× Q 翻訳訳語辞典
gray   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おぼろげな
   
suddenly the old grief rises up and folds sb in its gray embrace: 心の底に長く眠っていた悲痛な思いが、おぼろげな形をとって(人を)つつみこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
ごま塩の
   
a shaggy, gray eyebrow: もじゃもじゃのごま塩の眉毛 オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 165
とび色の
   
gray eyes: とび色の瞳 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 11

グレーの
   
mangy gray shag: 汚れたグレーのカーペット トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238

灰色
   
the day have turned gray and cloudy: すでに室内は灰色に翳りはじめている クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 329
gray on indigo and jet: 藍と漆黒の地に灰色 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
begin to fill with deepening shades of gray: しだいに色を深めていく灰色の影にすっぽりとおおわれてしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
灰色に塗られた
   
a two-story gray structure: 灰色に塗られた二階家 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 322
灰色の
   
be ground to gray mush: 踏みつぶされて灰色のぬかるみになる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 144
殺風景な
   
for his little flat in the Barbican, which he felt was rather gray: やや殺風景な感じのするバービカンの小さな部屋に ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 48
土気色
   
the fatal gray of sb: (人の)死のような土気色の顔 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 85
白く
   
feel one’s hair slowly turning gray: 自分の髪が少しずつ白くなってくるような気がする ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 62
白みかけている
   
the sky is faintly gray: 空はうっすらと白みかけている ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 83
白髪まじり
   
sb’s graying hair: 白髪まじりの髪の毛 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
不快
   
all maroons and grays: ありとあらゆる陰鬱で不快な気持ち スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

turn gray: 白くなりかける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 9
curly gray hair: ちぢれた白髪
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 248
with rampant gray hair, all curls: ごま塩頭はぼさぼさで見事に縮れている
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 75
with full head of dark hair, graying slightly at the temple: 濃い豊かな髪のこめかみのあたりに白いものが混じりはじめた
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 49
the sky has turned to a monotonous slate gray: 空はスレート色一色に変わっていた
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 432
the gray sky beyond, which is threatening snow again: どんよりとした雪もよいの空
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 97
soon the gray would darken into night: ねずみの色が濃くなりやがて闇になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 202
sb’s thinning gray hair: (人の)薄くなった白髪頭
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 273
sb’s face all drawn and gray: 顔は血の色を失ってゆがみ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 203
infallibly prevent the hair from turning gray: 白髪防止のきき目もまた絶妙だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 164
for all one’s gray years and sage experience: 自分の年齢と分別を忘れて
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 58
a deep gray depression settles over sb: 薄墨を流したようなふさぎの雲が、心に重くのしかかっている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 187
rub grease across the shirt in glaring dark-gray stripe: 油をなすりつけられたシャツには、四本のねずみ色の線がくっきりと残る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
an ancient gray-planked dock: 灰色の外板を張った昔ながらのドック
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
big gray fur coat: ゆったりとした灰色の毛皮のコート
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 112
might as well call gray: 灰色といってもいいくらい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
a fine-looking man with curly gray hair: グレイの髪を波うたせた
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 99
gray and forbidding, dominating the city: 灰色でいかめしく、町を睥睨して建っている
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 80
be vigorously drying one’s gray-flecked hair with a hand towel: 手拭いでごま塩の頭をごしごしとかく
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 19
look gray-faced and exhausted: 顔は消耗して真っ白だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 343
have glittering gray eyes: 灰色の眼光は鋭い
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 217
Bald heads, gray hair, wrinkles, fat, liver marks: 禿頭。白髪。皺。太鼓腹。肝斑
be a fittingly gray and gloomy one: いかにもそれにふさわしい憂鬱な天候だ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 121
the gray food: 臭い飯
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 18
the peacock picked up its gray feet: 孔雀がその灰色の脚をぴょんぴょんとはねあげる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 58
with a hard, weathered face, gray forlorn eyes: コチコチした感じの、陽焼けした顔と灰色のわびしげな眼をした
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 84
frank gray eyes: つぶらな灰色の目
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 57
dark slowly gives way to a pale and ghostly gray: あたりはしだいに明るくなり、暗闇は蒼白い無気味な灰色に変わっていく
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 123
a handsome, gray-bearded man, about fifty-two: ハンサムな五十二歳ぐらいの男で、白くなった顎鬚を伸ばしている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 308
gray-haired:グレイの髪をした
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 50
"Well," the potato patch owner growled, nodding his gray-flecked head: 「まあしかし……」と、農家の主は太くてひくいしわがれた声を出した
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
be heavily streaked with gray: かなり白いものがまじる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 30
sb’s eyes are gray and neutral: (人の)灰色の目はどのような表情も浮かべてはいない
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 49
glow a pale gray and evaporate: すうっと灰色に光って蒸発してしまう
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 102
a pair of wonderfully sharp and penetrating gray eyes: 眼は灰色で射すように異様なするどさがあった
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 116
a predominantly gray glass-enclosed space: どこもかしこもグレーのガラスで囲まれた部屋
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 419
razor-creased gray flannels: 手の切れそうな折り目のついたグレー・フラノのズボン
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 246
with a shaggy, gray eyebrow: 濃い灰色の眉を動かして
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 232
a snow-dusted roof of blue-gray slate: うっすら雪を被ったブルーグレーのスレート葺屋根
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 279
She herself had thought they were gray: 彼女自身は、灰色の瞳と思いこんでいたのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 66
ツイート