× Q 翻訳訳語辞典
talking   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
言葉をしゃべる
   
talking worm: 言葉をしゃべる蛆虫 ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 47
勝手な言いぐさ
   
a man talking: 男の勝手な言いぐさ マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 121
人と語り合う
   
love talking about sth: (物に)ついて人と語り合うのが大好きだ べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 173
   
do most of the talking: だいたい(人が)話をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 493
話し合い
   
maybe talking might do some good: 話し合いでカタがつくかもしれない ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 76
話す
   
have a confident, intelligent way of talking: しっかりとした知性的な話し方をする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 101

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

drink talking: 酒に酔っての大言壮語
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 334
sit around for hours talking: 夜を徹して語りあう
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 402
do most of the talking: 一人でしゃべりまくる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 191
Mungo stopped talking abruptly: マンゴーはふいに口をつぐんだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 225
have absolutely no idea what you’re talking about: なんの話か皆目見当もつかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 257
after a lot of talking: さんざん話し合いを重ねた末に
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 207
it is so aggravating to hear sb talking sth: (人が)話をしているのを聞くとしゃくにさわってたまらない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 331
'That is just the point, sir,' Mostyn agreed, talking only to Smiley: 「そこなんです」モスティンはあいづちを打って、スマイリーひとりに話しつづけた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 86
it’s all anyone has been talking about: その話で持ちきりだ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 302
be not all that clear what sb is talking about: 事情を解せぬ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 445
You're not talking to him alone, Max: うちの人とふたりっきりで話なんかさせないわよ、マックス
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 144
be always talking about ...: 話すことといえばいつも〜だ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 202
be always talking about ... recently: ここのところ〜の話ばかりしている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 22
do not know what anybody is talking about: 男たちがなんの話をしているのか、さっぱりわからない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
when there’s anybody worth talking to: しゃべり甲斐のある相手があればな
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 36
when there’s anybody worth talking to: 相手によりけりだけどね
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 33
ask what sb be talking about: どういう意味かときく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
be summoned by the authorities for an official talking-to: その筋に呼出されてお叱りを受ける
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 66
be back to one’s fast-talking, good-natured self: さっきと同様、上機嫌な早口にもどる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 231
have become a talking point over the whole length and breadth of the land: 日本国じゅうの話題をさらった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 407
begin talking in a free and easy way: まず砕けた話をする
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 47
come out together busily talking: せわしなげに話し込みながら出てくる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 154
be so busy talking about one’s own troubles that ...: 自分の事に一切を集中しているから〜だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 227
be busy talking with sb: (人との)おしゃべりに熱中する
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 199
--but I'm done talking about it: でも、こっちはもういうことがないんです
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
be really not capable of talking to you with a full deck: ほんとはまだ君たちと、まともに話ができる状態ではないんだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 220
go on happily talking away, careless of details: 委細かまわずに語りつづける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 401
go on cheerfully talking: 有頂天になってしゃべっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 140
go on talking in a childish and garrulous manner: いとも無邪気そうにおしゃべりをつづける
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 72
start talking in a choked and uneven voice: 苦しい声でつかえつかえしゃべり出す
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 589
have a coarse way of talking and eating: 物の食べ方や喋り方が卑しい
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 125
talking about the money they’ll get, The Collection.: 金のことを話している。祝儀集めでいくらもらえるか
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 177
when it comes down to talking a question of sth with sb: 〜について(人と)話し合う段になると
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 89
if sb don‘t feel comfortable talking about it, sb don’t have to: 無理に言わなくていいよ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
while one continue talking: しゃべるあいだ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 475
continue talking: 話を切り上げない
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 56
'We are talking old history, of course,' said Smiley deprecatingly: 「むろん古い話になりますが」スマイリーは気の乗らぬふうにいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
be done talking about sth: もういうことがない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
people are talking about sb and dope: (人が)ヤクをやっているといううわさ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
Connie wept and drifted, talking about love: コニーは泣き、とりとめのないことをいい、愛をもちだした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
think nothing of talking to each other: 見解がまちまちだ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 171
start talking to sb in an easy pleasant way: うちとけた口調で(人に)話しかける
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 23
enjoy talking to sb: 話が楽しい
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 175
the men spoke episodically, talking gruff half-sentences to one another: 男たちはときたま思い出したようにぶっきらぼうな短い言葉を交わす
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
be not even worth talking about: お話になりまへんどす
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 201
prefer to keep sb talking in this unusually expansive mood: せっかく(人が)常になく打ち解けて話している
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 274
as far as talking to ... one is leaving that to ...: 〜という問題に差しかかると〜に下駄をあずける言い方になる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 208
be talking figuratively: 一種のたとえ話だ
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 181
find one doesn’t mind talking to sb about it: いつの間にかこの人になら全部話してもいいという心境になる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 159
find everyone talking about sth: (物の)話題で持ちきりだ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 95
But first we were having us some Scotch and talking: しかしその前に我々はスコッチをひっかけて、話をした
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
wouldn’t be a fit subject to be talking about: 口でいうのは、ちょっとはばかられる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 526
I'm floundering, scared of the guy I'm talking to: 私はすっかりおびえてしまってしどろもどろだった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 135
do not have the foggiest idea what sb is talking about: (人が)何を言っているのかさっぱりわからない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 315
go on, following one’s train of thought and virtually talking to oneself: 連想のおもむくまま、独り言のように呟く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 133
try to fool sb into talking about sth: 鎌をかける
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『たった一人の反乱』(Singular Rebellion ) p. 242
be not interested in talking to a fornicator: どこのくそったれとも口なんか聞きたくない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 237
all of them are talking at once, garbled stuff about ...: 〜がどうのこうのと各人勝手にしゃべりまくっている
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 190
get a talking-to from sb: (人)より散々文句を云われる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 257
while one is talking one keeps glancing at sb: (人の)目をのぞき込むように話す
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
go on talking: ひとりごとの先をつづける
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 25
go on talking: おしゃべりのつづきだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 28
it is no good talking to sb: (人に)話してもなんにもなりゃしない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 305
have a vague memory of sb talking about ...: 〜とか言う言葉を聞いたような気がする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 111
what sb be talking about here is ...: これは、〜の話である
Its host, Ted Koppel, was talking to a high-ranking Egyptian: ホストのテッド・コッペルが、要職にあるエジプト人と話している
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 394
sb and sb spend many hours talking about ...: (人と)(人が)〜について、膝を交えてたびたび語り合う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 354
don’t have any idea what sb is talking about: (人の)言ってることがチンプンカンプンらしいのだ
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 145
Informally, of course, as though you were talking to a layman: むろん、素人に話すようなつもりで、気楽にやりなさい
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 34
keep talking at odd moments about ...: 突拍子もないときに〜の話を持ち出す
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 244
keep talking about sth: 馬鹿のひとつ覚えのように〜という
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 129
would like to be talking to one’s kind of cop: 話のわかる警官に相手をしてもらいたい
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 240
the kind of sth sb is talking about: (人の)注文どおりの(物)
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 406
knowing sb is talking nonsense: (人)のでたらめにちがいないと
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 26
know what the hell you’re talking about: 自分が知ってることをまた聞かされる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 260