everything over the years, and admitted to some modest success: ラモンは長年にわたってありとあらゆる手法を試みてきたが、成績はまずまずと自認している
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 79
and had prepared every inch of sb’s road: いわば(人の)コースは、ほとんど一寸のすきもなく準備されていたといってもよかった
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 182
And he had lopped off his wild hair, which gave him a forlorn, bald look: おまけに蓬髪をばっさり切って、なんだか以前とくらべるとまるでたよりないような丸坊主姿になっていた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
had spent sb’s money and left sb: すっかり(人の)金を使い果たし、そのまま家出してしまった
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 203
And why had she come back here to stay after all the years?: それにしてもポリーは、なぜこんなに時間がたってから町へもどって住みつこうなどという気を起こしたのだろう?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 54
And who had done it all?: それにしてもだれが、いったいだれがこんなことをしたのだ?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 315
And she had been hers, too: そればかりではない。彼女もまた彼女のものだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
She had found the killer--and her depth-charge racks were empty: 殺人者を発見したのだ--だが、その爆雷架はからっぽだ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 334
And you still hadn't informed anyone?: にもかかわらずきみはだれにも知らせなかった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 127
And so it had proved: はたして、そのとおりだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 81
the shadow-animals: 影絵の動物
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
greed had annealed with some kind of benighted manliness: 一種の蛮勇によって鍛え抜かれた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 278
he had announced in his thick French: 訛りの強いフランス語で彼はいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 112
"We've got to get you putting words to the page," he had announced: 「言葉を並べてもらわなければならないんです」とブレイクはわたしに言い渡した
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 76
had merely announced his plan to the world: この計画をちらりとでも匂わせたら
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 298
be annoyed at not having had sb on call: (人が)呼び出しにすぐ応じられなかったことを苦々しく思う
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 23
We had chosen the night of the annual fete: よりによって、その日は恒例のお祭りだった
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 204
I had anticipated that problem: そうだろうと思って
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 316
if you had any idea what is good: 多少ともおいしいものを食べることに関心をお持ちの方なら
the dancing had not robbed sb of any of sb’s energy: 踊ったあとも、(人は)エネルギーに満ち満ちていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
had no doubt anymore why ...: 理由を(人は)もはや疑わなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
establish whether anything had changed: なにか変化があったかたしかめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
have never had anything to do with ...: 〜と言うものに御縁がない
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 33badger
Tweet