× Q 翻訳訳語辞典
reputation   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
レッテル
   
be saddled with a double reputation: 二枚のレッテルをはられる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 173

悪評
   
be seen as an extension of one’s brother’s reputation: 兄の悪評が(人の)身に及ぶ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 382
悪名
   
have built its reputation on a solid foundation of lunacy: 狂気という頑丈な地盤に立ってその悪名を築き上げた バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 112
   
consider sb’s reputation: (人の)顔がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
信用
   
enjoy a reputation for uncanny discernment of fine quality: 品物の鑑識と選択に古い信用がある 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 26
人気
   
failing reputation: 落ち目の人気 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 29
世間一般のイメージ
   
Parsi reputation for ...: 〜、という世間一般のパールシーに対するイメージ アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 259
体面
   
without any detriment to one’s reputation as a perfect gentleman: 別にちゃんとした紳士の体面など汚すことなしに ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 151
著名
   
a man of importance and reputation: 著名の士 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
評価
   
one’s service reputation is better than excellent: 軍部内での赫々たる評価はきいている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 35
have a reputation for ...: 〜だと評価されている デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 44
評判
   
have quite a reputation as ... at school: 〜というのでは学校中の評判だ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
have a small reputation for sth: 〜にちょっとした評判を取る ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 133
have a reputation for ...: 〜という評判が立っている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 328
have a bad reputation: 評判は芳しくない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 54
build one’s reputation on satisfied customers: お客さまのあいだでそれなりの評判は築いている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
be very aware of one’s reputation: 評判を非常に気にかける デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 339
acquire a reputation as adj: 〜という評判だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 76
風評
   
have the reputation of being womanizer: 女たらしの風評がある レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 86
   
respect for one’s reputation: (人の)名に対する畏敬 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 201
make reputation: 名を上げる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 307
名声
   
have given sb a reputation sb can’t live up to: 背負いきれないほど、名声を負わされることになる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 48
have a world-class reputation: 世界的名声を博している トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 326
名聞
   
one’s former reputation: 〜のかつての名聞 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 24
名誉
   
protect the reputation of sb: (人の)名誉を守る 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 43
protect one’s reputation: 名誉を護る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 225
面目
   
do not lose one’s reputation as ...: 〜としての自分の面目をたもつ 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 64
carry one’s reputation: 担うべき面目というものがある オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 38
勇名
   
earn one’s reputation: 勇名をはせる イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 174
誉れ
   
reputation for brilliance: 秀才の誉れ 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 408

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s own reputation: 人々の間で評判となること
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 141
be one’s reputation on the line: 恥をかく
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 262
sb with established reputation: 有名な(人)
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 151
sb’s reputation with sb: (人の)手前
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 260
sb’s reputation is very good: 浮いた噂も聞かない
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 16
sb’s reputation is that of an achiever of the impossible: 不可能を可能にする才能が(人を)有名にする
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 139
manage to maintain one’s reputation as ...: 精々〜で通す
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 20
have the reputation of being a good son: よく出来た長男で通っている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
have such a reputation as a ...: として勇名を轟かせる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 121
have one’s reputation to consider: (人には)(人の)プライドがある
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 94
have a reputation for ...: 〜にかけては定評がある
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 102
have a reputation as a wimp: 弱腰と評される
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 78
have a reputation as a skillful doctor: 医師としての腕前も高く評価されている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 172
enhance the reputation of sth: (物の)株を上げる
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 43
be a man of considerable reputation with the ladies: 艶聞がつきまとう
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 204
among sb one has the reputation of ...: (人の)あいだでは〜と伝えられている
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 251
advantage of a disgraceful reputation: 悪名の効用
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 246
a man of sb’s reputation: (人のような)高名な人
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 213
do anything in the world to gain a reputation: 好評を得るためにはいかなる手段も辞さない
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 10
have had rather a bad reputation: あまり芳しい評判の持ち主ではない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 34
a culinary reputation could get ruined pretty damned quick: レストランの評判は一夜にして地に堕ちることもある
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 162
earnestly set about saving sb’s reputation: (人の)名誉回復に努力する
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 117
one’s reputation hang around sb like bad breath: (人の)周りには、悪い評判がまるで臭い息のようにぷんぷん漂っている
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 194
have a long reputation: 夙に有名だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 26
no established reputation: とりたてて有名でない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 151
remembering the General’s reputation for philandering: 将軍の女好きの評判を思いだした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 29
"You must consider your father's reputation too," said my mother: 「御父さんの顔もあるんだから」と母がまた付け加えた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
He had quite a reputation as a trouble-maker at school: いたずら小僧というのでは学校中の評判らしいのだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 84
Unfortunately, he had a reputation for being none too good a player: けれどもあんまり上手でないという評判でした
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『セロ弾きのゴーシュ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 223
a very well-founded reputation: たしかな線から入った話
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 328
ツイート