× Q 翻訳訳語辞典
final   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いまいちど
   
Suddenly, he swung round, in desperate, final appeal: とつぜん、影はいまいちど、必死に訴えてふり向いた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 321
けっきょく
   
the final voice sb used was almost proud, and certainly serious: けっきょく(人は)ほとんど誇らしげな、真剣そのものの声で答えた シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 219
とどめの
   
offer sb some final advice: とどめの忠告を与える ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 503

究極の
   
the final vulgarity: 究極の俗悪趣味 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 364
the final insult: 究極の侮蔑 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
極限
   
the final apathy: 無感動の極限 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
決定的な
   
take to strike the final spark: (人の)怒りに決定的な火をつける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
古い
   
sb’s final Mormon forebear: (人の)祖先としてはいちばん古いモルモン教徒 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 41
最後の
   
have some final feint in store: 最後の隠し玉を持っている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 311
give this final preposterous passage in full: この最後の方図もない一節をそっくりかかげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 36
before one’s final meeting: (人が)最後の対決にのぞむ直前に スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
as a final matter: 最後の一押しをする ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 191
after the final buzzer: 最後のブザーが鳴ると トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 282
最終
   
submit one’s final accounting on ... to sb: 〜の最終計算書を(人に)提出する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
one’s final offer: 最終回答だ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
final word: 最終決定 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 124
最終的な
   
dash any final doubts: 最終的な疑いを打ち砕く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 237
最終的に
   
the final take on domestic: 国内興収の数字は最終的に〜 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 230
仕上げの
   
the final touch of sth that renders the entourage perfect: ( 物で)雰囲気を完璧なものにしてくれる仕上げの一刷毛 O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 195
駄目を押すように
   
one final quick look around ...: 駄目を押すように、もう一度あたりを見まわす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
本当の
   
the final answer: 本当の答 リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 32
末期の
   
speak one’s final words: 末期の言葉を口にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 49

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s final apartment: 終の栖
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
make one’s final declaration: 宣告する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 130
the prospect of the final act: 終幕のたのしみ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 487
the final touch that renders the entourage perfect: この場の雰囲気を完成する画竜点睛
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 78
the final straw for sb: (人にとって)我慢の限界を超えるとき
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 136
the final awesome moments: 感動の終章
say in final reflection: なじるようにいいすてる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
reach the final stage: 末期になっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 266
peek at sth one final time: ダメを押すように再度〜をのぞきこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
only result in providing the impetus for a final suicide attempt: 〜しても、(人が)いつか自殺をする結果をもたらすだけだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 493
make sth’s way into the final selection: ついに選集の形をとる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 280
in the minutiae of one’s final act: この世の雑事のしおさめに及んで
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 12
in the final analysis: 煎じ詰めれば
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 367
have a final thought one want to share: 打ち明けるように言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 241
come to the final step of the argument: 計画を煮詰める
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 297
as a final swipe: だめ押しとして
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 10
with a final affectionate grip of sb’s arm: 最後にもう一度ねんごろに(人の)腕を掴むと
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 279
in the final analysis: とどのつまり
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 426
in the final analysis: 詮じつめりゃあ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 39
in desperate, final appeal: いまいちど、必死に訴えて
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 321
rally one’s powers for a final desperate attempt: 最後の死にものぐるいの力をふりしぼる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 285
the final link in one’s bizarre journey: めまぐるしい旅の最後の行程
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 61
make the final copy: 清書する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 7
in a final desperate effort: 渾身の力をふりしぼって
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 9
final destination: 目指すのは
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 157
be destined to be the final out of the game: この試合の最後のアウトを宣告されることになる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 389
lack the final edge of ...: いまひとつ〜を欠く
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
final edge: いまひとつ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
make one final effort: 最後の抵抗をこころみる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
go to the state final: 州大会で決勝に進出する
the final heat of summer: 夏の最後の残照
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 202
sb’s religious huckstering has led to the final showdown: 狂信者たちをけしかけ、ついにはあの惨劇に駆り立てた
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 150
the final part of its journey: 最後の一丁場
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 13
Perhaps this was just the final apathy: 要するに、これが無感動の極限というものなのだろうと思った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
rag doll taking a final bow: 最後の挨拶をする操り人形
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 51
give them a final resting place: なき霊に休安の場所をあたえる
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 136
make final rotation out of the revolving door: 回転ドアの向こうに消える
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 36
My final shot was, I confess, a very long one: 私の最後の断定は、正直にいって、大胆きわまるものでした
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 45
take a final sideswipe at sb: (人に)張り手をくらわせようとする
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 132
one final time: ダメを押すように再度
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 99
be the final tribute to sb: (人に対する)最後のはなむけ
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 22
turn into the final flight of stairs: 階段の最後の一列に足がかかる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 126
ツイート