× Q 翻訳訳語辞典
true   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おっしゃる通りだ
   
いかにも
   
seem like true regulars: いかにも常連らしい 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 218
say with true Anneish philosophy: いかにもアンらしいことを言っているのがきこえる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 148
いつわりはない
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 280
じつをいうと
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
そうです
   
Oh, true true indeed, Chief, right--: ええそうです、そうです、チーフ、そのとおりで-- ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
そのとおりだ
   
True, Comrade Zaborski,: そのとおりだ、同志ザボールスキー ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 6
そりゃそうだ
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 21
たがわず
   
true to sb’s name: その名にたがわず アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 209
たしかに
   
True, Sensei, as I saw him, was primarily a thinker: 私の眼に映ずる先生はたしかに思想家であった 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 41
true in the past: 昔は、たしかに 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 199
True, he treated her with unsparing courtesy: たしかに、彼は惜しみなく妻を丁重に扱ってきた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 99
it is true that ...: たしかに〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 25
'True,' said Keith, a little defensively: 「たしかに」とキースはやや受太刀でいった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 406
どこから見ても
   
a true jalopy: どこから見てもポンコツ ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 57
なるほど
   
True: なるほど クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 380
ふさわしい
   
make ... true to sb: 〜を(人に)ふさわしいものにする ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 259
ほんとう
   
don’t make it true: ほんとうかどうかは知れたものではない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
もちろん
   
it is true that the portrait still preserves its marked likeness to himself: もちろん、あの肖像画は、(人)そっくりの相貌を依然として宿してはいる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 206
it is true that I cannot do ..., but ...: もちろん〜はできないが 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 104
やむをえない
   
maybe what sb is always carping about is true: (人が)口ぐせのように詰るのもやむをえないかもしれない マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 138

一番だ
   
   
almost too many to be true: 嘘のように多い 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 37
音程正しい
   
as firm and true as any ringing sb have ever heard: 今まで聞いたどんな鐘にも劣らず、力強く音程正しい セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 61
偽らざる
   
true story of their lives: 自分たちの生活の偽らざる告白 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 196
極めて
   
a true giant of science: 極めて偉大なる説 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 162
現実的
   
it is true: 現実的だ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 97
事実
   
it has to be true: きっと事実だ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 590
If the American claims are true I urge immediate action: アメリカのいうことが事実なら、即時対応を勧告します クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 367
assuming it really was true: 事実であるとしてのことだが クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 367
事実だ
   
take sth as true: 事実だという結論に達する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 156
自然な
   
my true self: 自然な私 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
実際の
   
sb’s true forebears: (人の)実際の祖先 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 40
心から
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 27
心からの
   
true homage: 心からの尊敬 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 236
真の
   
sb’s true residence: (人の)真のすみか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
make true believers out of sb: (人に)は真の信仰というものが芽生える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 160
真をつく
   
absolutely true: まさに真をついている クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 168
真実
   
understand how absolutely and completely true they are: これは絶対的な真実だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
understand how absolutely and completely true they are: 百パーセントの真実だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
it isn’t true: 真実を述べていない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 194
真実である
   
be completely true: 百パーセント真実である トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 314
真実の
   
live so true a life as to shine out: 輝き渡るような真実の生き方を貫く フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 263
世辞でなかった
   
good to know those nice thing sb said were true: (人の)褒め言葉が世辞でなかったとわかってうれしい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
正直な
   
truer word was never spoken: こんなに正直なことを言ったのはたえて久しくなかった サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
生粋の
   
true Showa child: 生粋の昭和っ子 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 404
if one put forward an idea to a true Englishman: 生粋の英国人というものは、なにか新しい思想を聞かされた場合 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 20
切実な
   
there is another, truer reason for why ...: 〜するにはもっと別の、もっと切実な理由がある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 417
忠実に
   
the film is unsparingly true to its subject: 映画が見事なばかりに事実に忠実に作られている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 541
   
unsuccessfully sound out one’s true feelings: (人の)意識の底を探りそこなう 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 30
紛うかたなき真実
   
only know how true it is: ...: これだけはわかっている。〜は紛うかたなき真実だ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 77
本当
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 274
本当だ
   
..., which, if true ...: もしその話が本当だとしたら、〜 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
名言
   
it is true: 名言じゃないか クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 168

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with true feeling: 思いをこめて
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 33
very true: それはあります
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 49
true sb does: 〜してはいたが
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
true but ...: それはそうですが
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 393
true to form: 当然というかさすがというか
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 35
true pros: 名人
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 192
true or not: それかあらぬか
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 273
true of life: 真実味がある
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 560
true nature: 真相
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 319
true nature: 本質
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
true enough: そのとおりだ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 134
true enough: それは言える
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 109
too true: ちげえねえ
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 75
to be true: 真剣に
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
the true circumstances of ...: 〜の実情
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 392
that is true: そうにはちがいない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 372
that’s true: そりゃね
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 81
that’s true: まあそうだけど
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 221
that’s probably true: ごもっともさまで
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 119
that’s not true: それはおかしいよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
that’s all true: どれも一理ある
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 99
quite true: そのとおり
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 109
quite true: それはそうさ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 197
prophesies come true: 預言が当たる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 181
perfectly true: そのとおり
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 140
just be not true: 違う
it is true that ...: 実際には
it is true ...: たしかに
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
it’s true: ほんとに〜なのよねえ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
it’s true: 嘘じゃない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 324
I tell you true: まったく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
hold true: 通用する
be true: ウソ偽りのないものだ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 7
be true: 嘘いつわりがない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
be true: 真相
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 218
be true: 当たっている
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 339
be not true: そりゃ嘘です
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
be not true: ちがう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 376
be not true: 間違いだ
be all true: なるほど
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 58
you never said a truer word about ...: 〜とはよく言ったもんだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 160
you know that isn’t true: とんでもございません
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 290
yes, it is true that ...: なるほど〜である
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 96
would always be true to sb: 心変わりはしない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 105
will never make a true samurai: 武士の性根が入らない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 12
what you say is quite true: おっしゃるとおりですわ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 155
understand the patient’s true state of mind: 患者の気持ちを汲みとる
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 17
true AA, but BB: AAとはいえBBだ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 90
true to one’s profession: さすがはプロ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
true to his known behavior pattern: よく知られている行動パターンどおり
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 171
true elite of the county: この郡きってのエリート
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 323
this is especially true when ...: 〜からは、ますますその思いは強まる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 171
this is as true of the West as of the East: 洋の東西を問わず
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 106
the true story begins to take shape for sb: 事態の真相が(人の)前に姿を現す
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 98
the same is true for all ...: 〜はどこもみな同じである
the penchant for ... becomes a pattern that holds true for sb: 〜を求める傾向は〜にずっとあてはまる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 235
that is not quite true: この言い方は正確ではない
that can’t be true: そんな馬鹿な話があるか
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 457
that’s true but ...: それはまあそうだがね
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 255
that’s one wish that came true: 願いごとがかなったなんてあとにも先にもこれっきりだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 56
sound not too good to be true: 夢のような嘘くさい話でもない
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 135
something doesn’t ring true: どかか腑に落ちないところがある
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 154
ring out true enough: 音程はちいとも狂うとらん
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 99
people were bound together in a true community: 町ぐるみでまだ生きた人のつながりがあった
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59
one’s true identity ruptures through the fine membrane of one’s cover: 偽装の薄皮を破って正体があらわれる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 78
not one which hold true in all cases, or even most of them: すべての、いやほとんどの患者にこれがあてはまるとはかぎらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
no doubt that is true: まったくそうにちがいない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
look too ... to be true: あんなに〜なのが嘘みたいだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 204
look and sound like a true veteran: いかにもベテラン教師といった気配と落ち着いた口調だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 50
it is true isn’t it: そう。そうなんだよね
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
it is true that one did, but ... instead: (人が)〜したけれども〜だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 266
it is true that ..., but: じつは、〜だが
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 111
it is true that ... but since ...: 〜だが〜でもないので
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
it is true that ... but on the other hand that ...: 〜なまでも〜ではない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
it is true that ...: 〜のこともあったが
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 13
it is true that ...: あきらかに〜だ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 23
it is true that ...: なるほど〜だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 139
it is not just in sb’s favorably prejudiced eyes that this seems true: (人)のひいき目ばかりではなく
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 57
it is at least true that ...: 〜だけはたしかだ
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 115
it is a true saying, that ...: 〜とは、昔の人はよく言ったものだ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 35
it has long been true: つとに知られた事実なのです
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 289
it’s the truest word that ever was spoke: まったくその通りだよ
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 118
it’s as true as gospel: どんぴしゃ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 55
is it true that ... ?: 〜のですか?
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 50
if all this is true: まあ、そうだとすると
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 230
have no understanding of the true nature of love: 愛の心理がよく呑み込めない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
have no true affection or interest with ...: 〜にはなんの愛着も興味もいだいていない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 325
give in with a nature too good to be decently true: 常軌を逸した親切さでいうことを聞いてやる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 86
even though it’s true enough to say that ...: 〜というのは確かだとしても
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 124
emphasize God’s true nature: 神の本質を力をこめて説く
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 209
do not have sb’s true interests at heart: 心底(人の)身を思いやってくれているわけではない
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 33
come out and say it is true: 〜に対して言い訳をしない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 90
can’t believe it is true: その実感がない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 50
begin to follow one’s beloved true way: 自分の好きな道を歩き出す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
be unable to stay true to one’s own children: 子供に対する責任もろくにとれない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 117
be truer to say that ...: というよりも
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 60
be true right enough: 間違いはないんだ
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 16
be true of sb: (人の)場合も当てはまる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 476
be still not generally recognized at ...’s true value: 往々低く見られがちだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 55
be starting to look true: それほど的外れではなかったようだ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 113
be not necessarily true: 〜とも限らない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 226
be being one’s true self: まさに(人の)面目躍如
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
act like a true soldier: 軍人らしく行動する
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 7
be all absolutely true: すべてがまぎれもなく事実だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 46
true state of affairs: 真相
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 236
allowing that all this far-fetched nonsense is true: かりにこのでたらめな話がほんとうだとしての話だが、
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 179
be not always true: もともと以前からあった
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 25
plummet arrow-true for one’s target: 獲物めがけて、矢のようにまいおりてくる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 465
one’s need to assert one’s true nature: 本質に還ろうという要求
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
the penchant for ... becomes a pattern that holds true for ...: 〜を求める傾向は〜にずっとあてはまる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 235
true blessing of health: 健康の有り難さ
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 92
it is not only possible, but true: ありうるどころか、〜だ
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 39
Assuming it really was true which was something he had to check: 事実であるとしてのことだが、もとより真偽は確認しなくてはならない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 367
true circumstance: 事の真相
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 165
one’s true color: 正体
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 130
comprehend one’s true intentions: (人の)心を見抜く
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 76
But if it was true the only person who would confirm it was dead: だが、もしそれが真実だとしても、その説を裏づけてくれる唯一の人間は死んでいるのだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
it is, of course, true that ...: そういえば〜は事実である
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 13
be absolutely dead-on true: 正真正銘の真実だ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 120
dimly aware that it do not ring quite true: どことなくこじつけめいた気もする
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 250
true story would be emblazoned: 真相がでかでかと紙面を飾ることになるだろう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 469
even if it is true that ...: 〜が事実であるにしても
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 82
No kidding--it's true--tons of it fall every day: まさか、とお思いかもしれないが、嘘ではない。地球には毎日何トンもの隕石が降り注いでいるのだ
"That's not necessarily true" Chieko finally said: 「そうとも、限らしまへん。」と、千重子は、やっと言った
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 226
Is that true of the people of the Moon generally?: それは月の住民全体の意見ですか
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 420
it’s as true as gospel: どんぴしゃなんです
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 55
Here again, what was historically true is no longer true: たしかに昔はそうだったが、今はちがう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 73
seize hold of one’s true nature: (人の)正体をつかまえる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
However, you might find its true nature just as intriguing: でも、本当の性格はそれと同程度に面白いと思うかもしれない
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 91
ツイート