× Q 翻訳訳語辞典
absolutely   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜そのもの
   
absolutely sincere: 純真そのもの 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 343
〜にちがいない
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 104

いつも
   
stay absolutely still: いつも動かない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
おそろしく
   
absolutely unbusy: おそろしく暇 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 85
おっしゃるとおりです
   
Absolutely: おっしゃるとおりです ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 275
きっぱり
   
dissociate oneself from ... absolutely: 〜とはきっぱり無縁だ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 69
きわめて
   
promise to make sth an absolutely unique one: きわめて特異なものだと思わせる ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 9
このうえない
   
an absolutely ruthless trial lawyer: 辣腕このうえない法廷弁護士 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
このうえなく
   
be absolutely self-contained: このうえなく落着き払っている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 127
さぞかし
   
Yes, you'll look absolutely revolting: さぞかしいやらしい顔になるだろうな ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 186
したきり
   
remain absolutely still: すわったきり微動もしない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
じっと
   
remain absolutely still: じっとその場を動かない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 48
じつに
   
absolutely warmest congratulations: じつにあたたかいねぎらいの言葉 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 247
すっかり
   
Why, this is absolutely as it used to be!: ああ、ここはすっかりもとの通りだ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 15
be absolutely relaxed: すっかり緊張がほぐれる ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 81
be absolutely entranced with ...: 〜にすっかり心を奪われる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
be absolutely entranced by ...: すっかり〜のとりこになる ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 9
たっぷり
   
be absolutely stuffed with sth: 〜をたっぷり含有する〜 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
ちゃんと
   
I absolutely know ...: 僕ちゃんと知ってるんだから 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 43
とにかく
   
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 27
とにかくまったく
   
absolutely no vegetables are available: 野菜類がとにかくまったくなくなってしまう 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 135
どうしたって
   
it’s absolutely impossible: どうしたって無理ですわ 夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 54
どうしても
   
have absolutely got to do: どうしても〜しなくちゃならない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 154
feel absolutely have to say something: どうしても黙っていられない 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 93
absolutely cannot be found: どうしてもみつからない トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 149
どうしようもなく
   
be absolutely miserable and terrified: どうしようもなくみじめで、どうしようもなくおびえきっている ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 216
どうにも
   
find it absolutely impossible to do: どうにも出来かねる 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 33
どこまでも
   
guard and protect sb absolutely: (人を)どこまでも護る フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 203
どのみち
   
But for me such a revolt was absolutely impossible: それはどのみち不可能だった 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 56
ならない
   
I absolutely condemn: おれにはがまんがならない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 442
ひっそりと
   
the house is absolutely quiet: 家中はひっそりと静まりかえっている ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 230
ひとえに
   
depend absolutely on sth: ひとえに〜に頼る クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 360
ほとほと
   
get absolutely sick of it: ほとほといやになる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 139
ほんとうに
   
be absolutely fatal for sb: (人には)ほんとうに命とりだ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 39
ほんとに
   
look absolutely bruised with indignation: 傷ついた〜は、ほんとにむっとする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 126
ぽかんとした
   
My mind is absolutely profoundly blank: 私はぽかんとした。頭は空っぽだった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 208
まぎれもなく
   
be all absolutely true: すべてがまぎれもなく事実だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 46
まさしく
   
<例文なし> ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 129
まちがいなく
   
oh, absolutely: まちがいなく、できたさ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 196
まったく
   
be absolutely revolting: まったくおぞましい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 138
absolutely childish: まったく子供っぽい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 92
辞遊人辞書
まったくの
   
be absolutely the first one have heard of it: まったくの初耳だ 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 441
まったくもう本当に
   
be absolutely totally topsy-turvy: まったくもう本当に本格的にアベコベだ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
まるっきり
   
be absolutely ignorant of the language: まるっきり意味がわからない オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 271
まるで
   
That's absolutely the same as recognizing the victory of Moscow II, isn't it?: それじゃまるで、モスクワ2号の勝をみとめたのと同じことじゃないですか 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 20
have absolutely nothing to say to ...: 〜に言うべきことがまるで何もない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 393
have absolutely no interest in sth: (物に)まるで関心がない ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 104
もちろんです
   
Absolutely: もちろんです デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 334
'Absolutely.': 「もちろんです」 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 141
ゆえん
   
it is absolutely professional: そこがプロのプロたるゆえんです フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 108
わかった。かならず
   
Absolutely: わかった。かならず プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 333

圧倒的な
   
be absolutely shattering: 圧倒的な迫力だ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 389
圧倒的に
   
be absolutely right: 圧倒的に正しい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114
be absolutely outrageous: 圧倒的に態度がおおきい ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 123
一つ残らず
   
absolutely everything: 全部のことに一つ残らず サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 159
一切
   
Now this is important: you must speak of this to absolutely no one: それからこれは重要なことですが、この件に関しては一切他言は無用です 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 93
be absolutely forbidden: 一切厳禁である フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 58
何の〜
   
be absolutely useless: 何の役にも立たない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 116
何一つ
   
know absolutely nothing about ...: 何一つわかっていない 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 93
完全に
   
feel absolutely crushed: 完全に落ち込む ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 21
absolutely stymie sb: 完全に(人の)出鼻をくじく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 282
<例文なし> ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 344
極度に
   
feel absolutely flattened: 極度にうちのめされた気分だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
決して
   
show absolutely no sign of wanting to do: 〜しようとする気色を決して見せない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 233
固く
   
trust sb absolutely: (人を)固く信じて疑わない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
充分
   
feel oneself absolutely obliged to do: 〜しなければ済まない事情が充分ある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 185
少しも
   
remain absolutely untouched: 少しも胸を打たれない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 51
正真正銘の
   
absolutely A, but B nonetheless: 正真正銘のAで、しかもBだ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 86
生粋の
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 69
絶対に
   
there is absolutely no way: そんなこと、絶対にお断りですからね タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
have to be absolutely accurate, truthful: 絶対に事実、ほんとうにあったことでなければならない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 80
絶対に金輪際
   
it’s absolutely impossible for sb to do: (人)には絶対に金輪際〜できるものじゃあない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 262
全幅の
   
believe in sb absolutely: (人に)全幅の信頼をおく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 306
大抵は
   
be absolutely quiet: ひそりとしている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
徹頭徹尾
   
refuse categorically, absolutely in toto and entirely: あたまっから、徹頭徹尾、まるっきり、完全に拒否する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 112
到底
   
it is absolutely impossible: 到底駄目だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 192
百パーセント
   
be absolutely guaranteed: 百パーセント保証されている ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 403
文句のつけようがないほど
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 296
文句のつけようのない
   
make sth something absolutely extraordinary: 文句のつけようのない、りっぱなものにする クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 63
本当に
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 156

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you’re absolutely right: ごもっともです
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 84
stand absolutely still: いすくまる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 258
stand absolutely motionless: 微動だにせずただ立ちつくす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 428
so absolutely alive: こんな生き生きとした
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 96
remain absolutely motionless: 身じろぎもしない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 202
hold absolutely still: 身じろぎもしない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
be absolutely watertight: 百パーセント安全な
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 90
be absolutely right: そうなって当たりまえだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 137
be absolutely right: 間違いがない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 298
be absolutely puzzled: 困った立場におかれる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 94
be absolutely paralyzed: もう気絶しそうなんですよ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
be absolutely indispensable: 〜に無くてはならない存在だ
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 165
be absolutely furious: かんかんに怒る
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 314
be absolutely furious: 激怒する
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 25
be absolutely drunk: 酔い潰れている
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 97
achieve absolutely nothing: 結果は虻蜂取らずに終わる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 133
absolutely unbearable: 嫌で嫌でたまらない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 218
absolutely still: 微動もしない
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 68
absolutely spotless polished: しみひとつくもりひとつないぴかぴかの
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 12
absolutely revere sb: (人を)心の底から尊敬する
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 196
absolutely not: それが、さにあらずだ
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 167
absolutely not: めっそうもない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114
absolutely not: んなわけねーだろ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 351
absolutely not: 決して
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 48
absolutely not: 断じてそんなことはない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
absolutely motionless: 身動き一つしない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 64
absolutely marvelous: ゴキゲンだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 193
absolutely loathe ...: 〜にはうんざりする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 154
absolutely immune: 治外法権下にある
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 230
absolutely furious: 逆鱗にふれる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 380
absolutely delicious picture: よだれが出そうな絵
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
absolutely baffle sb: 〜にはちんぷんかんぷんだ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 291
absolutely adore: 心の底からすばらしいと思える
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
you don’t go and kill oneself unless sb absolutely have to: 犬死するなよ
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 7
write everything down plainly and absolutely without concealment: 何も一つも包みかくさずはっきり書く
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 29
with absolutely no success: さんざんな失敗つづき
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 18
want to be absolutely sure: 念を入れる
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 159
understand how absolutely and completely true they are: 百パーセントの真実だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
tug on sth hard enough to be really absolutely one hundred per cent sure: 百パーセントまちがいないと確信できるまで〜をつよくひっぱってみる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
to be absolutely totally frank: 正直も正直、思いきり正直な話
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 18
this feeling is absolutely sincere: それもたしかに真実な(人の)感情の一面にはちがいない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 159
there is no way to be absolutely certain of the facts: 事実を百パーセント正確に検証する方法はない
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 388
there is absolutely nothing to be done for sb: 処置をほどこすすべもない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 233
there is absolutely no way: お門ちがいってもんですよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 122
there is absolutely no reason to do: 何もそこまで、〜することもない
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
there’s absolutely no doubt that: むろん、トリックということは考えられない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
sure, absolutely do it all the time: そんなことは毎日きちんとやっている
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 65
sb have become absolutely intolerable: (人は)鼻持ちならない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 30
sb find ... absolutely irresistible: (人に)とってはたまらない魅力だ
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 28
say with an absolutely straight face: まことに真剣な口調で言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 185
say in one’s never-ruffled, absolutely placid voice: 決して荒げたことのない落ちつきはらった声で言う
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 103
our absolutely total star: わがスター中のスター
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 152
make sb feel absolutely stupid: (人)をして自信喪失せしめる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 209
make absolutely sure that one never has another child: もう二度と妊娠しないように用心する
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 121
make absolutely sure that one keep doing: 必死に〜し続ける
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 243
make absolutely no effort at all: てんでまるきり勉強しようとしない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 289
know absolutely nothing about ...: 〜を知る筈もない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 178
it tastes absolutely grand: すばらしい味だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 336
it sounds absolutely t-fine: 最高だ。文句なしだぜ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 309
it is absolutely prohibited to do: 〜することが厳禁だ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 179
it is absolutely mandatory that one do: どうしても〜しなければいけない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 290
have absolutely nothing against sth: べつに何もいけないとは言っていない
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 463
have absolutely no quarrel with ...: (〜に)異を唱えるつもりは毛頭ない
辻邦生著 スナイダー訳 『安土往還記』(The Signore ) p. 166
have absolutely no intention of doing: 〜する気などこれっぽっちもない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 274
have absolutely no idea who one be: 自分が誰なのかはわからない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 7
have absolutely no idea what you’re talking about: なんの話か皆目見当もつかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 257
have absolutely no idea: 皆目見当もつかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 331
flat and absolutely still: 平らに凪いで波ひとつ立たない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 152
feel absolutely perfect to the touch: 投げるのにぴったりという感じの
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
every pair of eyes is absolutely riveted on sb: 全員の目が(人に)釘づけにされている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 58
become absolutely absorbed for the moment in whatever one takes up: なんでも手を染めたことには瞬間的に無我夢中になる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 202
be right, absolutely right: 推測はあたった。見込みどおりだった。
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 259
be not absolutely white with me: なにもタダであたしに親切にしてくれたわけじゃない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 132
be absolutely thrilled about sth: 〜を心待ちにする
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 13
be absolutely sure one can get away with it: 絶対安全と判る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
be absolutely plumb crazy: 正真正銘狂っている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 65
be absolutely mystified about which way to go: どの道に進んでいいのか五里霧中の状態だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
be absolutely fucking thrilled to ...: 〜だなんて、考えただけでも泣けてくる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 391
be absolutely determined to do: 〜するといってきかない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 56
appear to be doing absolutely fine: ピンピンしている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 70
absolutely freak sb out: かんかんに怒る
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 73
absolutely forbid any form of ...: 〜を、どんなかたちにせよ禁止する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 404
absolutely fill the room: 部屋中を圧倒するものがある
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 138
a faculty absolutely unique to man: 他の生き物には絶対になくて、人間だけにあるもの
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 55
a capitulation that does not lessen one’s resolve to put sb absolutely out of one’s life: (人と)絶交する決意に変わりはない
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 83
an absolutely abominable musician: まったく箸にも棒にもかからない音楽家
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 49
believe firmly and absolutely in sth: (物事に対して)確固とした絶対的な信念を持つ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 186
But there was another part of me that trusted Ojosan absolutely: それでいて私は、一方に御嬢さんを固く信じて疑わなかったのです
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
understand how absolutely and completely true they are: これは絶対的な真実だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
be absolutely confident in ...: 〜は十分に期待できたはずだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 84
have an absolutely private conversation: 二人だけの密談をする
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 225
time is absolutely critical: 時間厳守である
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 90
there is absolutely no danger of ...: 〜する危懼が全く無い
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 38
be absolutely dead-on true: 正真正銘の真実だ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 120
be absolutely delighted: 有頂天になる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 89
have done absolutely nothing to deserve ...: そんな目にあわされるようなことは何もしていない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 157
can do absolutely nothing about ...: 〜についてはまったく手出しができない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 373
be the absolutely positive sign of enormous virility: 生殖力が旺盛なしるしだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 176
absolutely everything: ぜんぶのことに一つ残らず
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 159
absolutely groundless: 根も葉もない
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 255
an absolutely gruesome sight: 凄惨を極める
宇野千代著 フィリス・バーンバウム訳 『色ざんげ』(Confessions of Love ) p. 176
have absolutely no idea ...: 〜のやら、まったく見当もつきかねる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 189
seem absolutely immune to ...: 〜にまったく反応しないようだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 165
absolutely incompatible ideas: 絶対に相通ぜざるもの
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 105
one who knows absolutely nothing: あやめもわかぬ(人)
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 143
make sb’s life absolutely miserable: (人に)ほえづらかかせる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 368
ツイート