× Q 翻訳訳語辞典
perfect   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
あくまでも
   
think with perfect coldness: あくまでも冷静に考える スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 213
ありがたい
   
perfect for ...: 〜にとってありがたい ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 278
あるべき
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 265
いうことなし
   
Perfect, Henry had thought on seeing it: いうことなし、とヘンリーもひと目見て思ったのだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 491
Perfect: いうことなしだわ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 286
いかにも〜にふさわしい
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 28
いちばんいい
   
be just the perfect spot: 〜がいちばんいい クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
うってつけ
   
be a perfect setup for ...: 設定が〜にうってつけだ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 342
うってつけで
   
perfect for sb: (人に)はうってつけで ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 334
うってつけの
   
be the perfect batter for this situation: こういう場面にはうってつけのバッターだ ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 421
おあつらえむきの
   
perfect location: おあつらえむきの場所 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 264
かぎりなく
   
in the perfect peacefulness of one’s triumph: かぎりなくしずかな勝利感にひたりながら ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 87
かっこうの
   
make sb the perfect candidate: (人が)かっこうの的になる アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 14
きちりと
   
be always in perfect order: 実にきちりと片づいている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 84
きちんと
   
have perfect order: きちんと言いつけどおりにさせる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 41
けっこうな
   
perfect for ...: 〜にとってけっこうな ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 278
このことだ
   
the timing is just perfect: 折りも折りとはこのことだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 448
すばらしい
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 45
そりゃいい
   
Perfect: そりゃいい 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 20
ちゃんとした
   
without any detriment to one’s reputation as a perfect gentleman: 別にちゃんとした紳士の体面など汚すことなしに ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 151
どこまでも
   
have perfect trust in sb: どこまでも(人を)信頼する 池波正太郎著 フリュー訳 『おんなごろし』(Master Assassin ) p. 17
なんとも
   
the animal is perfect mean beauty: なんともおぞましく、なんとも美しい生き物だ エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 199
ふつうの
   
in a perfect world: ふつうの世界なら トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
まったく無類の
   
perfect marriage: まったく無類のコンビ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 236
a perfect marriage: まったく無類のコンビ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 296
みごとに
   
come together in a perfect marriage: もののみごとに一致する ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 441
もってこい
   
be a perfect day to do ...: 〜するにはもってこいの日 ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 289
よくよくの
   
be a perfect demon: よくよくの悪党だ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 190

  何という形のいい
   
one’s nose is perfect: 何という形のいい鼻 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 43
恰好の
   
This road is just perfect for people like us who don't want to be noticed: この道は、おれたちが歩くのに恰好の道だなあ、 池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 102
完全
   
perfect crime: 完全犯罪 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 301
naturally sb be not perfect: むろん(人)とて完全ではない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
完全な
   
one’s mouth form in a small perfect o: 口は完全なOの字の形 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
committing the perfect murder: 完全な殺人 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 326
完全無欠
   
It meant they weren't perfect: かれらも完全無欠ではないということだ セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 249
完全無欠な
   
a man of perfect virtue: 完全無欠な徳のかたまり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 162
完璧な
   
want one’s new home to be perfect in every detail: その新しい家を、隅から隅まで自分の思いどおりに完璧なものにしたがる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 324
完璧に
   
in one’s perfect suits: スーツを完璧に着こなした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 17
完璧にする
   
perfect a case against sb: (人に対する)容疑を完璧にする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 223
完璧の出来
   
One demonstration, however perfect wasn't enough, of course: いくら完璧の出来であっても、たった一度のデモンストレーションでは、不足であることはいうまでもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 116
完璧をきわめる
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 461
見ず知らずの
   
spend one’s whole time asking intimate questions of perfect strangers: 見ず知らずの他人に向かって立ち入った質問をしてばかりいる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 99
持って来いの
   
It was perfect lunch weather: レストランで昼食をするには持って来いの天気である メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 54
十全
   
be not perfect: 十全のものではない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 22
傷ひとつない
   
be overwhelmed with a simple, perfect memory: (人の)頭は、このうえなく明快で傷ひとつない記憶でいっぱい スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
申し分ない
   
the perfect setup: 申し分ないだんどり ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 146
申し分なく
   
share a moment of perfect understanding: (ふたりは)申し分なくたがいを理解しあう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
申し分のない
   
the perfect end to a perfect day: 申し分のない一日にふさわしい申し分のないフィナーレ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
真〜
   
perfect cube of ...: 真四角な〜 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
精緻な
   
cast a perfect shadow: 精緻な投影がある 三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 28
絶好の
   
make a perfect fulcrum for one’s delivery: 球をリリースするときの絶好の支点になる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 227
be perfect weather for traveling: 絶好の道中日和になる 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 185
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 187
非の打ちどころのないしゃべる
   
speak perfect English: 非の打ちどころのない英語をしゃべる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 238
非の打ち所のない
   
a perfect background: 非の打ち所のない経歴 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 159
文句なしに幸せ
   
perfect afternoon is to do: 〜してすごす午後は文句なしに幸せだった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 59
磨きをかける
   
be good enough to be perfected: 磨きをかけるだけの値打ちのあるもの マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 276
満点
   
don’t think the situation is perfect at all: これは満点とはほど遠い ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 117
be very nearly a perfect ...: 〜としてはほとんど満点に近い バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 99
理想の
   
the perfect one for sb: (人に)とって理想の相手と巡り会う べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 6
理想的な
   
perfect spot: 理想的な場所 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 430
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 131
立派な
   
Of Kurahara as the perfect villain: 蔵原は立派な悪人として 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 242
腕のある
   
such a perfect housekeeper: とても腕のある主婦 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 183
Tweet