× Q 翻訳訳語辞典
without   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜がなくても
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 108
〜がなくなってしまったいま
   
Without it, there is not a lot left to be said: それがなくなってしまったいま、いうべきことはもうあまりない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
〜されずに
   
do good without knowing about it: 人に知られずに喜ばれることをする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 123
〜しないうちに
   
without giving sb a chance to remonstrate: 相手の口から小言が出ないうちに クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 13
〜とは無関係に
   
The world goes on without me: 世界は僕とは無関係に動きつづけているのだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 156
form without any ... at all: 〜とはまったく無関係に形成される バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 41
〜の味つけもせず
   
say ... haltingly, and without humor: ためらいつつ、ユーモアの味つけもせずに〜という プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 230
〜の落ちた
   
a tree without leaves: 葉の落ちた木 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 63
〜をはぶき
   
bounce over the fence without waiting to open the gate: 木戸をあける面倒をはぶき垣根をとびこえる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 6

いとまもなく
   
leave without remembering to bring sth: (物を)持ちこむことを思いつくいとまもなく出発する ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 16
おいて
   
without me?: おれをおいてか? 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 17
ないような様子
   
be broken, piss off, and without hope: 一文なしで、尾羽打ち枯らし、夢も希望もないような様子だ ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 118
なしでも
   
get along fine without sb: (人)なしでもなんとかする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 355
なにも〜なくたって
   
without any more killing: なにもこれ以上人を殺さなくたって クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 135
ぬきで
   
without sb: (人)ぬきで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 201

引き去った後は
   
without sb: (人)一人を引き去った後は 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 101
何の〜もなく
   
without warning: 何の予告もなく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 243
何ひとつついていない
   
Without frills: 余計なものは何ひとつついていない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 141
皆無
   
be full of beliefs without kindness: 信条ばかりあって思いやりが皆無だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 196
顔を合わせることもなく
   
without the rest of the family: 家族と顔を合わせることもなく フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 23
失う
   
without strength enough to do ...: 〜する力すら失う 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 82
捨てる
   
join in without one’s usual timidity: いつもの臆病さを捨てた調子で(人の)肩を持つ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 245
手を借りずに
   
without sb: (人の)手を借りずに ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 71
出さなくても
   
can read sb’s thought without words at all: 言葉に出さなくたって考えてることが読みとれる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 207
抜きで
   
without sb: (人)抜きで トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
Tweet