× Q 翻訳訳語辞典
there’s  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

むろん、トリックということは考えられない: there’s absolutely no doubt that
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
てっぺんにはピンクの字が入っている: across the top there’s writing in pink letters.
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 255
口にされることは多く実際の行動は少ない: there’s been more talk than action
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
わたしの聞くことをさき廻りしないでください: there’s no need to go ahead of what I say
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 74
〜には〜など、いっさいふくまれていない: there’s nothing ... at all about ...
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 238
それほどの差はない: there’s not all that much difference between ... and ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 187
どこかに必ず糸口がある: there’s always a way
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 200
そうではないとはいえない: there’s always that chance
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 70
彼、つきあってる女の人、いるらしいの: there’s another woman
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
どなたもお出になりません: there’s no answer there
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
ああいえばこういう誰かがいる: there’s always someone with an answer
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 237
しゃべり甲斐のある相手があればな: when there’s anybody worth talking to
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 36
相手によりけりだけどね: when there’s anybody worth talking to
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 33
あっという間: there’s no time to do anything
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 228
〜だけが人生ではない: there’s anything more to life than ...
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 25
そこには、歴史を思い起こさせるような事物はひとつとして見当たらない: there’s no history visibly apparent
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 68
つまり、『こてんぱんに言いまかされたね』っていう意味でいう: mean “there’s a nice knock-down argument for you!”
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 112
〜するのにも、腕のふるいどころはなくはない: there’s some art to doing ...
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 85
トリックということは考えられない: there’s no doubt that sth is authentic
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
死んでしまったものは仕方ない: there’s no bringing back the dead
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 158
この決定はくつがえされない: there’s no backing away from the decision
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 345
ずっと奥の方の海の見えるところ: in the back where there’s a good view of the ocean
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 231
(事をすると)すぐ仲良くなれる: there’s no better way to get to know a person than doing sth
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 42
ちょっといい後日談がつく: there’s as better ending to it than that
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 151
〜が大々的に復活している: there’s been a big revival in sth
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 212
(人の)口からは小さなうめき声が洩れる: there’s this little bleat from sb
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 200
ノート一冊埋まる: there’s a whole bloody bookful
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 384
いじめっ子がいる: there’s some bully lurking
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 102
〜にまだたっぷり残ってる: there’s still a bunch in ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 244
もう一組、孵りかけているのがいますよ: there’s another bunch getting ready to hatch
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 60
もう〜するよりほか仕様がない: there’s no help for it but to do
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 220
何の力添えも出来ない: there’s nothing I can do for you
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 211
もしお役に立てるようなことがありましたら: if there’s anything I can do for you
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 247
〜は何かもう一つ、したたかな強さに欠けている: there’s something candy-assed about ...
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 222
痛みも少ない: there’s no chance of any pain
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 16
不可能ではない: there’s always a chance
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 82
きっと〜する: there’s a good chance ...
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 247
そういうことも充分に考えられる: there’s a fair chance of it
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 348
あの連中はみんな似た者同士よ: there’s nothing to choose between the lot of them
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 148
わたしの場合とあなたの場合では、事情がぜんぜん違うから: there’s really no comparison between my circumstance and yours
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 290
しかし、ひとつ疑問に思うんですよ: there’s just one thing I’m still not clear about
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 452
うまい具合に事が運ぶこともあるもんさ: there’s always a chance that something will come up to let him
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 24
実のところ、〜のおかげで恐ろしいばかりに皮肉な顛末がもたらされることになる: there’s a horribly ironic twist that comes from ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 144
ちょっとめんどうなことになっている: there’s some complication
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 65
(物に)しょちゅう悩まされている: there’s a continual problem with sth
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 219
あとひとつふたつ確かめておかねばならないことがある: there’s a couple of things I’ll have to cover
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 62
〜か、だいぶあちこちで穿鑿してるぜ: there’s a lot of curiosity about sth
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 354
それは危険だ: there’s danger involved
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 152
士官も属員もないよな: there’s no difference between officers and deckhands
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 112
〜ことは、まちがいありません: there’s no denying ...
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 259
〜ことも確かだ: there’s no denying ...
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 352
俺はそいつだけにふさわしく生まれついている: there’s just one thing I’m destined for
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
跡地に住宅がどんどん建てられています: there’s a housing development there
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
〜と〜では雲泥の差がある: there’s a world of difference between ... and ...
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 525
いまさらそのことでくだくだ言いあっても埒はあかんよ: there’s no use discussing it further
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 161
よし、しょうがない: there’s only one thing to do!
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 132
今は仕方のない: there’s nothing I can do now
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 121
念には念を入れろだ: there’s nothing like making doubly sure
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 11
決して悲観なんかしていない: there’s not a doubt in one’s mind
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
なんといっても、〜だ: there’s no doubt that ...
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 179
まぎれもなく: there’s no doubt about it
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 178
一生懸命考えても無駄だね: there’s no point dwelling on it now
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 21
静電気が起きて盛んにパチパチ音を立てる: there’s lots of static electricity
(人の)心がすっと冷たくなる: there’s an empty feeling in one’s heart
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 311
いつになったらこんなことが終わるのだろう: there’s no fucking end to this
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
こういう場合のエチケットなるものは存在しない: there’s no real etiquette for this
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 296
それでなくて〜わけがない: there’s no other way to explain why ...
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 108
〜の読み方はひとつしかない: there’s only one explanation for ...
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 168
爆発音がする: there’s a kind of explosion of sound
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 75
(人は)一皮むけば相当のやつだ: there’s more to sb than meets the eye
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 108
弱気の虫がまたぞろ頭をもたげる: there’s a resurgence of the wimp factor
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 139
(人は)相当に辛辣だ: there’s a splendid touch of hell fire about sb
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 68
もう一つ規則がある: there’s another little formality
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 12
〜していても仕方がない: there’s nothing to be gained by doing, after all
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 85
作為は、つねに本人が自身の利益のためにするのだ: when there’s a plot, it’s generally for the purpose of gain
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 108
仕方がない: there’s no getting around it
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 111
〜という噂はきいたけど: there’s a rumor going around that ...
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 128
いますごくはやってるんだって: there’s a lot of sth going around
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
〜にも一つだけ、何としても守りたいおきてがある: there’s one sure rule sb will stick to for good
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 172too
ツイート