× Q 翻訳訳語辞典
which   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
これ
   
Which is, in short, the present theory about the Milky Way: これがつまり今日の銀河の説なのです 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 56
たとえば
   
which is where: たとえばどこに? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 125
たるや
   
sth which be ...: その(物)たるや、〜だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

..., which ...: 〜。それは〜。
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 11
which shows that ...: してみると〜というわけだ
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 167
which brings sb to ...: というわけで
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 243
one do, the sight of which ...: (人が)〜していたので
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
let sb be the one to wondering from which direction the Wrath of one will fall: (人)様の怒りがどこからその頭上に降りかかってくるかときょろきょろしているがよい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
incredibly powerful winds were gusting every which way: 方向のめちゃくちゃなものすごい突風が吹きあれていた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 227
do not know which way to run from the flames: 火に追われて逃げ迷う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 112
do again, which brings sb’s attention: もう一度〜すると(人が)それを聞きつけて出てくる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
..., which if true, ...: もしその話が本当だとしたら、〜
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
have an abrupt manner which tends to make people nervous: つけつけした物言いで周りの者を神経質にする傾向がある
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 63
Dandyism, which is an attempt to assert the absolute modernity of beauty: 美のまぎれもない現代性を主張しようと試みるダンディズム
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
be absolutely mystified about which way to go: どの道に進んでいいのか五里霧中の状態だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
the tears which sb’s affecting accents cause to flow afresh: いやがうえにも感情をかきたてる(人の)言葉つきに新たにどっとわきでる涙
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 193
there is no other socially acceptable circumstance in which ...: 〜できるような関係は、ほかに存在しない
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 251
be not something to which one be accustomed: (人には)なじものないもの
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 578
the fear to which sb is accustomed: (人の)常套手段である恐怖
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 73
one’s sense achieves a power which impels it to seek out ...: (人の)感覚は〜を探りだすまでに高められる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 89
the activity in which one had so recently played a part: きのうまで一役演じていた仕事
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 6
It belongs to their computer security group, which is actually public: コンピュータの安全基準にかかわるNSAの下部機構の所属で、事実上、公開されています
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 147
admit an emotion about which one can do nothing: どうにもならぬ心を打明ける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 122
sth which sb have noticed on one’s advance visit to ...: (人が)開店前の〜で見かけた〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
find a state of affairs which banish sth from one’s mind: 〜を忘れてしまうような事態になっている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 107
clothes which have spent a happy afternoon drying in the sun: 午後のうららかな太陽に照らされてさらりと乾いた洗濯物
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
be willing to agree to any arrangement which would enable one to do: どんな条件でも〜出来れば好い位に考える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 153
the forty loveless years which lay ahead of sb as one’s mate: これから四十年、つれあいと愛のかけらもない歳月を過ごしていく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
not all the things which happen in ... is known to sb: (人が)〜で起こったすべてのできごとを知りつくしているとはかぎらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 206
the pain which have nagged sb all night: ゆうべからずっとつきまとっている痛み
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
dismal functions which allow us our meager share of daily satisfaction: 日々のわずかな満足を得る機能
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274
sb’s boots, which almost certainly have no soles left upon them: まず間違いなく底がすりへっている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 144
a voice which is almost a groan: うめきに近いような声
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
feel ..., as if sth were not simply speculation but something which have already happened: 〜がたんなる想像の産物などではなく、じっさいに起こったことを見ているような気分におそわれる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
You can also use the bark for a tea which assists in astral travel: それにね、樹皮を煎じて飲むと宇宙的トリップのときに効くのよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 89
also calls for beer, into which sb pours several spoonfuls of sugar: ついにビールにしこたま砂糖を入れて飲みはじめた
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 99
vacancy into which sb always sink: 決って虚脱状態に陥ってしまう
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 75
the same thing which always happens in ...: 〜につきものの事件
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 141
ever since those days this has been ... which one have always done: 〜はこのころからこうだった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
And he had lopped off his wild hair, which gave him a forlorn, bald look: おまけに蓬髪をばっさり切って、なんだか以前とくらべるとまるでたよりないような丸坊主姿になっていた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
speak in a tone which is not quite angry: 声に怒りのひびきは混じっていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
We collapsed on the terrace of another cafe, which overlooked the valley: 渓谷を見降ろすカフェで私たちはまたもやへたり込んだ
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 117
it is not another of the dreams in which ...: 今までも夢の中では、よく〜だったが、今日はもはや夢ではない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 188
to which you obviously have a satisfactory answer: それで、理由はわかったのですね
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 66
want something which will relieve one’s feelings of anxiety: 不安感をとりのぞいてくれる薬を処方してもらえないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
one’s future, which is precarious enough anyway: ただでさえ楽天的には考えられない運命
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 30
every phrase in which ura or omote appears can be explained in terms of this correspondence: オモテとウラを含む大部分のものがこれで説明がつくと考えられるのである
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 11
this is not the face of sb which have appeared in a photograph at ...: 〜の写真に出ている(人は)あんな顔ではない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 55
a gentle accent which seems molded exactly to his appearance: といっても、顔かたちを見て初めてそれとわかるていどのなまりだ
マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 11
There is a Zen koan which is applicable: この状態にふさわしい禅の公案があります
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 237
a beach which approximated, as far as possible, the privacy of their hotel room: 少なくともホテルの部屋と同じ程度のプライバシーが保証された海岸
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 112
one’s great-coat, which one hold bundled up in one’s arms: 小脇に包み込んだ外套
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 52
beat his tail, which is as fat as an arm: 大人の腕ほどもある太い尻尾を打ちつける
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 99
which surprised as well as hurt sb: これには(人は)傷つきもしたがびっくりした
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 196
as proof of which ...: それを裏書するように〜
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 183
Alexandra has serious problems which require the assistance of a mother: アレクサンドラが重大な問題をかかえて、いますぐ母親のたすけを必要としてるんだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 11
assistance which relatives render sb: 実家からの援助
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 122
I am quite pleased with the promptness with which you attended to our needs: われわれがお願いしたことを早速片づけて下さってほんとうにありがとうございました
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 108
in under two minutes, which is one’s average serving time: だいたい二分以内に持ってくる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 122
I always try to avoid that sort of situation, which I find awkward: わたしはこうした状況が苦手で、努めて避けるようにしているのだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 412
that is the balance point on which whole thing rests: その一点にすべてがかかっている
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 306
..., which is why sb was there: だから、〜は〜まで足をのばした
circumstantial evidence which seems to bear ... out: 〜はかならずしも無理な憶測ではあるまいと考えるための傍証
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 78
the mist which the rain has become: 雨が霧にかわる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 15
civilization which human beings have now begun to replace: 地球文明にその座を奪われつつある文明
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 14
civilization for which better men than you will ever be have died: お前らが逆立ちしても追っつかない先達が身を挺して築き上げた文明社会
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 120
block observation of which one disapprove: 反論は容赦なく切り捨てる
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 223
something which is both stiff and yielding: ごつっとしたようなぐにゃっとしたようなもの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 311
the thing which lies buried in the bottom of one’s heart: 底のほうに沈んだ心
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 45
Take this spur line, boy, before they shut us down, which may be any day: この線だってさ、あんた、いつなくなるかわかんねえよ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 95
sb’s face, which is round, boyish and friendly: 柔和でまるっこい童顔
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 273
break the layers into which sb have sunk: (人が)沈んでいた眠りの層を突きやぶる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 5
which brings us full circle to sb: めぐりめぐって(人の)出番がくる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 245
a massive brow of sand which hangs down: 重たそうにたれ下がっている砂のひさし
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 47
the clouds which are building up: もくもくと立ち上がりつつある雲
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 69
the place with which one do business: 取引先
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 51
one of the first consideration which arises in the business mind of sb: 銀行屋として(人の)真っ先に考えたこと
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
But now they'd come to an area in which she excelled: そして、やがて教官たちは彼女に完全に兜を脱いだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 17
there was but one problem which ...: 〜問題といってはひとつしかない
or sth, which seem the buzzword: (〜というより)〜といったほうがいいか
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 107
caress ... with a finger which is not quite steady: ともすればふるえがちな指で〜を撫でる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
not one which hold true in all cases, or even most of them: すべての、いやほとんどの患者にこれがあてはまるとはかぎらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
in which case sth would do ...: たとえそうなった場合でも、〜するのがオチだろうよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 99
It was certainly an environment in which insects would gladly live: いかにも、昆虫がよろこんで住みつきそうな環境だった
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 25
there might be conditions which change ...: なんらかの条件が整えば〜は改善されるやもしれません
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 237
diamonds into which the sun change them: 日の光を受けてまるでダイアモンドのように輝く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 85
blue chasms which go down and down into some horrid indigo eternity: 底なしの青をたたえた恐ろしい深淵
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
Assuming it really was true, which was something he had to check: 事実であるとしてのことだが、もとより真偽は確認しなくてはならない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 367
coo in a facetious tone which nearly makes sb choke: わざと軽く甘い声を出すので、(人は)思わず咳きこみそうになる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 272
choose an out-of-the-way tea-house in which to rest: はづれのほうにある茶店で休むことにする
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 30
circumstances under which ...: 〜した経緯
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 5
a detailed written description of the circumstances in which ...: 〜の事情を詳しく書いた文書
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 197
there are circumstances in which ...: 場合によっては
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 395
the sheets which sb hang out clean: (人の)手でぴんと張りわたされているシーツ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
wrap sb in a cloak of gentleness which keeps sb from the harshness of the world outside: 柔らかな雰囲気に包みこんで(人を)外気から守る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 129bad
Tweet