× 翻訳訳語辞典
fine   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いい
   
okay, fine: よし、それならいい タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 181
be just fine with sb: そのほうがいいのかもしれない タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
いいだろう
   
But it appears as it appears--Fine, investigate: しかし、見かけどおり、ほんとうにバートがやったのだとしたら−−いいだろう、調査したまえ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
うっすら
   
with a fine little mustache: うっすら口ひげの生えそめた べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 250
うまく
   
do fine: うまくやっている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 567
えも言われぬ
   
be piquant with fine scented oils: えも言われぬ香油の匂いが満ちている デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 293
えらく
   
in a state of fine excitement: えらく興奮して ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 262
おもしろい
   
really fine: すごくおもしろい キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 98
<例文なし> サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 160
きれいな
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
きれいに
   
there is a fine sprinkling of salt: 塩がきれいにちりばめられている アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 138
こまかい
   
spit a fine mist of blood into ...: 霧のようにこまかい血しぶきが〜にふりそそぐ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
こまかく
   
grind sth to a fine powder: こまかく挽く タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 64
ご同慶
   
that’s fine: そいつはご同慶 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 113
ずいぶん高尚なむずかしい
   
we manage to learn some fine choral music: わが隊の合唱はずいぶん高尚なむずかしい曲までこなしている 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 6
ずっと
   
fine off sth, close in to sth: 〜のずっと先から〜にいたるまで マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 182
せっかくの
   
a fine Sunday afternoon: せっかくの日曜の午後 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 291
そうしよう
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 53
だいじょうぶ
   
is not fine at all: 「だいじょうぶ」からほど遠い状態 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 250
be fine: だいじょうぶよ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 142
ちゃんとした
   
fine people: ちゃんとした人たち トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
とてもいい
   
you did a fine job: とてもいい仕事をしてくれた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
なるほど
   
'Fine,' he said amiably, therefore, after yet more careful writing: 「なるほど」またひとしきり丹念に書きとめてから、スマイリーはにこやかにいった ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 111
まんざらでもない
   
the world seems like a fine place: 世の中まんざらでもないって気がする フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 223
やさしい
   
fine arch-shaped eyebrows: 弓型のやさしい眉 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 112
よくひびく
   
a fine bass laugh: よくひびく低い笑い声 ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 76
よし
   
here, fine: よし トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
よしきた
   
say fine: よしきた、と言う レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 118
よそ行きの
   
have on one’s fine clothes: よそ行きのドレスを着こんでいる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 31
わかった
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 304

オーケー
   
that’s fine: そいつはオーケー トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40

  鋭い
   
have a fine ear for music: 音楽に対して鋭い耳をもっている ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 110
華奢な
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 203
楽しい
   
by God, pretty damn fine flowers at that: 実に愛すべき、楽しい花である フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 108
be all fine and exciting: 楽しく、スリルに富んでいる ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 17
気にしない
   
that’s fine: 気にしないで カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 389
気持ちのいい
   
it seems as fine a morning as one could remember: 記憶にもないほど気持ちのいい夜明けだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
結構
   
fine and dandy: 結構、どうぞやってください トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 203
結構いい
   
Mass media is a surprisingly small world, and he made a fine example: マスコミの世界というのは意外に狭いからね、そういうのは結構いいみせしめになるんだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 95
結構な話さ
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 10
見あげた
   
fine seaman: 見あげた船乗り スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 227
見事な
   
be a fine shot: 見事な腕前だ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 125
元気
   
seem just fine: しごく元気そうに見える カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
好い
   
while enjoying a month of fine weather at sea-coast: 好い日和の一か月を海岸で暮しているうちに E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 9
構わない
   
that’s fine with sb: (人の)方は構わない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 356
行儀よく
   
be going to be fine: ちゃんと行儀よくしている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 199
高級
   
fine furniture imported from ...: (場所)から輸入した高級家具 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 323
些細
   
a fine distinction: 些細な違い デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 98
才能に恵まれる
   
a fine musician: 音楽の才能に恵まれる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 120
細い
   
the wind sweeping through one’s fine hair: 風に吹かれてまだ細い毛がさらさら揺れる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 149
the fine drizzle: 細い雨 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 71
one fine line: 細い一条の線 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 258
指折りの
   
one of the finest solar observatories: 太陽観測に関しては世界でも指折りの場所 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 115
手際よく
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 211
順調
   
everything is fine: 万事順調だ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 209
上々だ
   
and he asked me how the world was treating me, and I said, "Fine,": 景気はどうだと彼がたずね、「上々だ」と私がこたえ、 ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 12
上手
   
fine with horses: 馬を扱うのが上手だ カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 91
上等じゃない!
   
Fine: 上等じゃない! タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 70
上等な
   
Of course I wouldn't have anything so fine as perception: むろん意識なんて上等なものをもっているはずがないさ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 178
have a new dress made of the finest wool with ...: とびきり上等の毛でできた服と、〜をあつらえる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 160
上等の
   
share a fondness for fine cigars: 二人とも上等の葉巻に目がない フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 103
信頼に足る
    辞遊人辞書
深い
   
explain to sb some of the movie’s finer meanings: 映画にこめられた深い意味を(人に)わかりやすく説明する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 330
晴れた
   
at daybreak on a really fine morning: よく晴れた朝ぼらけなら 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 181
正しい
   
be fine: 正しい トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 129
絶好の
   
make a fine home for local game fish: この水域の大型魚の絶好の魚礁になる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
洗練された
   
sb’s fine mind and sb’s impressive vocabulary: (人の)洗練された頭脳や見事な語彙 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 415
大丈夫
   
Just a bit shaken up but otherwise fine: ちょっと揺すられたけど、ほかは大丈夫 ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 138
端正な
   
it is a fine face, though pale and lean: 蒼白い細面は端正だ ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 57
地のこまかい
   
fine broadcloth suit: 地のこまかい広幅黒ラシャの服 スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 225
薄い
   
fine gauze: 薄いガーゼ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
敏感な
   
one’s fingers ever wandering over and over those fine nerves: (人の)指は、しきりに例の敏感な神経のあたりを撫でまわしている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 308
平気
   
isn’t even within shouting distance of fine: 平気などという状態は、大声で呼んでもとどかぬほど遠くにある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 324
保存状態のいい
   
unsigned, in fine first edition: 保存状態のいい署名なしの初版本 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 14
妙なる
   
the finest music: 妙なる音楽 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
問題ない
   
Colonel Kent had not yet arrived, which was fine for the moment: ケント大佐はまだ来ていないが、それはいまのところ問題ない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 183
優秀
   
He is one of our finest and most active secret agents: わが秘密工作員のなかで、最も優秀で最も活躍しているひとりだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 476
有難い
   
良好な
   
extraordinarily fine weather: ふしぎなくらい良好な天候 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
洒落た
   
fine restaurant: 洒落たレストラン フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 38
Tweet