× Q 翻訳訳語辞典
letter   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
手紙
   
write sb letters: (人に)手紙をよこす デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 395
write out a letter in one’s own hand: 手紙を自筆でしたためる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 51
write angry letters: 怒りの手紙があいつぐ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 284
what a pious letter: 何て宗教くさい手紙なの! 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 116
the letters stops coming: ぱったりと手紙が来なくなる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 111
the letter reaches sb: この手紙が(人の)手に落ちる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
the letter reaches sb: 手紙が(人の)手に落ちる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
send sb a letter: 手紙を書く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
sb say in sb’s letter ...: (人の)手紙の文句を借りるなら〜 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 297
say nothing of importance in the letter: 手紙のうちにはこれというほどの必要の事も書いていない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 106
read sb’s letter from beginning to end: 始めからしまいまで(人の)手紙に眼を通す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 141
put sb’s letter in the letter rack: 状差しへ(人の)手紙をさす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 144
one’s frequent letters: (人の)たびたび書いた手紙 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 101
letters which ultimately proved fruitless: 結局はなんの実りももたらさなかった手紙 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
forward the letter: 手紙を転地先に送る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
dash off letters: 急ぎの手紙を出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
crumple the letter: 手紙を握りつぶす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 296
close the letter with the word ...: 手紙の末尾に〜と書く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 104
bold letters: 手紙の大胆な書きぶり 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 99
a letter to sb: (人へ)遣った手紙 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 95
a letter of appalling misery: みじめこの上ない手紙 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 229
書面
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 118
   
a lengthy salutatory letter: 長い挨拶状 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 213
投書
   
the letters to the paper: 新聞社あての投書 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 352
文言
   
violate the letter of the law: 法の文言に抵触する サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 112
文面
   
the letter seems to emit a fragrance of strangely youthful emotion: 異様なほど若々しい情緒に匂う文面だ 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 78
judging by one’s letter: 文面を見ても 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 215
返信
   
letters sb wrote: (人が)したためた返信 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
at the bottom of the letters is this notation ...: 返信には、末尾に〜という記号が残されている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
便り
   
a brief but pleasant letter from sb: 短いけれど温かい便り ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 132
郵便
   
write sb a letter giving sb the details: 細かい事情を認めて郵便で出す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 126
the letter reaches ...: 郵便が(場所)に届く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 105
letter slot: 郵便受け 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
恋文
   
constantly write one letter after another to sb: (人に)せっせと恋文を書いて差上げる 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 34

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

write ... in large letters: 大書する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
to the letter: 完璧に
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 141
to the letter: 逐一
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
the Sanskrit letters: 梵字
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 48
the least prolific letter writer: 筆無精
サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 13
letters column: 読者からの投書
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 250
letter of commendation: 賞状
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 133
in sb’s letters: 文通をとおして
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 444
follow sb’s instructions to the letter: (人の)いいつけに忠実に従う
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 144
draft letter to the paper: 投書の下書き
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 243
don’t answer sb’s letter: (人に)返事を寄越さない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
conclude the letter with ...: 最後に〜を附け加える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
carry out sb’s orders to the letter: (人の)いったとおりにする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 38
be pleasantly charmed by the strength and swirls of the letters one produced: 堂々と力強い筆跡に一安心する
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 27
a giant neon sign with letters of screaming scarlet: けばけばしい緋文字のネオンサイン
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
a dunning letter for sth: 〜の督促状
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 360
what actually is in that letter: その手紙にはいったいなにが書いてあったんだい
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 173
letter of appreciation: 礼状
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 364
produce from under one’s arm a great letter: 小わきにかかえこんでいた大きな書状をやおらとりだす
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 77
that letter that sb is reading so attentively: (人が)目の色変えて読んでるその手紙
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 173
awful letter: おぞましい手紙
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
the letter begins in that way: 大体斯う言った書き出しである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 12
begin one’s letter:: 手紙の書き出しはこうだった
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 92
broken letter: くずし字
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 36
sit down and calmly write a letter like this: こんな風に落ちついて手紙を書けるのも久しぶりのことです
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 159
take up sb’s cause with a letter-writing campaign: (人の)言い分を支持する手紙を当局に書き送る
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
read the letter from sb with unusual care: 〜からの手紙は、いつになく心にしみて読みとっている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 195
address the letter in care of ...: 〜気付で
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 364
casting one’s eyes over sb’s letter: (人の)手紙に目を通している
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 122
The letter was as cold and hateful as the stab of an icepick: アイスピックでぐさりとひと突きするような、冷酷で悪意に満ちた手紙だった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 224
try to insert a maximum of cunning into every line of the letter: 手紙の一行一行に狡智の限りを尽くしてみる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 87
dead letter: 囮の手紙
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 191
Sensei had kindly written, I decided, in reply to my letter: 先生はただ親切ずくで、返事を書いてくれたんだと私は思った
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
description in one’s letter: (人が)手紙に書いたこと
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 191
disagreeable letter: 嫌みな手紙
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 77
in the form of letter E: ヨの字型に
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 14
empty letter: 無内容な手紙
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 143
merely writing a letter won’t be enough: 手紙じゃ用は足りない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 113
a fat letter: 部厚い手紙
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 310
three-letter folks: 三文字の役人衆
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
the letter is so magnificently and gorgeously written: その手紙の堂々たる風格は、少々場違いの感がある派手なものである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 11
a very noble and impressive letter: たいそうご立派な手紙
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 125
insulting letter: 嫌味な手紙
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 92
he would have seen it and intercepted the letter: あの人が見つけて、中途で横取りしてしまう
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 5
“Dear John” letter: 決別の手紙
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 418
judge sb by one letter: たった一度の手紙できめつける
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 10
Here's his draft of the letter justifying it: その理由を述べた要望書の草稿だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 292
the latent uneasiness in sb’s mind is roused to vigorous life by this letter: (人の)心に潜んでいた例の不安は、この手紙を読むことによって、いっそうはっきりと表面へ出た
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 105
, lest the letter be captured and read on the way: 途中で披見されてはかなわぬとおもったのである
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 56
let sb’s letter lie: (人の)手紙をほったらかしにする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 223
long-awaited letter: 待ち望んでいる便り
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 295
What a magnificent love letter: 何とまあ大した恋文であろう
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 142
At last she voided the money order and wrote a letter to her mother: 考えたあげく小切手を引き裂き、母親に手紙を書いた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
open the letter: 封を切る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 137
I’m looking for one letter in particular: 実は、捜している手紙がある
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 335
passages from sb’s letter: (人)の手紙のあちこち
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 64
'Some months ago, perhaps two, he received a letter' he said cautiously: 「すこし前、二ヵ月ほど前かな、彼のところへ一通の手紙がきた」もののいいかたが慎重だった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 173
a plain old letter: ただの古い手紙
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 373
No last letter no plausible motive: 遺書もなければ思いあたる動機もなかった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 46
reply to sb and post one’s letter: (人)への返事を投函する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 91
post one’s letter: 手紙を出す
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 358
produce the letter: 手紙をとりだす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 490
read the letter to ...: 〜を前に、読み上げる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 10
receive a letter: 手紙がきた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 173
write in reply to sb’s letter: (人に)返事を書く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
letter of sanction: お墨付き
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 235
ツイート