× Q 翻訳訳語辞典
being   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
   
be part of one’s very being: 〜が身につく 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 101
生涯
   
pass into another stage of being: 生涯の新たな段階に足を踏み出す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 113

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s inner being: 自分の内部
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 140
human beings young and old, men and women alike: 老若男女
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 73
human beings: 生身の人間
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 208
for the time being: ひとまず
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 27
with one’s mind and one’s being: 全身全霊で
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 244
was a different kind of human being: (人が)こんなじゃなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 165
some reasoning and sensate being: 理性と感覚に富むだれか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
sing from the very depths of our beings: 胸の底から声をだして歌をうたう
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 7
shake sb to the core of sb’s being: 全身をゆすぶられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 215
one’s experience of the world being what it is: (人の)今まで経過して来た境遇
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
nature of one’s own being: 自己の実体
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 190
intend to do for the time being: 一先ず〜したいと思う
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 31
civilization which human beings have now begun to replace: 地球文明にその座を奪われつつある文明
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 14
be being one’s true self: まさに(人の)面目躍如
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
all the living beings: 目に映るすべての生き物
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
... stir sb to the very depths of sb’s being: 〜ほど(人の)心を動かしたものはない
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 35
be proud of being able to do: 得意そうに〜する
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 81
fear of not being accepted: 仲間として扱ってもらえないのではないかという恐怖
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 56
be accustomed to being an executive: 重役の身分に慣れている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
be being acquisitive: 物に狙いを付ける時
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 45
to become adjusted to being warped: その歪みに馴れる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 161
admit to being ...: 〜をもって自ら認める
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 172
admit to being puzzled: さすがにふしぎに思う
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 71
take the cake for being both adorable and odd: もっともほほえましい、そしてもっとも不思議な
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 87
that is one of the advantages of being thirteen: これも十三になったおかげだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 300
affect the attitude of being ...: まるで〜なような顔をしている
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 97
be being affectionate: 甘える時
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 45
be afraid of being taken for ...: 〜と取られては困ると思う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 46
after being broke: 一文無しから解放される
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 16
after thirty minutes of being lost in thought: ぼんやりとしたそんな時間が三十分ほどすぎた頃だったろうか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 238
after being urged to do: 〜するよう催促を受けて
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
start being a regular duke again: もと通りのまともな侯爵にかえる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 215
I just wanted to thank you again for always being so kind: 本当にいつもどうもありがとうございます
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 26
one’s manifest agitation at being here: ここに来ているのが落ちつかなくて明らかに動揺している点
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
feeling of being lifted into the air: 宙にかかえあげられる感覚
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 77
the idea being an alarming one: 考えて見れば大変なことなので
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 39
a fleeting consolation, the pursuit of a vanished happiness in being alive: 過ぎ去った生のよろこびのあとを追う、はかないなぐさめ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 64
be still too messed up from being shot and all to be coherent: 被弾やらなにやらで、まだだいぶおかしくて、あまり筋の通る話はしない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 229
be angriest of all at oneself, for being scared: なによりも逆上するのは、自分が恐怖をおぼえていることだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
apologize for being wounded at all: 負傷したこと自体を罪と意識する
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 198
be an almost sexless being: およそセックスには淡白な人間だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 106
a season of being alone: 一人ぼっちの季節
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 99
it’s not always easy being a man: オトコの人生というのはやはりいろいろときびしいものだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 260
sb’s health and sb’s well-being: (人の)心身の健康
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 324
sheer blessing of another human being’s embrace: 天啓ともいうべき異性の抱擁のありがたさ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
lose more than three hundred million molecules of crayon and pastel as a result of being “appreciated” by insensitive “art lovers”: 三億七千万ほどの粒子が、心なき人々のガンリキによって剥離する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 170
monseigneur, as a class, have dissociated himself of his not being appreciated: フランス貴族たちは、もはや彼らが階級として少しも尊敬されていないことを、ことさら目をふさいで見まいとしている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 92
have arrived at the point of being able to do: 〜するくらいのことは出来るようになる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 14
ashamed of being startled: たった今の驚きように照れる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 116
ask after sb’s well-being: 作法どおり(人に)調子はどうかとたずねる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
without being asked: なにもいわぬうちから
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
being half asleep in bed: ベッドでうつらうつらしている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 196
work one’s ass off being cool: 自分がいかにクールな男かということを誇示する
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 197
His packets are constantly being rerouted, assembled, and deassembled: パケットはたえず並び替わったり、組み立て分解の作業がある
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 169
being so attended: 絶えずつきまとわれている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
animal attraction to another human being: この人間どうしの誘引力
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 32
your average baseline human being: ふつうの者
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 14
in time to avoid being photographed: カメラを向けられる寸前に
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 279
aware of being watched: 人に見られているのを感じる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 8
without being wholly aware of it: 何とはなしに
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 94
without being aware of it, ...: いつのまにか
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 50
without being aware of it: いつの間にやら
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 43
come off being awkward: ぎこちなさのほうが表に出る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
be back to being oneself: いつもの自分にもどって
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 260
I was being bad: いまのわたしは悪党だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 319
the feeling of being off balance, lost: 不意を喰った動揺と困惑
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 11
barely escape being killed: 九死に一生を得る
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 121
being spiteful because of any barmy principle one have got: ろくでもないことにこだわって意地わるをしてやったこと
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 47
live with being sb’s brother: (人の)弟であることを引き受けて生きていく
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 521
it being summer: 時候が時候なので
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 86
insist that one is not being vindictive: 決して復讐ではない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 238
come into being: じっさいに使われる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
being young student: 年が年なので
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 8
being police: 警察のこととて
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 152
being on the receiving end of ...: 〜をひたすら受けとめる立場にいる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 215
being a copper: 警官体験
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 210
being ... in an air crash case: 飛行機事故での〜の立場
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 152
be not being totally insincere: (人に)取ってまんざら空虚な言葉でもない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 195
after XX years of being married to sb: XX年一緒に夫婦として生活を共にしたあとで
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 297
the outrage and unfairness of being beat: 無意味に無慈悲に打たれたこと
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
result in sb’s being beaten: 結果的に叩きのめされる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
be being forced to beg a favor from sb: (人の)好意を当てにする
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 448
She was being sharp with him, belatedly suspecting him too of duplicity: この男もでたらめをいっているのではないかとおそまきに疑って、口調が鋭くなった
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 265
at the thought of sb’s expertise being better than one’s own: (人のほうが)プロの技術で一枚上だったかと思うと
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 42
habit being a great binder: 習慣に引きずられて
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 107
taste the full bitterness of being prisoners: 捕われの身だということを、しみじみと思う
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 71
be being blasphemous: 神を冒涜している
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 193
avoid being blinded by the glare of ...: 〜の眩しさを避ける
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 93
blow everything by being so dumb: このまぬけさかげんのおかげで、いっさいをおしゃかにする
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 422
the sky is so blue that one filled with a sense of well-being: 晴れた空が身に沁み込むように感ぜられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
feel like being hit with a board: 板きれでぶんなぐられたような感じだ
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 37
the click of a rifle bolt being drawn back: ライフルのボルトをかちゃっと引く音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 354
you’re being a bore: はた迷惑だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 101
you are being a bore: いい加減わずらわしい
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 135
told sb is being brought to ...: 〜へ向かっているのだと言われる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 103
watch the execution platform being built: 断頭台が組み上げられていくのを、見守る
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 102
without being a burden upon anyone: 人様に縋らずに
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 389
know one’s being bought: これが一種の買収だということはわかっている
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 53
Perhaps Massot's anti-social instincts were being intensified by the heat: マッソーの拗ね者根性は暑さのせいでますます高じているのかもしれなかった
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 166
like the sheets of calendar being turned: 暦をめくるように
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 10
object to being called ...: こんな呼ばれ方をすることは本意ではない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 33
no one can survive childhood without being wounded: 何も傷つかずに育ってくる人間はいない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 158
can not help being slightly disappointed: 的が外れたように感じる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 79
can feel oneself being embraced by this light: 光に包まれている自分を感じる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 276
can’t just have sb being idle about it: ずぼらをきめていては困る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 119often
Tweet