× Q 翻訳訳語辞典
way   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜通り
   
twelve ways: 一二通り ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 9
〜方
   
enquire in a loose and general way: 漫然と不得要領のききかたをする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 26
〜法
   
a way of committing suicide: 自殺法 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 145

あり方
   
いい分
   
each have said his way: それぞれのいい分をいった スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 38
かたち
   
will not force him to remember her that way: そういうかたちで女のことを思いださせたくはない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 206
in some way or the other: 何らかのかたちで デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 167
by way of the beeper: ポケットベルというかたちで ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 71
かわり
   
by way of a greeting: あいさつがわりに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
きっかけ
   
there is no gracious way for one to withdraw: うまく座を外すきっかけがない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 82
くせ
   
one’s featherbrained ways: そそっかしいくせ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 356
さま
   
have a human look about them the way they stand up close to one another: ぴったりと寄りそって立っているさまは人間のようでもある ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 132
しぐさ
   
the way sb run sb’s fingers through sb’s hair: 髪に指を走らせるしぐさ クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 298
even the way you light a cigaret: 煙草に火をつけるしぐさひとつにも カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 126
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
じりじりと近づく
   
edge one’s way toward ...: じりじりと〜に近づく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 133
すべ
   
way for doing: 〜するすべ サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 134
there is no way of guessing: 推測するすべはない ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 46
there’s no way to know if ...: 〜かを知るすべはない ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 241
no way of knowing: 知るすべはない フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 144
Is there no other way to tell if a string has Buddha-nature?: 糸が仏性を有するかどうかを知るすべはないわけかい? ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 245
have no way of doing: 〜するすべはない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 334
ずいぶん
   
be way early: ずいぶん早い サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 190
ずっと
   
sit way in the back of ...: 〜のずっと後ろのほうに坐る サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 286
そうしたもの
   
that’s the way things are: 世の中そうしたものでね クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 320
それ
   
life can be that way: それもまた人の世だよ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 48
てだて
   
way to do: 〜するてだて 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 42
ところ
   
have a compelling way about one: どこか強引なところがある ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 55
be already settled in its curious way: 妙に〜は、すでに落ち着くところに落ち着いている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 559
ところで
   
half way through his first pastis: 一杯目のパスティスを半分飲んだところで メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 65
ならわし
   
quickly come to know much of the ways of ...: 手早く〜のならわしをたくさん覚える ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 124
はるかに
   
be way beyond anything that one know about: (人の)常識をはるかに超える ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 173
やりかた
   
that’s the way corporate America works: いかにもアメリカ株式会社のやりかたですが プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 46
in the sort of candid way that probably too few siblings ever do: 普通の兄弟のあいだではまず見受けられないであろう率直なやり方で ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
やり口
   
sb’s commanding way: 有無をいわせぬやり口 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 136
in rage against the way ...: 〜というやりくちに腹を立て ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 14
be troubled by the way ...: 〜のやり口が気に入らない ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 32
やり方
   
the way one have been with sb: (人に)対するやり方 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 159
play sb’s way: (人の)やり方に従う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
particularly in a rambling way: まったくとりとめもないやり方で ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 368
one’s way of ...: (だれかの)一流のやり方 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 83
like the way ...: 〜するやり方に、心を惹かれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 521
in sb’s way: 〜流のやり方 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 83
in one’s gentle, familiar way: (人の)いつものおだやかなやり方で トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 135
hurt sb in shameless and cruel ways: (人の)ことを厭わしい、醜いやり方で傷つける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 304
have got a way to do too: 〜しかたにだってやり方がある 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 190
have a way with the facts which can be ...: 〜ともとれるやり方で事実を扱う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 292
ようす
   
with a solemn way one have: いつものもっともらしいようすで スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 89
よすが
   
provide a way of doing ...: (〜する)よすがになる 三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 159
らしさ
   
a policeman’s way of doing ...: 〜する警察官らしさ ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 199
わけ
   
the way of sb’s coming: (人の)やってきたわけ オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 140

コツ
   
have a way about ...: 生まれつき〜のコツを知っている キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 141
チャンス
   
no way sb can ...: 〜するチャンスはゼロ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24

意志
   
have one’s way: その意志を貫く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 206
意識
   
in a confused way: ひどく混乱した意識で ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 26
意味
   
in all ways: あらゆる意味で トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
一路
   
throb one‘ way nor’-nor’-west: 爆音高く一路北北西に向かう マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 455
遠い
   
quite a way from ...: 〜からはちょっと遠い メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 100
横丁
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
可能性
   
know of any way ...: 可能性を思いつく ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 241
格好
   
can’t go to ... that way: こんな格好で(場所に)行けない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 367
恰好
   
be bent forward in this queer way: 妙な恰好で前のめりになる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 119
感覚
   
in some peculiar, self-destructive way: ある異様な自滅的な感覚で キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 160
観点
   
think about sb’s stories in new and substantial ways: (人の)話をまた違った、実のある観点から眺める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 592
距離
   
walk a short way back almost to where the cross stands: 〜の近くまで、みじかい距離を歩いてもどる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
a long way: 長い距離 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 448
具合
   
this way: こんな具合に プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
the way one lowers one’s face to sth: その顔の近づけ具合 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 58
   
to describe it another way: それは別の形でいえば 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 26
in a fairly subtle way: なるべく婉曲な形で サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 18
   
a way into ...: 入りこむ隙 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 161
見方
   
resent the way this whole event is being viewed: この事態についての世間のものの見方を、承服することができない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 482
言いぐさ
   
what a way to speak of sb: 〜に対して何という言いぐさだ アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 12
言葉
   
woo sb in one’s soft way: 甘い言葉で誘う トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
be from the way sb: (人の)言葉のせい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
個所
   
in all sorts of ways: あらゆる個所に キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 70
悟り
   
The Path to The Way: 悟りに至る道 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271
   
it is not difficult to find some way of supplementing sb’s income: 内職の口は払底でもない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 191
口ぶり
   
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 12
口実
   
an acceptable way to refuse it: 断る態のいい口実 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 70
向かう
   
say on the way to ...: 言いながら〜に向かう クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 198
工合
   
in this way: こんな工合ですから 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 65
考え
   
look at sb in one’s twisted way: ひねくれた考えで(人を)観察する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 269
行く手
   
stand somewhat in sb’s way: (人の)行く手に立ちふさがる O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 148
block sb’s way: (人の)行く手を塞ぐ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
行く先
   
block sb’s way: (人の)行く先へ立ちふさがる 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 9
行為
   
if it were in the nature of traitorous way to thrive: もしかかる通敵行為がそのまま栄えるものであったならば ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 115
姿
   
the way it is meant to be: あるべき姿 ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 88
思案
   
easy way: うまい思案 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 60
糸口
   
there’s always a way: どこかに必ず糸口がある 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 200
事実
   
the way in which ...: 〜という事実 有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 111
   
this is the only way to do: この一手以外に〜する方法はない 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 228
there are ways: いろいろ手はあるさ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 52
send sb message that way: (人に)その手で意思表示する ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 173
a better way: もっといい手 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 528
手ぎわ
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 485
手だて
   
There's no way to stop it, and who's to say we should: それをとめる手だてはなく、とめるべきだという論拠もない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 69
Is there any way of tracing these books?: そういった本を追跡する手だてはないんですか? ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 272
if there’s a way to do ...: 〜する手だてがあるものなら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 351
have been able to discover no way to do: 〜する何の手だても見つからない 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 117
find a way to take care of oneself: 生きていくための手だてを、自分で見つける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 364
find a way to ...: 〜する手だてを考え出す ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 77
a way out of this: この窮地を脱する手だて クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 513
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
手つき
   
the way one is always fussing sth: たえずそこをいじくる手つき トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
the way one do: 〜する(人の)手つき 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 168
sweep one’s hat off one’s head in a very elegant way: 気どった手つきで麦わら帽をさっと脱ぐ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 64
in one’s clumsy way: 独特のぶきっちょな手つきで キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 33
手のうち
   
show sb the way: (人に)手のうちを明かす フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 144
手はず
   
the way sb work ... with sb: (人と)そういう手はずになる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 340
手口
   
this nasty brawler and the obvious ways that he cheats: この汚らわしい芝居がかった男と(人の)見えすいた手口 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 314
手順
   
They'd run the whole slate that way: この手順で、彼らは全レースをためしてみるんです スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
手蔓
   
actually be the way to do: 〜するのにかっこうの手蔓 フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 172
趣味
   
that’s not my way: おれにそんな趣味はない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 6
   
the way sb get sb’s wealth: 蓄財の術 ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 171
know the way: 〜する術を心得ている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
have no way of knowing ...: 〜か知る術もない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 474
勝ち目
   
there is no way one will win this argument: この議論に勝ち目はない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 126
場所
   
I knew the way: 場所はわかっていた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 33
常識
   
become the American way: アメリカ企業の常識になる サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 243
状態
   
the way one be: あの状態では クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
心の部分
   
in other ways: 心のべつな部分では クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 132
振る舞い
   
grow strange in one’s ways: 奇妙な振舞いをするようになる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 39
対策
   
the obvious way to do: 〜する最も確実な対策 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 269
態度
   
sb’s offhand ways: (人の)むぞうさな態度 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 74
sb’s kind way: (人の)親切な態度 ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 131
look at ... in an understanding way: 〜に対して(人が)理解ある態度をしめしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 84
断行
   
finally have one’s way: だから良いと思う所を強いて断行する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 185
調子
   
say in a leisurely way: どうでもいいような調子で言う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 311
listen to me in one’s usual way except for an occasional ...: 何時もの調子で〜といってくれる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 69
in a very confrontational way: 詰問するような調子で ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 206
in a gentle but explicit way: 穏やかだが、うむをいわさぬ調子 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 572
be very much like the way ...: 〜と同じ調子 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 22
be in some misty way: 何か夢現のような調子ではあったが ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 26
通りに
   
the way I tell you to: 俺の合図通りに クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 36
程度
   
in different ways: 程度の差こそあれ オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 35
展開
   
the way the night have turned out: この夜の思いがけぬ展開 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 284
   
be on one’s way home: 帰国の途につく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
途中
   
go over procedures on the way over: 途中でもう一度、作業手順の打ち合わせをする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
逃亡
   
send any help one’s way: (人の)逃亡を助ける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 477
動作
   
one’s curt and cold ways: 時々の素っ気ない挨拶や冷淡に見える動作 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 14
   
way around ...: 〜を避けて通る道 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 223
there is no easy way to do: (〜する)早道といったものはない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 337
the quickest way to ...: 〜への一番の早道 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 372
take the easy way out: 安易な逃げ道をとる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 332
stop on the way home and do: 〜の帰り道、(場所)によって〜する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 471
pave the way: 道をならす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 46
on the way over: 道々 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 105
on one’s way back: 帰り道 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
make a way for sb: 道をあけさせる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
lose one’s way: 道を踏みはずす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 172
knowing one is going the right way: この道でいいと確信しながら レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 94
go the way of ...: 〜とおなじ道をたどる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 229
go out of one’s way to do some kind of job on sb: (人に)対して道をはずれた行為におよぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
find a way to change things: 世の中を変える道を見いだす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 393
empty can out of one’s way: 通り道にころがっていた空缶 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
clear the way for ...: 〜の道を開く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 16
begin to follow one’s beloved true way: 自分の好きな道を歩き出す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 188
be determined to do one’s own way: 自分の決めた道を何がなんでも突き進もうと心に決めている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 489
be absolutely mystified about which way to go: どの道に進んでいいのか五里霧中の状態だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
be about the only way that ...: 〜するより外に道がない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 160
a place of no third way: 第三の道のないところ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
道順
   
Oh I know the way: 道順は知ってる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 58
ask the way to ...: 〜への道順を尋ねる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 197
破目
   
it have just never worked out that way: 一度もそういう破目には至らなかった クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 493
抜け道
   
have one’s ways: いろいろ抜け道を編みだしている レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 25
反応
   
go quite the other way: それと逆の反応をしめす ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 287
   
force sb’s hand and get one’s way: (人の)手を借りてみずからの扉をこじあける ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 22
表現
   
a very complicated way of saying that ...: 〜というには、だいぶもってまわった表現である マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 71
   
be disposed of this way: こんな風に始末される クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
   
she is queer to handle till sb know her way: あの船ときたら、癖をのみこむまでは一筋縄ではゆかん スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 186
   
secretly look sb’s way: (人の)方をそっと振りかえる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 102
not the way sb is angry: (人の)ような怒り方はしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
be not supposed to die that way: あんな死にかたをしてはいけないわ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 238
方向
   
run hard the other way: 脇目もふらず逆の方向に向かって走る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 232
point the wrong way: あらぬ方向へ向ける ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
方式
   
way to do: 〜する方式 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 271
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 72
方便
   
方法
   
try to think of a way to do: 〜する方法はないだろうか、と考える 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 114
there are only so many ways to do ...: 〜をやる方法は限られている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
the way sb do sth: 〜の運営方法 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
the easiest way to do sth: 〜する最良の方法 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
the best way: 最良の方法 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
pick a very unusual way of training sb: すごく変わった方法で(人の)トレーニングをする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 35
be a good way of doing: 〜は〜する絶好の方法 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 209
a way to enhance communication with sb: (人)との交信方法 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89
a dozen ways: 方法の十や二十 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
   
set up a way of contacting sb: 〜あての連絡法を決める クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 156
   
in many ways: いろんな面で ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 531
面持ち
   
the excited way sb discuss ...: (人が)〜のことで興奮した面持ちで語り合う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 85
様子
   
strut toward ... in one’s superior way: もったいぶった様子で近づいてくる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 205
in a most tentative way: なんとも困り果てた様子で プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 270
can tell by the way that sb is acting, that ...: (人の)様子から、〜らしいと推察できる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 479
流儀
   
the ways of ...: 〜の流儀 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 105
profile sb one’s way: 自分の流儀で(人の)プロフィールを紹介する クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 248
one’s way is to cause whirlwinds: 何をするのにも波風を立てるのが〜の流儀だ ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 70
旅路
   
one’s one way home is by way of dying: 故郷への片道切符は死出の旅路である ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 96
   
mean to earn one’s own way through: 自分の力でやっていくつもりだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 409
   
be just one way: 一例にすぎない コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 77
話の脈絡
   
lose one’s way: 話の脈絡を見失う ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 269