× Q 翻訳訳語辞典
speaking   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
話す
    辞遊人辞書
話すこと
    辞遊人辞書

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

without speaking: 黙ったまま
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 274
turn speaking looks on ...: 〜を、じろりと見やる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 67
large speaking fees on the banquet circuit: パーティをはしごしてちょっと挨拶するだけで多額の謝礼
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 205
in a manner of speaking: いってみりゃ
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 93
aesthetically speaking it is a definite drawback: いささか美観を損じていると言わねばならない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 26
linger on after one have stopped speaking: 聞いた後まで耳に残っている
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 7
all one can manage in one’s speaking voice is ...: しゃべろうにも出るのは〜ばかりだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 436
be speaking apparently of sth: 〜のことらしい
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 120
accept the speaking assignment: 講師を引きうける
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 160
he asked the instructor, speaking curtly, with a tone of confidence: 彼はぶっきらぼうに、しかし自信ありげに教師にたずねた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 65
continued, speaking from somewhere deep inside one: 心の奥の何かにつき動かされるように続ける
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 360
speaking as if one were vexed at this need to defend one’s own viewpoint: なにか歯がゆそうに、かつ弁解するように
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 189
it is entirely for your own sake that I am speaking: ぼくの話だって、きみを思えばこそなのだ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 217
be not speaking from firsthand experience: 直接に体験しているわけではないから、よくはわからない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
finish speaking: 口を閉じる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 187
Fowler had a good, deep speaking-voice and his delivery was flawless: ファウラー大佐は深みのあるいい声をしていて、話し方も非のうちどころがない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 408
frankly speaking: はっきり言って
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 64
generally speaking: 大体
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 178
generally speaking: 〜というところですね
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 97
generally speaking: ふつうなら
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 129
A pitcher from his team was speaking to the guests through an interpreter: 王と同じチームのピッチャーが、通訳を介して記者団や来賓に話していた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
loathe public speaking half as much as I do: 人前でしゃべることを小生同様にきらう
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 8
half-listened to the fisherman speaking: 際限のない漁師の話を聞くともなくぼんやりと聞く
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 228
hate not speaking one’s mind: 自分の気持をはっきり話せないのは大嫌いだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
be speaking from the heart: 本音だ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 176
Hey, are you speaking Japanese? What language are you using?: ちょっと待って、あなた、どこの国の言葉使ってる?
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 15
speaking loud and high: かんだかい声で言う
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 57
I'm speaking hypothetically now: 仮定で言っているんだよ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 38
be speaking in the low tongue, a parody informality: 内輪の気安さを装って下々の言葉を話している
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 192
I’m speaking intuitively now: 感じから言って
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 136
sb’s laboured manner of speaking: (人の)重々しい口の利き方
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 147
practically speaking there’s no such thing as ...: 〜は、実際には存在しない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
physically speaking: 肉体的には
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 567
practically speaking: 常識的に考えれば
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 76
speaking professionally: 医者の立場からいって
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 189
properly speaking: 本来からいえば
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 211
be speaking quite seriously: 口調もまじめそのものだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 157
speaking of sth, I should tell you a rule: 〜の原則についてお話しよう
have been speaking for some time: 最前からしゃべっている
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
be sort of on speaking terms: 会えば話をする仲だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
straight speaking: あけすけなもののいいかた
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
start speaking ... style: 〜を思わせる会話に突入する
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 214
speaking from ... transmitter on the artificial satellite: 人工衛星のトランスミッターから送られてくる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 31
the treble’s shrill tongues speaking at lead: 先手で発声する高音鐘の甲高い舌
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 58
without speaking: 物も言わず
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 91
there’s no use in speaking: これじゃ問答無用ね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 50
speaking to sb: (人に)対応する
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 39
speaking stiffly: 棒くいのような喋り方で
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 27
speaking of whom: うわさをすれば
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 343
speaking German: ドイツ語で
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 450
not be seen speaking to sb: (人に)はなも引っかけない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 162
feel as if I am speaking in tongues: まるで見知らぬ国の言葉を自在に操っているような気がする
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 193
before one have finished speaking: みなまでいいおわらぬうちに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 347
be not on speaking terms: そのときの〜は、気安く言葉をかけあう状態ではない
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 7
speaking very slowly, and with a strained touch of pain in one’s voice: きわめてゆっくりと、張りつめた苦痛をこめた口調で
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 162
strictly speaking: 正確には
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 46
technically speaking sb is not a really guard anymore: 厳密にはもう護衛と呼べない
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 515
Tweet