× Q 翻訳訳語辞典
fucking   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
うんざりするほど
   
fucking melodramatic: うんざりするほどドラマティック キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 89
くそったれ
   
this fucking homo: あのくそったれホモ野郎 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 246
そこまで
   
be fucking insensitive: そこまで鈍感だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
ただの
   
be a fucking bellhop: ただのベルホップです タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 107
つまらない
   
fucking little knick-knacks: 小さなつまらない飾りもの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
どえらい
   
a fucking mission: どえらい任務 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 61
ろくでもない
   
rip the cherry, familial smiles off their fucking faces: 愛想のいい、いかにも身内ぶった微笑みを、そのろくでもない顔から剥ぎ取る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492

クソ
   
pretty fucking strange: クソ妙 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
fucking amazing: 驚き桃の木クソの木 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 306
セックス
   
Dixon's release was more natural: fucking: ディクソンのストレス解消手段はもっと自然なもの、セックスだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 158

完全な
   
be fucking wrong here: 完全な勘ちがいだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 107
救いようのない
   
the sad keys to the whole fucking tragedy: 救いようのない悲劇の哀しい鍵 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 120
馬鹿
   
the fucking melodrama: 馬鹿メロドラマ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 70
鼻持ちならぬ
   
a wild fucking success: 鼻持ちならぬ成功者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

you fucking punk: このくそったれが
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 253
the fucking TV: そのくそテレビ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 53
stupid fucking ritual: 馬鹿っぽい儀式
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 66
right fucking now: いますぐ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 193
right fucking now: すぐです、すぐ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 193
pretty fucking strange: まったく奇妙
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
Jesus fucking Christ!: な、な、なんてこったあ!
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 193
horse-fucking: ウマ狂い
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 317
fucking loudmouth dogs: きゃんきゃん吠える馬鹿犬
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
fucking douche bag: イヤミ男
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 239
at this very fucking moment: いまこそ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 132
you fucking upset sb: あなたがカッとさせたりするから
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 131
there’s no fucking end to this: いつになったらこんなことが終わるのだろう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
the whole fucking idea: どだい考えが間違っている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
the High Fucking Priestess: いちばん位の高い司祭
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 53
the fucking key keep going astray: キーは入ってくれない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
not a fucking little: ちっとやそっとじゃない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 304
nobody explains a fucking thing: だれもなにも説明しやがらん
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 108
lie in one’s fucking teeth: (人が)真赤な嘘をついている
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 37
I’m dead fucking serious: 冗談なんかいってませんよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 194
have not one fucking iota of understanding regarding sth: 〜をこれっぽっちも理解しない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 400
go have your fucking little life: あとは自由にしてよし
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
get a fucking grip on oneself: しっかりする
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 118
fucking things up the way one do: 自分のやることなすこと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 261
fucking dog is going to drive one crazy: 頭にくるんだよ、馬鹿犬ってやつは
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
don’t ever want another fucking birthday party as long as one live: 金輪際、誕生パーティーなんてやらない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 212
do well to watch sb’s fucking language, actually: もっと口を慎め
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 8
didn’t I fucking tell you?: え、おれはそういわなかったかね?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
be so fucking freaked out: もう腰がぬけそうだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 294
be on the phone to sb every fucking day: 毎日毎日、(人に)電話をかけまくる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
be not in any fucking trance: なにかに憑かれていたなんてことはない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 279
be fucking dying here!: 死にかけてるんだぞう!
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
be absolutely fucking thrilled to ...: 〜だなんて、考えただけでも泣けてくる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 391
a big fucking gun: でっかい鉄砲
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 110
talk about the violation of one’s constitutional fucking rights: 自分の憲法上の権利をまくしたてる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
fucking loudmouth dog!: まったくもう、くそやかましいくそったれの馬鹿犬め!
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
run the risk of fucking up the talks: 和平会談は決裂しかねない
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
that fucking sb: あの(人)のクソ野郎
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 124
one’s fucking name: 〜という名
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 87
You gimme that, he gimmes that--Go have your fucking little life: お前が行方を教えるか、そのロバート・キャミンとやらが教えてくれるか−−そうすりゃあとは自由にしてよし
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
Hell, he was on the phone to Them every fucking day, it seemed: くそっ、そういえばやつめ、毎日毎日、やつらに電話をかけまくっていたな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
PFS--pretty fucking strange: クソ妙
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
Pretty fucking melodramatic, right?: まったくもって、うんざりするほどメロドラマティックな作品だ。そうだろう?
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 89
all that fucking rigamarole to do: あれだけ七面倒な手間ひまかけて〜する
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 192
reading the fucking manual: よく目を開けてマニュアルを読め
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 14
be a fucking snore: 〜という話を聞いてると眠くなる
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 302
And I don't believe Kent is into sport-fucking: あのケントがスポーツ感覚でセックスする男だとは思えない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 201
ツイート