× Q 翻訳訳語辞典
experience   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜つつある
   
be experiencing a fading lack of control: 自分をコントロールする力が失せつつある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 208

いま体験していること
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 156
おさめる
   
experience great success as traders of futures: 先物取引で大成功をおさめる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 165
おぼえる
   
experience the illusion that ...: 〜する錯覚をおぼえる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 16
おもい
   
be a frightening experience for sb: (人は)肝の冷えるおもいをする レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 227

過去
   
be results of sb’s experience: 〜は(人の)過去が生み出す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
覚え
   
have you ever have that experience ...: 君は覚えがないかね 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 34
覚える
   
experience a wistful yearning to ...: 〜に強い憧れを覚える マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 418
感じる
   
experience no hunger: 空腹を感じない 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 262
experience less unfamiliarity than does sb: (人)ほどの不案内な心もとなさを感じはしない ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 89
感覚
   
sheer comfort of the experience: その感覚の心地よさ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 207
記憶
   
actual experience: 実際の記憶 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 126
境遇
   
one’s experience of the world being what it is: (人の)今まで経過して来た境遇 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
経験
   
there is something about this experience that deepens sb: この経験によって(人が)人間的に成長する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 540
old enough to have had some sad experience: 齢相応につらい経験もしてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
make do with one’s own experience: 自分の経験に頼る デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 351
little experiences: こまごまとした経験 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 250
lack of prior experience: 経験不足 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 353
in one’s experience: 経験からいうと スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
have the experience of ...: 〜という役まわりを経験する ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 41
have had this experience before: これは(人に)取って始めての経験ではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 158
have had rather more experience with civil matters: 民事の方面ではかなりの経験を積んできた バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 231
get experience: 経験を積む トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 279
field experience: 現業経験 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 264
experience and security in one’s place: 経験と、縄張りの安心感 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 399
beyond one’s experience: かつて経験したことのない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 234
be within one’s experience: 経験したことがある ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 208
be total strangers to the kind of the world sb knows or has experienced: 〜に深いつきあいをした経験がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 48
a frightening experience: 身の毛のよだつ経験 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 232
経験を積む
   
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 137
経歴
   
people who have had experiences like one’s own: 自分と似た経歴の主 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
<例文なし> 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 31
見聞
   
narrow experience: 見聞のせまい ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 10
刺戟
   
suffer still further from this depressing experience: 新たに陰鬱な刺戟を受ける 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 55
思い出
   
shared experience: 共通の思い出 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
one’s experience with ...: 〜にまつわる思い出 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 79
an unforgettably pleasant experience: たまらなく素晴らしい思い出 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 215
事態
   
have had the strange experience of doing ...: 〜という妙な事態が起こった 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 13
手を染める
   
creative process, which sb would never experience: (人が)ついに手を染めることのなかった創作行為 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 172
場数
   
with experience: 場数を踏んでいること ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 143
身に覚えがある
   
<例文なし> コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 105
身の上
   
sb’s experience of sorrow and loneliness: 一人でさびしく生きてきた(人の)身の上 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
identify with sb’s experience of ...: (人の)〜な身の上に自分の姿を重ねる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 32
体験
   
primal experience: 原体験 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 92
be not speaking from firsthand experience: 直接に体験しているわけではないから、よくはわからない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
be brought home to one through one’s own personal experience: 自分の個人的体験から思い至る 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 66
体験したこと
   
my experience of sth: 〜を私が体験したこと 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
体験する
   
until sb have experienced: 実際に体験してみなくては フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 66
大人びた
   
how wise and experienced it looks: その賢く大人びたたたずまい べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 35
直面する
   
experiencing one of those rare moments in life: 生涯めったに経験することのないような状況に直面して デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 73
度肝を抜かれるような体験
   
That Sunday evening was an experience: その日曜の晩、ルイスは度肝を抜かれるような体験をした レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 237
味わう
   
experience any sense of homecoming: 故国に戻った実感を味わう 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 268
experience a strange sense of identity: 不思議な一体感を味わう 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 333
   
have harrowing taxi experiences: 街のタクシーで何度もさんざんな目に遇う アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 206
目に遭う
   
the central heating experience be a nightmare: セントラルヒーティングではさんざんな目に遭う メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 203
与り知る
   
... one have never been experienced: (人の)与り知らない〜 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 143

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

through his own experience: 身を以て
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 46
lived experience: 具象性
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 49
have the experience: そういう目に会う
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 286
have an experience: あるにがい目にあう
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 167
experience loneliness terrible: 淋しくって仕方がない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 268
experience fully: いろいろなことを肌で感じ取る
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 126
experience back problem: 腰に痛みを覚える
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 66
cop-wise, experienced: おまわりらしい、やりてだぞ
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 92
with sb’s years of business experience: 実業畑では海千山千の
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 10
toils of female experience: 女としての努め
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 295
the unusual experience of saying farewell: ときならぬ別離の騒ぎ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 126
the dominating experience in life: その時期の人生すべて
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 9
sth one never experiences with ...: 〜のそばでは見いだせない〜
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 96
set down to sb’s own lack of experience: (人の)不覚として
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 58
organize social sense experience: 社会生活を営む
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 192
one’s own experience with sth: (物を)身をもって経験する
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 100
often experience trifling disappointments: 軽微な失望を繰り返す
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
like a woman experience a total neural breakdown: 神経系統全体がどうにかなってしまった女のように
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
just kind of chalk sth up to experience: もう過ぎたこととする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
judging from previous experience: 例によって〜にちがいない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 25
it will be an experience to do: 〜できたらどんなにすばらしいことか
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 98
it is sb’s first experience of ...: 〜したのははじめてである
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 255
in one’s experience this is ...: 〜というのは、〜ものだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 386
humiliating experience of doing: 〜するという恥ずべき失態
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 220
have the experience of ...: 〜というような目にあう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 211
have the bitter experience of doing: どんなに〜していたか身にしみて知っている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 302
have that experience frequently: そんな経験は珍しくない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 46
have never experienced before: 為体のわからぬ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 244
have more experience in dealing with sb: (人との)対戦に馴れている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 32
have bad experience with ...: 〜のことではいやな思いをしている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 106
have a similar experience: おぼえがある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 421
for all one’s gray years and sage experience: 自分の年齢と分別を忘れて
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 58
experience through the skin: 皮膚で感じとる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 265
experience teaches us that ...: 〜であるものだ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 136
experience one’s fair share of hardships: どんどん苦労をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 217
experience difficulty with ...: 〜に苦労する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 61
experience chest pains when greatly upset or angered: なにかとてつもない心配ごとや怒りごとがあると胸が痛くなる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
experience any sexual desire: 肉感がある
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 154
experience a sense of pride at ...: 〜に誇らしい気持ちを感じる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 65
experience a rather strained feeling: どうもこじつけめいた感じがしないでもない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 29
experience a fresh resurgence of the concepts and images that ...: 〜の構想やイメージが、今、あらためて現れてくるのを感じる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 183
experience a few nervous moments: 一時は色を失う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 326
draw an analogy to one’s own experience: 自分にことよせて考える
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 115
describe similar experiences with sb: (人と)同じような目にあわされる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 225
can physically experience the feelings of ...: 〜そのものを皮膚で感じる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 175
burglar who had some previous experience: 駆け出しではない強盗
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 177
be from personal experience: 自分の目で見てきた話だ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 178
be a wholly new experience for sb: また別物だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 250
be a completely different experience: 勝手が全く違う
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 7
an experience one have actually had some two month before: 2カ月ほど前の実際の経験
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 30
a writer interested in every aspect of human experience: 人間のことなら何でも興味をもつ小説家
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 161
a novel experience for sb to do: 始めのうちは〜するのが珍しい
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 61
be an extraordinary experience: 何か只ならぬ感じがする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
although one actually experience neither ... nor ...: 〜でも〜でもないのに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 99
allow sb to organize social sense experience: 〜のおかげで、どうにか社会生活を営めている
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 192
I believe I've had rather more experience with civil matters: 民事の方面ではかなりの経験を積んできた、わたしはそう自負してますがね
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 231
leave those experience utterly to chance: まったくの運まかせにする危険をおかしている
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 54
heartstopping personal experience convince me that ...: 心臓が縮みあがりそうになった経験からいくと〜
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 221
Judging from previous experience he had been denouncing me: 例によって、私の弾劾演説をやっていたにちがいない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 25
no experience is more disheartening than to have to use sb’s money on such things overseas: そんなもので向こうで金を使うのが一番つまらんぞ
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 12
experience doubt from another quarter: 別の疑惑が生じる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 309
try to draw some inferences from the experience: 推理してみる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 49
an extraordinary experience: まったく異様な体験
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 438
extraordinary experience: 只ならぬ感じ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
I don’t suppose sb’s experience has gone very far: (人の)経験がそれほど豊かだとは思わない
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 190
experience sb’s problem at first hand: (人の)抱える問題を身をもって経験する
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 216
foreign experience: 他国での経験
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 17
having gone through that kind of experience: 二度の体験にこりて
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 94
heartstopping personal experience: 心臓が縮みあがりそうになった経験
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 221
hesitate to talk about a religious or mystical experience: 宗教的、あるいは神秘的体験といった話はあまりしたくない
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 151
use one’s imagination in rearranging one’s experience: 虚構をまじえる
hope that there is experience there as well as incentive: 熱血もけっこうだが経験がなくても困るな、と(人は)思う
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 261
try to draw some inferences experience: 推理してみる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 49
an experience of intense, pure vision: 極度に強い幻惑
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 28
have learned by experience that ...: 経験からのみこんでいる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 308
leave those experience utterly to chance at one’s peril: まったくの運まかせにする危険をおかしている
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 54
far more mature in one’s experience of men: もはや男に慣れたという言い方のほうがよさそうな
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 129
a man of almost no experience in the mountains: 登山の経験がほとんどない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 118
no previous experience necessary: 経験不問
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 186
Tweet